ロシア政治経済ジャーナル

【ロシア政治経済ジャーナル】日本資源外交の危機 

=== RPE Journal===================================================


         ロシア政治経済ジャーナル  おたより号

                         2006/10/30号

=================================================================

★日本資源外交の危機


全世界のRPE読者の皆さまこんにちは!

北野です。

RPEではず〜と、以下のようなことを主張しています。


1、日本の仮想敵は中国と北朝鮮のみである。しかし、北朝鮮は中国の植民地
なので、実質中国のみである。

2、中国の武器輸入の90%はロシアからである。また、アメリカが中東支配に成
功した場合、中国はロシアから石油を買うしかなくなる。

3、であるならば、日本は中国とロシアを分断する工作を進めるべきである。

4、アメリカ(軍事力世界1)・日本(軍事費世界5位) 対 中国(軍事費2位)ロ
シア(軍事力世界2位) では、実に危ない。

5、しかし、ロシアを巻き込めば

アメリカ(軍事力世界1)・ロシア(軍事力世界2位)・日本(軍事費世界5位)
対 中国(軍事費世界2位)

で圧勝できる。

6、ついでに、インドを巻き込んで日米ロ印の中国包囲網ができれば磐石。

7、日米ロ印が圧勝できるということは、戦争が起こらない可能性が高くな
るということである。


まあ、提言というのは予測と違って難しいですね。
 
考えてみれば、RPEは2003年1月の(フセインと金正日が日ロ関係を変え
る!)シリーズからず〜〜〜と、日ロ関係改善の必要性を説いています。


しかしある読者の皆さんはいうでしょう。

「ロシアは日本の漁民を殺し、サハリン2にイチャモンをつけ信用できない
ぞ!」

全くそのとおりです。

しかし、中国は信用できますか?北朝鮮は信用できますか?韓国は信用
できますか?アメリカは信用できますか?

箱入り娘の純潔乙女日本のような、真っ白な国はないことを、私達は知る必
要があります。

(ちなみに日本がどうしてピュアでいられたかというと、暴力好きのアンクル・
サム(アメリカ)が後ろにいるからである。)


「みんな灰色だけど、どこの国とつきあうのが、お得なのかな?」と考えなけ
ればならない。

ちなみにロシアは信用できませんが、とりあえず、反日教育はしてませんし、
反日デモもありません(サッカー負け惜しみ暴動はあるが。。。)。

プーチンが「小泉さんは靖国に参拝してバカじゃないの!」なんてクレームを
したのも聞いたことないでしょう。


そして、何よりも上記の理由で、日本は中国とロシアを分断する必要がある
のです。

しかし、今のところどうにもこうにも。。。(涙)



本当に中国はあなどれません。

日本も中国も資源外交を展開しています。

しかし、日本は中東(特にイラン)でもロシアでも中央アジア(特にカザフスタン)
でも連戦連敗。(涙)

今回はまたまた中国の高笑いが聞こえてくる話です。


どういう話かというと、サハリン1を開発している米エクソンモービルが、天然
ガス輸出先を日本から中国にかえちゃったって話。

それで、日本政府は手も足も出ない。(涙)



アメリカ在住山本様からのおたよりです。

WSJの記事の前に、一応日本語の記事も入れておきました。

RPE北野 ▼おたよりへ

=================================================================
【 真面目なアフィリエーター必読! 】


■ 1日1時間で32万円を得た方法! ■


私には絶対の自信があります。

この自信はどこから来たのか?

『○・○○○○○○○』は、126名の現役アフィリエイターの皆さんに、
意見・要望・ダメ出しを全て取り入れて作りました。

つまり、そこらのマニュアルとはレベルが違うんです!

なぜなら128人が互いに協力し合って本気で真剣に初心者の方達を
想って作り上げたマニュアルだからです!

桁違いのわかりやすさとノウハウと実績を詰め込んでます。

私はこれ以上のマニュアルを知りません。

私の自信はしっかりとした裏付けと根拠に基いているのです。

このマニュアルに自信をもてないわけがありません。

ウソだと思う方は、以下のページで実際に儲かった人の体験談を確
認してみてください。(山のように届いています。)


★毎月海外旅行にいけるくらいの副収入が欲しい方だけ、
以下のページをごらんください。
http://tinyurl.com/y77g98

PS★10月31日までです。体験談だけでも、急いでみてみましょう!

