ロシア政治経済ジャーナル

【ロシア政治経済ジャーナル】NO388中ロエネルギー同盟?2(中ロの温度差)

=== RPE Journal===================================================


         ロシア政治経済ジャーナル No.388

                         2006/4/11号

=================================================================

★1年目平均月100円が月2300000円に


なったそうです。

坂本さんは。

23000倍ですね。

しかも、

ホームページもブログもメルマガもつかわずに。(!!!)

そんなことってありえるのでしょうか?

成功者は「素直」「勉強好き」「プラス発想」です。

頭から否定せず、とりあえず坂本さんのページをのぞいてみましょう。

RPE北野↓
=================================================================

●ネット初心者・アフィリエイト初心者が成功できる目からウロコの超手法!

はじめまして。坂本と申します。

私はアフィリエイトビジネスと出会って3年が経ちます。
しかし最初の年に実際に稼げた額は…笑わないでくださいね

…1260円

一日ではありませんよ、一年でこの額です。。
この時点で、もうアフィリエイトをやめてしまおうと思っていました。

ですが、やめなくてほんとによかったです。
次の年…状況は180度変わりました。

あることに気づき、試した結果、私はなんと

一ヶ月で65万円稼ぐ事に成功したのです!!

しかもこの方法は、今までの苦労がほんとに馬鹿らしく思えるほど
実に単純で簡単なものだったのです。
時間にして、たったの1時間。それで全てが整ってしまうのです。

私の場合、この方法を実践した次の日から売上が湯水のように上がって
しまったのです。
今私は自信をもって申し上げますが、アフィリエイトは実はとても簡単だっ
たのです!!

あることに気づいてしまえば…ですが。

詳しくは→ http://tinyurl.com/g73cm

=================================================================

↓


↓



本文へGO!

↓


↓





↓
●世界一の大富豪から成功哲学を直伝された男の本を
●無料でゲット!
ナポレオンヒル  ↓
http://tinyurl.com/nl7v6

↓

●極秘!
高橋尚子選手が金メダルをとれた秘密は○○にあった!
北野のブログ「君に成功を贈らない!」は
こちら→ http://tinyurl.com/bj7j3

================================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
=================================================================

★中ロエネルギー同盟?2(中ロの温度差)


前号では、中国・インドを中心に、これから石油消費量はガンガン増えていく。

しかし、原油生産の伸びは頭打ちだという話を、データをみながらお話しました。

中国が、ほれた女を口説く勢いで、ロシアに接近している理由がご理解いただ
けたことでしょう。

さて、だいぶ前ですがプーチンさんは3月21日、北京を公式訪問しました。

いったい何が話しあわれたのでしょうか?


▼イラン問題


国際社会で今年最大の問題は、イラン。

3月21日、プーチンさんは北京で胡錦濤さんと会談し、共同声明に署名しました。

両首脳は、同声明の中で、イランの核問題で中ロが「政治的・外交的手段で解
決を図るよう協力する」と確認しています。

これは、アメリカをけん制しているのです。

プーチンさんも胡さんも、RPE読者の皆さんと同じで、アメリカの真の意図を悟
っています。

アメリカが核開発疑惑にかこつけてイランを攻撃したいのは、長期には1、ドル基
軸通貨体制の維持 2、イランの資源 3、中国封じ込めの準備(中国はイランか
ら原油を輸入している)


アメリカは、どんどん凶暴化してきています。


イランで



核を使用する



ことが検討されているというのです。



「また〜北野さん。あなたはちょっと反米すぎませんか?いくらブッシュでも核を使
うなんてありえないでしょう〜?今の時代に〜」(^▽^)



ああそうですか。

そんなあなたの春の平和ボケ・アメリカ信仰を一撃で打ち砕いてあげましょう。

↓



「イラン空爆計画の策定加速 米、核使用も「選択肢」

 【ニューヨーク8日共同】米誌ニューヨーカー(電子版)は8日、核兵器開発計画
が疑われるイランに対する空爆作戦の策定作業をブッシュ米政権が加速させて
おり、既に米軍部隊がイラン国内に潜入し標的の調査を開始したと報じた。

「選択肢」として、米軍が現在保有する唯一の★地中貫通型【核】B61−11の使
用も検討されている★という。                 ↑↑↑↑

米政府関係者が同誌に語ったところによると、ブッシュ大統領はイランが核爆弾
保有を目指していると確信、イランのイスラム体制を打倒して「イランを救う」こと
で歴史に名を残したいと考えている。

しかし、政権内には空爆反対論が根強く、特に核攻撃については統合参謀本部
などで一部の高官が抗議の辞任も検討している。
(共同通信) - 4月8日」



ね?

春の平和ボケも吹っ飛んだでしょう?(涙)

すごい話です。

イランは核兵器の開発をしているかどうかという段階で、攻撃される。

(そういえば、ブッシュは03年イラクには大量破壊兵器があると”確信”していま
した。また今度も”確信”しているそうです。証拠なしの主観で攻撃されるほうは
たまったもんじゃありません。(涙))


アメリカは世界一核兵器をたくさん保有し、それを使っても許されるという論理。

「イランを救うことで、歴史に名を残す」ね〜。

何十万の民間人を虐殺し、何十年も放射能汚染の苦しみを残して、「イランを
救う」というのです。

ああすごい。

そういえば、アメリカは1945年にも日本を救ってくれました。

その代わりウン十万人の民間人を犠牲にしましたが。(涙)

そんなアメリカに対し、私たち日本人は、「あやまちは二度と繰り返しません」な
どというのです。

あやまちというのはアメリカが原爆を落としたことではなく、日本が戦争をはじめ
たことなのですね。

ここまで余談。


さて、中国。

アメリカが中東を支配した日にゃあ、中国はアメリカに逆らえなくなります。(逆ら
いにくくなります)

米中戦争が起こっても、中東からの石油がとだえたら戦えない。


一方のロシア。

ロシアは、1、アメリカが攻撃をやめると、イランの石油・ガス・原子力利権が転が
りこむ 2、アメリカが攻撃すると原油価格が急騰してもうかる


というどっちに転んでもいい作戦。

欧州は今回、アメリカにつくことで、利権のおこぼれをもらおうという腹のようです。 





(フランスは前回イラクの石油利権を失った)


というわけで、中ロは、一体化してアメリカのイラン攻撃に反対する意志を確認し
たのです。

●本文後半へ↓
=================================================================
【特に新規購読者の皆さんは要注意!】

★きれいごとは聞きあきた!ホントのことを教えてくれ!

ソ連崩壊・二度のクーデター・ハイパーインフレ・金融危機等々を体験。
KGB要員養成大学を卒業し、プーチン大統領のブレーンとも友達の筆
者が、「わけのわからない世界を、世界一わけのわかる」ように分析し
ています。

●週刊東洋経済(2005年3月26日号)も「日本の上っ面の海外報道を
覆す」本と絶賛!

●『ボロボロになった覇権国家』〜次を狙う列強の野望と日本の選択
風雲舎  http://tinyurl.com/dypky 

「アメリカがこれからも戦争を続けるわけ」「ドル対ユーロの勝者は?」
「米中台が戦争の準備をしているこれだけの事実」「日本が火の海になる
のを回避する方法は?」

●あなたが今読んでいるRPEの筆者北野幸伯著 

●詳細・お買い上げは↓
http://tinyurl.com/dypky 

●本文後半へ↓
==============================================================

▼ガス問題


とはいえ、アメリカは前回国連安保理を無視し、大嘘をついてイラクを攻めました。

今回もそうならないと誰がいえるでしょうか。(そうなるであろう)

中国は、短期・中期には、自国の経済成長を支えるため、長期には米中戦争にそ
なえ、ロシアのエネルギーを絶対に必要としているのです。

さて、プーチンさんと胡さんは今回、ガスパイプライン建設で合意。

そして、天然ガス世界最大手ガスプロムと中国石油天然ガス集団公司(CNPC)
は3月21日、パイプライン建設に関する覚書を交わしました。

なんの話なのか?


中国の天然ガス消費量は05年500億立方メートルでした。

そして、年間約20%消費量が増えているのです。

2020年までに消費量はなんと、2000億立方メートルまで増加する。

15年で4倍(!!!)です。


どこから持ってくるの?って話。

ロシアから持ってくるしかないでしょう。

ロシアは中国むけガスパイプラインを2本建設します。

年間600億〜800億立方メートルを供給していく計画。

なんと、05年の中国の全消費量より多いじゃあないですか!!!

一本は、ウラルからアルタイを通って中国にいたります。(2011年の完工予定)

もう一本はサハリンからハバロフスクをとおって中国にいたります。



▼石油パイプライン問題


ここまで見ると、「中ロ関係最高!」なんて思っちゃいますが、実は両国の対立
点もあるのです。

それが、東シベリアパイプライン問題。

もっと具体的には、東シベリア〜太平洋パイプラインの中国への「支線」建設の
話。

ロシアの国営ロスネフチとCNPCは、枠組協定に署名しました。

しかし両社が合意したのは、ロスネフチとCNPCで、ガソリンスタンドや製油所
建設のための合弁会社を作るという話。

しかし、肝心のパイプラインについては、着工予定の言及はありませんでした。

つまり、具体的な進展はなかったってことで、中国側も不満を募らせているので
す。


▼中ロの温度差


前々から書いていますが、中国のロシアへの愛と、ロシアの中国への愛には温
度差があります。

なぜか?


中国

まず、中国は、経済成長を続けるためにロシアの石油ガスを絶対的に必要とし
ています。

また、将来アメリカから覇権を奪うためにも、ロシアのエネルギーおよび武器が
絶対必要。

もうひとつ、「中ロは完全に一体化している」とアメリカが信じれば、アメリカもう
かつ に手を出せないだろうという読みがあります。

たとえば、昨年の中ロ合同軍事演習の費用は、全部中国が出したそうです。

なぜかというと、「アメリカさん、中国に手を出したらロシアもだまってませんよ!」 




と思わせたかったから。



時間は中国の味方。

アメリカの軍事費は現在中国の5倍。

武器の性能も比べものになりませんから、戦ったら絶対に勝てません。

しかし、戦争が起こらずこのままの状態がつづけば、2050年に中国がGDP世
界一になるというのが、ゴールドマン・サックスおよび世界の専門家の一致した
意見。

一方で、アメリカがボロボロで崩壊秒読み段階というもの、徐々に一般に知ら
れてきています。

つまり中国としては、時間を延ばしに延ばして、アメリカが自滅するのを待ちたい
のです。

そうなれば、覇権は勝手に中国に転がり込んでくるだろうと。。。



ロシア

ロシアの立場は違います。

確かに、アジア市場に進出することは必要。

しかし、中国にパイプラインを引くより、極東まで出して、アメリカ・日本・韓国・中 




国・東南アジアに石油を輸出したほうがいいでしょう。



もうひとつ。

ロシアはアメリカのことを憎んでいますが、10倍の人口を抱える隣国中国を恐れ
ているのです。

今は、アメリカが旧ソ連諸国でカラー革命を起こし、ロシアでも革命工作をしてい
ることから、むかついて中国に接近しています。

しかし、本音は違うのです。



「アメリカも中国も戦って滅んでしまえ!」



これがロシアの本音。

ですから、ロシアは戦争なんてしたくありません。

中国に、さんざん武器と石油を売って大もうけし、その後で米中戦争が起こって
両国共に滅んでしまえばいい。

そうすれば、米中は没落し、多極世界はEUとロシアとインドが主導するように
なるでしょう。

(あたかも、イギリスとドイツが戦って衰退し、米ソが浮上したように)

こんな温度差が、パイプライン問題に表れているのです。

日本としては、こういう両国の隙間をついて、仮想敵NO1中国とロシアを分断
したらどうでしょうか?

まあ、毎度同じことをいって申し訳ないのですが。。。


(おわり)●お薦め本コーナーへ↓

【まぐまぐ殿堂入り】==================================================

★広告依頼ちょっと待て!

●RPEは、【絶対読まざるを得ない場所に】広告を載せます!

●ロシア関係で日本一・唯一の殿堂入りメルマガ
●まぐまぐメルマガ大賞2005ニュース・情報源部門堂々1位の
RPEに広告を載せてみませんか?
                        
・普通号の広告 35字X15行まで 11,000部配信→ 11,000円
・号外【字数制限一切無し!】→11,000部配信11,000円
     
・普通号+号外(*普通号で号外の内容を簡単に伝え、号外の精読
率を高めます。最近単独号外は読まれないのです。皆さんも号外
は速攻削除してませんか? →22000部配信 17,000円


配信部数は↓からチェック
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
お申し込みは
tjkitanojp@yahoo.co.jp

↓●お薦め本コーナーへ
=================================================================

★(いつまで続くかわからない)北野のお薦め本コーナー!

このコーナーでは、中学時代病気で死線をさまよい、高校時代クラ
ス一の落ちこぼれで先生に見捨てられたRPE北野が、なんやかん
やとサバイバルしているのに、役立っている本を紹介しています。

戦争・テロ・デフレ・財政赤字・失業者・リストラの増加、こんな厳し
い時代ですが、せめてRPE読者の皆さんは、健康で幸せで豊かに
生きていけますように。
祈(^▽^)


★「成功への道しるべ」 田中得夫 日本地域社会研究所
(詳細は→ http://tinyurl.com/gfz65  )


いままで内緒にして、こっそり私だけで楽しんでいたのですが、つ
いに読者の皆さまに教えてしまうことにしました。

この本は、成功のバイブルです。

北野家の家宝として、千代に八千代に伝承していきたい本です。

以前紹介した原田隆史さんの「成功の教科書」
( http://tinyurl.com/l9sou )は、目標設定について人生激変
級でした。 

この本はトータルに、成功に必要なことが全部書いてあります。

・目標設定の仕方
・行動計画の立て方
・アファメーションの力(←びっくりしますよこれはマジで)
・ビジュアリゼーションの力
・トータルに成功するということ(つまり成功=金だけじゃない)

私は、本好きで山ほど本を読んでいますが、「成功したい!」とい
う目的であれば、この本と成功の教科書だけで十分な気がしま
す。

ただこの本は、サラリと読める本ではありません。

じっくりと時間をかけ、何度も何度も読み返しましょう。

あ。

ちなみに著者の田中さんとは何度かメールでやり取りしています
が、本当にすばらしい人です。

すばらしい人が書いた家宝級、人によっては人生激変級の本で
す。


★「成功への道しるべ」 田中得夫 日本地域社会研究所
(詳細は→ http://tinyurl.com/gfz65 )

★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
http://www.geocities.jp/rpejournal/


●おたよりコーナンーへ↓

=================================================================

★土田保穂様からのおたより


北野 様

札幌在住者ですが、冬はAUSTRALIのNOOSAでLONG STAYしながら、
毎回、貴重な情報に感謝し拝読しています

過日、貴方のご推薦で「国家の罠」を読みました。

佐藤さんが、新しい人生を切り開かれることを期待しています。

余談ですが、鈴木宗男事務所は私のオフイスビルと同じです。

私も貧しい少年期をすごしました。

成功を夢み挑戦した青春の日々懐かしいです。

ほぼリタイヤした現在は、LONG STAY TRAVEL CLUB(NPO)の代表
として、率先して海外でアウトドアーを楽しみ青春しています。

ご返事は無用ですが、成功を願う人々に今後も勇気を与え続けてくだ
さい。

お元気でご活躍されますよう祈念しています。

=================================================================

★(気がむいた時しか書かない)編集後記


この前テレビを見ていたら、ヒトラーの話をしていました。

以前、お薦め本のコーナーで幻の名著「チベット永遠の書」(シャンバラ)
極限の恐怖の果てに「生」の真理を見た T・イリオン 
http://tinyurl.com/72j2o ) 
という本を紹介しました。(あまりの反響にめまいがしたのですが。。。)

ヒトラーはチベットに使節を派遣して、幻の地下帝国シャンバラを探して
いたと。

変わった人だな〜と思っていたら、どうも他にも趣味があったそうです。

一つは、南極に秘密基地を作ること。(^▽^)

もう一つは、UFOを作ること。(^▽^)

人民は時として、こういう変わった人を選挙で選ぶのですね〜。

(ヒトラーは民主的選挙で選ばれた)


モスクワより
RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励メールは
こちら→ tjkitanojp@yahoo.co.jp 

(メール多数で、あまりお返事できませんが、すいません。しかし感謝して
読ませていただいております。)

==============================================================

『御社のメルマガ広告は、本当に効果が上がっていますか?』

 効果の上がるメルマガ広告には、上がる理由があります。
 上がらないメルマガ広告は、上がらない理由があります。
 御社は、どちらの広告ですか?
 効果の上がる広告を、無料でアドバイスします!!

 無料広告診断 → http://www.pack-ad.com/ad_check.html

==============================================================

★筆者のプロフィール


北野幸伯(きたの よしのり)


1970年、長野県松本市に生まれる。

田中康夫長野県知事と同じ松本深志高校卒。

1996年、日本人として初めて、ロシア外務省付属モスクワ国際関係大学
(MGIMO)(*1)を卒業。政治学修士。

1996年、卒業と同時にカルムイキヤ自治共和国(*2)大統領顧問に就任。

1999年4月、メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」を創刊。

「わかりやすい!」「笑える!」「予測があたる!」と話題沸騰。読者は、国
際金融機関・政府諸省庁・ロシアに進出しているほとんどの企業から主婦
・女子高生まで。ロシア関係のメルマガで配信数日本一を独走中。

2001年9月より、世界一予測があたる国際金融アナリスト増田俊男氏が
編集主幹を務める月刊誌「力の意志」(サンラ出版)でグローパルアイ・ロシ
アを連載。

2003年9月、長年プーチン大統領のブレーンを務め、ロシアを奇跡の復活
に導いた男Z氏・ディープロシアを知り尽くす唯一の日本人山内氏と共に、
IMT(International Most Trading.,Ltd.)を設立。

2005年1月、『ボロボロになった覇権国家』〜次を狙う列強の野望と日本
の選択  風雲舎  http://tinyurl.com/dypky を出版。

週刊東洋経済(2005年3月26日号)で「日本の上っ面の海外報道を覆す」
本と絶賛される。

2005年12月、まぐまぐメルマガ大賞2005ニュース・情報源部門で、ロシア
政治経済ジャーナルが一位を受賞。




*大学卒業後、失敗したこともたくさんあり、一文なしになり家賃を滞納し
たこともありますが、それを語りだすとキリがないので、カットしてあります。


(*1)MGIMOは、ソ連時代「卒業生の半分は外交官に、半分はKGBに」と
言われた超エリート大学。現在も、ロシア外交官の大半は同大学出身者
が占める。

(*2)カルムイキヤは、カスピ海北西岸に位置する仏教国。1993年、31歳
の若さで同共和国初代大統領に選出されたイリュムジーノフ氏は、就任
時既にロシアで5本の指に入る大富豪だった。現在は国際チェス連盟(F
IDE)会長も務めるスーパー大統領。MGIMO出身で大の日本好き。



================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   
投稿文+応援メールは tjkitanojp@yahoo.co.jp ↓メールを書く前に必読

・RPE読者から毎日100通以上のメールをいただいております。その為、
●お返事できないこともありますが、ご了承ください。

・いただいたメールは掲載させていただくことがあります。●匿名希望の
方は必ずその旨お書きください。

・掲載されないこともありますがご了承ください




発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved.



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.htm


=====================================RPE Journal=================

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
---------------------------------------------------------------- 

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/26 部数:  56,520部

他のメルマガを読む