宮沢賢治 Kenji Review

宮沢賢治 Kenji Review 1005


カテゴリー: 2018年05月26日
Kenji Review 1005
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第1005号--2018.05.26-----
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第三集(3)」「〔われはダルケを名乗れるものと〕」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「井戸」「風景」「〔アカシヤの木の洋燈から〕」「〔驟雨はそそ
ぎ〕」
------------------------------------------------------------

 今回は1926年7月の四篇です。ずっと農作業をしているようです
が、何だか(自分に?)怒っている様子がうかがえます。

 天候もよくなくて、「〔驟雨はそそぎ〕」の書かれた7月17日
までは雨が少なくて植付けに苦労し、18日以降はずっと雨ばかり
で、「県下旱害、水害多し」という年でした。

 17日の「驟雨」はちょうどその前触れだったようです。賢治は
この突然の降雨にあって、雨に濡れながら、何かよくない予感をも
ったように思います。

 前の三篇はいずれも小品で、原稿の推敲も少ないのですが、
「〔驟雨はそそぎ〕」だけは短い詩ながらも下書稿が1~5とあり、
推敲過程をたどるのも大変です。

 ただ、賢治の作品一般としては珍しく、下書稿1から最終的な形
まであまり変化はしていないようです。

 裕福な家のお坊ちゃん暮らしだった時代から、独居自耕の生活に
入るというのはとても大変なことだったと思います。たぶん料理な
んかはできなかったでしょうし。

 実はお母さんが弁当を作って運んでいた、ということもあったよ
うです。

 料理だけは得意の私にいわせてもらうと、自分の食事の用意もで
きないのは一人前の人間ではないと思いますが、あのころに日本人
の男性はみんなそんな感じでした。

 案外、今でもそうなのかもしれません。

 それはさておき、賢治にとって自立生活への道は険しいものがあ
りました。無理をしないで東京へ行って、文壇などというところで
活躍しておけばよかったのに、などと今でも思います。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

“驟雨”のいろいろな読み方と例文
https://furigana.info/w/%E9%A9%9F%E9%9B%A8

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

読み方
(ふりがな)  割合

しゅうう   72.9%
ゆうだち   8.5%
しうう    5.1%
にはかあめ  2.5%
にわかあめ  1.7%
ゆふだち   1.7%
シャワー   1.7%
スコール   1.7%
しゆうう   0.8%
とおりあめ  0.8%
(他:3)    2.6%

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

イーハトーブ・ガーデン ノバラ
https://nenemu8921.exblog.jp/22813659/

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

清夫は今日も、森の中のあき地にばらの実をとりに行きました。

(略)

そこは小さな円い緑の草原で、まっ黒なかやの木や唐檜に囲まれ、
その木の脚もとには野ばらが一杯に茂って、丁度草原にへりを取っ
たやうになってゐます。

おどろいて手にもったその一つぶのばらの実を見ましたら、
それは雨の雫のやうにきれいに光ってすきとほってゐるのでした。

(略)

(童話「よく利く薬とえらい薬」)

 賢治が愛したのはノバラの花より、その香りや赤い実だった。う
つくしいもの、清らかなもの、癒しの象徴として描かれる。

 しかし、農村活動に入ると、ノバラの藪にはだいぶ悩まされた様
子が伝わってくる。実際、地中に深く根を張り、剛健なノバラは、
開墾する身には、実に厄介な植物であったろう。

口語詩 七二八〔驟雨はそそぎ〕

「春と修羅」第三集の作品である。

 驟雨にはカダチとルビがある。一般的にはしゅううと言うことが
多い。

 驟雨とはいきなり降りだして、短時間でやんでしまう激しい雨。
にわか雨。夕立のこと。

 野ばらの根を掘り起こす作業の折、にわか雨に降られたのである。

 この時期の賢治は慣れない農作業に、体力がついていかない自分
自身にいつも怒っていた。

 この作品はのちに文語詩に改稿され、印象が違った作品になるの
だが。

 私も「下ノ畑」で野菜や花を作っていたとき、ノバラを植栽した
ために他の園芸種をだいぶ犠牲にした。撤去するときも実にたいへ
んだった。

 また、ガーデンでは蟻の王国もやっかいで、蟻退治の薬剤を度々
散布しなければならなかった。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------


-〔春と修羅第三集(3)〕----------------------------------

「井戸」「風景」「〔アカシヤの木の洋燈から〕」「〔驟雨はそそ
ぎ〕」

------------------------------------------------------------
■「井戸」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

