大阪・北区 「天満の食べ歩き」

まるごと天満のメールマガジン・第243号


カテゴリー: 2018年09月30日
============================================================
■□■□■ 天満の「食べ歩き・気になるスポット」 □■□■□
============================================================
 ◆ 2018年9月30(日)大阪・天満のメールマガジン・第243号 ◆ 
============================================================
  
   …………………◇◆ 目 次 ◆◇…………………
      
(1)PHOTO 歳時薔薇記
    ・『永平寺』
(2)メンソール☆グルメレポート
    ・『ワインショップマチュール』
    ・『ブリューパブ センターポイント』
(3)きさんじつれづれ
    ・『東京』
(4)Commento mori 015 二人三脚。
(5)HASE-mama♪ レポート
    ・「焼とんyaたゆたゆ 難波千日前」
    ・「浅野日本酒店」
    ・「中家」
    ・「日本酒とおばんざい 大阪に乾杯」
    ・「おか長」
    ・「大阪市立科学館とプラネタリウム」
◇あとがき

⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔

(1)	PHOTO 歳時記

『永平寺』 
http://park.geocities.jp/hamamizukitaikyoku205/1651809.html

9月23日日曜日に永平寺へバスツアーで初めて訪れました。
750年ほど前に、道元禅師によって開設された日本曹洞宗の第一道場です。
境内は約10万坪、樹齢約700年といわれる老杉に囲まれた静寂な佇まいの霊域に、
七堂伽藍を中心に70余棟の殿堂楼閣が立ち並んでいます。七堂伽藍は、板廊下でつながっていますが、結構階段を上り下りすることも多く、伽藍巡りをしたら、足がしっかり疲れました。
山門は、修行僧が修行に入るときと、修行を終えて自分の寺へ帰るときだけ通れ、一般人は通れません。
厳粛な雰囲気が漂っています。大木が立ち並び、樹木の葉に囲まれ、石も土も苔に覆われいて、緑の世界が広がっています
俗世間の喧騒からおのずと逃れることができます。ありがたく、神聖な空気を、一杯すってきました。

(中元友机子)


============================================================

(2)メンソール☆グルメレポート

『ワインショップマチュール』

(ジャンル) ワインショップ&バー
(所 在 地) 大阪市北区西天満4-1-11
(電  話) 06-6363-5830
(営業時間) 12:00-22:00
(定 休 日) 日曜日
(席  数) 15名(スタンディング)、4名(テーブル)
(ウ ェ ブ) https://www.facebook.com/wineshopmature/

 北浜に出没する確率は、それなりに高いんですが、今回は天満橋です。って、北浜の隣と言ってもも良い場所です。このところドラフトビールで昼飲みが多くて、シリーズ化するのではないかとの危惧もあったようですが、今回はワインです。昼飲みシリーズは継続されるようですが…。
  
 場所は西天満です。フランチャコルタでおなじみの『オステリア87』のお隣です。『オステリア87』からのフードも提供されます。もちろん、『オステリア87』の営業が始まってから以降の時間帯に限られるわけですが…。
  
 まずは、メニューにあったシャンパンと三種葡萄のカクテルです。見た目は余りよろしくないですが、すごくナチュラルな感じの味わいになります。

 アテは何種類かあるんですが、これも提携店からのもののようです。店名は忘れましたが、新梅田食道街にあるワインバーのものだそうです。

 三杯目のワイン&チーズ盛り合わせです。日替わりのグラスワインは8種類くらいです。 


『ブリューパブ センターポイント』

(ジャンル) クラフトビール、ステーキ
(所 在 地) 大阪市北区浮田2-5-8
(電話番号) 050-5595-3433
(営業時間) 12:00-14:00(ランチ)、15:00-23:00(ディナー)。ランチは土日祝。
(定 休 日) 不定休
(席  数) 40席。ブランコあり
(ウ ェ ブ) http://brewpub.co.jp/brewpub-center-point/

 そういえば、中崎町にもクラフトビールの店があったはずだと、ふと思いだしていった店です。ブリューパブは、谷町四丁目にもあって、そちらが一号店。中崎町が二号店だそうです。

 セルフ形式なんですが、フード類は入り口近く、ドリンク類は一番奥で、キャッシュオンデリバリー形式でオーダーします。ドリンクコーナーの横手には、醸造スペースがあって、ちょうどホップを投入するところでした。なので、麦の甘い香りが立ちこめていました。
  
 右側の三つですが、大麦のロースト度の違いを見せるためのサンプルです。よくローストした黒い麦から作ると黒いビールができあがるわけですが、苦みも強くなるので、基本的にはホップの量が少なくなり麦の味がしっかりと楽しめるビールになるわけです。左端においてあるのはライ麦です。本来、大麦で造るビールに、少量のライ麦やオーツ麦を添加することもある様です。ちなみにライ麦を追加すると、味わいがスパイシーになるそうです。オーツ麦を使った場合に、どのような味になるかは聞き忘れました。

 まずはケルシュです。最近、どの店に行ってもIPAなので、ちょっと飽きてきたところだったので、ケルシュは嬉しいです。ドイツのケルン地方で作られるので、ケルシュと呼ばれていて、めだった派手さはないですが、何杯でも飲めてしまう感じです。こちらの店では、仕込み日、アルコール度数、IBU(International Bitterness Units)、醸造担当者名などもしっかりと記載されています。ちょいと調べてみたんですが、IBU値は、一番搾りが21、エビスが25、モルツが21です。日本で売られているビールのIBUは、だいたい20前後と言うことでしょう。

 こちらがフードとしてオーダーしたちょいもりコンボです。肉は二種類選べるんですが、今回はサーロインとブリスケにしてみました。合わせて150グラムあります。なかなかヘビーでした。

 こちらはイングランドパブでは定番のベストビター。泡を乗せないタイプのビールらしいです。

タドポールクアドルペルという名前でしたが、タイプまでは覚えていません。クアドルというのは、文字通り四倍という意味です。ダブルIPAだと二倍濃いIPAですね。麦芽やホップをしっかりと使った味わいの深いビールでした。


(メンソール)


============================================================

(3)	きさんじつれづれ

東京に行ってまいりました。
よく東と西の違いなどを比べることがありますが、
都心部ではそこまで違和感を感じることもなく、
渋谷、原宿、新宿などと梅田、心斎橋、難波など、
多少の規模の違いはあれども、同じような建物、店、人の様子。
私の目の行く先が、というよりも興味の対象がそうなのか、
食べるものや着るものも、そこまで違うものが並んでいるという印象は
なかったなぁ。。。

好きな写真集、おかべたかし著「くらべる東西」
http://okataco.hatenablog.com/entry/2016/06/01/085458

こちらは現代版「守貞謾稿」よろしく、東と西の違いを写真で
紹介しているのだけれど、へぇなるほどねぇと、思わせるものが多い。
たとえば「いなり寿司」東は俵型で西は三角。そういえばおにぎりは逆だ。
銭湯も湯舟の位置が、関東は奥にあり、関西は手前の真ん中にあることが多い。
湯舟周りの腰かけだが、たしかに東京の銭湯は無いなぁ。
そして東京の銭湯の湯は熱いってのは、たしかに私好みのしっかりめの温度。
何より特徴的なのは湯の色で、よく黒湯といわれるけれど、ほんのり色がついている。
一見、ここの湯はそうでもないなぁと思っていた三軒茶屋の千代の湯という銭湯でも
常連さんらしき女性の持っているタオルが茶色に染まっていたので、ほほぅなるほどと
思った。地下水の色らしいが温泉成分だと言っていたのは面白かったな。

