八ケ岳通信

[八ケ岳通信] 12月号 第241号 2018.12.18

カテゴリー: 2018年12月18日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   八ヶ岳通信・12月号 [Yatsugatake News] 第241号 2018.12.18

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

               20th anniversary

         〜2018年・やつねっとは20週年を迎えました〜

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 「八ヶ岳通信」は、八ヶ岳ネットワークが、無報酬で取材、編集、発行する、
 八ヶ岳高原の地域と観光の情報誌です。 月刊で、購読は無料です。
 現地からの生情報としてお役立てください。
 以下のホームページもご利用ください。
 ●やつねっとホームページ     http://yatsugatake.net/
 ●メールマガジン八ヶ岳通信    http://yatsugatake.net/magazin/
 ●やつねっとのFacebookページ  http://www.facebook.com/yatsunet

 ★ご挨拶★
  1998年に「八ヶ岳ペンション通信」としてスタートして以来続けてきた観
  光情報中心の内容でしたが、単なる観光情報から、地域との繋がりの中で
  の地域を知る情報や楽しむ情報が自然と増えてきていました。
  2016年より全体構成を見直し、従来の「特集」「トピックス」という括り
  ではなく、私たちスタッフの八ヶ岳ライフを知っていただくことで、読者
  の皆様にも八ヶ岳により親しんでいただけるような内容を目指しています。
  もちろん観光情報が無くなるわけではなく、観光客と地域在住者や移住者
  という隔てを取り払ったメルマガになっていければと思います。

【コンテンツ】

  1. Nakaのアウトドアライフ
     八ヶ岳のアウトドアガイドがお届けするお薦めアウトドア情報。
     ・32回 『ウィンタースポーツの季節】到来!!
  2. 多賀屋の八ヶ岳与生(タイトル変更)
     「余生」ではなく「与生」を加齢に・あ、華麗に楽しむ四方山話
     ・申し訳ございません。今月は休載となりました。
  3. 風路の見・味(みみ)より情報
     ペンションの主が集めた新鮮情報です。
     ・小淵沢ペンション振興会の季刊新聞「風のたより冬号」発行
     ・ペンション仲間の元シェムニさんが、和食のお店「ひな菊」を
  4. 森のキコリ日記
     家造りのプロ、キコリが感じた設計・施工の内緒の裏話等々。
     ・八ヶ岳南麓の家の建て方(31)自然災害編
  5. こどもと暮らす八ヶ岳
     ただいま絶賛子育て中!八ヶ岳南麓で子供と暮らすあれこれ。
     ・夏から秋にかけて 色々と
  6. 八ヶ岳鉄分強化研究所
     地域の鉄道を知ると地域の歴史や文化が見えてくる。
     ・身延線各駅停車 1 中央線「甲府駅」
  7. ろんちーの八ヶ岳移住日記
     北杜市高根町に定住してからの移住の記録とこちらの生活の諸々。
     ・第三十一回  八ヶ岳チワワな生活
  8. はからずも生涯現役(ペンションの日々)
     最初の目論見とは違い、はからずも、まもなく75歳、いまだ現役。
     ・ワンコ連れのお客様のクチコミ
  9. こり庵のコリコリ日記
     八ヶ岳に憧れ続け、流転の果てに住み着いた指圧師「こり庵」
     ・先月休載になったのは入院していたからなんです。
 10. 八ヶ岳いろいろリンク集
     歩いたり婚活したり何でもありのリンク集です。
 11. スタッフの勝手にPRコーナー
     記事を書いているスタッフの本業も少しは知ってくださいな。
 12. クイズ・ここは何処でしょう その171
     好評連載中! ちょっと難しくなったかな?
 13. 編集部から      本紙記事の転載について
               コンピューターウイルスにご注意を
               やつねっとへの連絡方法

【Nakaのアウトドアライフ】

   八ヶ岳のアウトドアガイドがお届けするお薦めアウトドア情報。
   道具は二の次。でも、北海道生まれのNakaがこの八ヶ岳で生きている様
   がアウトドアライフなんだということで、読んで頂ければと思います。

 ■さあ寒さと共にやって来ました『ウィンタースポーツの季節】到来!!