七一八
     井戸
                      一九二六、七、八、

こゝから草削〔ホウ〕をかついで行って
玉菜畑へ飛び込めば
宗教ではない体育でもない
何か仕事の推進力と風や陽ざしの混合物
熱く酸っぱい亜片のために
二時間半がたちまち過ぎる
そいつが醒めて
まはりが白い光の網で消されると
ぼくはこゝまで戻って来て
水をごくごく呑むのである

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

七一八
     圃道
                      一九二六、七、八、

とにかくこゝから草削〔ホウ〕をかついで
玉菜畑へ飛び込めば
麻薬が熱く酸っぱくて
二時間半はたちまち過ぎる
そいつが醒めて
そこらが白い光の網で消されたら
もいちどこゝへやって来て
水をごくごく呑んでやる

------------------------------------------------------------
■「風景」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿)
------------------------------------------------------------

七二六
     風景
                     一九二六、七、一四、

松森蒼穹〔そら〕に後光を出せば
片頬黒い県会議員が
ひとりゆっくりあるいてくる
 
羊歯やこならの丘いちめんに
ことしも燃えるアイリスの花

------------------------------------------------------------

※下書稿への手入れはない。

------------------------------------------------------------
■「〔アカシヤの木の洋燈から〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

七二七
     〔アカシヤの木の洋燈〔ラムプ〕から〕
                     一九二六、七、一四、

アカシヤの木の洋燈〔ラムプ〕から
風と睡さに
朝露も月見草の花も萎れるころ
鬼げし風のきもの着て
稲沼〔ライスマーシュ〕のくろにあそぶ子

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

七二七
                     一九二六、七、一四、

アカシヤの木の洋燈〔ラムプ〕から
風と睡さに
朝露も月見草の花も萎れ
いましづかに湯気をあげる
 ……あゝ いくたびか青く暗み
   またひるがへる諧謔の傷痕〔きづ〕……
鬼げし風のきもの着て
稲沼〔ライスマーシュ〕のくろにあそぶ子

------------------------------------------------------------
■「〔驟雨はそそぎ〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿5推敲後)
------------------------------------------------------------

七二八
     〔驟雨〔カダチ〕はそそぎ〕
                     一九二六、七、一五、

驟雨〔カダチ〕はそそぎ
土のけむりはいっさんにあがる
  あゝもうもうと立つ湯気のなかに
  わたくしはひとり仕事を忿る
    ……枯れた羊歯の葉
      野ばらの根
      壊れて散ったその塔を
      いまいそがしくめぐる蟻……
杉は驟雨のながれを懸け
またほの白いしぶきをあげる

------------------------------------------------------------
(下書稿5推敲前)
------------------------------------------------------------

七二八
                     一九二六、七、一五、

驟雨〔カダチ〕はそそぎ
開墾〔おこ〕した今日の幾坪は
いっさんに土のけむりをあげる
  あゝもうもうと立つ湯気のなかに
  わたくしはひとり労働を忿〔いか〕る
    ……枯れた羊歯の葉、野ばらの根
      壊れて散ったその塔を
      いまいそがしくめぐる蟻……
杉は驟雨のながれを懸け
またほの白いしぶきをあげる

------------------------------------------------------------
(下書稿4推敲後)
------------------------------------------------------------

驟雨〔カダチ〕はそゝぎ
開墾〔おこ〕した今日の七坪は
いっさんに土のけむりと湯気をあげる
ぬれて
ぼうとして
 あゝもうもうと立つ湯気のなかに
 わたくしはひとり労働を忿る
 ……枯れた羊歯の葉、
   のばらの根
   こわれて散ったその塔を
   いまいそがしくめぐる蟻……
杉はカダチの流れを懸け
またほの白いしぶきを噴く

------------------------------------------------------------
(下書稿4推敲前)
------------------------------------------------------------

驟雨〔カダチ〕はそゝぎ
耕起した藪は
いっさんに土のけむりや湯気をあげる
ぬれて
ぼうとして
ぎしぎし歯噛みしながら
なにを憎めばいゝか考へてゐる
 ……枯れた羊歯の葉
   菊芋の茎
   こはれて散った塔のまはりを
   いまいそがしく往来する蟻……
杉にそゝいで
カダチは白いしぶきをあげる

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

雨〔カダチ〕はそゝぎ
開墾した藪は
土のけむりや湯気をあげる
 ……それにやくざな土のにほひだ……
ぬれてぼうとして
ぎしぎしおこる
おかしなことだ
杉にそゝいでは
カダチは白いしぶきをあげる
 ……枯れた羊歯の葉
   菊芋の茎
   壊れて散った塔のまはりを
   いまいそがしく往来する蟻……
杉には白いしぶきをあげる
あゝ愛情の図式を洗へ

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

雨はうつゝにそゝぎ
開墾した藪は
土のけむりと湯気とをあげて
 ……森の向ふの白びかり……
ぬれてぼうとして
ひとりぎしぎし歯噛みする
いったいこれがおれなのか
 ……枯れた羊歯の葉
   菊芋の茎
   壊れて散った塔のまはりを
   いまいそがしく往来する蟻……
杉には白いしぶきをあげる
この七月のひなかの雨
熱く切ないわたしから
あゝ愛情の図式を洗へ

------------------------------------------------------------
(下書稿2)
------------------------------------------------------------

七二八
     圃場
                     一九二六、七、一五、

開墾した土のなかにたち
うつつに雨を浴びながら
ひとりぎしぎし歯噛みする
いったいこれがおれなのか
   枯れた羊歯の葉
   芋の茎
   壊れて散ったその塔を
   いまいそがしく往来する蟻
杉には白いしぶきをあげる
この七月のひなかの雨よ
熱く切ないわたしから
あゝ 愛情の図式を洗へ

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

七二八
     圃場
                     一九二六、七、一五、

黒く燃されて
開墾〔おこ〕した土のなかに立ち
うつつに雨を浴びながら
ひとりぎしぎし歯噛みする
いったいこれがおれなのか
   枯れた羊歯の葉
   菊芋の茎
   壊れて散った塔のまはりを
   いまいそがしく往来する蟻
杉には白いしぶきをあげる
この七月のひなかの雨よ
熱く切ないわたしから
あゝ愛情の図式を洗へ

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

七二八
     圃場
                     一九二六、七、一五、

黒く燃されて
開墾〔おこ〕した土のなかに立ち
うつつに雨を浴びてゐる
いったいこれがおれなのか
   枯れた羊歯の葉
   菊芋の青い茎
   壊れて散った塔のまはりを
   いまいそがしく往来する蟻
夏立の雨よ
まっすぐに降りそゝいで
おれの熱い髪毛を洗へ

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(085)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「〔われはダルケを名乗れるものと〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

    〔われはダルケを名乗れるものと〕

われはダルケを名乗れるものと
つめたく最后のわかれを交はし
閲覧室の三階より
白き砂をはるかにたどるこゝちにて
その地下室に下り来り
かたみに湯と水とを呑めり
そのとき瓦斯のマントルはやぶれ
焔は葱の華なせば
網膜半ば奪はれて
その洞黒く錯乱せりし
 
かくぞわれらはその文に
ダルケと名乗る哲人と
永久〔とは〕のわかれをなせるなり

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

われはダルケを名乗れるものと
つめたく最后のわかれを交はし
白き砂をはるかにはるかにたどれるなり
そはすなはち
図書館の三階より地下室に下り
湯と水とを呑めるといふことなり
そのとき瓦斯のマントルはやぶれ
焔は葱の華なせば
網膜半ば奪はれて
洞穴寒く黒く錯乱せりし
げにや最后のわかれをかはし
白き砂をはるかにはるかにたどれるなり

------------------------------------------------------------
(下書稿1「東京」ノート49~50頁)
------------------------------------------------------------

われはダルゲを名乗れるものと
つめたく最后のわかれを交はし
白き砂をはるかにはるかにたどれるなり
その三階より灰いろなせる地下室に来て
われはしばらく湯と水とを呑めり
   (白き砂をはるかにはるかにたどれるなり)
そのとき瓦斯のマントルはやぶれ居て
焔は葱の華をなせるに
見つや網膜の半ば奪ひとられて
その床は黒く錯乱せりき
   (白き砂をはるかにはるかにたどれるなり)

--〔後記〕--------------------------------------------------

 5月末日が誕生日なので、もうすぐ67歳になります。ちょうど
運転免許更新の年で、普通に更新できるのもこれが最後になります。
5年後に生きているかどうかは微妙なんですが。

 私のクルマも今年で10年目。走行距離も短くてまだまだ元気な
ので、たぶん次に買い換えることはもうないと考えています。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--1005号---------- e-mail why@kenji.ne.jp-------------
--発行--渡辺--宏------- URL    http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/    です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/    です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/

宮沢賢治 Kenji Review

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/14
部数 1,010部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

宮沢賢治 Kenji Review

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/14
部数 1,010部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング