八ケ岳通信

[八ケ岳通信] 3月号 第234号 2018.3.17

カテゴリー: 2018年03月17日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   八ヶ岳通信・3月号 [Yatsugatake News] 第234号 2018.3.17

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

               20th anniversary

         〜2018年・やつねっとは20週年を迎えます〜

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 東日本大震災ならびに福島第一原発の放射能災害のために避難生活を続けて
 おられる皆様。熊本の地震で被害を受けた地域の皆様。
 すべての皆様に、一日も早く平安な日々が戻ることを祈っております。

 「八ヶ岳通信」は、八ヶ岳ネットワークが、無報酬で取材、編集、発行する、
 八ヶ岳高原の地域と観光の情報誌です。 月刊で、購読は無料です。
 現地からの生情報としてお役立てください。
 以下のホームページもご利用ください。
 ●やつねっとホームページ     http://yatsugatake.net/
 ●メールマガジン八ヶ岳通信    http://yatsugatake.net/magazin/
 ●やつねっとのFacebookページ  http://www.facebook.com/yatsunet

 ★ご挨拶★
  1998年に「八ヶ岳ペンション通信」としてスタートして以来続けてきた観
  光情報中心の内容でしたが、単なる観光情報から、地域との繋がりの中で
  の地域を知る情報や楽しむ情報が自然と増えてきていました。
  2016年より全体構成を見直し、従来の「特集」「トピックス」という括り
  ではなく、私たちスタッフの八ヶ岳ライフを知っていただくことで、読者
  の皆様にも八ヶ岳により親しんでいただけるような内容を目指しています。
  もちろん観光情報が無くなるわけではなく、観光客と地域在住者や移住者
  という隔てを取り払ったメルマガになっていければと思います。

【コンテンツ】

 ●特集 今年はどうかな? 八ヶ岳の桜 2018

  1. Nakaのアウトドアライフ
     八ヶ岳のアウトドアガイドがお届けするお薦めアウトドア情報。
     ・25回 塩山の春がお勧め
  2. 多賀屋の八ヶ岳与生(タイトル変更)
     「余生」ではなく「与生」を加齢に・あ、華麗に楽しむ四方山話
     ・今、北杜市の行政姿勢を問う
  3. 風路の見・味(みみ)より情報
     ペンションの主が集めた新鮮情報です。
     ・「風のたより」春号のお知らせ
     ・スパゲッティ処 こぱ蔵
  4. 森のキコリ日記
     家造りのプロ、キコリが感じた設計・施工の内緒の裏話等々。
     ・八ヶ岳南麓の家の建て方(23)
      「番外編:八ヶ岳、真冬の工務店の囁き」
  5. こどもと暮らす八ヶ岳
     ただいま絶賛子育て中!八ヶ岳南麓で子供と暮らすあれこれ。
     ・北杜市の広報誌
  6. 八ヶ岳鉄分強化研究所
     地域の鉄道を知ると地域の歴史や文化が見えてくる。
     ・中央線各駅停車 44 中央線「上野原駅」
  7. ろんちーの八ヶ岳移住日記
     北杜市高根町に定住してからの移住の記録とこちらの生活の諸々。
     ・第二十三回  八ヶ岳チワワな生活
  8. はからずも生涯現役(ペンションの日々)
     最初の目論見とは違い、はからずも現役をしています。
     ・ワンコとの生活(その4)
  9. こり庵のコリコリ日記
     八ヶ岳に憧れ続け、流転の果てに住み着いた指圧師「こり庵」
     ・第12回 結婚したんだってば
 10. 八ヶ岳いろいろリンク集
     歩いたり婚活したり何でもありのリンク集です。
 11. スタッフの勝手にPRコーナー
     記事を書いているスタッフの本業も少しは知ってくださいな。
 12. クイズ・ここは何処でしょう その166
     好評連載中! ちょっと難しくなったかな?
 13. 編集部から      本紙記事の転載について
               コンピューターウイルスにご注意を
               やつねっとへの連絡方法

【特集】

 ■今年はどうかな? 八ヶ岳の桜 2018

  この冬は寒差が厳しかったですね。
  そのせいか、桜の予想などは今の所話題にも登って来ておりません。
  とは言え、今月号で掲載しないと間に合わなくなるかも知れないので・・

  ちょっとした気温の変動にも敏感で不確定要素が多い桜の開花ですので、
  実際においでになる場合は事前に問い合わせた方が安心です。

  ●ほくとの桜 (ホームページで開花情報をご覧ください)

    北杜市は、日本が世界に誇る名桜のふるさとです。
    特に武川町の「山高神代桜」は、大正11年10月12日に日本の桜を代表
    する名木として、「根尾谷淡墨桜(岐阜県)」「三春滝桜(福島県)」と
    ともに国の天然記念物第1号の指定を受けています。
    これを「日本三大桜」と言い、古来日本人の心をとりこにしてきた名
    桜のなかの名桜と言えます。

    北杜市のホームページでは、例年の開花時期や地図なども掲載されて
    いるので、どうぞご参考に。
   ・紹介している桜/山高神代桜
            真原桜並木
            神田の大糸桜
            三代校舎ふれあいの里
            ふるさと公園の桜
            清春芸術村の桜
            谷戸城趾の桜
            長坂牛池の桜
            わに塚の桜
   ・ホームページ/ http://www.hokuto-kanko.jp/sakura/

【Nakaのアウトドアライフ】

   八ヶ岳のアウトドアガイドがお届けするお薦めアウトドア情報。
   道具は二の次。でも、北海道生まれのNakaがこの八ヶ岳で生きている様
   がアウトドアライフなんだということで、読んで頂ければと思います。

 ■塩山の春がお勧め

   この春、お勧めするのが八ヶ岳から離れますが、甲州市のひな飾りとし
   だれ桜、桃源郷を思わせる桃の花が咲き誇る塩山の春です。
   甲州のひな祭りは旧暦でお祝いするそうで、甲州市塩山駅前にある甘草
   屋敷(重要文化財)では4/18まで享保雛や今古雛などのひな飾り、和紙の
   つるし飾りなど約1000体が展示されてそれはそれは見事です。
   江戸時代は徳川家により治められていた甲州、輝かしいひな人形が多く
   存在したんですね。

   そしてひな飾りといえば桃の花、山梨の塩山地方は桃の大産地。丘から
   見下ろす畑一面が桃源郷と化します。
   この桃源郷と武田信玄の菩提寺「恵林寺」、花の寺として知られる「放
   光寺」、樋口一葉の両親が生まれ育った「慈雲寺」(枝垂れ桜)、そして
   小高い丘の斜面に見事な桜が咲く乙ヶ妻(おっかづま)の枝垂れ桜が、
   それはそれは見事です。

   どちらも土日は駐車場がいっぱい、平日がお勧め。なお乙ヶ妻の桜は部
   落の奥にあるので道路沿いの駐車場は坂道を歩くことになります。
   いずれも例年4月初めには咲き乱れますが、今年はどうでしょうか?

   Nakaはこれらを自転車で繋ぐ『塩山のさくら桃子サイクリング』でご案
   内していますが、今年はどうにも温かな春となりそうで桜、桃の花が相
   当早いのでは??  
   あと私事ですが4月第一週は韓国へお花見サイクリング旅行に出かける
   (あくまでも遠征の一環で・・・笑)ため、今年の開催は危ぶまれます。

   参考ルート図: http://yahoo.jp/zFgklC

   ぜひ皆さんもこのルートを参考に自力で花の香りを嗅ぎながら塩山の春
   をお楽しみください。
   開花情報は甲州市のサイトでご確認ください。

  ・甲州市の桜情報
    http://www.koshu-kankou.jp/flower/cherry-blossom.html
                               (Naka)

【多賀屋の八ヶ岳与生】 

   〜「余生」ではなく「与生」を加齢にあ、華麗に(^^;楽しむ四方山話〜

 ■今、北杜市の行政姿勢を問う

   八ヶ岳南麓の北杜市で大変なことが起きているようです。

   このところ頻繁に入ってくるFB情報等によると、最近、北杜市の現職市
   議会議員と元市議会議員の2人が名誉毀損とパワハラで市民から訴えを
   起こされたようです。
   簡単に説明すると、国からの交付金を使って、増富で地域活性を行おう
   と、増富地域再生協議会という組織が主体となって事業を平成28年度か
   ら3年間にわたり約7,200万円の規模で行なう予定でした。

   この交付金に目をつけた現職と元市議会議員が結託し、様々な圧力を与
   えてくるようになったようです。
   しかし協議会事務局の2人は、地域活性に繋がらない、というもっとも
   な理由でその圧力を拒み続けて来ました。
   中々思うように事が運ばない中で、現職と元市議会議員は市に対しても
   圧力をかけるようになり、挙句の果てに、この3年間の事業を中止に追
   い込み、しかもその原因をあろうことか協議会事務局2人の責任にしよ
   うとしているというのです。

   その過程において、協議会事務局の2人は、著しく名誉を傷つけられ、
   精神的にも耐え難い状況となったことから、今回覚悟を決めて裁判を起
   こすことにしたとのことです。
   訴えを起こされた現職と元市議会議員は、あらゆる方法を使って協議会
   事務局の2人を悪者に仕立て上げようとマスコミ等を利用して世論への
   印象操作を画策しているとのことです。

   真実はどこにあるのか、そしてその真実をあきらかにするのは、だれの
   仕事なのか。今、北杜市の行政姿勢が問われているといえるでしょう。

  ※参考ブログ等
   ・イングリッシュガーデンと中部横断道の物語
     http://blog.livedoor.jp/tkcnf111/archives/75262366.html
   ・池田やすみちブログ
     https://ameblo.jp/ikeda--blog/entry-12299930451.html
                           (文責 S・多賀)

【風路の見・味(みみ)より情報】

   小淵沢のペンションの主が集めた新鮮情報をどうぞ。

 ■小淵沢ペンション振興会で年に4回発行している新聞
   「風のたより」春号のお知らせです。

   ウェブ版もありますのでぜひごらんになってください。
   メイン記事は八ヶ岳界隈の隠れた桜です。
   各ペンションオーナーの好きな花や植物、それから八ヶ岳界隈のこれか
   らのイベント情報、おいしい情報もあります。
    https://p-kobuchisawa.com/news/2018/haru/index.html

 ■美味紹介 スパゲッティ処 こぱ蔵

   上記の「風のたより」の記事を見て行ってきました。
   白州道の駅から七賢方向に斜めに入ってすぐ左折、少し(100m位?)
   行った左側の古民家。
   始めに運ばれてくる前菜は見た目も内容もなかなかです!
   パスタはナスとモッツァレラチーズのトマトソースを選びました。美味♪
   それに飲み物がついて980円は超お得という感じです。
   1時頃に行ったときにはほぼ満席でした。

  ・場所/北杜市白州町白須251
  ・電話/0551-30-9337
  ・定休日/火曜日

【森のキコリ日記】

   「森のキコリ日記」のコーナーでは、川崎市から30年程前に移住してき
   た私こと「キコリ」が普段感じた事や仕事であるログハウスや木造建築
   の設計・施工の裏話等を赤裸々に(笑)お話ししていこうと思います。

 ■八ヶ岳南麓の家の建て方(23)「番外編:八ヶ岳、真冬の工務店の囁き」

   八ヶ岳南麓の冬は寒い、相当寒い(笑)。なので冬はなかなか屋外での作
   業が厳しくなってきます。「来春には完成させたいんですけど・・」と
   は良く頼まれる工期なんですけど、これがチト厳しい事がある。

   例えば3月末に完成となるとどうしても、その前の年の年末までには基
   礎を完成させとかないと、いくら何でも厳冬期の基礎工事は厳しいから
   ですね。
   そして出来れば年末に上棟して年明けから本格的に造作工事に入るなん
   てスケジュールにどうしてもなります。

   「それじゃ年明けたら屋根工事からスタートだ!」なんて頑張って、気
   持ちも新たに年明け早々から屋根工事しようと思ったら大雪で現場の上
   には大量の積雪が・・・何てことになると最悪です。ひたすら雪が早く
   融けてくれるのを待つしかありません。

   今年の冬も近くの他社の現場で2月に基礎工事をしている現場がありま
   した。
   「オイオイ、大丈夫かいこの現場?」何て思っていたら案の定、基礎の
   型枠を立て込んだ次の日の夜に雪が降って型枠の中は雪だらけになって
   しまってました。
   あの現場はあの後どうしたんだろ?と思っていたらその後、普通に柱が
   建って今でも工事中です。やれやれです。

   時々、都会から来た方に「あれでしょ、やはり冬は寒くて外作業なんか
   出来なんいでしょ。室内工事だけになるんですか?」と聞かれます。
   そんな時は苦笑いしながら「イエイエ、そうもいかなくて寒くても外で
   震えながら作業するんですよ。ハハハ・・・」と答えています。

   今年の冬も結構寒くて氷点下10度を下回る事も度々ありました。
   そんな時の屋外作業は下着にユニクロのヒートテックを上下共重ね着し
   て、その上にシャツ着てセーター着てその上にダウンの作業着て、まる
   でクマさんの様にむくむくになって作業しています。
   寒いというよりは「痛い」と表現した方が近い感覚です。
   これじゃただでさえ汚れ仕事が嫌われる現代では工務店勤務を希望する
   若者が来ない訳ですね(笑)

   先日、中古の住宅を格安で購入された方に建物調査を依頼され、見た所
   かなりの部分で断熱材が入っておらず「これじゃ冬はかなり厳しいです
   よ」とお話ししたのですが「来春から本格的に住もうと思っていますの
   で今年の冬は試しに過ごしに来るだけですから大丈夫です」なんて仰っ
   ていたのですが先日「あなたのいう事が分かりました。室内も氷点下に
   なっていてあれは寒いというより痛いに近いというのが分かりました」
   「そうでしょ(笑)」

   八ヶ岳の冬は寒い、だけど雪で真っ白になった八ヶ岳は涙が出る程美し
   い! だからやめられない(笑)
                              (キコリ)

【こどもと暮らす八ヶ岳】

 ■北杜市の広報誌

   先月子供にパソコンを壊されて、携帯で今月はいつもより短い文章に
   なっています 。

   来月から子供達2人が保育所に行くことになり、今はその準備に少々時
   間を取られています。
   12月から申請書類を作成したり、入所確定後も色々な書類を作成したり
   ということがあるのですが、こういった保育園関係だけでなく行政に関
   する情報は広報によって通知されます。
   しかし、北杜市ではこの広報はいわゆる行政区というものに加入をして
   いないと自宅に送られて来ることはありません。
   我が家はこの行政区に入っていないため、この広報を市役所または支所
   まで取りに行かなければなりません。
   我が家では図書館に行くついでに取りに行くのですが、広報を見なけれ
   ば市のホームページを見て情報を得るしかありません。行政区に入るの
   は義務ではないので、この広報は行政区とは関係なく各家庭に送られる
   べきものだと思います。子育てについての情報も結構載っているので、
   こういった問題はもう少し検討をしてもらいたいと思っています。
   これからこちらに移住を検討されている方は、この件については注意を
   した方が良いかもしれません。
                               (KAN)

【八ヶ岳鉄分強化研究所】

   八ヶ岳鉄分強化研究所は、所長(Shimizu)の趣味的な鉄道ネタです。
   鉄道というものは昔から地域の発展や地域外との交流など、色々な面で
   地域との繋がりがとても強いものです。
   鉄道を知っていくことで、地域の歴史や文化、地域そのものを知ること
   になるし、地域での暮らしを楽しむことになるのではないでしょうか。

   既に、小淵沢駅から長野方面は篠ノ井線の松本駅まで、辰野支線を含め
   た全駅のご紹介が済み、現在は上り列車に乗っています。

 ■中央線各駅停車 44 中央線「上野原駅」

   甲府から東京方面に向かって16駅目の上野原(うえのはら)駅です。
   上り列車では山梨県内最後の駅になります。
   1901(明治34)年に開業した駅です。

   傾斜地にあるため特殊な構造をしています。
   先ず、北口は一番高いところにあり、狭いですがバス乗り場もあります。
   その北口から階段を登らずに跨線橋を渡って、中央付近で階段を降りる
   とホームがあります。
   階段を降りずに跨線橋を真っすぐ行って、二階分くらい階段を降りると
   南口があります。
   つまり、斜面の一番上に北口があり、中腹にホーム、一番下に南口があ
   るという形です。

   島式ホーム1面2線の地上駅で、側線があります。
   で、ホームに駅舎があるんです。
   その為、ホームは普通の島式ホームの3〜4倍はある程に幅が広くなって
   おります。
   これはなかなか意外な構造で、迫力のあるホームです。

   直営駅で、自動券売機(指定席券売機併設)、自動改札機が設置されて
   いるほか、「Suica」も使えます。
   駅舎内に売店もあります。
   一日の平均乗車客数は5,200人余りで、山梨県内の駅では、甲府駅、大
   月駅に次いで3位となっています。

   路線バスは北口から発着しますが、駅前は大変狭く、幅15mもない道路
   の行き止まりがバスのりばという状況です。
   1台のバスの反転に3回の切り返しが必要で、通勤時間帯には路線バスや
   企業送迎バス・直行通学バスなども発着し、混雑します。
   1時間に20回以上の切り返しが行われると言われています。

   上野原駅の写真が下のURLにあります。
    http://kumapapa.jp/blog/?p=15568

   次回は神奈川県に入って、藤野駅をご紹介します。
                            (T.Shimizu)

【ろんちーの八ヶ岳移住日記】

   北杜市高根町に定住してもうじき丸六年が経ちましす。ここに至る移住
   の記録だけで無くこちらの生活の諸々を書いてみます。

 ■第二十四回  八ヶ岳チワワな生活

   今回もチワワの話です。
   我が家は建ててから16年ほどになります。数年前から外のウッドデッ
   キが痛んで来ていまして、数年前からこの家を建てた大工さんに修理を
   頼んでいました。やっと昨年の暮れから工事にかかってくれて今年の1
   月に完成しました。

   幅が約12メートル、奥行きが3メートルもあるけっこう広いウッド
   デッキです。なぜこんなに広く作ったかと言うと、ワンコの野外運動場
   なのです。我が家のたくさんいるワンコは外に散歩には行きません。
   いや、連れ出しません。
   なぜか?たとえば10匹を散歩に連れ出すとすると、全部リードを付け
   て出さなければなりません。これが大変なのです。片手に5匹づつリー
   ドを付けて歩くとすると、ワンコは好き勝手な方向に動き回ります。
   しばらくするとリードが撚れて複雑な組紐になって来ます。そしてだん
   だん自由なリードの部分が短くなって来てワンコは身動きがとれなく
   なってくるのです。
   ですから散歩から帰って来る頃は太い組紐の先端に身動きがとれなく
   なったワンコがひしめき合って家に入る事になります。まあ、ワンコは
   喜びますが、帰ってからワンコの足を拭いてリードから解放して、太い
   組紐をほどく作業をします。

   ここに移住してくる前はワンコを広い草っ原に放した事があります。
   まあワンコはうれしくて走り回ります。しかし引き上げるときになって
   もワンコはてんでんバラバラでいっこうに捕まりません。集めるのに苦
   労しました。
   こちらに移住する目的の一つはワンコを散歩に連れ出す代わりに広い運
   動場を作ってやることです。以前は部屋も広くなく人間もですが、ワン
   コには窮屈な思いをさせていました。
   こちらの家はワンコ専用の部屋を12畳にしてあります。その部屋から
   ワンコは20センチ角ぐらいの小さな出入り口を通って外のウッドデッ
   キに出ます。いつも自由に出入り出来るわけでは無く、天気のいい日と
   か夕方とか調教師が必要だと判断した時に出します。

   調教師が出入り口を開ける仕草をしようものならワンコたちは出入り口
   に殺到します。小さいな出入り口ですからワンコは一頭ずつしか通れま
   せん。
   我先に外に出ようとするワンコはそこで折り重なってグチャグチャに
   なって大騒ぎになります。そこで調教師は固まってうごめいているワン
   コを一匹ずつ引き抜いて流れを調節して外に出します。
   外に出たワンコは日向ぼっこをしたり走り回ったしして自由に過ごしま
   す。これで散歩は行かなくてもなんとか運動になるわけです。
   大きなワンコでしたら運動不足でしょうが、うちの子でしたらまあ十分
   では無いにしてもなんとかなるでしょう。

   我が家は斜面に建っていますからデッキの一番高い所は地面から1.5
   メートルほど有ります。ワンコは飛び降りる事は出来ませんが、落っこ
   ちる可能性があります。そこでデッキの柵の下部に30センチほどの
   ネットを全周に取り付けて有ります。これで安心して外で遊ばせますし
   逃げ出す事も出来ません。

   しかし、安心は地面だけでは無いのです。まあたぶんそんな事は無いと
   思いますが、空には大きな鷲だか鷹だかが飛んでいます。そんなのが降
   りて来て小さいワンコをさらって行かないか心配した事があります。
   また、野生の猿に狙われないかとも心配します。我が家の周りでは猿は
   見たことありませんが出没するようになったら困ります。夜に外に出し
   たままにはしませんから大丈夫でしょうが狐が時々前の田んぼで遊んで
   います。

   我が家のワンコの環境の一部でした。
   次回はワンコの事になるか分かりませんが高ご期待・・・?
                             (ろんちー)

【はからずも生涯現役】(ペンションの日々)

   ペンション業も30年。74歳老いぼれです。
   あと何年出来るやら。
   お気楽にやらねば続きません。
   頑張らずに続けよう。

  ■ワンコとの生活(その4)
    愛犬ココアの食事

   ココアは「菜食犬」と言ってよい。
   1日2食、だいたい朝食は9時、夕食は午後5時。
   14年間続いている。
   この時間になるとそわそわしだし落ち着かなくなる。
   やはりねえ、食べるのが一番楽しいんだろうね。
   ゆっくり食べればよいものをあっという間に食べる。
   そして私がそばにいるともう少しくれよと尾っぽを振っておねだりする。
   これが可愛い。
   最近、ついつい可愛さにつられ与えてしまう。
   太る原因。

   食器の底に野菜を敷きその上にドックフードを載せるのが通常のスタイ
   ル。
   まず匂いを嗅ぐ。
   そしてドックフードを避け、下にある野菜を取り出し食べ始める。
   野菜が無くなるとドックフードを食べる。
   ドックフードが好きだから後に取っておいている訳ではないでしょう。
   野菜が好きだから先に食べるのです。

   肉とか魚は残ったものを少しあげると勢いよく食べる。
   やはりご先祖さまは肉食、好きなんでしょう。
   特に人の食べる味付けの物は美味しいんだろうね。
   ドックフードは薄味ですから。
   ワンコにとってはあまり美味しくないのかも知れません。
   肉、魚は基本的にはあげません。

   最近のドックフードは原材料名を見るとまんべんなく栄養素が入ってい
   る。
   ドックフードだけで栄養不足無く生きられるということなんでしょう。
   穀類、肉類、魚介類、野菜類、果物類・・・。書ききれぬほどの原料名
   が書かれている。 


   みんな粉にし混ぜ合わせ小さい肉団子状にする。
   やわらかいもの、クッキーみたいに固いものいろいろ選べる。
   薄味なところを除けば人様でも食べられそうだ。
   もしかしたらドックフード以外食べたことなく寿命を終えるワンコもい
   るかも知れない。 

   と考えるとワンコの食事は侘しいなあと思う。
   たまには加工してない現物を食べさせてあげたいなとも思う。

   ココアはキュウリが大好きです。
   小さい時、畑作業で裏の自家菜園によく連れてゆきました。
   すると、足元にある成っている小さなキュウリを食べようとするのです。
   齧じりはじめるのです。
   取って与えるとうまそうに食べる。
   そういうことが暫く続きました。
   夏〜秋は自家菜園で食べられない位のキュウリやほかの野菜が収穫でき
   る。
   それで余ったいろいろな野菜をあげることにしました。
   キュウリ、トマト、レタス、キャベツ、ニンジン、大根・・・いろいろ。
   だいたいみんな美味しそうに食べる。
   パセリとカイワレは食べない。
   大根は好きなのに苦いからかなあ。
   生での場合が多いが固いものは茹でる。
   ココアは果物も大好きです。
   メロン、リンゴ、スイカ、バナナ、ミカン、モモ、などほとんど食べま
   す。

   私の菜園で育てているものの多くはワンコの食べられる野菜です。
   が食べると中毒など起こし死に至る野菜もあります。
   ニラ、長ネギ、玉ねぎはその代表です。
   食べてよさそうですがブドウ、レーズンはいけません。
   他に野菜ではありませんが、チョコレート、ナッツ、コーヒー、シロッ
   プ、アルコール、コンソメ、ミネラルウオーター
   は成分が犬に有害です。
   残念ながら「ココア」も犬には有害です。

   ココアは自家菜園のキュウリを最初に好きになり「菜食犬」に育ちまし
   た。
   ドックフードより野菜や果物が好きです。
   これからも「菜食犬」として長生きして欲しいと思っています。
               (田島/ワンコも泊まれるペンション時計館)

【こり庵のコリコリ日記】

   八ケ岳南麓の訪問マッサージ「こり庵」こと岡幹也です。
   なぜ八ケ岳で・・というお話を書いています。

 ■第12回 結婚したんだってば

   先月からの続きです。
   仕事にも慣れて順調に日々を送る様になり、佐川急便のセールスドライ
   バーとして一人前になり、入社3年後には配送先の女性と付き合う様に
   なり・・結婚のはこびとなりました。

   嫁さんになる子は母親はすでに他界され父親は事業の失敗で行方知れず、
   ですが彼女はそんな事はおくびも見せず知り合いの美容室で修行しなが
   ら夜は居酒屋さんでバイトすると言う頑張り屋さんでした。
   とても気立ての良い子で彼女の事を知れば知るほど好きになった事を今
   でも思い出します。
   当時実家から職場に通っていましたが彼女のアパートの方が職場に近く
   ついつい彼女のアパート入り浸る様になり、2人での生活には余りに狭
   すぎるのでマンションを借りる事にしました。

   この機を逃さず母親に結婚することを告げ了解を得ました。
   引っ越し、家電、諸々諸経費がかかり結婚式など出来ませんでした。
   私26歳彼女19歳でした。
   彼女に式はいいのかと言いましたがきっぱりとやらなくていいと言われ
   ました。
   その代わり翌年の成人式の日の服は宜しくねって言われ焦った事を覚え
   ています。
   成人式の時は晴れ着だよなと思って幾らぐらいするんだ〜と思っている
   と嫁さんがスーツでいいよと一言、当日成人式が終わるのを待っている
   と嫁さんの同級生に囲まれて質問攻めにあったのを懐かしく思い出しま
   した。

   籍を入れてから1年後友達から結婚式はやった方がいいよと言われて式
   をやる事にしました。
   なるべくお金を掛けずやろうと思って、思い出の地、八ヶ岳南麓のペン
   ションで式をしようとオーナーのクマパパさんに相談したところ快く引
   き受けて頂き土日一泊二日の貸切で結婚式をさせて頂きました。
   クマパパさんは自分達の知らないところで牧場から馬車や騎兵さん、
   インディアンさんなど呼んでくださいました。
   楽しい楽しい結婚式を演出をして下さいました。
   あの時の事は今でも感謝しきれない気持ちを持っています。

   あー八ヶ岳南麓って本当にいいなぁ〜と思っています。
   今回はこの辺で。
                            (こり庵/岡)

【八ヶ岳いろいろリンク集】

 ■八ヶ岳フォトフェスタ
  恵まれた自然を有する八ヶ岳周辺は、移住先、旅行先の候補としても注目
  される場所となっています。しかし同時に環境に関わる色々な問題も発生
  しています。写真コンテストやワークショップを通じ、あらためて八ヶ岳
  周辺地域の環境の良さを確かめ、世界に向けて発信するきっかけにしたい
  と思います。
   http://photo.yatsugatake.net

 ■婚活de八ヶ岳推進委員会
  「本気×気楽」「幸せ創生」を合言葉に年間約40回の体験型婚活プログラ
  ムを実施しています。「八ヶ岳に移住したいから」という参加動機も最近
  増えてきており、日本中から応募があります。
  地元の方も地元でない方も、一緒に幸せを創生していきましょう。
   http://konkatsu8.com/

 ■八ヶ岳歩こう会
  八ケ岳の山麓・里山を中心に歩くウォーキングの会です。原則として予約
  無しで参加できます。プログラムを見て集合場所・集合時間通りに来て下
  されば、どなたも歓迎です、一緒に里山ウォーキングを楽しみましょう。
  参加費は基本500円。雨具・お弁当・飲み物をご持参下さい。
   http://ywa.jp/

 ■そろんそろんフットパス
  5km程度の短い距離を、ガイド(道守)さんの案内で歩きます。
  月に1〜2度の開催で、どなたも参加できます。「町歩き・里歩き」が趣旨
  ですから思わぬ郷土発見・地元発見があり、案外知らなかった身近な「宝」
  に出会うことが多いです。
   https://www.facebook.com/soron.footpath


【スタッフの勝手にPRコーナー】

   メルマガの記事執筆や編集をボランティアでやっているやつねっとの
   スタッフですが、それぞれいろいろな本業を持っています。
   何をしているのかな? ちょっとPRさせていただいてもいいですか?

 ●デザイン、写真、画像、ウェブ制作、サポート、KUMA GRAPHICS
  http://kuma.graphics (やつねっとカンパニー/清水=くまぱぱ)

 ●婚活企画・運営、フットパス企画・ガイド、余生相談・万引受
  http://www.pairhat.jp/(多賀屋/多賀)

 ●八ヶ岳でのアウトドア体験。夏はサイクリング、ウォーキング、トレッ
  キング、冬はスノーシュー。 森の中とっておきの秘密の場所へお連れ
  しますよ。 http://naka-soto.jp/  (Naka Outdoors/中川)

 ●ログハウス・木造住宅の設計、施工管理、リフォーム等
  八ヶ岳移住、万相談なら「森のすまい工房」へお気軽にどうぞ。
  http://yatsugatake-assist.jp (アシスト/畠中)

 ●八ヶ岳南麓小淵沢の小さな宿。B&B(1泊朝食)素泊歓迎。夕食も可。
  http://p-furo.net/(ホームページ)
  http://kazemiti.exblog.jp/(ブログ) (ペンション風路/風路)

 ●わんちゃん大歓迎のペンション。ご一緒泊OK。当宿にも愛犬がいます。
  http://pension.or.jp/~tokeikan/ (ペンション時計館/田島)


【クイズ・ここは何処でしょう】

 ■連載その166
     ----今月は、昨年リニューアルされた、ある施設です。----

  1枚の写真から、その場所をあてる。いたって簡単なクイズです。正解
  率90%は下らないと思われる場所から正解率3%も行かないと思われる場
  所まで、毎月1箇所選んで、出題します。
  正解も同時にUPしますので解答を応募するには及びません。
  ホントは応募してもらい正解率を出したいところですが、正解者に差し上
  げる景品の予算がありませんので悪しからず (〜_〜;)

  読者諸兄の「ここは何処でしょう」の写真もお待ちしております。
  「自分の別荘の写真」とか「ポチの好きな場所」なんかダメですよ。
  八ヶ岳ファンとして面白い場所ならメルマガに掲載させて頂きます。

  ではさっそく今月のココドコをお送りいたします。
  こちらへアクセス→ http://yatsugatake.net/kokodoko/no166/


【編集部から】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 ■本紙記事の転載について
  本誌掲載の情報は基本的に転載可能です。
  ただし、記事の著作権まで放棄している訳ではありませんし、記事の中に
  登場する施設や人物の権利もございます。
  転載を希望される場合には必ず事前連絡をいただくことを条件とさせてい
  ただきます。

 ●八ヶ岳ネットワークのFacebookページを公開しています。
  メルマガ八ヶ岳通信の記事に関連した写真やリンクも掲載します。
   http://www.facebook.com/yatsunet をご覧ください。

 ■コンピューターウイルスにご注意を
  最近のウイルスの特徴として、送信者、感染者の特定を困難にするために
  感染者のパソコン内にある任意のメールアドレスを送信元アドレスとして
  詐称するという点があげられます。
 ・先ずはご自分のパソコンのウイルスチェックをしてください。
 ・ウイルス対策は、インターネットを使う全ての人の義務です。
  感染すると自分が被害者であるだけでなく加害者になってしまいます。
 ・ウイルスソフトは古い状態のままチェックしても意味がありません。
  必ず最新のウイルスデータにアップデートしてからチェックしてください。
 ・詳しい操作方法や情報はウイルスソフトのメーカーのホームページなどを
  見てください。
   http://www.symantec.com/ja/jp/norton/security_response/index.jsp

 ★八ヶ岳通信では掲載情報を募集中です。 価値ある情報は無料で掲載させ
  ていただきます。 地元観光施設の方もぜひご利用ください。
 ★プレゼント用商品などの提供スポンサーは、常時募集しています。


【購読の申込と中止・アドレス変更の方法】★★★★★★★★★★★★★★★

 下記ホームページで購読の申込と中止ができます。 購読料は無料です。
 バックナンバーもご覧いただけます。

  http://yatsugatake.net/magazin/

 ★読者アドレス変更の場合は、やつねっとでは代行できません。
  上記のサイトにアクセスし、ご自身で変更可能です。
  「八ヶ岳通信を購読する」をクリックすると、登録と解除が出来るフォー
  ムが出てきます。
  古いアドレスを解除してから、新アドレスを登録してください。

 ★アドレス変更を編集部にご依頼される方が、時々いらっしゃいます。
  大変申し訳ございませんが、メルマガ発行の「まぐまぐ」では、発行者に
  代理登録の権限はありませんので、ご自身でお願いいたします。

 ■やつねっとへの連絡方法
  1. 八ヶ岳通信の発行アドレスであるmagazin@yatsugatake.netは送信
    専用アドレスとなっております。
  2. magazin@yatsugatake.netに送信されたメールは全て自動的に削除
    されてしまいますので、ご了承ください。
  3. やつねっとへ連絡したい場合は以下のURLにアクセスしてください。
     http://yatsugatake.net/mailform/form01.html
  4. なお、お問い合わせの際はご自分のメールアドレスを正確にご記入く
    ださい。間違えていると返事を差し上げられません。


【編集後記】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  この冬はかなり寒い冬だったと言って良いでしょう。
  しかし3月も後半となり、流石に暖かさも感じられる季節になってき
  ましたよ。
  とは言え、都会から来る皆様は、寒冷地仕様の服装のご用意を。

  特に車の冬支度はまだ解除してはいけません。
  降雪も路面凍結も「ない」とは言えない季節です。スタッドレスタイ
  ヤはまだ外さないほうが安全ですよ。
  八ヶ岳の住民が安心して夏タイヤに交換するのは4月ですからね。

  安全第一で八ヶ岳へお出かけください。

  やつねっとの情報はFacebookページでも発信しています。
  Facebook会員でなくてもご覧になれますので、是非アクセスしてみて
  ください。 URLは https://www.facebook.com/yatsunet です。

                     (編集長・DEBBY SHIMIZU)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

           編集・発行/八ケ岳通信編集部
    ご連絡は http://yatsugatake.net/mailform/form01.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




 「八ケ岳通信」は、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行
 しています。( http://www.mag2.com/ )
-------------------------------------------------------------------------------------
 

八ケ岳通信

発行周期: 月刊 最新号:  2019/03/16 部数:  1,409部

ついでに読みたい

八ケ岳通信

発行周期:  月刊 最新号:  2019/03/16 部数:  1,409部

他のメルマガを読む