宮沢賢治 Kenji Review

宮沢賢治 Kenji Review 1006


カテゴリー: 2018年06月02日
Kenji Review 1006
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第1006号--2018.06.02-----
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第三集(4)」「県道」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「〔おしまひは〕」「〔黄いろな花もさき〕」「休息」「〔青いけ
むりで唐黍を焼き〕」
------------------------------------------------------------

 今回は1026年8月の詩篇です。全部で四篇ありますが、いずれも
短い詩なので、一挙掲載です。

 相変わらず、開墾などの農作業に明け暮れているようですが、ト
マトを作ったり、厩肥を投入したりと、いろいろと努力している様
子が伝わってきます。

 当時、野菜としてのトマトはまだまだ認知度が低く、売れなかっ
たでしょうから、「塩漬けのトマト」を作って自分で食べていたよ
うです。

 しかし結核の持病を持つ人がトマトなどを食べていてはいけませ
ん。羅須地人協会の活動が短命に終ったのは賢治の健康問題により
ますが、その原因はやはり粗食に尽きると思います。

 今の人は野菜が大切だと考え、健康のためには野菜を食べるとい
う考えが多いのですが、その前提条件として、

(1)必要な量のカロリーを摂取していること。

(2)必要な量のたんぱく質を摂取していること。

の二つが絶対に必要です。「野菜を食べよう」は暗黙の前提として、
上記二つの条件は既に満たされていると考えているのです。

 カロリーもたんぱく質も足りない状況で、野菜だけを食べるのは
ほとんど飢餓状態であるということです。賢治も当然このことは知
っていて、「トウキビ」と一緒に食べていますが、やはり足りてい
たとはう思えません。

 畑に馬車で厩肥を運んできて投入した様子も書かれています。東
北は馬が主ですが、牛や豚の厩肥もあったのでしょう。問題はそれ
らを買うカネで、賢治は教師時代の貯金を使って購入したのだと思
います。

 新しい種類の野菜のタネにもカネがかかっているでしょうし、や
はり普通の百姓にはできないことに取り組んでいたと言えます。

 もちろんそれは悪いことではなく、新しい時代を拓くものでした
が、周囲の見方や賢治自身の評価はなかなかの苦戦であったのでし
ょう。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

■トマトが日本へ伝わったのは?
栽培と国産ケチャップの誕生の歴史です。
http://www.kagome.co.jp/statement/health/tomato-univ/literature/debut.html

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

●江戸時代に渡来

 日本にトマトが伝わったのは17世紀なかば。徳川四代将軍・家綱
のおかかえ絵師・狩野探幽が「唐なすび」と呼び、1668年にスケッ
チしています。文献でもっとも古いものは、江戸前期の儒学者・貝
原益軒の『大和本草』(1709年)で、「唐ガキ」と紹介されていま
す。

 最初はヨーロッパ同様、観賞用として珍重されていました。食用
になったのは明治以降。キャベツやたまねぎ、アスパラガス、にん
じんなどの西洋野菜とともにあらためてヨーロッパやアメリカから
導入されたのでした。

●カゴメ創業者がトマトを栽培

 その西洋野菜にいち早く目をつけ栽培に着手したのが、カゴメの
創業者である蟹江一太郎。兵役を終えて帰郷した翌1899(明治32)
年の春のことです。農家の跡取りだった一太郎は、愛知県知多郡荒
尾村(現在の東海市荒尾町)の自宅の脇に、トマトをはじめさまざ
まな西洋野菜の種を蒔きました。これがカゴメ誕生の第一歩です。

 一太郎は、やがて収穫した西洋野菜の販売を始め、ホテルや西洋
料理店など少しずつ得意先を増やしていきました。しかしトマトだ
けは独特の青くささと、真っ赤な色が敬遠され、全く売れずに頭を
悩ませます。

 そんな折、西洋ではトマトを加工して使うこともあると聞き、舶
来のトマトソースを手本に独自のトマトソースの開発に乗り出した
のです。

●国産ケチャップの誕生

 蟹江家が一家総出で試作品に取り組んだ結果、1903(明治36)年
に第1号のトマトソース(現在のトマトピューレー)が完成。高い
評価を受けるとともに事業規模も拡大。5年後の1908年には、トマ
トケチャップとウスターソースの製造を開始しました。

