ロシア政治経済ジャーナル

【ロシア政治経済ジャーナル】誰にも教えず、密かに淡々と利益を出し続ける・・・       (号が)

=== RPE Journal===================================================


         ロシア政治経済ジャーナル 号外1

                         2006/4/28号

=================================================================

★今回のお話は


とんでもないドンデン返しが待っています。(^▽^)

興味のある方は早めに読んでくださいね!


RPE北野↓
================================================================

 決して誰にも教えず、密かに淡々と利益を出し続ける・・・

 この投資方法を発見してしばらくの間は、まさにそんな感じでした。

 なぜなら、当然ですが教えるメリットが私にまったくありませんので。

 しかし私は、400万円の負けをこうして取り返したのです。

 統計的優位性を用いた反則スレスレのトレード手法・・・

 もしあなたが私の言う規律を「絶対に守れる!」そうおっしゃるなら、

 この投資方法の全てをお話します。

      【重要なお知らせ】
 ★4月30日、ついにこの方法を封印します!

 
--------------------------------------------------------------------------


      「調子の良いことばかり言って、結局は特殊な能力がないとできないんでしょ?」 






      「そんな方法があるわけないよ。所詮は”マユツバ”ものの情報だね」


      そうお思いの方は、以下の文章を読んでもムダになります。
      すみませんでした。


      しかし、あなたが死ぬほど「投資で儲けること」について考えていて、
      この絶好の機会を逃したくないとお考えでしたら、今すぐ以下の文章を
      お読みください。

      あなたにとって、非常に有益な情報が下に行くほど書かれています。




      はじめまして。デイトレード研究会の岩田と申します。

      「もしかして、わたしの気付いたこの投資方法はスゴイことかも知れない」

      真剣にそう思いはじめています。

      今まで、限られた人にだけこの投資方法をお教えしてきましたが、
      こんなに多くの人に教えてしまっていいのだろうか?
      そういう思いが最近強まっています。

      「そんな大事なことを、どうして人に教えてしまうのですか?」

      そういう質問を受けたこともあります。

      そうなのです。

      そんなトレード方法があるのだったら、人に教えずひとりでひっそり
      やっていればいいのでは?

      そのような疑問があって当然だと思います。

      今までこの投資方法を教えた人たちには大変申し訳ないのですが、
      どこか自分自身でもこのトレード方法がこの先有効であり続けるのか?
      と半信半疑だったのかも知れません。

      しかし、そろそろ「出し惜しみしたくなってきた」ということは、
      この方法はやはり使える!
      という自信が固まったからではないかと思っています。

      わたしがお教しえしたトレード方法は、
      本当に単純で、あなたもすぐに実践できる内容です。

      それをあなたも知れば、「は?それだけ?」そうお感じになるでしょう。

      それゆえに、こんなこと疑いたくありませんが、
      この投資方法を知った方が、どこかで公開していないだろうか?
      という不安がよぎります。

      そう思ってインターネットをくまなく検索しています。

      わたし一人で勝手に興奮して舞い上がっているだけかも知れません。

      しかし、この投資方法があと数年でいいから有効であるなら、
      3年後が本当に楽しみです。

      あるメールをくれた方に、「3年後を楽しみにしています」
      と答えましたら、

      「ずいぶん悠長なことをおっしゃいますね」
      と言われてしまいました。

      「そうでしょうか?」

      面と向かってそう言えませんでしたが、あなたも

      手っ取り早く儲けたい!と欲張って失敗してきたのではないでしょうか?

      わたしもそうです。
      痛い目に何回も遭っています。

      3年後には資金の一部を引き上げ、不動産に振り向けたいと考えています。

      マンションや商業ビルのような収益型不動産に。

      「金持ち父さん貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキ氏のように、
      若くして引退したいと思っています。

      いわゆる「セミリタイヤ」です。

      「アンタの夢物語など聞きたくない」そう思われても構いません。

      また、あなたの射幸心をいたずらに煽り立てるつもりもありません。

      「ならば即刻このホームページを閉鎖しろよ」
      ええ、そのとおりかも知れません。

      とにかく、未来永劫このトレード方法が使えるかどうか分かりません。

      「早くはじめた方だけがより多くの利益を享受できるのでは?」
      そう私は確信しています。




      これは、5〜6年前に株式投資をしていたころの話です。

      はじめは現物株の取引でそこそこの利益が出ていました。

      その後、調子に乗ってもっと儲けたいと欲を出し、
      「信用取引」に手を染めます。

      多少下がっても、じっと我慢していれば戻ってきてとにかく上がる。

      イケイケどんどん、の状態でした。

      しかし、2000年のITバブルの終末に高値で飛びつき買いした
      IT関連株が大暴落。

      現物株での儲けも全て吹き飛び、借金こそ背負わなかったものの、
      大損害を受けました。


      そのあと損を取り返そうと、また投資を再開します。

      再開した当初は、慎重に取引をしていたこともあり、
      そこそこの利益が出ていました。

      しかし、もっと儲けたいという欲望はしだいに無茶な取引を誘い、
      前の損を取り返すどころか、損失額はどんどん増えていったのです。

      この時点での損失額は400万円に達しました。
      徹夜の残業もこなして貯めた、大事な貯金でした。


      このまま負けたままで終わるものか!!

      それからは、さまざまな相場に関する書籍を読みあさり、
      高額なセミナーにも参加し、
      お金と時間を使って、研究と分析をかなり行いました。

      そして、ついに

      ある銘柄には特定の”規則性”が存在するのでは?
      と気づくに至ったのです!

      それを過去の相場のデータで検証したところ、私のにらんだ通りでした。

      これはまさしく必勝法なのではないかと、発見したときの興奮を
      今でも覚えています。

      わたしは、この投資方法を、

      「オーバーウィーク戦略」と名付けました。


      この投資方法は、年ベースで検証期間の過去5年以上無敗です。


つづきはこちら↓ ★4月30日にこの方法を封印します。関心のある
方は早めにごらんください。
http://tinyurl.com/p3t2l

================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   
投稿文+応援メールは tjkitanojp@yahoo.co.jp ↓メールを書く前に必読

・RPE読者から毎日100通以上のメールをいただいております。その為、
●お返事できないこともありますが、ご了承ください。

・いただいたメールは掲載させていただくことがあります。●匿名希望の
方は必ずその旨お書きください。

・掲載されないこともありますがご了承ください




発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved.



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.htm


=====================================RPE Journal=================

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/23 部数:  56,496部

他のメルマガを読む