特に印象に残ったのが、道端の祠で、大阪は町のそこかしこに「お地蔵さん」があるが、
東京ではあまりお地蔵さんの祠は見なかったなぁ。お稲荷さんはよく目についた。
これは深川の江戸文化を紹介する資料館のガイドさんがお話されていたけれど
長屋の共同のスペースには井戸、便所、ごみ捨て場、そして町会ごとにお稲荷さんを
祀っていたとの事で、なるほどと納得。
ほかにも庚申像が多く、京都にあるような夫婦のものではなく、不動尊や、馬頭観音像が
多かった。こちらは旧街道の道沿いに多いのかもしれない。

そういえば、目的があって行ったわけではないのだが、神社仏閣にも
ふらりと立ち寄ってお参りした。
雑司ヶ谷の鬼子母神、大鳥神社、巣鴨のお地蔵さん、芝の増上寺、浅草の浅草寺、明治神宮、
世田谷の松蔭神社、同じく世田谷観音。ここでは特攻平和観音尊像というものもあり、
そのご利益が「恐ろしいという気持ちを取り除く」という、なんとも心の苦しくなるような
もので、拝んで良いものやら迷ってしまった。参拝した日が年次法要の前日だったようで、
遺族関係者の方が多くご参拝されるのか、大規模にテントなどの準備がされていた。
もちろん「平和」を願う気持ちに変わりなく、前回、靖国神社を訪れた時とは、また少し感じ方が違った。
お稲荷さんや庚申さんは、数しれずお参りした。これはすごく楽しくて
旧の街道なのかなぁとか、古い集落なのかなぁとか、地域の人の関わりなども、
垣間見られて、知らない土地が身近に感じられた。
あと、お彼岸の時期だったので、たぶん普段は門が閉ざされているだろう小さな寺院も
お参りの方のために門を開放していたので、入りやすかった。
深川の寺町のお寺も軒並み入っていって、庚申さんがあるとか、お地蔵さんがあるとか
わくわくしながら散策できた。
そういえば三軒茶屋の宗圓寺では「しょうづかの御婆様」が祀られており、百日咳にご利益が
あるとのことで、とても珍しかった。

大好きな「はとバス」に乗って横浜へも足をのばし、
山手の外国人墓地や、中華街の関帝廟にも参拝してきた。
関帝廟は、神戸も行ったが、規模がまったく違っていて大興奮!
どうしてもやってみたかった中華式のおみくじも念願かなってやってみた。
算木のようなおみくじ棒を振り出すのや、しんばえという一組の木を
投げて最終的な神託を占うというわくわくするものだ。
関帝廟にお参りするのが事前にわかっていたら、自宅にある「紙金」を
持って来たのになぁと少し残念。

最後に新幹線に乗る前にチラリと神保町で本を物色し、
増上寺をお参りする前に芝公園の「丸山古墳」にも行ってきました。
どうしても東京は江戸時代というくくりで街を見てしまい勝ちなのだけど、
こんな風に古代のレイヤーも東京タワーという現代のレイヤーのすぐそばに
共存しているのだなぁというのを再確認できただけでも良かったと思う。

世田谷のキャロットタワーでは昼間の、都庁展望室では夜の、
それぞれの東京の景色を俯瞰で眺めて、東京という巨大なエリアを眼で感じとってもみた。
高層ビルの間に緑の塊が多く目に付くのはとてもうらやましいこと。
そして通りが放射状に走っているのは、碁盤目になれている関西人からすると
なんとも違う景色を見ている感じは否めないなぁとも。
しかし東京も歩くととてもとても面白い!

都電荒川線など少し宿題も残ったので、次回の江戸行きへと続けようと思う。

(きさんじ)


============================================================

(4)Commento mori 015 二人三脚。

このからだも借りものだからね。
ちゃんと返さなくちゃ。
そういう意味で、すべて使いつくすのよ。

最近、連日のように樹木希林さんの追悼番組が放映されています。
それらの映像の中で、彼女は、まるで哲学者のように悟りの言葉を
見る者に投げかけています。その言葉のひとつひとつを聴いて、ぼ
くは、「なんて達観しているんだろう…」と驚いています。

冒頭の言葉も今夜NHKで放映されていたドキュメンタリーで発せら
れたものです。ディレクターから「からだを使い切るってどういう
ことですか?」という問いへの答えでした。この言葉の前に「そん
なボロ雑巾みたいな…」というセリフがあったのが、なんとも樹木
さんらしいというところでしょうか。

最近の樹木さんは、演技なのか自然なのか、よく分からないと感じ
ていました。あくまでも褒めるというポジションのことですが…。

毒舌の人だと感じていました。言葉のどこかに、ほんの少しかもし
れないけれど、毒がまぶしてある。それは、人の命を奪うほどでは
なく、ちょっと舌が痺れるくらいの量。よく、毒の適量を施せば薬
になるといいますが、樹木さんの毒舌は、まさに薬舌だったのかも
しれません。すごいことを言うな…と思いつつ、どこかに心地よさ
が感じられたからです。麻薬…なのかもせれませんね。

彼女は、なぜ、あんなにも達観できたのでしょう?

1966年、ビートルズが来日したとき、内田裕也さんは樹木(当時
はまだ悠木千帆だったと思います)を帝国ホテルに呼びつけたとい
いいます。「今、ジョン・レノンといっしょに居るから、すぐに来
い!」と。樹木さんは、渋々出かけ、ジョン・レノンを前にして、
「邪魔くさいから呼び出さないで」となじったそうです。

彼女は「私は、人にはまったく頓着がないの。だから、モノに対し
ては、もっとこだわりがない」といっています。そういう執着にな
いところが達観する秘訣なのかもしれません。

それと、2013年の全身がん告白以来、ずっと病気と寄り添って歩
いて来たことも大きいのかもしれません。がんという死に向かう病。
自分の余命を指折り数えながら過ごす日々。エリザベス・キューブ
ラー=ロスの著『死ぬ瞬間』で唱えられている死の受容の5つのプ
ロセスのように、樹木さんは“受容”の段階を迎えていたのでしょう
か。静かに、自らの死を受け入れるという心境に。

生と死は裏と表のようなもの。あるいは光と影でしょうか。二つそ
ろってはじめて成り立つものです。そう、人生は生と死でできてい
るのです。生きることと死ぬことが二人三脚で動いていてこそ、満
ち足りた一生が送れるのではないでしょうか。樹木さんの生きざま
は、そのことをぼくらに教えてくれたようです。
(2018.0926)

◎ブログ『壹風譚』はじめています。
http://g-how.net/ippu/

◎「森 壹風の困った悩み相談室」スタート!
http://g-how.net/sodan/

◎『如風俳諧』【立秋】をアップしています。
https://www.facebook.com/joff1769/

◎活版印刷研究所にコラムを掲載しております。
https://letterpresslabo.com/author/kazuo-mori/

森 壹風 Ippu Mori
http://g-how.net/ippu/ ippu@g-how.net 090-3978-9974 


============================================================

(5)HASE-mama♪ レポート

今月は、大阪の色々な美味しいお店と共に、とても楽しい科学館と
プラネタリウムのご案内です。

■■「焼とんyaたゆたゆ 難波千日前」

Tちゃんと、焼きトンyaたゆたゆさんに初訪問(^-^)
ピンクのかっぱと、たてにゃんで乾杯して、名物土手焼きから、
色々部位の串に、サラダを美味しいドレッシングと共に頂き、
〆に波の音ええとこどり(^-^)

この時の話を聞いて、長谷パパが行きたいと、何週間後に再訪。
相変わらず超満員の店内で、名物モツ煮込み、
豚のとろ火刺盛り3種を頂きながら、燗でピンクのかっぱと族。
ハツ、ハツモト、ノドブエ、サガリなど、名物つくねと、
つくねチーズまで、美味しく頂きました。

所 在 地:大阪市中央区千日前2-6-10
電  話:050-5570-6640
営業時間:[月~金]17:00~24:00(L.O.23:30) 
          [土・日・祝]16:00~24:00(L.O.23:30) 
定 休 日:不定休 (H30.10.23火曜はお休みを頂きます)
参考HP:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27043164/


■■「浅野日本酒店」

梅田の浅野日本酒店さんに初訪問。
長野県諏訪市の、真澄の飲み比べセットを、
ワカサギと蕗味噌とともに美味しく頂きました。

日本橋に回り、道頓堀川沿いを、ノンビリ歩いて、
大阪ミナミ夏祭りに。にぎわいスクエアでは、北栄町からの、
細長いコナン君も可愛いく、20世紀梨酎ハイと、
マンゴーソフトクリームを頂きながら、藤本たからさんの声にうっとり。

所 在 地:大阪市北区太融寺町2-17 太融寺ビル 1F
電  話:06-6585-0963
営業時間:11:00~23:00
定 休 日:無休
参考HP:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27082007/


■■「中家」

天六レンガ通りの、中家さん八周年のお祝いに(^-^)
たてにゃんと真澄で乾杯して、刺身、ハモ皮ザクザク、
小鮎の天ぷら、鱧ピザなど、美味しい!
クジ引きで当たったアボカドの刺身も美味しく頂き、
田友、北雪、魔斬、春鹿と日本酒もどんどん進み、
〆の鱧ごはんがまた、最高に美味しかったのでした。

主役なのに、大忙しで一生懸命、美味しい料理を
作ってくれはるご主人に感謝。大好きなご夫婦です。

所 在 地:大阪市北区天神橋6-3-26
電  話:06-6356-7727
営業時間:18:00~翌3:00
定 休 日:日曜・祝日
参考HP:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27063169/


■■「日本酒とおばんざい 大阪に乾杯」

七月大歌舞伎 夜の部に、Miちゃんと(^-^)
御浜御殿網豊卿では、大好きな仁左衛門さんの網豊卿が素敵。
壱太郎さんと扇雀さんも、綺麗です!

女殺油地獄は、猿之助さんの七左衛門女房お吉、
松本幸四郎さんの河内屋与兵衛と、見る前からワクワク、ドキドキ。
おどろおどろしい世界を2人がどんなに見せてくれはるのか!
気迫のある、見応えのある舞台でした。

歌舞伎の後のお楽しみは、松竹座前の、たこ焼き屋さんの隣に、
日本酒のお店が出来ていて、鳥居のような階段を上がって、
大阪に乾杯(何と、これが店名です)さんへ。

風の森 夏の夜空と鍋島で乾杯。笑四季Sensasion White、
七本槍と、滋賀のお酒も色々あるのが嬉しいな。
刺身、水茄子、土手焼き、白焼穴子、だし巻きと、
美味しく頂きました。
今日の穴子は小さかったので、尻尾は天麩羅にして、
サービスしましたと、素敵な料理長さん。
4月にオープンして、頑張っていはるとの事で、
応援したくなるお店です!
たこ焼き屋さんに隠れて、目立たないお店なのですが、
松竹座に行かはる時は、皆様、ぜひ御贔屓に(^o^)

所 在 地:大阪市中央区道頓堀1-10-5 白亜ビル 2F・3F
電  話:050-5595-0766
営業時間:昼 11:30~15:30(L.O15:00)
          夜 17:00~0:00 (L.O23:30)
定 休 日:火曜日
参考HP:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27102863/


■■「おか長」

Iちゃんと、夏休み文楽特別公演 サマーレイトショーに (^-^)

新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)野崎村の段
お染、久松のために、尼になるおみつ。日本人の優しさ溢れるお話に、
鶴澤寛治さんの音色が涙を誘います。