 当時はコロッケなどの洋食がもてはやされていたこともあり、ト
マトケチャップにさきがけてウスターソースが一気に大ヒット。さ
らに大正初期から昭和にかけて、家庭料理の洋風化がすすむにつれ、
トマトケチャップは大きく売り上げを伸ばし、私たちの家庭にもな
じみの味として定着してきたのです。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第三集(4)〕----------------------------------

「〔おしまひは〕」「〔黄いろな花もさき〕」「休息」「〔青いけ
むりで唐黍を焼き〕」

------------------------------------------------------------
■「〔おしまひは〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

七三〇
     〔おしまひは〕
                     一九二六、八、八、

「おしまひは
シャーマン山の第七峰の別当が
錦と水晶の袈裟を着て
じぶんで出てきて諫めたさうだ」

青い光霞の漂ひと翻る川の帯
その骨ばったツングース型の赭い横顔

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

七三〇
                     一九二六、八、八、

おしまひは
シャーマン山の第七峰の別当が
錦と水晶の袈裟を着て
じぶんで出てきて勧めたさうだ

青い光霞の漂ひと
その骨ばったツングース型の赭い横顔

------------------------------------------------------------
■「〔黄いろな花もさき〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

七三一
     〔黄いろな花もさき〕
                     一九二六、八、二〇、

黄いろな花もさき
あらゆる色の種類した
畦いっぱいの地しばりを
レーキでがりがり掻いてとる
川はあすこの瀬のところで
毎秒九噸の針をながす
上を見ろ
石を投げろ
まっ白なそらいっぱいに
もずが矢ばねを叩いて行く

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

七三一
                     一九二六、八、二〇、

黄いろな花もさき
緑や紫や青じろの葉した
畦いっぱいの地しばりを
レーキでがりがり掻いてとる
 (どうしてですか
  うらむことなどない)
川はあすこの瀬のところで
毎秒九噸の針をながす
 (たゞすまないと
  思ふだけです)
おゝ上を見ろ
石を投げろ
まっ白なそらいっぱいに
もずが矢ばねを叩いて行く

------------------------------------------------------------
(下書稿1)
------------------------------------------------------------

七三一
                     一九二六、八、二〇、

がりがり引っ掻くぢしばりの蔓
緑、紫、苹果青
川は億千の針をながす
 (なにしてす
  うらむことなどすこしもなぃんす
  たゞおもうしわげなぃばがりだんす)
上を見ろ 石を投げろ
まっ白なそらいっぱいに
もずが矢ばねを叩いて行く

------------------------------------------------------------
■「休息」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

七三三
     休息
                    一九二六、八、二七、

  あかつめくさと
  きむぽうげ
おれは羆熊だ 観念しろよ
  遠くの雲が幾ローフかの
  麺麭にかはって売られるころだ
あはは 憂陀那よ
冗談はよせ
ひとの肋を
抜身でもってくすぐるなんて

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

七三三
     休息
                    一九二六、八、二七、

(二字不明)きむぽうげ!
おれはタンクだ 観念しろよ
  遠くの雲が幾ローフかの
  麺麭にかはって売られるころだ
あはは 憂陀那よ
冗談はよせ
ひとの肋を
抜身でもってくすぐるなんて

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

七三三
     休息
                    一九二六、八、二七、

やいきむぽうげ!
おれはタンクだ 観念しろよ
遠くの雲も幾ローフかの
パンに変って見えるころ
あはは 憂陀那よ
冗談はよせ
ひとの肋を
抜身でもってくすぐるなんて

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

七三三
     休息
                    一九二六、八、二七、

あはは ニスタン
冗談はよせよ
ひとの肋を
つめたい抜身でくすぐるなんて

すてきな青いクッションだ

------------------------------------------------------------
(下書稿1)
------------------------------------------------------------

七三三
     休息
                    一九二六、八、二七、

こんな風の吹く青いクッションにねむりこむので
午后の仕事がどんなにひどくても
(一行不明)
あはは
風よ冗談はよせ
お(以下不明)
(一行不明)