   暖冬かと言われつつも先週より寒さが厳しくなってきた八ヶ岳山麓。連
   日の氷点下でしっかり地面も冷えてきましたので、そろそろ山麓でも降
   雪が期待されますね。
   寒さと共に八ヶ岳も南アルプスの山の頂きも雪雲に覆われる日が増えて
   来ました。せめてお山の上にはしっかりと雪が降って頂かないとスキー
   場関係者や我々の様な雪の上のガイドさんは困った事になってしまいま
   す。そしてそして間もなくやって来るクリスマス、数年ぶりにホワイト
   クリスマスになってくれれば綺麗だろうなーーー。。。
   八ヶ岳に住んでいて「雪は勘弁」などと言ってはいけません。山々に囲
   まれ標高も1000m近くあるこの地域、雪が無いのが可笑しいし、10
   年前までは正月には清泉寮の前でソリ遊びをしていたんですよ。ところ
   があの大雪以来、清泉寮の前でソリ遊びは不可、雪を運んでも輝く太陽
   で融けてしまう始末。ちなみに清泉寮は標高1400mの所にあるんですよ。
   地球温暖化による暖冬が当たり前になってしまった感じですね。。(悲)

   ということで雪の上を歩き回るスノーシューツアーの開幕を今年は12/
   29を開幕としました。麓ではまだ本格的な降雪がありせんし、周辺のス
   キー場も降雪機で何とか雪を作り出している状況。雪の上を楽しむには
   自然の雪が50cm以上必要ですので、クリスマスの開幕はとても宣言出来
   ません。
   早く山々に本格的な降雪がありますように日々麓から祈ってまーす(笑)
   そして一刻も早く、真っ白な雪原、真っ青な八ヶ岳ブルーの空の下に、
   動物達の足跡、冬ごもりした木々や自然の有様が目前に見つめてみたい。
   輝く太陽を浴びながら、南・中央。北アルプスの山々を望みながら、ふ
   わふわの雪に戯れる。もう最高の世界です。
   冬の晴天率は70〜80%の太平洋岸気候に属するエリアでありながら雪遊
   びが出来るこの地域は冬遊びには最高の地なんですよ。これは雪の降る
   地域では有り得ない事なのです。

   そしてスノーシュー、このスノーシューを使えば雪の上は自由自在。何
   のテクニックも技術も必要としないので、誰でも寒さに飛び込む勇気さ
   えあれば(笑)
   動物しか入り込めない森の中へも自由自在に歩けます。八ヶ岳の南麓は
   南に富士山が見ながら、西に南アルプスの山々と夕陽を仰いで楽しむ事
   が出来る抜群のロケーション。雪は音も吸収し、ちょっと離れた森の中
   は誰もいない神秘の世界。そんな未知の体験が出来るのがスノーシュー
   の魅力。
   是非この冬はスノーシューを履いて真っ白な雪原に踏み出して見ません
   か?
   大人も子供も皆が童心に帰って楽しめる素晴らしい体験となること間違
   い無し。 
   さあ、みんなで雪原にレッツゴーー!!!!

   八ヶ岳deスノーシュー by Naka-Outdoors
   詳細はホームページ http;//naka-soto.jp 
                               (Naka)

【多賀屋の八ヶ岳与生】 

   〜「余生」ではなく「与生」を加齢にあ、華麗に(^^;楽しむ四方山話〜

   大変申し訳ありません。今月は事情により休載となってしまいました。
   来月はがんばりますのでヨロシクお願いします。
                             (S・多賀)

【風路の見・味(みみ)より情報】

   小淵沢のペンションの主が集めた新鮮情報をどうぞ。

 ■小淵沢ペンション振興会の季刊新聞「風のたより冬号」発行

   冬の楽しい情報や、ペンションオーナーのひとことなどが掲載されて
   います。ぜひご一読を!
    https://p-kobuchisawa.com/news/2018/fuyu/

 ■上記の「風のたより」にも載っていますが、ペンション仲間の元シェム
  ニさんが、和食のお店「ひな菊」を始めます。

   12月中は試運転(?)で、予約のみとのことです。
   1月になったら、お祝い&励ましに行ってまた詳しい報告をしたいと
   思います。

 ■大晦日のカウントダウン

  ・アイリッシュパブ「ブル&ベア」や萌え木の村「ロック」で。
   みんなで新年を迎えよう!

 ■塩尻東座情報

  ・「オーケストラ・クラス」
   フランス、パリ。移民の子が多いパリ19区の小学校に、ヴァイオリニ
   ストのシモンが、音楽教育プログラムの講師として着任する。(中略)
   「ヴァイオリンなんか弾けるわけがない」と諦めていた子どもたちが、
   ひとりの少年の熱意に引っ張られて音楽が好きになり、挫折寸前の音
   楽家を立ち直らせる。
   音楽の偉大な力に改めてひれ伏す、すてきな物語。(東座ホームペー
   ジより)
   期日/12/15〜12/28
   時間/12:20/18:30

  ・「1987、ある闘いの真実」
   たった31年前の韓国で起こった事実をもとに作られた映画。
   李明博・朴槿恵の政権時だったら上映は不可能だっただろうとも言われ
   ています。多くの市民や学生が立ち上がって、自らの手で民主化を勝ち
   取っていく様は、今、この国の中にいると眩しいように感じてしまいま
   す。
   「タクシー運転手」を見たならば、ぜひこの映画も見てみたい、と東座
   にリクエストしたらもうすでに上映が決まっていました。
   期日/12/29〜1/18
   時間/11:45/18:30

   どちらも
   場所/塩尻東座
   料金/一般1700円 前売り1400円 65歳以上1100円
   お問い合わせ/0263-52-0515

【森のキコリ日記】

   「森のキコリ日記」のコーナーでは、川崎市から30年程前に移住してき
   た私こと「キコリ」が普段感じた事や仕事であるログハウスや木造建築
   の設計・施工の裏話等を赤裸々に(笑)お話ししていこうと思います。

 ■八ヶ岳南麓の家の建て方(31)自然災害編

   今年は9月に台風24号が八ヶ岳を襲い甚大な被害をもたらしました。
   今回は都会と違う八ヶ岳南麓の台風による自然災害の特色についてお話
   します。

   里山の暮らしで台風の被害で顕著なのは大雨による川の氾濫、大風によ
   る被害特に倒木による被害等が考えられます。

   今回の台風24号の被害で特に多かったのがこの大風によって木が倒され
   て電線に引っ掛かって停電を引き起こしたり、家の屋根に倒れかかって
   家を壊したりする被害が特に目立ちました。それと屋根材を吹き飛ばさ
   れた家も多数ありました。先日、台風被害の保険適用をしている知り合
   いに聞くと山梨県を担当している1社だけで2000軒を越える案件を抱え
   ていると言っていました。その数だけでも大変な件数です。

   八ヶ岳南麓に移住してこようという方は間違いなく自然環境が気に入り
   里山の風光明媚な景観を楽しみにしておられます。なのでどうしても
   「木は出来るだけ残して伐りたくないです」という方が多いです。
   しかし、誤解をおそれずあえて言うなら家を建てるなら周辺の高木や針
   葉樹は伐れる時に伐っておかないと後で苦労します。

   家を建てる時にまだ若い木でも20年30年経つとその樹高は15〜20mにも
   達します。ましてや手前に家が建ってしまっているとクレーンを入れる
   事が出来ずに、いざ何かあって伐採する事になると結構大変な事になり
   ます。

   特に白樺や赤松、唐松等はどうしても根が浅く老木になると倒れる危険
   性が高いのです。なので家を建てる場合は出来るだけ家からの距離を取
   り、やむおえない時は思い切って伐採し、代わりに自分の手入れが出来
   る大きさの低木を植えて緑を残す工夫をして下さい。

   それでも被害にあった時は慌てずにまず安全を確保した上で現状を確認
   して写真等で記録を残し、もしそれが隣地に立っている木であった場合
   は持ち主に連絡し状況を確認して頂き対応を話し合う必要があります。

   一般的には火災保険に付帯されている自然災害として保険対応が可能な
   場合が多いので先ず、自分の火災保険で対応出来るかどうか事前に確認
   しておいて下さい。そして、工事業者に復旧の見積を依頼して保険会社
   に保険金の支払い請求をし審査に通ってから工事に掛かる様にして下さ
   い。

   今回の被害で特に多かったのがこの倒木による被害ですが中でもウッド
   ストーブの煙突を折られたケースが多々あり、この辺りならではの被害
   だったかも知れません。

   地球温暖化により大型の台風の発生率が増えており今まで余り大きな台
   風被害を受けなかった八ヶ岳南麓でも、これからは備えが必要になりま
   す。
   こういう時こそ被害から教訓を得て普段からいざという時の為の対応に
   備えましょう。
                             (kikori)

【こどもと暮らす八ヶ岳】

 ■先月に続き小児科医の現状について

   今日は子供達の保育園のおたのしみ会(クリスマス会)でした。二人の
   可愛らしい姿に、親バカ全開で写真を撮りまくってきましたw
   こういう会を見ると子供達の成長を感じます。

   今月は先月からの続きで、小児科医の現状についてお話しします。
   僕の住んでいる近くには小児科医は市立病院と民間のクリニックがあり
   ます。よく行くのはクリニックですが、平日に休診日があるのでその場
   合には市立病院の 小児科に行きます。
   そのクリニックは朝8時半から 受付開始と なっていますが、実際には
   1時間ぐらい前から並んで 待っていることもよくあります。月曜日や休
   診日明けの日などはそのような状態ですね。普通に行くと1時間から2時
   間待ちは当たり前です。それを避けるためにやむなく早く行って予約を
   取るしかないのです。

   このように忙しいクリニックなので以前は午後の診療終了時間が5時だっ
   たのですが、先日から5時半に変わっていました。
   市立病院の方がまだ比較的空いてはいるのです、順番の予約ができない
   ということと、午後が休診ということで、仕事を持っている身だと少々
   使い勝手が悪いです。
   ちなみにクリニックの順番予約は、朝に行って午後の診療の順番の予約
   を入れることもできます。こうしておけば仕事が終わってから子供を迎
   えに行きそのままクリニックに向かえば、比較的待ち時間も少なく受診
   をすることが出来ます。
   このように、仕事を持ちながらだと色々と手間をかけないと受診につい
   ては時間を無駄にしてしまいます。まあ、小児科医はどこへ行っても似
   たような状況はきっとあるのだとは思いますが。
   このような状況なので、やはり子供が病気にならないように気を使って
   行くのが、結局子供にも親にとっても一番だと痛感している今日この頃
   です。
                               (KAN)

【八ヶ岳鉄分強化研究所】

   八ヶ岳鉄分強化研究所は、所長(Shimizu)の趣味的な鉄道ネタです。
   鉄道というものは昔から地域の発展や地域外との交流など、色々な面で
   地域との繋がりがとても強いものです。
   鉄道を知っていくことで、地域の歴史や文化、地域そのものを知ること
   になるし、地域での暮らしを楽しむことになるのではないでしょうか。

   八ヶ岳ということで、最初に小海線、次に中央線をご紹介してきました
   が、小海線は小淵沢駅から小諸駅までの全駅、中央線は小淵沢駅から篠
   ノ井線松本駅までの(辰野支線を含む)全駅、小淵沢駅から八王子駅ま
   での全駅と、順次掲載を終えました。
   今月からは、八ヶ岳からはちょっと離れますが、山梨つながりというこ
   とで、JR身延線のご紹介が始まります。

 ■身延線各駅停車 1 中央線「甲府駅」

   今月から身延線と言っておきながら、中央線甲府駅となっております。
   駅としてはJR東日本が管轄する駅で中央線に所属するんです。
   JR東海が管轄する身延線との境界は、身延線下り場内信号機の位置なの
   で、身延線の列車が停まっているホームはJR東日本のものなんですよ。
   
   1903(明治36)年、鉄道省が建設した官設鉄道の駅として開業しました。
   109(明治42)年、中央本線所属の駅となります。
   1928(昭和3)年、富士身延鉄道線が乗り入れました。
   1941(昭和16)年、富士身延鉄道が国有化し、身延線が始まります。

   南から、単式ホーム1面1線、その北に島式ホーム1面2線、南から1番線、
   2番線、3番線の順になっています。
   単式ホームの東京方に身延線用の切欠ホーム、4、5番線があります。
   1〜3番線にはNewDays(コンビニ)・KIOSK・駅弁販売所・屋内待合室
   ・喫煙室があります。
   身延線用の4・5番線にはベンチと自動販売機のみです。
   橋上駅舎に駅事務室・自動改札機・みどりの窓口があります。

   身延線はワンマン列車が多いので、無人駅から当駅まで乗車した場合は、
   整理券が自動精算機に対応していないので有人窓口での精算となり時間
   帯によってはかなり混雑するようです。
   TOICAほか、各種IC乗車カードを使用して当駅まで乗車した場合も同様
   に有人窓口での精算が必要です。

   以前は複雑で交通量が多い駅前ロータリーが不評で、安全面でも問題が
   ありました。
   甲府駅南口周辺整備事業で、バスターミナルやロータリーを含めた再開
   発を行い、2015年から一般車ロータリーが、2016年から公共交通ロータ
   リー(バスターミナル)が全面供用を開始しています。

   甲府駅の写真が下のURLにあります。
    http://kumapapa.jp/blog/?p=955
    http://kumapapa.jp/blog/?p=954
    http://kumapapa.jp/blog/?p=20956

   次は金手駅です。
                            (T.Shimizu)

【ろんちーの八ヶ岳移住日記】

   北杜市高根町に定住して六年半が過ぎました。ここに至る移住の記録だ
   けで無くこちらの生活の諸々を書いてみます。

 ■第三十一回  八ヶ岳チワワな生活

   前回は鮎の話しでした。
   今回は「ほうとう」です。考えてみると私は昔ほうとうを知りませんで
   した。ではいつ存在を知ったのか。おそらく25年ぐらい前に山梨に興
   味を覚えて漠然と通い始めた頃でしょうか。あまりよく覚えていません。

   さらに昔、私が若い頃に女房の姉が松本に住んでいた事があります。夏
   休みに子供を連れて遊びに行っていて、私は仕事が終わってから迎えに
   行くために夜中に甲州街道を何回か通っていました。その頃は中央道は
   完成してなく八王子か相模湖ぐらいまででした。甲府を過ぎた頃真っ暗
   な道にかがり火を焚いたレストランと思われる店が有りました。高級そ
   うな店で寄る事は考えもしませんでした。今考えるとその辺りに今の小
   作(いまだに「こさく」なのか「おざく」なのか知りません)がある辺り
   でしょうか。その頃は水車は無かったような気がしますがうろ覚えです。

   のちになって山梨に通うようになってから、その双葉の小作の前を通る
   度にほうとうとは何だろうと思いながら通過していました。通っている
   うちにほうとうが何だかを知りました。
   ある日昼食時間帯に小作の前を通る事があり食べてみる事にしました。
   広いお店ですがお客はいっぱいでした。その時に食べた初めてのほうと
   うの旨い事、びっくりした事を覚えています。
   それからは我が家の冬の定番になりました。よくお土産の中で袋入りの
   安いのを買って帰りました。今ではスーパーで買っています。寒い時は
   良いですね。
   私はカボチャはあまり好きではありませんが、ほうとうに入っているカ
   ボチャは許せます。
                             byろんちー

【はからずも生涯現役】(ペンションの日々)

   長坂町、中丸で「ペンション時計館」を生業として丁度30年。
   2か月ほどで75歳です。

 ■ワンコ連れのお客様のクチコミ(30年の歴史が否定されてしまいました)

   一番は、犬の足を拭くタオルが玄関先に汚れて一枚かかっているいるだ
   けできたなすぎる。
   その日は、何頭も宿泊しているのに気が利かなすぎる。
   玄関先の天井は蜘蛛の巣だらけ。
   満室なのはわかるが、部屋と部屋が近すぎて疲れる。
   共同のトイレに行くたび、客室の一頭でも吠えれば大合唱。
   散歩に行けば電気が流れている柵が沢山あり、おちおち散歩も楽しく出
   来ない。
   朝のチェックアウトの時に農薬撒いてある場所があるなどと言いだす。
   先に言って欲しい。
   風呂が汚なすぎる。
   シャンプーなど補充されていない。
   朝コーヒーが出たが食器が汚れていた。
   この宿のクチコミが無さすぎる。

   我がペンション時計館へのクチコミです。
   いちいち反論はしませんが、悲しい思いです。
   30年間お客様に愛されて来ました。
   だから30年間続けて来られたのだと自負しています。
   30年間が一瞬で否定されてしまいました。
   何が気に入らなかったのでしょうか。
   私との波長が合わなかったのでしょうか。

   このクチコミを見たらお客様は当館への予約をためらうでしょうねえ。

   クチコミ。
   後で何気なしに書く。
   面白半分に強調して書く。
   良いにつけ、悪いにつけ、それだけはやめて欲しいと思います。
   本当に宿屋のことを思うのでしたら、言いづらいでしょうがその場で
   言って欲しい。
   駄目なところは変えなければといつも思っているのです。
   足ふきタオルが一枚で汚れていた(時々洗濯した物に変えている)、
   シャンプーが補充されていない(うちでは複数置いていますが)風呂が
   汚い。
   食器が汚れていたとか、その時に言われないと後では確認のしようがあ
   りません。

   30年、そろそろ辞めようとしていましたが、こういう心無いクチコミ
   を聞いてもう少し頑張り続けなければと心を新たにいたしました。
   読者の皆様、ワンコ連れの皆様ご来館お待ちいたしております。
   (宣伝です)
                       (田島/ペンション時計館)

【こり庵のコリコリ日記】

   八ケ岳南麓の訪問マッサージ「こり庵」こと岡幹也です。
   なぜ八ケ岳で・・というお話を書いています。

 ■先月休載になったのは入院していたからなんです。

   去る2年前私は甲状腺癌の手術をしました。
   3カ月事に定期健診を受けて来ました。
   再発、転移の健診です、自分の中では再発も転移も無いだろう、よく言
   われる五年間再発、転移が無ければ根治、と言う状況に進むものと思っ
   ていました。
   ところが2年経った健診で再発、転移の値を示しすマーカーの値が倍に
   跳ね上がっているのが解り精密検査を受ける事になり調べたところ肺に
   癌の転移が見つかりました。

   先生の説明を聞くと甲状腺癌からの肺の転移は普通の肺癌と違い放射線
   治療や抗がん剤治療も効かない癌だそうです。
   治療法は内服による放射線治療の事、ポカーンとして、カプセルを飲ん
   でヨウ素何ちゃらと言う放射線物質により肺の癌を押さえ込む治療との
   事、先生曰くこの治療による根治はありませんと言われました。
   この治療は現在有る肺の癌を抑える治療との事、効いている限り半年に
   1回は掛からなくてはいけない治療だそうです。
   その為には2年前に行った甲状腺癌の手術で残しておいた半分の甲状腺
   も取らないといけないとの事で11月19日信州医大で甲状腺摘出手術をし
   ました。

   当の本人はかなりのほほんとしております。
   先生の説明を聞くとかなり独特の治療との事、長野県の病院では信州医
   大でしか出来ない治療で隔離された病室が2部屋あり3泊4日の治療との
   事、その間誰とも接触出来ない、何故ならカプセル内服、その成分がか
   なり高い放射線物質の為周りの人が被ばくしてしまうのを防ぐ為だそう
   です。
   来年2月25日に初めての治療に入ります。
   現在手術後の感想は声が自分の声じゃない気がして気持ち悪いです。
   痛みなども無く、至って順調です。
   退院後すぐにアルコール消毒と称して大好きなビールを飲み仕事も以前
   と変わらずバリバリ頑張っていますのでご安心くださいませ、次回治療
   の為の3泊4日の入院後御報告させて頂きます。

   ちょっとワクワクしている自分がおります。
   次回はまるっきり違う投稿をしたいと思っております。
   お楽しみに!!
                            (こり庵/岡)

