ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★天才・天野統康先生が、北野新刊を読むと

【RPE】★天才・天野統康先生が、北野新刊を読むと

RPE Journal==============================================



      ロシア政治経済ジャーナルNo.1950


                      2019/2/20


===========================================================

超カリスマ金融政治経済研究家・天野統康先生が、北野の
新刊書評を書いてくださいました。


詳細は、【本文】で!



↓



【 マジですか??? 】


==================================

●花粉症が劇的に改善された方法

==================================

北野です。

私には、もともと花粉症がありませんでした。

しかし、10年ぐらい前に突如はじまり、その後
年々ひどくなっていきました。

ホント苦しいですね。


起きたら、目ヤニで目があきません。

鼻水が滝のように流れつづけます。

くしゃみが止まりません。


強い薬を飲み、症状を止め、頭がぼんやりしている日々
がつづく。

私は、それで春が嫌いになりました。

いえ、嫌いというか、「怖い」というか。

ところが、ここに書いてある方法を試してから、劇的に
症状が改善されました。

そして、親戚、知人、友人に勧めましたが、皆さん「効
果があった!」といいます。

さらに、「たまに油断して、あれを食べたらひどい目に
あった。これまで因果関係がわからなかったけど、今で
は症状が悪化する理由がわかる!」といわれます。

花粉症、春が近づいていますが、皆さん準備はできてい
ますか?

ていうか、「どんな準備をしたらいいか」わからないで
すね。

この情報をゲットして準備すれば、間に合うかもしれま
せん。

私は、今年もはじめています。

北野の症状を劇的に改善してくれた情報。

心から推薦します。
↓
http://www.infocart.jp/e/49207/9021/ 



↓



【衝撃】

●8つの潜在意識で夢を次々かなえる秘訣


北野です。

アダ奈美先生は、超カリスマコーチです。

エミー賞を受賞したメディア起業家ナタリー・マ
クニエル女史から、

「ナミは日本一の女性コーチとして日本をリード
していく存在である」

と絶賛されている。

そんな奈美先生が、


<・量子力学や物理学でも証明されている


“8つの潜在意識シフトの重要性”
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


心理学的アプローチと実践マーケティング両方の観点から
夢や目標を次々と叶えていく秘訣を徹底解説>


してくださるそうです。

しかも【無料】!

こんな機会はメッタにありません。

成功と幸せ、両方ゲットしたい方は、いますぐごらんくだ
さい。

【無料】↓
https://icckame.com/lp/25415/949160/ 


(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任で決定を下してください。
==========================================================

★天才・天野統康先生が、北野新刊を読むと


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


私が、「この人は、超天才だ!」と考えている人がいます。

金融政治経済研究家の天野統康先生です。

天野先生は、「アメリカ没落後の社会システム」を具体的に
考えているのがすごい。

幕末、多くの志士たちが、倒幕の夢に燃えていました。

しかし、「倒幕後の日本のシステム」を考え、具体的に提示
したのは坂本龍馬だけです。(船中八策)

もちろん勝海舟やグラバーさんから聞いたことが元になって
いたのでしょうが、それでもすごいことです。


天野先生も「アメリカ幕府崩壊後の世界システム」を具体的
に考えておられる。

天野先生の考えを知りたい方は、この二冊をご一読ください。

超面白いです。


●経済学原論 天野統康

(詳細は→ https://amzn.to/2lvtfMf ) 


●政治学原論 天野統康

(詳細は→ https://amzn.to/2ltcJwi )  



そんな天野先生がご自身のブログで、

私の新刊

「日本の生き筋~家族大切主義が日本を救う」

を紹介してくださいました。


曰く

<様々な社会問題をどのように日本が解決していけばよい
のかを、海外で成功した政策を紹介しながら現実的な解決
策が提言されている。

北野氏の提案は政府がその気になれば全て現実的に可能な
政策であり、直ちに効果が見込める政策である。>


<30年近く海外生活をされてきた北野氏の著書は海外の情
報も含めてとても分かりやすく書かれた知恵の宝庫なので、
日本の将来を良くしたいと考えている方は、是非お読みく
ださい。>


とのことです。

超天才・天野先生に評価していただき、とても光栄です。

天野先生の書評、全文はこちらからご一読いただけます。
↓
https://ameblo.jp/amanomotoyasu/day-20190218.html 

そして、先生のブログ、他の記事も知らないことだらけで
超参考になります。

これを機会にぜひ、毎日訪問するようにしてください。


●PS1

「日本はお先真っ暗だ!!!」

こんな俗論が、「既定路線」と認識されています。

日本国民が、世界一健康で幸せで豊かになる方法。

これを読めば全部わかります。


↓


●日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う

(詳細は→https://amzn.to/2zn4gC3  ) 



●PS2

民主党政権により、「戦後最悪」になった日中関係。

中国は、アメリカ、ロシア、韓国を巻き込んで

「反日統一共同戦線」をつくり、

日本を壊滅させることを決意します。


安倍総理は、どうやってこの戦略を無力化したので
しょうか?

詳細を山盛り証拠つきで知りたい方は、

こちらをご一読ください。

↓


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→http://amzn.to/2iP6bXa  ) 



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド 〜世界を動かす11の原理

(詳細は→http://amzn.to/2vHKRuM  ) 


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド 〜世界を動かす11の原理

(詳細は→http://amzn.to/2vHKRuM  ) 



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●比較中学歴史教科書─国際派日本人を育てる→ https://amzn.to/2Pg4F3r 

●日本人として知っておきたい皇室の祈り→http://amzn.to/2no1TbF 

●世界が称賛する 日本の教育 →http://amzn.to/2k9Jcqk 

●世界が称賛する日本の経営 →http://amzn.to/2karByr 

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  →http://amzn.to/2k7r806 

●世界が称賛する国際派日本人  →http://amzn.to/2kamrml 



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→http://amzn.to/2vIbBv3 ) 


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に
、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋
を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→http://amzn.to/2vIbBv3 ) 



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Sさまからのメール


メルマガいつも楽しく読んでおります。

新刊本読みました。

素晴らしいです。

すぐに政策にしてほしいです。

ロシア政治経済ジャーナルNo.1943(2019/2/8)
の下記のところを読んで激しく同意しました。


>ところが、今度は、「少子化で人手不足だから、女性にも
>朝から晩まで働いてもらおう」とかいっている。

>それで、「少子化ですが、保育園が足りません、足りませ
>ん」。

>いったい、どこまで「残酷」になれるのでしょうか?

>「会社教」時代そのままの「残虐制度」を
>改めるべきですね。

>「少子化が深刻だ」といいつつ、

>・結婚できない(忙しすぎて)
>・子供が生みにくい(忙しすぎて)
>・子供を育てにくい(忙しすぎて)

>制度をそのまま維持している。


同僚でも、3人目が欲しいけど、忙しすぎるから無理、
と二人で我慢している人がいます。

共働きにも関わらず旦那さんが育児と家事に非協力的
だから無理だとのことです。

結婚しやすく、子供を産みやすく、子供を育てやすい
制度も絶対に必要ですが、さらに、男性も家事育児を
手伝うことができるようになる教育を子供の頃からや
らねばならないと思います。

学校だけでなく家庭でもやらねばならないと思います。

同じく共働きの同僚で、旦那さんのほうが早く帰宅す
るので、平日の夕ご飯は旦那さんが作る、という夫婦
もいます。

そういうお父さんを見て育った男の子は夕ご飯はお父
さんが作るのが当たり前と思うでしょう。

社会全体が少子化に危機感を持って、子供を産まない
女性のせいにするだけではなく、結婚しやすく、子供
を産みやすく、子供を育てやすい社会を作っていく必
要があると思います。

会社でも、育児休暇をとったり、子供が熱を出して休
んだりと、子育てしているお母さんは肩身の狭い思い
をします。

それは、育児休暇を取っても、代理の人を募集しても
なかなかいなくて、結局、いる人が頑張って休んでい
る人の分も働く、ということになるからです。

働いている人も、育児休暇の人の分余分に働くという
ことがなくなれば、子育てしている人が肩身を狭い思
いをすることがなくなると思うのですが、いい方法が
思いつきません。

田舎なので人が少ないせいかもしれません。

北野さんの新刊本の方法で田舎にも人が多くなればよ
くなるかもしれません。

また、消費税10%を阻止したいので、今後とも情報発
信よろしくお願い致します。


『官僚と新聞・テレビが伝えないじつは完全復活している
日本経済 (SB新書)』上念 司  (著)


を読みました。

それには、日本は財政危機ではないし、社会保障財源は公
的保険+累進課税で賄われるのが通常であり、歴史上この
組み合わせ以外で上手くいった試しがないとの記載があり
ました。

共働きの子育てが大変な上に、消費税10%でますます富裕
層でない一般市民は苦しい生活になります。

ますます働かなきゃならなくなる。

子供の虐待を減らすためにも日本の社会は変わる必要があ
ると思います。

子供の虐待をお母さんのせいにするのはやめてほしいです。

へとへとのお母さんが気の毒です。



↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→http://amzn.to/2vIpBVC ) 

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・
・
。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシアーグルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は
→http://amzn.to/2vIpBVC ) 



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


姪が高校に入学しました。


RPEジャーナル 
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→tjkitanojp●yahoo.co.jp


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4
、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C)RPE Journal All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除はhttp://www.mag2.com/m/0000012950.html 



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,278部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,278部

他のメルマガを読む