日本振袖始(にほんふりそではじめ)大蛇退治の段
大好きな桐竹勘十郎さんの石長姫、八岐大蛇(やまたのおろち)の
化身ながら、綺麗やなぁと見惚れていると、酒壺を次々と飲み干し、
大蛇の姿を現わすまでの、怖い顔!
面白かったです。拍手喝采となりました。

興奮さめやらぬまま外に出ると、台風の雨が降り始めていて、
地下で軽く飲み食べしようと、おか長さんへ。
面白かったねと、ハーフアンドハーフで乾杯して、真澄 奥伝寒造り、
ポテトサラダ、薩摩揚げ、ハムカツ、刺身、白子セロリ、
明石焼風オムレツ、ポテトクリームチーズなど、美味しく頂きました。

所 在 地:大阪市中央区千日前 なんばウォーク
電  話:06-6211-6335
営業時間:[月~金] 10:00~22:00 
     [土・日] 9:00~22:00
定 休 日:不定休(なんばウォークに準ずる)
参考HP:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27077369/


■■「大阪市立科学館とプラネタリウム」

今月のミュージアム探検隊は、大阪市立科学館(^-^)
まずは、小野昌弘さんの講義。
1937年に、電気科学館として、肥後橋に建てられ、
プラネタリウムは、日本初だったとの事に、びっくり!
現在は、名古屋市科学館のプラネタリウムが、
直径35メートルと日本最大だそう。
科学とは、現象が資料になるという言葉が印象的で、
いざ4階から、地下1階まで、科学の旅に。
面白いです。音や、光、鏡など、身近な物たちの科学も感じて、
時間が足りずに残念。また、プラネタリウムも見たいな~。

と思ってから約1ヶ月後、火星大接近を見にプラネタリウムへ。
夏休みで大賑わいの中、まずはチケットを確保してから、
お向かいの国立国際美術館のレストランで、プーシキン色の
ランチを美味しく頂き、賢いキューブくんの前を通って、
お待ちかねの45分の宇宙空間。ますます火星に愛着がわきました(*^▽^*)

開館時間:9時30分~17時
     ・プラネタリウム最終投影は16時から
観覧券の販売時間:プラネタリウム観覧券・前売券 9時30分~16時
         ※販売は各回開始時刻の5分前まで
         ※完売した時点で販売を終了します

■所要時間:各回約45分間・入替制 
■定  員:各回300名(先着順)

詳しくはHP:http://www.sci-museum.jp/info/guide/


(長谷川 陽美)


============================================================

みなさま、お元気にお過ごしでしょうか?
今年は、自然が人間に警告しているような気もするほどの、
異常気象で、台風21号での傷跡も癒えないまま、
24号が今まさに吹き荒れています。

何が起こるか分からない、この毎日を大切に過ごしたいと思います。
私は9月の初めに右足靭帯を痛めて、大好きなエアロビクスから
1ヶ月も遠ざかっています。まさに、健康第一と痛感しました。
みなさまも、お体に気をつけて、お過ごし下さいね(^o^)

Akemi


============================================================
============================================================
●「まるごと天満のメールマガジン」は、『まぐまぐ』を利用しています。
   http://www.mag2.com/    

● このメールマガジンの購読を中止するには、
   http://blog.mag2.com/m/log/000000、9778/であなたのメールアドレスを
  入力してください。

● 「まるごと天満のメールマガジン」のバックナンバーをご覧になるには、
  http://archive.mag2.com/0000009778/index.html  へどうぞ。

============================================================
■□■  「まるごと天満のメールマガジン」  (毎月最終日曜日発行)
■□■  HP・メルマガの 管理者: 長谷川 陽美 
□■□  お問い合せ:hase.lalala@river.ocn.ne.jp
□■□ 「まるごと天満のメールマガジン」は、転載、複写を禁止します。
============================================================
◎大阪・北区  「天満の食べ歩き」
  のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000009778/index.html

大阪・北区 「天満の食べ歩き」

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/09/30
部数 681部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

大阪・北区 「天満の食べ歩き」

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/09/30
部数 681部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング