ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】メドベージェフ「ルーブル基軸通貨化」を宣言

=== RPE Journal===================================================


         ロシア政治経済ジャーナル No.501

                         2008/2/18号

================================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
=================================================================

★メドベージェフ「ルーブル基軸通貨化」を宣言


全世界のRPE読者の皆さまこんにちは!

いつもありがとうございます。

北野です。

RPE読者さん以外の日本人がボケボケボケボケしている間に、世界
は大きく変化しています。

大きく変化しているというのは、「アメリカの一極支配構造」が崩壊して
きているということです。

で、どうして「一極支配構造が崩壊してきているの?」といえば、

「ドル基軸通貨体制が崩れてきているから」となります。


この点私は05年1月発売の「ボロボロになった覇権国家」
(詳細は→  http://tinyurl.com/dypky   )


以前も以降も一貫して警告しつづけてきました。

本が発売された当初は、「バカじゃないの!」「トンデモ系」「陰謀論」
とサンザン馬鹿にされました。

ところが今では3大新聞にも取り上げられ、「昔失礼なメールを書きま
したがすいません」とワビのメールが洪水のように届いているのです。


さて、最近話題になった出来事。

ジョージ・ソロスが「ドル時代の終焉を宣言した」という話をしました。
↓



<世界はドルの買い増しに消極的=ジョージ・ソロス氏

1月24日7時35分配信 ロイター

[ダボス(スイス) 23日 ロイター] 著名投資家のジョージ・ソロス
氏は23日、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、世界
的にドル離れが進んでいるとの認識を示した。

同氏は「金融市場には保安官が必要だ。世界はドルを買い増すこ
とに消極的だ」と発言。> 


<「現在の危機は、ドルを国際通貨とする時代の終えんを意味する。
            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ワシントン・コンセンサスではなく、新しい保安官が必要だ」と述べ
た。>(同上)



さて、ロシアはこういう状況でどう動くのでしょうか?


▼ロシアはドル体制崩壊を後押ししている


皆さん、現在起こっている世界経済の危機は、「『サブプライム問題』
が発端だ」とか思っていないでしょうね?

危機の根は、もっとずっと長く深いのであります。

まず第2次世界大戦中、ブレトンウッズ体制=金(きん)ドルシステ
ムがつくられた。

このシステムのせいで、アメリカから金(きん)がどんどん流出してい
きます。

ニクソンは1971年8月、「金・ドル兌換の停止」を宣言。
(ニクソンショック)

これでドルは、基本的に他通貨同様、タダの「紙切れ」になりました。

しかし、「他にかわりがない」という一点で、その後も基軸通貨であ
りつづけたのです。

レーガンさんの80年代、アメリカは世界最大の債権国から世界最大
の債務国に転落してしまいます。

90年代はじめ、「アメリカはまもなく国家破産する」といわれた。

しかし、クリントンは「IT革命」を起こし、世界から資金を集中させる
ことで、この危機を乗り切りました。

しかし。。。


1999年、ユーロが誕生。


ついにドルにかわる「基軸通貨候補」が誕生したのです。

その後ユーロは強くなりつづけ、06年末には市場流通量がドルを
超えてしまいます。

現代の世界を見ると、ドルとユーロが並存している状態。

しかし、世界最大の借金大国アメリカのドルはますます弱くなり、ユ
ーロはますます強くなっていきます。(短期には上下するが。。。)

ドルが弱くなり、ユーロが強くなっている。

あるいはドルが弱くなり、他通貨が軒並み強くなっている。

これは、自然に起こったことではない。

つまり、人為的に起こっていることなのです。

要するに、アメリカの一極支配をぶち壊し、多極世界を構築したい
独仏・ロシア・中国・中東産油国が一体化して、ドル攻撃に動いて
いる。

ロシアはどうか?

まず、ロシアはルーブル建ての原油取引を開始。



<ルーブル建て原油取引開始 ロシア、影響力強化狙う

【モスクワ9日共同】モスクワの取引所、ロシア取引システム(RTS)
で8日、初のルーブル建てロシア原油の先物取引が始まった。

サウジアラビアに次ぐ世界第2位の産油国であるロシアは、自国通
貨建ての自国産原油市場を創設することで、国際原油市場での影
響力強化を図る狙いだ。>

(共同通信 06年6月9日)



さらに、プーチンさんは07年6月、「ルーブルを世界通貨(基軸通貨)
にする!」と宣言します。



<米露“破顔一笑” 「ルーブルを世界通貨に」プーチン大統領ますます
強気

6月12日8時0分配信 産経新聞

【サンクトペテルブルク=内藤泰朗】ロシアのプーチン大統領は10日、出
身地サンクトペテルブルクで開かれた国際経済フォーラムで、
同国の通貨ルーブルを世界的な基軸通貨とすることなどを提唱した。>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



さらにプーチンは、アメリカ没落後の世界像をぼんやりながら提示しました。
↓



「現在の金融システムは、1〜2の通貨(ドル・ユーロ)にしばられており、
グローバル経済の戦略的要求を反映していない。

なぜなら、これら通貨の変動が国々の外貨準備や、経済のある部門に
ネガティブな影響を与えるからだ。」



で?



「この問題に対する答えは一つ − 

いくつかの世界通貨と金融センターが出現することだ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



世界がアメリカ一極世界から、5〜6の多極世界になる。

そして、5〜6の基軸通貨がある。

ロシアのルーブルがその一つになる可能性は十分あるでしょう。

このように、今世界で起こっている危機は、偶然起こっているのではな
く、


米一極主義 対 多極主義 の結果起きている。


ああそうそう、メドベージェフの話でした。


↓本文 後半へ
=================================================================


★副業で月100万円稼ぐ方法


●テリー伊藤氏も大絶賛!


これは、1日1時間の片手間副業でも、
【月100万円】以上稼げる方法です。

初心者にもわかりやすく丁寧に解説しております。

このプログラムに参加すれば、あなたも数ヵ月後
には、札束を手にすることが出来ます。

今、日本にある「稼ぎ方」の中で、もっとも現実的
に大金を得られる方法ですので、

今すぐご確認ください。


詳細はいますぐ
↓
http://tinyurl.com/2yz67w
★後11個だけ。
興味のある方はお急ぎください。

↑
●こういうことがマジであること、
北野自身も確認済みです。

=================================================================

▼メドベージェフ「ルーブルを基軸通貨に」


アメリカの選挙戦が盛り上がってますね。

ちなみに、ロシアでも3月はじめに大統領選挙がある。

しかし、プーチンが後継指名したメドベージェフ第1副首相の勝利は確
定的。

そんなわけで、全然盛り上がらないのです。

ま、別にどっちでもいいんですが。


最近メドベージェフさんが、世界経済の現状とロシアの行くべき道につい
て語りました。

「リベラル派」といわれるメドベージェフさんですが、経済政策に関しては、
「アメリカの経済支配体制を遠慮なくぶち壊す」と宣言しています。
↓



<「資源決済ルーブル建てで」

2月16日8時2分配信 産経新聞

プーチン・ロシア大統領の後継者、メドベージェフ第1副首相は15日、東
シベリア・クラスノヤルスクで演説し、

「(石油、天然ガスなど)資源輸出の決済をルーブル建てに移行させる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
必要がある」と述べた。

イタル・タス通信が伝えた。>



うお!

きましたな。

ほんの8年前まで、原油はドルでしか買えなかった。

それが今では、イランのようにユーロや円で売る国、

ロシアのようにルーブルで売る国が登場しています。

アメリカはイランを攻撃し、(イラクに対しそうしたように)「ドル建て」に戻さ
せることはできるかもしれません。

しかし、ロシアと戦争するというオプションはありませんから、ロシアの「ル
ーブル建て」に手出しできないのです。



<メドベージェフ氏は、豊富な資源輸出を通じてルーブルの地位を

「地域基軸通貨」
~~~~~~~~~~~~~~~~~

に高める考えを強調、>(同上)



ロシアで金融危機が起こった1998年、ロシア産原油は1バレル10ドル以
下まで下がりました。

それが今では1時100ドルを超え、90ドルなら誰も驚かない。

オイルマネーで潤うロシア。

この国のGDPは去年、イタリア・フランスを抜き去り、世界7位に浮上しま
した。

近い将来イギリス・ドイツを抜き去り、世界5〜6位の経済大国になることは
確実。

当然、ルーブルが、メドベージェフのいう「地域基軸通貨」になるのは不可
能ではないでしょう。



<「金融界では今、基軸通貨の役割見直しが進んでいる。
           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ロシアはこれに乗じて

国際金融センターの一つを目指す」と語った。>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(モスクワ 遠藤良介)(同上)



そう、現在はドルとユーロが並存している。

しかし、中東産油国は、「湾岸共通通貨を2010年につくる」と発表していま
す。

ロシアは、「ルーブルの基軸通貨化」を目指す。

世界はプーチンのいうように、5〜6の基軸通貨と金融センターが並存する
多極世界にむかっているのです。


▼世界統一通貨というシナリオ


とはいえ、「いくつかの金融センターと基軸通貨がある多極世界」以外のシ
ナリオもあります。

「以外」というか、「まったく正反対」というべきでしょうか。


「欧州は統一にむかっている」

皆さん、こう思っているでしょう。

しかし、事実をいえば、求心力と遠心力が同時に働き、まったく正反対の
動きが同時に起こっているのです。


例えば、先日セルビアからの独立を宣言したコソボ。

これで、旧ユーゴスラビアは、

スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア、セルビア、
モンテネグロ、コソボ

の7カ国に分裂したことになります。



果たして欧州は統一にむかっているのでしょうか、分裂にむかっているので
しょうか?


世界も同じ。

中国・ロシア・中東イスラム産油国などは、多極世界を志向しています。

一方で、既存の支配勢力は、一極支配を目指している。

現段階では、あまりにもファンタスティックに思えるシナリオですので、
「北野の空想」程度に聞いておいてください。


第1次大戦の後、国際連盟が作られましたね。

第2次大戦の後、国際連合が作られた。

そして、ドルを基軸通貨とする世界経済システムが現在まで機能してきま
した。

じゃあ、第3次世界大戦が起こり、その混乱を収拾するべく、新たな世界政
府ができたっておかしくないでしょう?

あまりにとっぴな話に聞こえますが。。。

しかし、1928年の時点で、

・1929年に世界恐慌が起こる
・それがきっかけで、世界はブロック経済化する
・1930年代に、第1次大戦の敗戦国ドイツでファシズムが台頭し、東欧を侵
略する
・アメリカ・イギリス・ソ連 対 ドイツ・イタリア・日本の大戦争が起こる
・欧州は決定的に没落し、米ソ二極体制ができる
・国連ができる

なんて想像できた人がいたでしょうか?

もし、アメリカでマケインさんが勝ち、イラン攻撃→中東大戦争というシナリ
オを現実化させる勢力がその気になれば、何でもありということなのです。


しかし、ご存知のように戦争を抑制する勢力もあります。

それが、中国・ロシアを中心とする多極主義陣営。

アメリカは自動没落の過程に入っているので、中ロは戦争をする必要もな
いのです。

これは、アメリカが悪で中ロが善という話ではありません。

ただ、時流的に「中ロは平和を志向し、アメリカは戦争を志向する」という話。

(中ロは、国連安保理を利用し、「中ロは平和を愛する」「アメリカは戦争す
きで悪の帝国だ!」とプロパガンダする。)

アメリカが敗北しイラン攻撃をあきらめれば、この国はゆるやかに没落して
いくでしょう。

日米同盟は徐々に無力化し、日本は自立を迫られることになります。

というわけで、今回のアメリカの選挙は、歴史の教科書でも「歴史的」と書
かれる重要な選挙なのです。


今回の話、「濃すぎてよくわからん」という方、

下の情報をゲットしてください。

完全資料つきで全部わかるようになります。(おわり)

↓
=================================================================


●え”〜中ロ同盟が米幕府を滅ぼす???

仮想敵同士だった中国とロシア。
アメリカの執拗ないじめとカラー革命に激怒したプーチンは、ついに東の
ジャイアントパンダ(中共)と提携することを決意します。

日本人が知らないうちに(悪の?)薩長同盟は成立し、米幕府体制は崩
壊にむかいます。

素人目にもアメリカの覇権後退が明らかになってきました。
その真因を、中学生でもわかるように解説する(豊富な資料つき)

★ロシア政治経済ジャーナル 北野幸伯の新刊!
★★オンライン書店ビーケーワン社会・政治・時事部門1位!

★★★朝日新聞07年11月18日付は

「北野幸伯著『中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日』は、タイトルほどの極
端さはさておき、アメリカの一極支配に対抗しようとしているプーチン政治を、わ
かりやすく見通す。

アメリカが影響力を及ぼしたとされる周辺国の政変に対策をとり、外貨準備か
らドルの割合を減らし、石油をルーブルやユーロで売る──ロシアの揺さぶり策
から、アメリカの世界戦略に改めて気づくことができる本だ」と絶賛。



「中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日-一極主義vs多極主義」(草思社)
(詳細は→ http://tinyurl.com/yro8r7 )

PS2 「あとがき」からお読みください。


★↓    
=================================================================

★(いつまで続くかわからない)北野のお薦め本コーナー!

このコーナーでは、中学時代病気で死線をさまよい、高校時代クラ
ス一の落ちこぼれで先生に見捨てられたRPE北野が、なんやかん
やとサバイバルしているのに、役立っている本・DVDを紹介してい
ます。

戦争・テロ・デフレ・財政赤字・失業者・リストラの増加、こんな厳し
い時代ですが、せめてRPE読者の皆さんは、健康で幸せで豊かに
生きていけますように。


★「ストン!」 藤川清美 風雲舎
(詳細は→  http://tinyurl.com/asqur )


○井先生「潜在意識というのがあるんだよ」

男性A「どうしてそれがあるってわかるんですか?まず論理的に
説明してください」

○井先生「わかりました。ではまずフロイトの話から。。。」



○井先生「潜在意識というのがあるんだよ」

藤川さん「これは、私がずっと求めていたものではないかしら・・・」



全世界のRPE読者の皆さまこんにちは!

RPE北野です。

これは、すばらしい本です。

藤川さん自身が潜在意識を使って実際に成し遂げたこと、潜在
意識の具体的な使い方が、延々と書かれているのです。


いい意味で、女性らしい本だと思います。

こういう本って男性には書けないのですよ。

なぜか?

1、男性は「バカじゃないの?」といわれたくない見栄があるので、
「潜在意識の科学的説明」を重視してしまう。

ところが、この本ではそういう説明は一切抜き。

「どうしてそんな不思議なことが起こるのでしょうか?正直なとこ
ろ、私にもよくわかりません。」(125p)


2、男性は自分の体験談を書きたがらない

男性は潜在意識で何かをしたとしても、周りから「変な宗教に入
ったんじゃないの?」とかいわれるの怖くて、体験談を赤裸々に
書きません。

また、自慢話をしないのが美徳の一つでもある。

ところが、この本では、藤川さんの不思議な体験談がず〜〜っ
と書かれていて、しかも嫌味じゃない。

そして、後から後から体験談が出てくるので、ものすごい説得力
があるのです。


中には、「そんなことに潜在意識使ってもいいの?」というような
話も出てきます。

(例、潜在意識を使って娘と彼氏を別れさせる。潜在意識を使っ
て旦那さんを単身赴任させる。等々)


●内容紹介

貧しい少女時代をすごした藤川さん。

あるときメンターの酒井先生と出会います。

酒井先生は、藤川さんに潜在意識の使い方を伝授してくれまし
た。

藤川さんはその後、酒井先生に言われたことを忠実に実行して
いきます。

・まずは月収100万円
・自分で稼いだ金で子どもたち3人をアメリカ留学させる
・会社をつくり、オフィスを買う
・家を買う
・サロン用の建物を買う
・3億円の現金が欲しい

等々。

上の目標群を見ていて何か気がつきませんか?

そう、めちゃくちゃ具体的ですよね?(本には何坪でいくら、立
地条件まで書かれている)


女性は強いです。

女性の目標は具体的。(例えば、ヴォトンのバックが欲しい〜
〜ぃぃぃぃ!!!とか。)

それに比べて男性の目標はしばしば漠然としています。

(例、大きなことがしたい。世界を平和にしたい。等々)


また女性は、欲しくなったら(目標を定めたら)迷いがありま
せん。

欲望にむかって一直線です。

男性は、目標を立てた後も「これが俺の人生のミッションだ
ろうか。。。」などとアホなことを考えてしまう。


とにかく、理論はいいから、「潜在意識の使い方が知りたい!」
という方は必読の書です。


誰でも今日から始められる方法が書いてあります。


★「ストン!」 藤川清美 風雲舎
(詳細は→  http://tinyurl.com/asqur )


★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
http://www.geocities.jp/rpejournal/
  
=================================================================

★ウィーン在住さまからのおたより


ウィーン在住の○○○○○(匿名希望)と申します。

北野様のメ−ルマガジンは購読させていただいてから数年経ちます。

北野様のメルマガを読んで、とても勉強させてもらってますので、
一度お礼をと思い、書いてます。

自分自身のために踊らされないようにしっかり生きていくためには
この世の中が本当のところどう動いているのか
どんなレベルにいようと、(どんなにおっとりのんびりしてようと笑)
勉強しておく必要があると思ってます。

また、北野様の記事ばかりに頼らず、興味のあるものは自分で調べ
てみるようにしています。

日本の農産品を海外のセレブに高く売るというご提案ですが、
たまたまこちらのWirtschafts Blattという新聞の水曜版に 
ロシア人のKira Plastininaさん(15歳)という方の話が載ってました。

同誌が「東欧のパリス・ヒルトン」さんと名づけてたんですが、
お父さんのSergej Plastininさんという方のお陰で、すでにロシアでは

40軒のブティック

を持ち、アメリカやヨ−ロッパにも展開していくとか。

この方ご存知ですか?

これ、本当なんでしょうか(ちょっと絶句)

これだけのことが出来るお金があれば、夕張メロン100万円なんて
ちょろいですね−

(カムチャッカなんかに住んでいる貧乏な人にお金を分けてあげればいいのに、、
とちょっとだけ思ってしまいました。タイヘンそうなのをTVで見ましたので)

長くなり、失礼ました。これからもお体に気をつけて、頑張ってくださいね。

応援してます!

↓
=================================================================

★北野絶対お勧めメルマガ

1、軍事情報日本一!これを読まずに今の世界は語れません。
★完全無料。
登録はいますぐ→ http://www.mag2.com/m/0000049253.htm


2、中国情報日本一!Xデーはいつくる?
★完全無料
 ≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡
登録はいますぐ→  http://chinachips.fc2web.com/common/31mag.html

=================================================================

★編集後記


最近、友人から日本のドラマのビデオを借りました。

それで、久しぶりにビデオデッキを引っ張り出してきてみたのですが。

その後、DVDに戻すのがめんどくなってしまい、昔のビデオを見まくっ
ていました。

その中に、私がモスクワに来た頃に見た「赤毛のアン」が。。。

超久しぶりに「赤毛のアン」を見て、昔と変わらず感動したのでした。


「あ〜「国益とは要するに『金儲け』!」なんていっている自分にも昔
ながらのピュアな心がわずかながら残っていたか」(^▽^)

と考えると、複雑な気持ちですね。


RPEにも、小さいお子さんがいる読者さんがいるでしょう?

そういう読者さん、特に女の子がいるなら、「赤毛のアン」をプレゼン
トされることをお勧めしますよ。

きっとよい子に成長するに違いありません。

「赤毛のアン」モンゴメリ
(詳細は→  http://tinyurl.com/2wlwdn  )


モスクワより
RPEジャーナル
北野幸伯

●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp@yahoo.co.jp 

▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★自己責任で決定を下してください。

==============================================================

★筆者のプロフィール


北野幸伯(きたの よしのり)

・1970年、長野県松本市に生まれる。

田中康夫前長野県知事と同じ松本深志高校卒。

・1996年、日本人として初めて、ロシア外務省付属モスクワ国際関係大学
(MGIMO)(*1)を卒業。政治学修士。

・1996年、卒業と同時にカルムイキヤ自治共和国(*2)大統領顧問に就任。

・1999年4月、メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」を創刊。

「わかりやすい!」「笑える!」「予測があたる!」と話題沸騰。読者は、国
際金融機関・政府諸省庁・ロシアに進出しているほとんどの企業から主婦
・女子高生まで。ロシア関係のメルマガで配信数日本一を独走中。

・2001年9月より、世界一予測があたる国際金融アナリスト増田俊男氏が
編集主幹を務める月刊誌「力の意志」(サンラ出版)でグローパルアイ・ロシ
アを連載。

・2003年9月、長年プーチン大統領のブレーンを務め、ロシアを奇跡の復活
に導いた男Z氏・ディープロシアを知り尽くす唯一の日本人山内氏と共に、
IMT(International Most Trading.,Ltd.)を設立。

・2005年1月、『ボロボロになった覇権国家』〜次を狙う列強の野望と日本
の選択  風雲舎  http://tinyurl.com/dypky を出版。

週刊東洋経済(2005年3月26日号)で「日本の上っ面の海外報道を覆す」
本と絶賛される。

以後、執筆を中心とする生活にシフト。


・2005年12月、まぐまぐメルマガ大賞2005ニュース・情報源部門で、ロシア
政治経済ジャーナルが一位を受賞。

・2006年、Eブック日本NO1サイトTimebook Townのジャンル別06年度年
間ランキング国際部門で、「北野幸伯のぶった斬り国際情勢」が1〜3位
を独占。(ちなみに教養部門NO1は国家の品格【藤原 正彦】だった)

(*Timebook Townは、新潮社・講談社・ソニーの合弁会社パブリッシング
リンクが運営する、Eブック分野日本一のサイト)



*大学卒業後、失敗したこともたくさんあり、一文なしになり家賃を滞納し
たこともありますが、それを語りだすとキリがないので、カットしてあります。


(*1)MGIMOは、ソ連時代「卒業生の半分は外交官に、半分はKGBに」と
言われた超エリート大学。現在も、ロシア外交官の大半は同大学出身者
が占める。

(*2)カルムイキヤは、カスピ海北西岸に位置する仏教国。1993年、31歳
の若さで同共和国初代大統領に選出されたイリュムジーノフ氏は、就任
時既にロシアで5本の指に入る大富豪だった。現在は国際チェス連盟(F
IDE)会長も務めるスーパー大統領。MGIMO出身で大の日本好き。



================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved.  358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.htm


=====================================RPE Journal=================

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ ) 358

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/03/19 部数:  56,258部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/19 部数:  56,258部

他のメルマガを読む