ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】中国に操られるキッシンジャー

=== RPE Journal===================================================


         ロシア政治経済ジャーナル No.502

                         2008/2/22号

================================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
=================================================================

★中国をあまくみるな!


全世界のRPE読者の皆さまこんにちは!

いつもありがとうございます。

北野です。

全世界の人々は今、どんなことに関心があるのでしょうか?

まあ、コソボ問題もありますが。

だいたい以下の二つでしょう。


1、アメリカはこれからどうなるの?

2、中国はこれからどうなるの?



アメリカに関しては、

「中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日」
(詳細は→ http://tinyurl.com/yro8r7 )
「ボロボロになった覇権国家」
(詳細は→  http://tinyurl.com/dypky )


を読めばわかるとして。

問題は中国なのであります。


ホントに意見がばらばらなのですね。

ためしに、産経と朝日を買って読み比べてください。

わけわかんなくなりますから。


中国については主に二つの楽観論があります。


1、中国は「共産党の一党独裁」「超格差社会」「環境最悪社会」等々
多くの問題を抱えている。

よって、早晩「自滅」するであろう。


これとは全然正反対の楽観論。


2、中国は今後も発展しつづけるが、この国は「儒教」の国(^▽^)で
「平和な発展」「日本との友好」を志向している。

よって、中国は「全然日本の脅威ではない」(^▽^)



そして、最後の一つが悲観論。

3、中国は「世界の工場」として、その後は「世界最大の市場」として、
今後も発展をしつづける。


しかしこの国は、

・軍事費で既に世界2位である。(公式で5兆円、米英は15兆円と推定
している

・1989年以降19年間も軍事費を年二桁増加させている(なんのために?)

・虫も殺さぬチベットの民を大虐殺した

・ベトナムやフィリピンを侵略した過去がある

・図々しくも、「尖閣諸島は中国の領土」と主張している

等々の理由で、日本最大の脅威である。


RPEは、これまで何度も書いているように、


・中国経済は今後も発展しつづけるであろう(バブルははじけるが)
・中国は、日本唯一の仮想敵である


というのが基本的な立場です。

なぜ私はそう思うのか。

実をいうと、ロシアのおえらいさんから、中国ロビー(買収工作)の激し
さをきいたからです。

さらに、アメリカの政治家・議員の多くが中国に買収されていることは
ひろく知られています。

(例、クリントン夫妻)


中国は既に、アメリカでイスラエルにつぐロビー勢力となっている。

一方、日本はアメリカ政界・ロシア政界に対する影響力はゼロです。


「中国は野蛮でバカでいいかげんだ」

といえばなぐさめられますが、実際中国のトップは、
非常に優秀(ずる賢い)といえるでしょう。


今回は、私が非常に尊敬する伊勢さんが書かれた「中国外交」のお話
を紹介します。


皆さんキッシンジャーさんというと、「外交の神様」だと思っているでしょ?

そんなキッシンジャーですら、優秀(ずる賢い)な中国人にかかると

赤ん坊(^▽^)のように翻弄されてしまうという話。


ちなみに、伊勢さんの「国際派日本人養成講座」は、★完全無料で
世界1役に立つメルマガですから、必ずご購読ください。

いますぐ登録しましょう。↓
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/


★では、キッシンジャーさんが子供のように翻弄される姿を見て、
中国への幻想を捨て去りましょう。


●↓世界1面白い、メルマガへ

=================================================================

★★★株はまだ買うな!


●日経225ミニで、50万円を1億円にする方法

株式投資界の「若き帝王」○○寛が

サラリーマンでも主婦でも学生でも関係なく

【億】に到達させます。

●200名限定です。
興味のある人は今すぐ
↓を熟読し、極秘・限定情報を入手してください。
http://tinyurl.com/3cnhgk


=================================================================
■■ Japan On the Globe(535)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

              Common Sense: 中国人の外交術

                  米中国交正常化交渉においてキッシンジャー
                 を翻弄し続けた中国流の外交術に学ぶ。
■転送歓迎■ H20.02.17 ■ 36,410 Copies ■ 2,768,784 Views■
  無料購読申込・取消: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/

    --------------------------------------------------------
     弊誌をあなたの主催または参加しているブログ、ホームペー
    ジ、メーリング・リスト、メール・マガジンにご紹介ください。
    転載も大歓迎です。ご紹介先のアドレスを記載して、本メール
    の返信でお知らせ下さい。
     薄謝として、本誌総集編(¥800)を差し上げます。
    --------------------------------------------------------

■1.中国招待は皇帝の温情!?■

     1971年7月、キッシンジャー大統領補佐官は北京への最初の
    秘密訪問を行った。ニクソン大統領が対中国交正常化への意欲
    を示し、5月に中国側が大統領の公式訪問を歓迎すると応えた
    のを機に、そのお膳立てのための極秘訪問をしたのだった。

     キッシンジャーを迎えた周恩来首相は、こう語った。

         中国側がまだ招待していない実に多数の米国の政治家の
        リストをみせましょうか。私のデスクには、中国を訪問さ
        せてほしいと要請する米国政治家からの手紙が山のように
        積まれています。私は返事はまだ出していませんが−−−

     周恩来の先制パンチだった。交渉相手をそのライバルと競わ
    せて焦らせる、中国一流の外交術である。何千年も国内で激し
    い外交合戦を繰り広げてきた中国では、ごく基礎的な手法であっ
    た。この後に続く何年もの米中交渉の間、キッシンジャーはこ
    うした中国側の天才的な外交術に翻弄され続けることになる。

     この先制パンチに、キッシンジャーはこう応えるのが精一杯
    だった。

         あなたがしたこと(ニクソン氏訪中招待)にはニクソン
        大統領も非常に感謝しています。

     これでは中国皇帝への拝謁を許された周辺蛮族の使節が、皇
    帝の格別の仁慈に感謝しているようで、完全に位負けである。
    周恩来はその答えに満足したように、さらにこう畳みかけた。

         その招待は毛主席の英知と指示によりなされたのです。

■2.CIA報告書『中国人の交渉術』■

     米中国交正常化交渉はこの後、79年1月カーター政権下で結
    実するまで7年以上も続けられるのだが、中国の外交術に翻弄
    され続けた米政府は、この経験を『中国人の交渉術』という報
    告書にまとめて、中国との交渉を担当する人間には熟読するこ
    とを義務づけた。

     米国中央情報局(CIA)が発行したこの報告書は、ランド
    研究所主任研究員のリチャード・ソロモン氏によってとりまと
    められたのだが、彼はキッシンジャーの補佐官を務めた人物で
    ある。前後20年に及ぶ中国との交渉記録を渉猟し、さらにニ
    クソン、フォード、カーター、レーガンの歴代政権の高官たち
    30人以上にインタビューを行った。

     キッシンジャーもインタビューに答えた一人であり、その体
    験をもとに、この報告書では随所にキッシンジャーが翻弄され
    た実話がちりばめられている。冒頭のシーンはその一つである。

     キッシンジャーほどの著名な国際政治学者でも、実際の交渉
    の場では手玉にとってしまうほどの高度な外交術を、中国の政
    治伝統は生み出している。

     その分析を行った本書は、日本の対中外交、そして民間企業
    における交渉においても参考になる。本号では、その一端をご
    紹介しよう。

■3.「中国の友人」を選ぶ■

     中国の外交術の原則は、国家間の関係は条約などの法的なも
    のでなく、あくまで個人どうしのつながりに基盤を置く、とい
    うものである。

     これは中国の歴代王朝が(現在の中国共産党政権も含めて)、
    皇帝の独裁を原則としてきたことから生まれた歴史的な特性だ
    ろう。国家間の関係も、企業間の関係も、まずは相手側との人
    間関係を作る所から始まる。

     その第一ステップは、中国側と個人的関係で結ばれた「中国
    の友人」を作り出し、それが相手側の交渉窓口となるよう工作
    することである。相手国政府内のライバル関係、あるいは権力
    状況を調べて、「中国の友人」として最適な人物を選び出す。

     米中交渉において「中国の友人」として選ばれたのが、キッ
    シンジャー補佐官であった。71年はじめに中国政府はニクソン
    政権と直接のコンタクトをとろうと決めてから、少なくとも二
    人の仲介者を通じて、キッシンジャーに特に会いたいという意
    向を伝えている。

     最初は71年2月に、喬冠華外務次官がこの意向を北京駐在の
    ノルウェー大使に伝達した。4月には駐米パキスタン大使が周
    恩来首相からの同様のメッセージを伝えている。こうした名誉
    ある「ご指名」に与(あずか)ったキッシンジャーが、対中国
    交回復にどれほどの意欲を燃やしたかは、想像に難くない。

■4.「中国の友人」への計算され尽くした「熱烈歓迎」■

     日中国交正常化の場合、「中国の友人」に選ばれたのは田中
    角栄だった。佐藤栄作政権の親台湾政策を継承する福田赳夫に
    対して、田中角栄に訪中招待を呼びかけ、親中派の大平派、三
    木派を抱き込んで、田中政権の成立を裏から助けた。田中角栄
    は首相に就任した初閣議後の記者会見で「中華人民共和国との
    国交正常化交渉を急ぐ」と発言している。[a]

     逆に「友人」になりえない人物が交渉相手に選ばれそうにな
    ると、中国はそれを避けるためにあらゆる手段を使う。1980年
    の米国大統領選の最中に、親台湾派と見られていた元CIA副
    長官レイ・クラインが新政権の対中窓口になりそうになると、
    トウ小平は副大統領候補ブッシュとの会談で「レイ・クライン
    とは何者なのか。クラインの中国に関する見解はレーガン・ブッ
    シュ政策を反映するものなのか」と厳しく問い詰めた。

     そしてクラインがある記者会見で「中国は野蛮」と口を滑ら
    せた発言を大々的に取り上げ、激烈に非難したのだった。中国
    敵視政策を決意した政権でない限り、ここまで非難された人物
    を対中外交の責任者に任命することはできないであろう。

    「中国の友人」に任命された人間が招待に応じて訪中すると、
    計算され尽くした「熱烈歓迎」を受ける。

     キッシンジャーはニクソン訪中の事前準備に訪中した際に、
    中国側がレセプション、名所見物、食事、音楽など綿密に効果
    を計算して準備を進めていることに強い印象を受けたと述懐し
    ている。2回の訪問で、紫禁城と万里の長城に案内され、さら
    に北京の現代オペラを観劇させられた。

     田中首相が北京入りしたのは9月の30度を超える暑い日だっ
    たが、迎賓館の部屋は田中の好きな17度に設定されており、
    田中の第一声は「ああ涼しくて助かる」だった。部屋の隅には
    さりげなく田中の好きな台湾バナナ、富有柿、木村屋のあんパ
    ンが置いてあった。「これは大変な国に来たな」と日本側は驚
    いた。[a]

■5.「相手のライバルと競わせる」■

     こうした陰からのバックアップや「熱烈歓迎」で相手国のリ
    ーダーと個人的パイプを作る事に成功すると、その「中国の友
    人」を通じて中国は様々な要求や圧力をかける。

     ここで「中国の友人」が反抗することもあるが、それを抑え
    込む手口がいくつかある。一つは「相手のライバルと競わせる」
    という手である。

     冒頭に紹介したように、周恩来首相がキッシンジャーに対し
    て、他にも中国の招待を待つ米国政治家がたくさんいる、と牽
    制したのも、この一例である。共和党のニクソン政権下で国交
    正常化への進展がはかばかしくなければ、中国訪問を切望する
    民主党の多数の政治家に交渉相手を切り替える、と脅したので
    ある。

     1974年11月、ニクソン訪中後、3年近く経っても、米中交
    渉がまだ続いていたが、トウ小平はキッシンジャーに対して、
    そのライバルと目されていたシュレジンジャー国防長官を中国
    に招待すると告げて、ショックを与えた。 [1,p108]

         米中関係では、もう一つ考えていることがあります。両
        国関係がいま冷却しているという点です。このため中国政
        府は国防長官ジェームズ・シュレジンジャー氏への公式招
        待を発表する。同氏の訪中はいまの米中間の諸問題に適切
        な答えを与えるでしょう。

     キッシンジャーが「クレムリンでは(驚いて)すぐに政治局
    会議を開くでしょうね」と牽制すると、トウはこうかわした。

         私たちは気にしません。むしろソ連が政治局会議を開く
        ことを私たちは望んでいます。中国は真剣にこの招待を出
        しているのです。

■6.「われわれはあなた方を必要としない」■

     交渉相手をライバルと競わせて、自分を有利な立場に置くと
    いう外交術は、相手国全体に対しても用いられる。

     上記のキッシンジャーとトウ小平の会談の前月、中国首脳は
    突然、ソ連に向けてボルシェビキ革命の記念日を祝う電報を打
    ち、中ソ不可侵条約を提案した。米中関係が冷却している時期
    にこんなメッセージが送られただけに、中ソ対立が解消される
    のではないか、との憶測まで流れた。

     その直後のキッシンジャーとの会談で、トウ小平は「ソ連の
    覇権政策は不変」という見解を強く再確認してみせた。キッシ
    ンジャーとの会談を狙って、中国側が「米中交渉が進展しない
    と、中ソが再び組むかも知れない」という揺さぶりをかけたの
    だろう。

     レーガン大統領が84年春に北京を訪問した際にも、中国側は
    この外交術を巧みに使ってみせた。ソ連のアルキポフ第一副首
    相がすぐに中国を訪問する予定だとレーガン大統領に伝えたの
    である。中国首脳はさらに「日中関係が21世紀まで円滑に保
    たれる」と力説して、行き詰まっている米中関係と対比した。

     軍事はソ連、経済は日本があるから、アメリカが中国との関
    係緊密化を望まないなら、それでも中国の方は一向に困らない、
    という圧力である。

    「われわれはあなた方を必要としない。あなた方こそわれわれ
    を必要としているのだ」というのが、中国の慣用句である。

■7.「時間のプレッシャー」■

     中国のもう一つの外交術は、相手側に「時間のプレッシャー」
    を与えることである。

     キッシンジャーは、1971年10月の二度目の中国訪問の際の
    共同コミュニケ草案づくりの光景を次のように描いている。
    [1,p131]

         われわれを夕食の蒸し焼きアヒルで腹一杯にさせたあと、
        周(恩来)氏は自分のつくった草案を突きつけてきた。周
        草案は、一連の問題について極めて非妥協的な言葉で中国
        側の立場を述べ立てる一方、米国の立場を述べる空白のペ
        ージを残しており、米国の立場は、中国側の立場とは反対
        になることが予測されていた。[1,p131]

     米国は自身の主張を盛り込むことができるが、中国と米国の
    主張に何の共通点もないのであれば、ニクソン訪中は意味のな
    い失敗であるとされてしまう。キッシンジャーは、「限られた
    訪問期間の中で何らかの共通点を見いださなければならない」
    というプレッシャーをかけられ、翌朝に対案を提示することを
    約束した。

         対案作りは、肉体的な耐久力との競争になった。まず、
        私が3時間眠っている間にウィンストン・ロードがコミュ
        ニケを練り直した。そして彼がベッドに潜り込むと、私が
        夜の明けるまで草案を推敲した。

     共同コミュニケの草案の大部分はこの際にまとまったが、最
    も重要な台湾問題に関する合意は、翌年2月のニクソン大統領
    訪中時にまで持ち越された。

     この時も、キッシンジャーは喬冠華外務次官と20時間にお
    よぶ交渉を続けたが、大統領の北京出発の時間が迫ってくる。
    喬次官は、まとまらないのなら共同コミュニケを出さなくとも
    よい、という虚勢を張ったが、米国側としては、それではニク
    ソン訪中は失敗だった、ということになる。

     結局、米国側は大統領の出発の12時間前に台湾問題で譲歩
    し、「上海コミュニケ」をまとめたのだった。

■8.「後で都合のようように解釈」■

     こうした「時間のプレッシャー」のもとで、米国は中国側が
    主張する「一つの中国」という原則を受け入れた。しかし、そ
    こでは「米国政府は台湾海峡のいずれの側の中国人も、中国は
    一つであり、台湾は中国の一部だとみていることを認識し、そ
    の立場には挑戦しない」という文言であった。

     これなら、台湾側が「中国は中華民国という一つの国であり、
    台湾はその一部」という主張をしている事も米国政府は「認識」
    していることになる。極端な時間のプレッシャーの下で、キッ
    シンジャーが考え出した天才的な苦肉の策である。

     しかし、この苦肉の策も、老練な中国の外交術に手玉にとら
    れることになる。中国側は後に「台湾は中華人民共和国の一部
    である事を米国が承認した」というように一方的にねじ曲げて
    解釈してしまう。

     77年1月、カーターが大統領就任直前に、「台湾は(中国と
    は)別の国」と述べたことに対して、上海コミュニケ違反とし
    て批判した。さらに米国が台湾に武器を売却する都度、「上海
    コミュニケ違反」として非難した。

     合意事項を含みのある文面にしておき、後の自分に有利な形
    に解釈する、という中国の戦術は、日本との交渉においても発
    揮されている。[a]

■9.「敵を知り己を知らば百戦危うからず」■

     以上のような中国人の外交術は、天才的なものではあるが、
    様々な交渉において、繰り返し見られる一定のパターンである。

     逆に言えば、そのパターンを知っていれば、こちらに有利な
    形で交渉が進められる。だからこそ、米国はこのレポートをま
    とめて、中国との交渉担当者に読ませているである。我が国の
    外交担当者や国際的なビジネスマンも、こうした研究が必要で
    ある。

    「敵を知り己を知らば百戦危うからず」とは孫子の言葉である。
                                         (文責:伊勢雅臣)

■リンク■
a. JOG(312) 「日中国交正常化」〜 幻想から幻滅へ
    そもそものボタンの掛け違えは、田中角栄の「日中国交正常
   化」での「異常」な交渉にあった。
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h15/jog312.html

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 産経新聞外信部 (翻訳) 『中国人の交渉術―CIA秘密研究』★★、
   文藝春秋、H7
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163504702/japanontheg01-22%22

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ おたより _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■前号「打倒された邪馬台国」に寄せられたおたより

                                                 康之さんより

     伊勢様の日本の歴史について正確かつ詳細な解説は日本人と
    して生まれたことに誇りをもたせるものであります。しかしな
    がら2月10日の記述についていささか、違和感を覚えるので
    あります。

     なぜらば、邪馬台国、卑弥呼という呼称が無造作に使われて
    いるからです。邪馬台国、卑弥呼という呼称は鮮卑、匈奴、烏
    桓と同じよに、中国大陸にあった国からの人種差別というか、
    蔑称ではないでしょうか。現代で言えば邪馬台国とは「ジャッ
    プ」あるいは「小日本」に近い響きを感じます。

     大陸から見て、邪馬台国、卑弥呼という政権や首長があった
    かもしれないし、いたのかもしれません。しかしながら、我が
    国自ら邪馬台国と称した文書はないはずです。自国や自らの名
    前に邪、卑という漢字を使うことはありえないことではないで
    しょうか。

     誤解を招きかねないですから、「大陸が呼称している邪馬台
    国」と記すべしではないでしょうか。西尾幹二さんの"国民の
    歴史"には、秀吉時代の我が国に対する中国側の歴史書には杜
    撰な記述があり、いわんや秀吉時代よりも千年以上の記述の信
    頼性はもっと落ちると考えるのは、自然であり、そうすると邪
    馬台国、卑弥呼という呼称はますますもって信頼性が低いので
    はありませんか。

                                       編集長・伊勢雅臣より
     ご指摘のように、邪馬台国、卑弥呼というような蔑称をその
    まま使った点は、問題でした。少なくともヤマタイ国、ヒミコ
    など、現在推定されている読み方をカタカナで表記すべきであっ
    たと思われます。

     魏志倭人伝の記述の正確さに関しては、日本の習俗などに関
    しては、蔑視が込められていて、極めて不正確ですが、外交記
    録に関しては詳細で信頼性が高い、と八木氏は指摘されていま
    す。

                                             Noboruさんより
     この邪馬台国に関しましては、周知のように、諸説相入り乱
    れ、定説に至らない状況にあります。当方は当該領域に素人で
    すが、当該の専門学会でも、多数派の畿内説と少数派の北九州
    説とが、対峙しているのではないかと、推察されます。そのな
    かにあって、当該の御論考は、主に八木荘司氏の説に立って、
    記されているように思います。

     諸説入り乱れるうちの一説を強いて積極的に取り上げて配信
    するとなると、「じゃあ普段送ってきているものも、あんまし
    当てにならない一私見にすぎないのね」 ということになって
    しまうように思います。当方の所感では〜通例のものは、もう
    少し確度の高い見地、有力な私見であったように思います。そ
    の辺の区別はありやなしや、せっかくふだん魅力的な御論考群
    を配信いただいているだけに、微妙なところではありますが、
    望むらくはお伺いしたいところです。 

                                               伊勢雅臣より
    「邪馬台国」がどこにあったか、という問題は多くの人が論じ
    ていますが、前号のテーマはそのような歴史ミステリーではあ
    りません。八木氏の説を採用したのは、魏志倭人伝の外交史の
    部分を詳細に取り上げて、古代からの日中関係という視点から
    論じているからです。氏の説に基づいて、我々の先祖がどのよ
    うな国家を目指していたのか、に迫ってみました。

     もちろん史実として定説が確立した時代ではありませんが、
    少なくともヒミコが対中臣従路線を歩んだことは銅鏡の存在な
    どから史実でしょうし、それに戦いを挑んだ自主独立路線があっ
    たことも、後の聖徳太子の対中対等外交を見る限り、十分にあ
    りえたと考えます。

     読者からのご意見をお待ちします。以下の投稿欄または本誌
    への返信として、お送り下さい。
     掲載分には、薄謝として本誌総集編を差し上げます。
    http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jog/jog_res.htm

============================================================
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing
             http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
購読解除:   http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
広告募集: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jog/jog_pr.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved.  358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.htm


=====================================RPE Journal=================

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ ) 358

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/23 部数:  56,496部

他のメルマガを読む