=================================================================
▼おたより

★山本様からのおたより


北野様

いつも健筆を楽しませていただいています。

本日のWSJに注目記事が出ましたので転送申し上げます(もう読んでおられ
るでしょうか?)。

サハリンからの天然ガス輸出、日本は事前に決まっていた取り分を中国に
横取りされた、とはっきり書いてあります(ハヤシ ユカという在東京の記者
名になっていますが…ご存知ですか?)。

東京発の記事だけに正確で多分に日本の国内事情に配慮した内容になっ
ています。

こうした日本よりの記事を載せてくれるところがWSJの取柄ですよね(靖国
神社に関してはもろに中国の言い分そのままの記事を載せており驚きまし
たが…)。

それにしても日本のエネルギー政策、やはり一筋縄では行きませんね。

北野様が主張される「中露分断作戦」の正しさがここでも見事、証明され
ました。 (中略)

それでは今後のご健筆を楽しみにしています。日本の将来が明るきこと
を祈りつつ。
↓

「 サハリン1の日本向けガス600万トン、中国が獲得

日本が開発に参加しているロシア・サハリン沖の資源開発事業「サハリ
ン1」で、事業を主導する国際石油資本(メジャー)の米エクソンモービル
が、産出される天然ガスの全量を中国に輸出する仮契約を中国側と結
んだことが20日、明らかになった。

正式契約が結ばれれば、日本は産出された天然ガスを輸入できなくなる。

イラン・アザデガン油田の石油開発や「サハリン2」に続き、サハリン1でも
資源確保につまずくことで、日本のエネルギー戦略は大幅な見直しを迫
られることになる。

サハリン1は日、米、ロシア、インドが権益を持っているが、天然ガスの輸
出先についてはエクソンが事実上の決定権を握っている。

関係者によると、エクソンは今月、中国の国営石油会社「中国石油天然
ガス集団公司(CNPC)」と仮契約を結び、産出天然ガスのうち、ロシア
の取り分を除く約600万トン(液化天然ガス換算)のすべてがパイプライン
で中国に輸出されることになったという。

(読売新聞) - 10月21日3時4分更新」


↓
      Japan Hits Big Setbacks
      In Push to Expand
      Its Access to Energy
      Projects in Russia and Iran
      Fall Through, Suggesting
      Stable Supplies Are Elusive
      By YUKA HAYASHI
      October 25, 2006; Page A6

      Tokyo -- Just five months after its unveiling, Japan's ambitious
25-year plan to sharply increase oil and gas development is hitting snags,
suggesting Tokyo may find it even harder than expected to stabilize the
nation's future energy supply.

      On Monday, Exxon Mobil Corp. said it reached a preliminary agreement
to sell natural gas from a giant project off Russia's Sakhalin Island to
China, instead of to Japan as originally planned. This came several weeks
after Russia ratcheted up regulatory pressure that could jeopardize another
Sakhalin gas project in which the bulk of the planned output of nearly 10
million tons a year -- about a fifth of Japan's current natural-gas
imports -- was destined for Japan.

      Earlier this month, Iran canceled the right held by Inpex Holdings
Inc., Japan's largest oil-development company, to participate in a $2
billion project in the Azadegan oil field. At its peak, the project was
expected to meet as much as 6% of Japan's oil demand.


      The developments are a blow to Tokyo, which had counted on the deals
as a major component of its push to expand its access to energy. Japan,
whose economy is the world's second-largest, relies nearly entirely on
imports for its oil and gas, making it vulnerable to swings in global oil
prices or political tensions in energy-producing regions.

      In May, Tokyo announced a long-term strategy that urges Japanese
companies, including developers such as Inpex and trading companies such as
Mitsubishi Corp., to boost energy exploration and development around the
world to help secure a stable flow of oil and gas. Its goal: to import 40%
of its oil needs from Japanese-owned concessions by 2030, up from the
current 15%.

      The strategy, while flexible, was supposed to help Japan overcome its
vulnerable position. Unlike most developed nations, Japan doesn't have a big
state-run oil firm or powerful private oil companies with stakes in the
world's largest oil fields. That has forced Japan to cobble together oil and
gas supplies from small Japanese companies that could invest only in
small-scale projects, sometimes in politically risky areas such as Libya or
Iran. Japan is Iran's largest foreign oil customer, purchasing 581,000
barrels of crude a day last year, or 14% of Japan's total oil imports.

      Expanding Japan's activity overseas is proving increasingly difficult,
as energy-rich nations, empowered by rising fuel prices over the past
several years, flex their muscles to get better deals. What's more, other
fuel-hungry nations such as China are eager to one-up Japan, snatching away
deals Tokyo thought it had locked up and competing fiercely for new
projects.

      "Both Azadegan and Sakhalin were to represent big chunks of Japan's
energy supply," says Koichi Iwama, a Wako University professor and a
governmental adviser on energy issues. "Without these projects, it would
simply be impossible to reach the target." Mr. Iwama says Japan should
rethink its long-term energy strategy, expanding the role of the government
or possibly setting up a state oil company.

      The projects in Russia and Iran are a stark reminder of the challenges
Japan faces. In September, the Kremlin began meddling in a Sakhalin gas
project led by Royal Dutch Shell PLC that also involved two Japanese trading
companies, Mitsubishi Corp. and Mitsui & Co. The government has accused
Shell of violating environmental standards and threatened to pull its
permits.

      But industry experts speculate Russia wants to renegotiate the pact to
give it a bigger share of the output. The initial contract was signed in the
1990s, when oil prices were low and energy-producing nations had to sweeten
their offers to entice foreign oil companies to develop fields.

      In Iran, Inpex had faced a series of obstacles since it signed a
contract in 2004 with the National Iranian Oil Co. that gave it a 75% stake
in the giant Azadegan field and the right to lead the development.
Washington, which had tightened sanctions on Iran in the 1990s in response
to Tehran's efforts to acquire nuclear expertise and reputed support for
terrorist groups, griped about Japan's involvement. Inpex went ahead with
negotiations anyway, but repeatedly asked Iran to postpone the deadline for
concluding a deal, hoping the political tensions would ease.

      Instead, the situation got worse. What's more, Inpex's hopes of
reaping a profit from the project dwindled. The United Nations Security
Council is considering whether to impose further sanctions to pressure Iran
to give up its uranium-enrichment program, which the U.S. and others say is
a precursor to atomic-weapons production and the Iranians claim is for
civilian energy use. If sanctions are imposed, the Japanese government would
have to halt its plans to provide loans and low-cost trade insurance. That
would make it difficult for Inpex to raise enough money to fund the project,
let alone make it profitable.

      Iran, for its part, grew increasingly impatient with Japan's slow
response. In August, Iranian officials threatened to give the Azadegan
project to China or Russia. In early October, Inpex lost its operator status
and its stake was cut to a token 10%. Inpex says discussions over project
details are continuing,but won't comment further.

      Despite the recent difficulties, some experts say Japan should
continue seeking new projects to develop. Indeed, it has no choice, says
Masahisa Naito, chairman and chief executive of the Institute of Energy
Economics Japan, a government-affiliated research group. "It's such an
important element if we want to secure a stable energy supply," he says.

      Write to Yuka Hayashi


▼もうダウンロードしましたか?【無料なのに。。。】
=================================================================

◆金さん、衝撃の「核実験」宣言!でも。。。↓

【ブッシュはなんで金正日にやさしいの???】

◆わけのわからない世界情勢を基本から全部知りたい?

新潮社さん、講談社さん、ソニーさんが共同で設立したパブリッシング
リンクという、E−book関係では日本でもっとも有名な会社があります。
(サイトに入るとその豪華な作家人に眩暈がします。)

ここで、北野の連載がスタートしました。
http://www.timebooktown.jp/Service/index.asp?n=6000
からHPに入っていただき、右上から会員になってください。
(★会員になるのは無料!)

その後、HP左上から「北野幸伯」で検索し、ダウンロードしてください。

1回目・2回目は★無料です!

3回目は、たったの★105円!

現代の国際情勢を、基本から理路整然とまとめて理解したい人は是
非ご一読ください。

これを読むと、世界の動きが論理的に全部わかるようになります。

★無料の会員登録と、★無料のダウンロードはこちらから
●会員になったら「北野幸伯」で検索してください。
↓
http://www.timebooktown.jp/Service/index.asp?n=6000


=================================================================

○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.htm


=====================================RPE Journal=================

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ ) 358

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,278部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,278部

他のメルマガを読む