本当に面白い映画はどれだ! 映画瓦版・今週の目次

今週は『ファーナス 決別の朝』を紹介します!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇今週の映画瓦版(無料版) 2014/09/22

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 これ以外の映画評は以下のブログで読むことができます。
 http://eigakawaraban.wordpress.com

 有料版のメルマガ版も発行しております。月間購読料は500円です。
 映画瓦版メルマガ版:http://www.mag2.com/m/0001610782.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽9月27日(土)公開 新宿ピカデリー

ファーナス 決別の朝
2014/08/06 京橋テアトル試写室

その出来事が田舎町の退屈な日常さえ奪い取る

 ペンシルベニア州ブラドックの町。ラッセル・ベイズは製鉄所で働きなが
ら、病気で寝付いた父と、イラク戦争から帰った後も定職に就かない弟ロド
ニーの生活を支えている。退屈で単調な毎日だが、彼にとって心の安らぎは
同棲中の恋人リナの存在。しかし平和な日々は、ベイズの飲酒運転事故であ
っけなく崩壊してしまう。服役中に父は死に、恋人も去った。出所した彼を
待っているのは、弟のロドニーだけ。しかし彼は町の顔役ペティと組んで、
危険なストリートファイトで身をすり減らす日々を送っている。再び製鉄所
で働きはじめたラッセルは弟にもまともな職に就くよう諭すが、戦争で心に
深い傷を負ったロドニーは凄惨な暴力の世界から抜け出せないのだ。ある日
そのロドニーが、ペティと共に行方不明となる。試合のために出かけたラマ
ポの山地で、地元のギャングたちに殺されたらしい。だが現地はギャングた
ちの巣窟で、警察もうかつには手を出せないのだという。

 主人公ラッセル・ベイズを演じたクリスチャン・ベイル以下、ウディ・ハ
レルソン、ケイシー・アフレック、フォレスト・ウィテカー、ウィレム・デ
フォー、ゾーイ・サルダナ、サム・シェパードと、演技力に定評のある豪華
な顔ぶれが勢揃いしたサスペンスドラマだ。しかしこの映画は単純にジャン
ル分けするのが難しい。この映画の中では主人公がどう動いても、何も物事
が解決したり先に進んだりすることがないからだ。ラッセルは弱い人間では
ないが、無力な主人公だ。彼は何も変えられない。弟を救えない。恋人を取
り戻せない。小さな寂れた街の中で何とか生きていた主人公は、動きまわる
ことでさらに自分を狭くて苦しい場所に追いやってしまう。クモの巣に引っ
かかった羽虫が、逃れようと暴れ回ってかえってクモの巣にからめ取られて
しまうようなものだ。だがそこには何らかの悪の首魁がいて、主人公を捕ら
えているわけではない。強いて言うなら、これは運命か?

 この映画の主役は、寂れ行く町を包み込む閉塞感かもしれない。どちらを
向いても行き止まりで、逃げ場がないのだ。町から出ようとした主人公の弟
ロドニーは、町から出てイラクに行ったが町に舞い戻る。その後はギャンブ
ルで気を紛らわせ、最後のチャンスを求めてストリートファイトの試合に臨
んだが殺されてしまった。町から出る者は、のたれ死ぬしかない。小さな町
の中の限られた人間関係は、時間がたつにつれて少しずつすり減っていく。
ラッセルの前からは父が消え、恋人が消え、弟が消える。ならばラッセル本
人も消えることが出来るのか?

 出演者が揃いも揃って抜群に上手い人たちばかりなのだが、主演のクリス
チャン・ベイルを除けばハーラン役のウディ・ハレルソンがひとつ飛び抜け
ているように思う。出演シーンはそれほど多くないのだが、狂気をはらんだ
異様なカリスマ性があり、ウィレム・デフォーが演じるペティを震え上がら
せるのも納得できるのだ。

(原題:Out of the Furnace)

9月27日(土)公開予定 新宿ピカデリー
配給:ポニーキャニオン 宣伝:スキップ
2013年|1時間56分|アメリカ|カラー|シネスコ|ドルビーデジタル
公式HP:http://furnace-movie.jp
IMDb:http://www.imdb.com/title/tt1206543/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇編集後記

 朝晩はめっきり冷え込んで、夜中にタオルケット1枚で寝るのはちょっと
辛くなってきました。そろそろ秋冬用の掛け布団を出さなければ……。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○発行者について

服部弘一郎(はっとりこういちろう)

 1966年8月3日生まれ。東京都出身。血液型はB型。専門学校桑沢デザイ
ン研究所を卒業後、グラフィックデザイナーやコピーライターを経て、1997
年から映画批評家として活動。95年頃に映画評のホームページ「映画瓦版」
を開設。著書に「シネマの宗教美学」など。

・Amazonの著書ページはこちら→ http://amzn.to/12hfjSq

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○現在運営中のブログ

「映画瓦版」では現在以下のサイトとブログを運営中です。

・映画瓦版 http://eigakawaraban.wordpress.com
 2014年からWordPressで運営しています。

・新佃島・映画ジャーナル http://eigajournal.wordpress.com/
 日記サイトです。映画を観てきた最初の感想、書評、映画瓦版からのお知
らせなど、雑多な記事が掲載されています。

───────────────────────────────────
○SNSアカウント一覧

・Facebook https://www.facebook.com/eigakawaraban
・映画瓦版Facebookページ http://on.fb.me/hoCMKn
・Twitter https://twitter.com/eigakawaraban
・Google+ https://plus.google.com/109548912785548893714/
・note https://note.mu/eigakawaraban

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  編集・発行:服部弘一郎(映画批評家)
  登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000012922.html
   映画瓦版:http://eigakawaraban.wordpress.com
メールアドレス:eigakawaraban@gmail.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む