【八ヶ岳いろいろリンク集】

 ■八ヶ岳フォトフェスタ
  恵まれた自然を有する八ヶ岳周辺は、移住先、旅行先の候補としても注目
  される場所となっています。しかし同時に環境に関わる色々な問題も発生
  しています。写真コンテストやワークショップを通じ、あらためて八ヶ岳
  周辺地域の環境の良さを確かめ、世界に向けて発信するきっかけにしたい
  と思います。
   http://photo.yatsugatake.net

 ■婚活de八ヶ岳推進委員会
  「本気×気楽」「幸せ創生」を合言葉に年間約40回の体験型婚活プログラ
  ムを実施しています。「八ヶ岳に移住したいから」という参加動機も最近
  増えてきており、日本中から応募があります。
  地元の方も地元でない方も、一緒に幸せを創生していきましょう。
   http://konkatsu8.com/

 ■八ヶ岳歩こう会
  八ケ岳の山麓・里山を中心に歩くウォーキングの会です。原則として予約
  無しで参加できます。プログラムを見て集合場所・集合時間通りに来て下
  されば、どなたも歓迎です、一緒に里山ウォーキングを楽しみましょう。
  参加費は基本500円。雨具・お弁当・飲み物をご持参下さい。
   http://ywa.jp/

 ■そろんそろんフットパス
  5km程度の短い距離を、ガイド(道守)さんの案内で歩きます。
  月に1〜2度の開催で、どなたも参加できます。「町歩き・里歩き」が趣旨
  ですから思わぬ郷土発見・地元発見があり、案外知らなかった身近な「宝」
  に出会うことが多いです。
   https://www.facebook.com/soron.footpath


【スタッフの勝手にPRコーナー】

   メルマガの記事執筆や編集をボランティアでやっているやつねっとの
   スタッフですが、それぞれいろいろな本業を持っています。
   何をしているのかな? ちょっとPRさせていただいてもいいですか?

 ●デザイン、写真、画像、ウェブ制作、サポート、KUMA GRAPHICS
  http://kuma.graphics (やつねっとカンパニー/清水=くまぱぱ)

 ●婚活企画・運営、フットパス企画・ガイド、余生相談・万引受
  http://www.pairhat.jp/(多賀屋/多賀)

 ●八ヶ岳でのアウトドア体験。夏はサイクリング、ウォーキング、トレッ
  キング、冬はスノーシュー。 森の中とっておきの秘密の場所へお連れ
  しますよ。 http://naka-soto.jp/  (Naka Outdoors/中川)

 ●ログハウス・木造住宅の設計、施工管理、リフォーム等
  八ヶ岳移住、万相談なら「森のすまい工房」へお気軽にどうぞ。
  http://yatsugatake-assist.jp (アシスト/畠中)

 ●八ヶ岳南麓小淵沢の小さな宿。B&B(1泊朝食)素泊歓迎。夕食も可。
  http://p-furo.net/(ホームページ)
  http://kazemiti.exblog.jp/(ブログ) (ペンション風路/風路)

 ●わんちゃん大歓迎のペンション。ご一緒泊OK。当宿にも愛犬がいます。
  http://pension.or.jp/~tokeikan/ (ペンション時計館/田島)


【クイズ・ここは何処でしょう】

 ■連載その173
    ----今月は「星降る中部高地の縄文世界」関連施設です。----

  1枚の写真から、その場所をあてる。いたって簡単なクイズです。正解
  率90%は下らないと思われる場所から正解率3%も行かないと思われる場
  所まで、毎月1箇所選んで、出題します。
  正解も同時にUPしますので解答を応募するには及びません。
  ホントは応募してもらい正解率を出したいところですが、正解者に差し上
  げる景品の予算がありませんので悪しからず (〜_〜;)

  読者諸兄の「ここは何処でしょう」の写真もお待ちしております。
  「自分の別荘の写真」とか「ポチの好きな場所」なんかダメですよ。
  八ヶ岳ファンとして面白い場所ならメルマガに掲載させて頂きます。

  ではさっそく今月のココドコをお送りいたします。
  こちらへアクセス→ http://yatsugatake.net/kokodoko/no173/

【編集部から】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 ■本紙記事の転載について
  本誌掲載の情報は基本的に転載可能です。
  ただし、記事の著作権まで放棄している訳ではありませんし、記事の中に
  登場する施設や人物の権利もございます。
  転載を希望される場合には必ず事前連絡をいただくことを条件とさせてい
  ただきます。

 ●八ヶ岳ネットワークのFacebookページを公開しています。
  メルマガ八ヶ岳通信の記事に関連した写真やリンクも掲載します。
   http://www.facebook.com/yatsunet をご覧ください。

 ■コンピューターウイルスにご注意を
  最近のウイルスの特徴として、送信者、感染者の特定を困難にするために
  感染者のパソコン内にある任意のメールアドレスを送信元アドレスとして
  詐称するという点があげられます。
 ・先ずはご自分のパソコンのウイルスチェックをしてください。
 ・ウイルス対策は、インターネットを使う全ての人の義務です。
  感染すると自分が被害者であるだけでなく加害者になってしまいます。
 ・ウイルスソフトは古い状態のままチェックしても意味がありません。
  必ず最新のウイルスデータにアップデートしてからチェックしてください。
 ・詳しい操作方法や情報はウイルスソフトのメーカーのホームページなどを
  見てください。
   http://www.symantec.com/ja/jp/norton/security_response/index.jsp

 ★八ヶ岳通信では掲載情報を募集中です。 価値ある情報は無料で掲載させ
  ていただきます。 地元観光施設の方もぜひご利用ください。
 ★プレゼント用商品などの提供スポンサーは、常時募集しています。


【購読の申込と中止・アドレス変更の方法】★★★★★★★★★★★★★★★

 下記ホームページで購読の申込と中止ができます。 購読料は無料です。
 バックナンバーもご覧いただけます。

  http://yatsugatake.net/magazin/

 ★読者アドレス変更の場合は、やつねっとでは代行できません。
  上記のサイトにアクセスし、ご自身で変更可能です。
  「八ヶ岳通信を購読する」をクリックすると、登録と解除が出来るフォー
  ムが出てきます。
  古いアドレスを解除してから、新アドレスを登録してください。

 ★アドレス変更を編集部にご依頼される方が、時々いらっしゃいます。
  大変申し訳ございませんが、メルマガ発行の「まぐまぐ」では、発行者に
  代理登録の権限はありませんので、ご自身でお願いいたします。

 ■やつねっとへの連絡方法
  1. 八ヶ岳通信の発行アドレスであるmagazin@yatsugatake.netは送信
    専用アドレスとなっております。
  2. magazin@yatsugatake.netに送信されたメールは全て自動的に削除
    されてしまいますので、ご了承ください。
  3. やつねっとへ連絡したい場合は以下のURLにアクセスしてください。
     http://yatsugatake.net/mailform/form01.html
  4. なお、お問い合わせの際はご自分のメールアドレスを正確にご記入く
    ださい。間違えていると返事を差し上げられません。


【編集後記】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  いよいよ12月。今年最後の八ヶ岳通信をお届けします。
  今年は何しろ雪が少ない・・いや、今のところと言うべきでしょう。
  こういう年に限って、突然のドカ雪などがあることが多いので注意
  が必要です。
  何しろ八ヶ岳へおいでの際は身支度足支度をお忘れなく。特にお車
  の冬支度(スタッドレスタイヤ、不凍液)をどうぞお忘れなく。

  やつねっとの情報はFacebookページでも発信しています。
  Facebook会員でなくてもご覧になれますので、是非アクセスしてみて
  ください。 URLは https://www.facebook.com/yatsunet です。

                     (編集長・DEBBY SHIMIZU)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

           編集・発行/八ケ岳通信編集部
    ご連絡は http://yatsugatake.net/mailform/form01.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




 「八ケ岳通信」は、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行
 しています。( http://www.mag2.com/ )
-------------------------------------------------------------------------------------
 

ついでに読みたい

八ケ岳通信

発行周期:  月刊 最新号:  2019/03/16 部数:  1,409部

他のメルマガを読む