ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】資本主義は崩壊する?

=== RPE Journal===================================================

 
         ロシア政治経済ジャーナル No.581

                         2009/4/15号

================================================================

★危機を乗り切り、日本を変革するために


全世界のRPE読者の皆さまこんにちは!

北野です。


「100年に一度の経済危機」が猛威をふるっています。


それで、読者さまからのメールもどんどん増加しています。


「危機を乗り切るためにどうしたらいいでしょうか?」

「日本を変革するために私には何ができるでしょうか?」


私は、日本最強の国際人・大前研一先生が創立された


一新塾


で勉強することをお勧めしています。

なんといっても実績が違いますから。(HPで確認してください)


「この危機を乗り切り、なおかつ日本を変革したい!」


という強い意欲をおもちの方、

まず以下のページを熟読してみてください。
↓
 http://www.isshinjuku.com/

あなたの人生が激変すること、間違いなしです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

         【 大前研一 創設】 NPO法人「政策学校」一新塾
 -------------------------------------------------------------------
          『この1年で人生と社会を変える』
        〜 試練の時代を根っこ力で突き抜ける!〜

      第24期  塾生募集中!(5月開講・平日夜間土日開催 )
●体験講座&説明会【東京4/11他】【大阪4/25】【名古屋4/26】【福岡4/29】
     〜『 政策提言 』・『 社会起業 』・『 市民プロジェクト 』〜
       今すぐクリック!→ http://www.isshinjuku.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




↓





★インターネットビジネスで月1000万円稼ぎたい方

ネット界の超カリスマT氏が、●後3日間だけ、その秘密
のノウハウを公開しています。

「そんなのありえない!」(怒)

という方は、以下のページを全部熟読してから、怒って
ください。↓
http://www.infocart.jp/t/37937/sr



↓



★人生の総合研究

個人の力は知れています。それでも自分の生きている証しに書いて
います。自分の経験したことで悩んでいる人、苦しんでいる人にちょ
っとした解決のヒントになれば幸いです。同時進行型です。

●無料登録は↓
http://www.mag2.com/m/0000268487.html

================================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
=================================================================

★資本主義は崩壊する?


全世界のRPE読者の皆さまこんにちは!

いつもありがとうございます。

北野です。

読者の皆さまが、健康で幸せで豊かでありますように!


さて、「国家の品格」を250万部の超ベストセラーに導いた男・北
野の大恩人M先生の本ですが・・・。

予想どおり、発売後数時間で在庫切れになってしまいました。

本の内容は、


・今の仕事をつづけながら
・職種に関係なく
・上司にあれこれいわれることなく
・わずかな時間を活用し
・ノーリスク・ノーコストで
・副収入を得る


ための本です。

ただし、株・FX・不動産・インターネットビジネスではありません。

北野とM先生の出会い、本の詳細については、「M先生の秘密」
をご一読ください。↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20090410050415000.html 

こんな時代でも、ライフスタイルを激変させることなく、楽しい・わ
くわくする人生を歩めますよ。

●再び売り切れが予想されます。急いで注文してしまいましょう。
↓
http://tinyurl.com/dnn3qy


もう一つ。

北野のもう一人の大恩人S社長が、とんでもないDVDを発売す
ることになりました。

以上。



では本題。

兵庫県の犬飼さまからこんな質問をいただきました。



<(前略)最近日本では、「今回の危機は100年に一度の危機で、
資本主義そのものが崩壊するのだ」といった類の本がたくさん出
ています。

そこで北野さまに質問なのですが、資本主義は本当に崩壊して
しまうのでしょうか?(以下略)>



う〜む。

深刻な問題ですね。

今回はこの辺考えてみましょう。


▼資本主義ってなんですか?


「資本主義は崩壊する」



これが本当に起こるかどうか考える前に、「そもそも資本主義って
なに?」ということを知る必要があります。

調べてみたのですが、「人類共通の『資本主義の定義』というの
はないのですね。

いろいろな人がいろいろなことをいっています。



<【資本主義】

資本家が利益追求のために労働者を使用し生産を行う経済組織。>

(新明解国語辞典 三省堂)



<資本主義

利益追求を原動力とする資本の支配する経済体制。

その特徴は、

1、生産手段が資本家の私有になっていること、
2、労働力が商品化されていること、
3、商品生産が支配的であること、
4、生産は無政府的であること、 >

(「経済辞典」 有斐閣 )


<封建社会のおもな産業は農業であった。

農村では村落共同体を土台として封建的な自給自足の自然経済が行
われていた。

しかし労働生産力の発展は、封建社会のもとでこの自然経済を崩壊さ
せ、社会的分業を発展させた。

(中略)

この社会的分業が拡大するにつれて、かれらの分解がすすみ、賃労
働者と資本家が成立するが、これが資本主義的生産関係である。 >

(「世界史の完成」 清水書院)



なるほど。

なんとなくわかったような、わからないようなですね。

しかし、ここではっきりわかることもあります。

世の中には、「資本主義とは、貨幣を交換手段とする市場経済のこと」
と思っている人がたくさんいるでしょう。

しかし、貨幣や市場は古代の中国やローマにも存在していた。

でも、「古代中国は、『資本主義』であった」なんていう人はどこにもい
ません。

ですから、「資本主義の崩壊 = 貨幣と市場の消滅」を意味しないと
いうことなのです。


どうも「経済辞典」の



<資本主義

利益追求を原動力とする資本の支配する経済体制。>
       


がわかりやすいようです。

で、なぜそれが起こったかというと、

生産力が発展し、「『社会的分業』が進んだから」だと。

経済辞典の言葉をいいかえて、



<資本主義

利益追求を原動力とする資本家たちの支配する経済体制。>
               ~~~~~~~~~~~~



でよいのではないでしょうか?

近代資本主義は、18世紀中ごろにイギリスで起こった「産業革命」の
結果確立されたといわれています。

この当時の資本家たちはたいてい、「利益追求のためには手段をえ
らばない」人たちだった。

利益を最大限にするためには、「できるだけ安く労働者を雇い」「でき
るだけ長く働かせる」のがよい。

それで、中には6〜8歳くらいの子供たち(安い)を12〜15時間も働か
せる資本家がいた。

当時のドグマは、アダムスミスの「市場が自由ならすべてよし」という
ものでした。(古典派)

19世紀の資本家たちがあまりにも労働者を酷使したので、労働者た
ちは激しい怒りに燃えていたのです。

そこに、「福音」をもたらす男が登場します。


▼共産主義の登場


資本家が労働者を酷使する資本主義社会。

怒っている労働者に福音をもたらしたのが、ユダヤ系ドイツ人のマル
クス。


資本主義と共産主義って何が違うのでしょうか?


いろいろありますが、「所有」に対する考え方が正反対。

マルクスの歴史観を見てみましょう。


1、太古の昔、人々は少ない獲物や農産物をわけあい、貧しいながら
も仲良く暮らしていました。(原始共産制)

2、ところが生産力があがると余剰作物が出るようになり、「持てる者」
と「持たざる者」が登場しました。

3、持てる者と持たざる者の間に「階級」が発生しました。

4、奴隷所有者と奴隷に階級がわかれました。(奴隷制社会)

5、その後、地主と小作に階級がわかれました。(封建社会)

6、その後、資本家と労働者に階級がわかれました。(資本主義社会)

7、人類史は階級闘争の歴史です。労働者は資本家を打倒し、理想の
「共産国家」をつくりましょう。



まあ、単純にいえばこんなところでしょうか。

細かい話(バジスとナドストロイカ等々)を始めるとキリがありませんの
で超簡略化してあります。


資本主義は、「私有財産」を絶対視するのですが、

共産主義は、「私有財産」を認めない。


その心は?

マルクスは、人類歴史を研究してみたとき、諸悪の根源は「私有財産」
にあると思ったのです。

生産力が上がって余剰作物が出た時、それを私有化してしまった。

それで、「持つ者」「持たざる者」にわかれ階級が発生した。

階級があるから、闘争が起こる。

図にすると


私有財産 → 階級の発生 → 階級闘争の発生


じゃあどうすればよかったのか?

最初から、余剰作物を「共有財産」にすればよかったのですね。

それで、いわゆる共産主義国家には「私有財産」がないのです。


1917年の「ロシア革命」で人類初の「共産国家」ができると、資本家た
ちは恐怖で震えあがりました。

だって、マルクス自身が「資本家皆殺し」を宣言しているのですから。

ホントですよ。



<共産主義者は、これまでの

いっさいの社会秩序を強力的に転覆することによってのみ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自己の目的が達成されることを公然と宣言する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
支配階級よ、共産主義革命のまえにおののくがいい。>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<万国のプロレタリア団結せよ!>


(「共産党宣言」 マルクス、エンゲルス 岩波文庫
http://tinyurl.com/c9wzvv   )

↑
(人類歴史に多大な影響を与えた本です。教養として読んでみましょ
う。●安い・・・)



↑
どうです?

こんなもん、資本家はおそれおののきますがな。


▼後半へ
=================================================================

●ブログ・メルマガをおもちの皆様へ


北野の最新刊

「隷属国家日本の岐路〜今度は中国の天領になるのか?」

(ダイヤモンド社)
(詳細は→ http://tinyurl.com/6zcszc  )

をお読みくださりありがとうございます。

「これは、今の日本に必要な内容だ」と思われたブロガー・
メルマガ発行者の皆様。

よろしければ、ご自身のブログ・メルマガでご紹介いただ
けないでしょうか?


★すでにこんなところでも紹介されています。

・フジサンケイ ビジネスアイの書評を見る↓
http://www.business-i.jp/news/book-page/debut/200809200006o.nwc
・プレジデント・ロイターの著者インタビューを見る↓
http://president.jp.reuters.com/article/2008/11/14/5912BFDC-AB13-11DD-B03C-24C83E99CD51.php
・ダイヤモンド・オンラインの書評を見る↓
http://diamond.jp/series/diabooks/10039/



ご紹介くださったら、その旨ご連絡ください。

日本のスーパーエリートが集結している「まぐまぐ殿堂入
り」メルマガ、

まぐまぐ大賞2005年・08年ニュース・情報源部門1位の

「ロシア政治経済ジャーナル」で皆様のブログ・メルマガを
ご紹介させていただきます。


「載せました!」報告はこちらまで。
↓
tjkitanojp●yahoo.co.jp

★迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。 


=================================================================
▼後半


▼ケインズの登場


さて、古典派資本主義は1920年代末〜1930年代、深刻な危機にお
ちいります。

それがアメリカ発の世界恐慌。

世界の大国はほとんど大打撃を受けます。

しかし、「資本家皆殺し」の共産国家ソ連だけは、ほとんど影響をうけ
なかった。

むしろ独裁者スターリンの元で、驚異的な発展をつづけていたのです。

世界の人々は、「おいおい、資本主義より共産主義の方がすぐれて
るんちゃうの〜」と思い始めていた。


そんなとき、資本主義国に救世主が登場します。

それがケインズ。


古典派資本主義・ケインズ資本主義・共産主義。

この三つの違いはなんでしょう。

これは、「国と経済のかかわり方」が違います。


・古典派資本主義 = 

国は経済に干渉しないのがいい。

とにかく市場を自由にしなさい。



・共産主義

共産主義は私有財産を否定する。

だから民間企業も否定する。

よって、経済は全部国がやる。

国民は全部「国家公務員だ!」



これに対してケインズは、「政府が支出を増やして「有効需要」(投資
と消費)を創出すればいい」と主張した。

簡単にいえば、「不況の時は、公共事業すればいい」ということ。


世界恐慌が起こったとき、古典派バリバリのフーヴァー大統領は何
もできませんでした。

一番の問題は大量に発生している失業者。

ルーズベルトは、ケインズ理論をとりいれ「ニューディール政策」を実
施。

そして一定の成果をあげます。

さらに戦争がはじまり、大軍拡政策(大公共事業)を推進すると、ケ
インズの予言どおり、戦争中にもかかわらず好況になり、失業がなく
なってしまったのです。

これで効果は実証され、第2次大戦後もケインズの時代がつづくこと
になりました。


▼ケインズと共産主義の死


さて、第2次世界大戦後世界は、



ケインズ資本主義 対 共産主義陣営



にわかれました。

ケインズ理論は、世界恐慌時に有効性が確認されたものの、第2次大
戦後は副作用の方が目立つようになっていきます。

それは、ケインズ理論の欠陥というよりは、「人間の愚かさ」による副
作用といえるでしょう。

つまりこういうことです。

ケインズによると、「財政赤字を増やして公共事業をやれば、景気が
よくなる」。

為政者にとって、こんな楽なことはない。

ちょっと景気が悪くなってきた。

だから、赤字国債を発行し、どんどん公共事業をしてしまえ!

それで、西側資本主義陣営は「ケインズのやりすぎで借金が増大す
る」という共通の悩みを抱えるようになったのです。

1980年代、アメリカのレーガンさん、イギリスのサッチャーさんは、ケ
インズを捨て去り古典派に回帰します。

しかし、時代が進み、理論はより緻密化され、今では古典派ではな
く「新自由主義」とよばれています。

が、本質は同じ。


これで、ケインズは世界の主流でなくなりました。

ちなみにサッチャーさんは借金へらしに成功しましたが、レーガンさ
んはソ連との軍拡競争に忙しく、借金をさらに増大させました。


一方の共産主義ですが、1991年に総本山ソ連と共に崩壊しました。

中国は、1978年から社会主義に資本主義の要素を入れ、サバイバ
ルすることができたのです。

ケインズと共産主義が死に、古典派が復活します。


▼新自由主義の興隆と破滅


さて、アメリカがケインズを捨て去り、共産主義陣営が崩壊し、サバ
イバルしたのは、「市場が自由ならすべてよし」の古典派(→新自由
主義)でした。


宿敵ソ連は崩壊した。

経済のライバル日本ではバブルが崩壊した。


再び世界唯一の超大国になったアメリカは、全世界に新自由主義を
伝道していきます。

事実アメリカは、クリントンの時代、空前の繁栄を謳歌することになっ
たのです。

しかし、アメリカ経済は案外脆弱でした。

ものづくりをやめてしまったこの国は、なんやかんやと祭り(バブル)
を組織し、世界中から資金をかき集めなければならない。

クリントン時代はITバブルを起こした。

それが00〜01年に崩壊すると、今度は住宅バブルを起こした。

一方で投資銀行・ヘッジファンドは、100倍ものレバレッジをきかせな
がら、6京円といわれるデリバティブ市場で大儲けしていたのです。

しかし、自己資金の100倍の借金をし、勝っている時はいいですが、
負けた場合はとんでもない損失をおうことになります。

こうして、07〜08年にかけて、「新自由主義」の時代は終焉をむかえ
ます。

オバマさんの「グリーンニューディール」は、要するに「ケインズの復
権」を意味しているのです。


▼資本主義は崩壊するか?


さて、最初の質問に戻りましょう。



<(前略)最近日本では、「今回の危機は100年に一度の危機で、
資本主義そのものが崩壊するのだ」といった類の本がたくさん出
ています。

そこで北野さまに質問なのですが、資本主義は本当に崩壊して
しまうのでしょうか?(以下略)>




で、資本主義とは、



<資本主義

利益追求を原動力とする資本家たちの支配する経済体制。>
               ~~~~~~~~~~~~


でした。

はたして、今回の危機で「資本主義は崩壊する」のでしょうか?

十分可能性はあると思います。

それはどのように起こるのでしょうか?


ソ連が崩壊して、共産主義は消滅しました。


資本主義 = 資本家たちが支配する経済体制 とします。


では、資本主義の総本山アメリカで、「資本家支配が終焉」した
らどうでしょうか?


「え”〜〜〜そんなことがありえますか?どんな国でも「大富豪」
が支配しているのでは?」



そう思うでしょう?

ところが歴史を見ると、常にそうというわけではないのです。

(例、江戸時代、士農工商の階級があり、商は身分も低く、国を
支配してもいなかった)


たとえばロシアを見てください。

エリツィンの時代、「7人の銀行家がロシアの富の半分を所有し
ている」といわれていました。

クレムリンのゴッドファーザー・ベレゾフスキーは、エリツィンと
癒着し、誰を首相にするかまで決めていたのです。

ロシアは90年代、明らかに「資本家」(新興財閥)支配の時代でし
た。


ところが、今はどうです?

KGB軍団のプーチンと新興財閥の力関係が逆転している。

個人資産で見れば、プーチンはユダヤ系大富豪アブラモービッチ
(英サッカーチーム・チェルシーオーナー)の足元にもおよばない。

でも、プーチンはKGB軍団を従え、天然ガス世界最大手ガスプロ
ムや国営石油会社ロスネフチを操っています。

中小企業はわりと自由でも、石油・ガスなど経済の主要部門は全
部国(とKGB軍団)が支配している。

さて、ロシアは「資本主義の国」なのでしょうか?

こう質問されると、エコノミストは困ってしまい「国家資本主義です」
と答えるのです。



アメリカで起こり得るシナリオはこうです。


ソ連は財政が破たんして崩壊しました。

アメリカも、財政が破たんして没落します。


オバマさんは、アメリカのゴルバチョフの役割を演じる。

国民はオバマさんに失望し、次は資本家の代表・WASPを再び大
統領に選びます。

このWASP大統領はアメリカにおけるエリツィンの役割。

彼は、アメリカを「古き良き資本家の時代」に戻そうとし、国民の支
持を失います。


そして、次に出てくるのが軍人出身かCIA出身の潔癖な男。

彼がアメリカにおけるプーチンの役割を果たします。

この大統領はアメリカを復活させますが、軍あるいはCIA出身とい
うことで、一種の独裁国家をつくるでしょう。

その時アメリカは、「資本家の支配する国」(=資本主義の国)とは
いえなくなります。



繰り返しますが、「貨幣」「市場」は大昔からず〜っと存在してきまし
た。

しかし、「封建時代」に貨幣・市場があっても、「資本主義時代」とは
いいません。

よって、資本主義崩壊後も、貨幣・市場は残ることでしょう。



資本主義の崩壊とは、つまり資本主義の総本山アメリカで「資本家
の支配が終わること」を意味する。

そして、その可能性はかなりあるといえるのです。


(おわり) ↓↓↓

●PS 「え”〜資本主義の時代が終わったら、日本はどうなるので
すか?」

日本は大丈夫です。

ここに、世界の支配者たちがあなたに読ませたくない情報がありま
す。

今すぐ入手してください。↓

●PS2

身近にガン患者がいる方、花粉症の方は編集後記をごらんください。

↓
================================================================

【この本は日本が危機を克服するためのバイブルです。】(京都 山根様)


★「僕が生まれたのは、中華人民共和国


小日本省です・・・」
~~~~~~~~~~


アメリカの衰退により、放り出される
天領日本。
~~~~
戦後60年以上「自分で決定したことがない」
依存政治家は、

次の依存先を探し始めた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本には二つの道があります。

1、中国幕府の天領(小日本省)になるのか?

2、真の自立国家になるのか?


05年1月発売「ボロボロになった覇権国家」でアメリカの
現在の危機を予測。

07年9月発売「中国ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日」で
「米ロ新冷戦」勃発を予測した

RPE北野幸伯 待望の新刊

『隷属国家日本の岐路〜今度は中国の天領になるのか?』
(ダイヤモンド社)
↓
詳細はいますぐ↓
( http://tinyurl.com/6zcszc  )

●迷っている方はまずこちら↓

・フジサンケイ ビジネスアイの書評を見る↓
http://www.business-i.jp/news/book-page/debut/200809200006o.nwc
・プレジデント・ロイターの著者インタビューを見る↓
http://president.jp.reuters.com/article/2008/11/14/5912BFDC-AB13-11DD-B03C-24C83E99CD51.php
・ダイヤモンド・オンラインの書評を見る↓
http://diamond.jp/series/diabooks/10039/


PS
本の一番最後に「北野の夢」が書いてあります。
しかし、前から順番にお読みください。


▼お勧め本コーナーへ
=================================================================

★(いつまで続くかわからない)北野のお薦め本コーナー!

このコーナーでは、中学時代病気で死線をさまよい、高校時代クラ
ス一の落ちこぼれで先生に見捨てられたRPE北野が、なんやかん
やとサバイバルしているのに、役立っている本・DVDを紹介してい
ます。

戦争・テロ・デフレ・財政赤字・失業者・リストラの増加、こんな厳し
い時代ですが、せめてRPE読者の皆さんは、健康で幸せで豊かに
生きていけますように。


★国家の品格 藤原正彦 新潮新書
(詳細は→  http://tinyurl.com/ytnkqd   )

いろいろな人が「読みなさい、読みなさい」というので、ついに読ん
でみました。

正直まったく期待していなかったのです。

北野「たぶん、空想とキレイゴトのオンパレードなんだろうな〜」

完璧に裏切られました。

キレイゴトどころか、RPE並みにキレイゴトを排撃しています。

例、

・欧米は野蛮だった

・先進国は全て荒廃している

・「アメリカは北朝鮮に「核を持つな」と言っていますが、自分たちは地球
の全人民を何十回殺せるような核兵器を持っている。」(17p)

・「私が金正日でも、アメリカの言うことなんか聞きません。」(17p)

・「資本主義の勝利」も幻想

・小学生に英語を教えると「国際人」がいなくなる。

・「人間にはそもそも自由がありません。」(67p)

・人類の自由・平等の権利を主張したジェファーソンは、インディアンを
大虐殺し、奴隷を100人かかえていた。

・「国民は永遠に成熟しない。放っておくと、民主主義すなわち主権在民
が戦争を起こす」(83p)

・「平等」もフィクション。

等々。

藤原先生は、こんな感じで、現代の世界を支えている美しい論理を次々
とぶち壊していきます。


で、どうするのか?

藤原先生は、「武士道の復活」を提案しています。

前号「ユダヤの秘密」で、「ユダヤ人の強さの秘密は、「タルムード」を毎
日毎日学ぶことだ」と書きました。


▼共に名著です!
「ユダヤ5000年の教え ラビ・マービン・トケイヤー 実業之日本社
(詳細は→  http://tinyurl.com/eca8t  )
「ユダヤ5000年の知恵」ラビ・M・トケイヤー 実業之日本社
(詳細は → http://tinyurl.com/25z36e  )


結局、道徳教育・人格教育というのは、良いものを子供の頃から繰り返
し繰り返しインプットしていくこと。

だからって、日本人の子供がタルムードを学ぶのも変ですよね。

ですから、神道・仏教・儒教が合わさってできた「武士道」を子供のころか
らプリンティングしていけばいい。

もちろん、実現は簡単ではありません。

藤原先生もそのへん自覚しておられます。

とはいえ、日本の教育と道徳はボロボロですから、なんらかの対策をう
つ必要があるのは明白。


「ここ4世紀間ほど世界を支配した欧米の教義は、ようやく破綻を見せは
じめました。

世界は途方にくれています。

時間はかかりますが、この世界を本格的に救えるのは、日本人しかい
ないと私は思うのです。」(191p)


既に読まれた人も多いと思いますが、まだの人は是非ご一読ください。

本当に面白いです。


★国家の品格 藤原正彦 新潮新書
(詳細は→  http://tinyurl.com/ytnkqd   )


★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
http://www.geocities.jp/rpejournal/


▼編集後記へ
=================================================================

★北野絶対お勧めメルマガ

・世界的危機は、これで乗り切れます!
心と体の健康、脳力開発の世界的研究者
斉藤英治博士のメルマガ
★完全無料
登録はいますぐ→ http://www.mag2.com/m/0000146702.html


・軍事情報日本一!これを読まずに今の世界は語れません。
★完全無料
登録はいますぐ→ http://www.mag2.com/m/0000049253.htm


・中国情報日本一!Xデーはいつくる?
★完全無料
 ≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡
登録はいますぐ→  http://chinachips.fc2web.com/common/31mag.html

=================================================================

★編集後記


お待たせしました。

花粉症の話です。

私はモスクワに来てからず〜〜〜と花粉症がありませんでした。

ところが一昨年、急に花粉症になったのです。

というか、「ひどい花粉症」になりました。

苦しい・・・。

去年もひどい花粉症でした。

ところが・・・。

今年は花粉症が全然出ていません。

自分自身が一番驚いています。

いったい何が起こったのでしょうか?


ここ数か月をふりかえって、「一昨年・去年と変わったことはなん
だろうか???」

おもいつくことが一つだけありました。

実は、今年の初め、ある身近な人がガンでなくなりました。

それから、ガンのことに興味をもちはじめ、いろいろな本を読みま
くっていたのです。

そしていきついたのが、

「今あるガンが消えていく食事」
(詳細は→  http://tinyurl.com/cb2pkv  )

という本。

タイトルを見て「おいおい、そんなわけないだろ!」

とは、思いませんでした。

なぜかというと、ゆかり先生のお母さんも、「食事療法でガンを治
した」と聞いていましたから。


この本を読み、「ガンになってから食事を変えるより、今から変え
た方がよいだろう」と思ったのです。

で、2月の初めから食事を「今あるガンが消えていく食事」にきりか
えました。

(とはいえ、私はガンじゃありませんから、完璧に守っているわけ
ではありませんが・・・)


たぶん、これが原因で花粉症が出ていないのだと思います。

だって、その他に変わったことなんて心当たりありませんから。

というわけで、身近にガンのいる人、花粉症で悩んでいる方は、

今すぐ


「今あるガンが消えていく食事」↓
(詳細は → http://tinyurl.com/cb2pkv   )

をご一読ください。

この本は、北野家代々の家宝になることが決定しました。

皆さまの家宝にもなる、すばらしい本です。



RPEジャーナル
北野幸伯

●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 

▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。


▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★自己責任で決定を下してください。

==============================================================

★筆者のプロフィール


北野幸伯(きたの よしのり)

・1970年、長野県松本市に生まれる。

田中康夫前長野県知事と同じ松本深志高校卒。

・1996年、日本人として初めて、ロシア外務省付属モスクワ国際関係大学
(MGIMO)(*1)を卒業。政治学修士。

・1996年、卒業と同時にカルムイキヤ自治共和国(*2)大統領顧問に就任。

・1999年4月、メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」を創刊。

「わかりやすい!」「笑える!」「予測があたる!」と話題沸騰。読者は、国
際金融機関・政府諸省庁・ロシアに進出しているほとんどの企業から主婦
・女子高生まで。ロシア関係のメルマガで配信数日本一を独走中。

・2001年9月より、世界一予測があたる国際金融アナリスト増田俊男氏が
編集主幹を務める月刊誌「力の意志」(サンラ出版)でグローパルアイ・ロシ
アを連載。

・2003年9月、長年プーチン大統領のブレーンを務め、ロシアを奇跡の復活
に導いた男Z氏・ディープロシアを知り尽くす唯一の日本人山内氏と共に、
IMT(International Most Trading.,Ltd.)を設立。

・2005年1月、『ボロボロになった覇権国家』〜次を狙う列強の野望と日本
の選択  風雲舎  http://tinyurl.com/dypky を出版。

週刊東洋経済(2005年3月26日号)で「日本の上っ面の海外報道を覆す」
本と絶賛される。

以後、執筆を中心とする生活にシフト。


・2005年12月、まぐまぐメルマガ大賞2005ニュース・情報源部門で、ロシア
政治経済ジャーナルが一位を受賞。

・2006年、Eブック日本NO1サイトTimebook Townのジャンル別06年度年
間ランキング国際部門で、「北野幸伯のぶった斬り国際情勢」が1〜3位
を独占。(ちなみに教養部門NO1は国家の品格【藤原 正彦】だった)

(*Timebook Townは、新潮社・講談社・ソニーの合弁会社パブリッシング
リンクが運営する、Eブック分野日本一のサイト)

・2007年9月

「中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日-一極主義vs多極主義」(草思社)

(→ http://tinyurl.com/yro8r7 )を出版

この本について

朝日新聞07年11月18日

「ロシアの揺さぶり策から、アメリカの世界戦略に改めて気づくことができ
る本だ」

産経新聞07年11月27日

「混迷する世界情勢についてユニークな視座を提供する書物が登場した。」

読売新聞07年12月17日

「「日本は、いわば米国の天領。米国がしっかりしているうちはいいが、
中国やロシアが台頭したらどうなるか・・・。」
憂国の情に根ざしたロシア発の言論活動を今後も続けていく構えだ。」




*大学卒業後、失敗したこともたくさんあり、一文なしになり家賃を滞納し
たこともありますが、それを語りだすとキリがないので、カットしてあります。


(*1)MGIMOは、ソ連時代「卒業生の半分は外交官に、半分はKGBに」と
言われた超エリート大学。現在も、ロシア外交官の大半は同大学出身者
が占める。

(*2)カルムイキヤは、カスピ海北西岸に位置する仏教国。1993年、31歳
の若さで同共和国初代大統領に選出されたイリュムジーノフ氏は、就任
時既にロシアで5本の指に入る大富豪だった。現在は国際チェス連盟(F
IDE)会長も務めるスーパー大統領。MGIMO出身で大の日本好き。



================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved.  358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.htm


=====================================RPE Journal=================

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ ) 358

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/15 部数:  56,329部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/15 部数:  56,329部

他のメルマガを読む