------------------------------------------------------------
■「〔青いけむりで唐黍を焼き〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

七三四
     〔青いけむりで唐黍を焼き〕
                    一九二六、八、二七、

青いけむりで唐黍を焼き
ボンデローザも皿に盛って
若杉のほずゑのchrysocollaを見れば
たのしく豊かな朝餐な筈であるのに
こんなにも落ち着かないのは
今日も川ばたの荒れた畑の切り返しが
胸いっぱいにあるためらしい
  ……エナメルの雲鳥の声……
強いてもひとつ
ふさふさ紅いたうもろこしの毛をもぎり
その水いろの莢をむけば
熱く苦しいその仕事が
百年前の幽かなことのやうでもある

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

七三四
                    一九二六、八、二七、

青いけむりで唐黍を焼き
塩漬けのトマトも皿に盛って
若杉のほずゑのchrysocollaも見れば
たのしく豊かな朝餐な筈であるのに
こんなにもわたくしの落ち着かないのは
昨日馬車から崖のふもとに投げ出して 今日北上の岸まで運ぶ
厩肥のことが胸いっぱいにあるためだ
エナメルの雲鳥の声
熱く苦しいその仕事が
一つの情事のやうでもある
 ……川もおそらく今日は暗い……

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

七三四
     仕事
                    一九二六、八、二七、

青いけむりで唐黍を焼き
塩漬けのトマトも皿に盛って
若杉のほずゑのchrysocollaも見れば
たのしくしづかな朝餐な筈を
こんなにもわたくしの落ち着かないのは
昨日馬車から坂のところに投げ出した
厩肥のことが胸いっぱいにあるためだ
甲田加吉がすっかり内地でしくじって
からだひとつでブラジルへ行く日
なけなしの財布で
国の芝居をもう一度見た
エナメルの雲
午后は雨だらう

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

七三四
     仕事
                    一九二六、八、二七、

青いけむりで唐黍を焼き
塩漬けのトマトを幾皿に盛り
若杉のほずゑのchrysocollaを見るとすれば
たのしくしづかな朝餐な筈であるのに
こんなにもわたくしが落ち着かないのは(三字不明)ことである
(数文字不明)による
(一行不明)
(数文字不明)なのだ
(一行不明)

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(085)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「県道」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

     県道

鳥居の下の県道を
砂塵おぼろにあとひきて
青竹〔あおたけ〕いろのトラック過ぐる

枝垂の栗の下影に
鳥獣戯画のかたちして
相撲をとれる子らもあり

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

     県道

こごれる松の森の下
鳥居のひるすぎを
砂塵おぼろにあとひきて
青竹いろのトラック過ぐる

枝垂の栗の下影に
鳥獣戯画のかたちして
相撲をとれる子らもあり

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

枝垂の栗の下影に
鳥獣戯画のかたちして
相撲をとれる子らもあり

こゞれる松の森の下
石の鳥居のひるすぎを
砂塵おぼろにあとひきて
青竹いろのトラック過ぐる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

     境

大なる枝垂の栗の下にて
鳥獣戯画のかたちして
相撲をとれる子らのあり

日雲に入れば
稲田にはかにあはたゞし

こゞれる松の森の下
石の鳥居のその前を
砂塵おぼろにうちひきて
青竹いろのトラック走る

--〔後記〕--------------------------------------------------

 このところ快調に「第三集」を掲載していて、思ったより早く終
了しそうです。第三集は新校本全集の第四巻ですが、次は第五巻の
「口語詩稿」「補遺詩篇1」「疾中」になるのかな。

 「詩」はその次の第六巻と第七巻ですが、第七巻の文語詩篇は平
行して掲載していますので、第六巻まででおしまいです。このあた
りで1100号くらいになって、メールマガジンの終了ということ
になると思います。あとしばらく、おつきあいをお願いします。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--1006号---------- e-mail why@kenji.ne.jp-------------
--発行--渡辺--宏------- URL    http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/    です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/    です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/

宮沢賢治 Kenji Review

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/14
部数 1,021部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

宮沢賢治 Kenji Review

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/14
部数 1,021部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング