八ケ岳通信

[八ケ岳通信] 2月号 第233号 2018.2.18

カテゴリー: 2018年02月18日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   八ヶ岳通信・2月号 [Yatsugatake News] 第233号 2018.2.18

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

               20th anniversary

         〜2018年・やつねっとは20週年を迎えます〜

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 東日本大震災ならびに福島第一原発の放射能災害のために避難生活を続けて
 おられる皆様。熊本の地震で被害を受けた地域の皆様。
 すべての皆様に、一日も早く平安な日々が戻ることを祈っております。

 「八ヶ岳通信」は、八ヶ岳ネットワークが、無報酬で取材、編集、発行する、
 八ヶ岳高原の地域と観光の情報誌です。 月刊で、購読は無料です。
 現地からの生情報としてお役立てください。
 以下のホームページもご利用ください。
 ●やつねっとホームページ     http://yatsugatake.net/
 ●メールマガジン八ヶ岳通信    http://yatsugatake.net/magazin/
 ●やつねっとのFacebookページ  http://www.facebook.com/yatsunet

 ★ご挨拶★
  1998年に「八ヶ岳ペンション通信」としてスタートして以来続けてきた観
  光情報中心の内容でしたが、単なる観光情報から、地域との繋がりの中で
  の地域を知る情報や楽しむ情報が自然と増えてきていました。
  2016年より全体構成を見直し、従来の「特集」「トピックス」という括り
  ではなく、私たちスタッフの八ヶ岳ライフを知っていただくことで、読者
  の皆様にも八ヶ岳により親しんでいただけるような内容を目指しています。
  もちろん観光情報が無くなるわけではなく、観光客と地域在住者や移住者
  という隔てを取り払ったメルマガになっていければと思います。

【コンテンツ】

  1. Nakaのアウトドアライフ
     八ヶ岳のアウトドアガイドがお届けするお薦めアウトドア情報。
     ・24回 八ヶ岳ブルーとブルースノー
  2. 多賀屋の八ヶ岳与生(タイトル変更)
     「余生」ではなく「与生」を加齢に・あ、華麗に楽しむ四方山話
     ・久しぶりにウオーキングの話題です。
  3. 風路の見・味(みみ)より情報
     ペンションの主が集めた新鮮情報です。
     ・「世界でいちばん美しい村」上映会(ネパールカレー付き)
     ・はじめのいっぽパレード&「スーパーローカルヒーロー」上映会
  4. 森のキコリ日記
     家造りのプロ、キコリが感じた設計・施工の内緒の裏話等々。
     ・八ヶ岳南麓の家の建て方(22)
      「番外編:冬の悲劇」
  5. こどもと暮らす八ヶ岳
     ただいま絶賛子育て中!八ヶ岳南麓で子供と暮らすあれこれ。
     ・申し訳ありません。今月は休載です。
  6. 八ヶ岳鉄分強化研究所
     地域の鉄道を知ると地域の歴史や文化が見えてくる。
     ・中央線各駅停車 43 中央線「四方津駅」
  7. ろんちーの八ヶ岳移住日記
     北杜市高根町に定住してからの移住の記録とこちらの生活の諸々。
     ・第二十三回  八ヶ岳チワワな生活
  8. はからずも生涯現役(ペンションの日々)
     最初の目論見とは違い、はからずも現役をしています。
     ・ワンコとの生活(その3)
  9. こり庵のコリコリ日記
     八ヶ岳に憧れ続け、流転の果てに住み着いた指圧師「こり庵」
     ・第11回 佐川急便セールスドライバー1人立ち編
 10. 八ヶ岳いろいろリンク集
     歩いたり婚活したり何でもありのリンク集です。
 11. スタッフの勝手にPRコーナー
     記事を書いているスタッフの本業も少しは知ってくださいな。
 12. クイズ・ここは何処でしょう その165
     好評連載中! ちょっと難しくなったかな?
 13. 編集部から      本紙記事の転載について
               コンピューターウイルスにご注意を
               やつねっとへの連絡方法

【Nakaのアウトドアライフ】

   八ヶ岳のアウトドアガイドがお届けするお薦めアウトドア情報。
   道具は二の次。でも、北海道生まれのNakaがこの八ヶ岳で生きている様
   がアウトドアライフなんだということで、読んで頂ければと思います。

 ■八ヶ岳ブルーとブルースノー

   本当は今頃の季節が一番寒さが厳しい時期ではありますが、この冬は
   12月〜1月にここ大泉でも-10度以下を数回記録、-7度くらいじゃ慣れて
   しまった気がしますが、さすがに寒い日は水道の凍結騒ぎがあちこちか
   ら聞こえて来て厳しい冬を物語っています。

   この三連休は低気圧の接近により冬晴れの日とはなりませんでしたが、
   休みが明けた14日には快晴、見事な青空となりました。
   冬の晴れた日は空の青さが際立ちます。青というより蒼という字が当て
   はまるのでは??   1月の後半から2月の半ばに特に深くなる青空を地元
   の方々は『八ヶ岳ブルー』と言い、よくfacebookなどでもその写真を
   アップしていますね。寒さが一番厳しくなり空気中の水蒸気のほとんど
   が雲や雪となり消失、大気圏に散乱された青い光が障害物が少なくなる
   のでより濃い青となって見える為です。
   ロケットに乗って外から大気圏を眺めるのと同じ様に見えるということ
   でしょうか。ロケットに乗ったこと無いからわから ないけど・・・(笑

   実はこの青、スノーシューの帰り、下山するにつれ山頂を振返り見上げ
   る時が一番青いんです。それはもう心揺さぶられるほどです。下から見
   上げると沢山の空気層を通る光がより分散、屈折し青い光が充満するた
   めです。
   皆さんも天気の良い日にスノーシューご一緒して是非ご覧ください。

   この冬は気温は寒いけれど本格的な降雪は1月後半と遅かったですね。
   この雪は南岸低気圧の影響でこちらより逆に東京の方が25cmと多かった
   りしました。実はこの南岸低気圧の雪が山に降ると『ブルースノー』に
   出会うチャンスです。

   雪の多い日本海側は西高東低の冬型の気圧配置で雪が降りますが、冷た
   い西風には中国大陸から黄砂が運び込まれます。日本海側の雪はこの黄
   砂の小さな粒が結晶の核となるのです。ですから、雪を食べるとちょっ
   と埃っぽいんです。北海道札幌育ちの私なかは小さい頃、子供ながらに
   雪ってどうして埃っぽいんだろうと思い、舐めていたもんです。当然母
   からは雪は汚いから食べちゃダメって怒られていましたが・・・(笑)

   で、八ヶ岳エリアは日本海からは遥か遠く、西風は北アルプス、中央ア
   ルプスを超え、その間に何度も雪を降らせてこの八ヶ岳にやってきます。
   そして南岸低気圧は太平洋から湿った空気をもたらすため、黄砂はまず
   含まれません。すなわち、ここらで降る雪はピュア=純粋な氷の結晶な
   んです。
   ですから、雪を食べても埃っぽくない=味がしないんです・・・(笑)

   そしてこの雪、陽がさしている所で雪にストックで穴をあけると・・・
   じゃーん、穴の中が青く見えるんです。これを私は『ブルースノー』っ
   て言って お客様に紹介しています。
   実はこの体験、私が20年前にニュージーランドにスキーに行った時に初
   めて見ました。まさに真っ青、びっくりしたもんです。
   
   ということで今が『八ヶ岳ブルー』、そして『ブルースノー』に出会う
   チャンス。 
   スノーシューでゆっくり山を歩くのがベストです。
   一緒に見に行きませんか。目も心も青さでピュアになるかも。。。。
   
   八ヶ岳deスノーシュー by Naka-Outdoors
   詳細はホームページ  http://naka-soto.jp/ 
                               (Naka)

【多賀屋の八ヶ岳与生】 

   〜「余生」ではなく「与生」を加齢にあ、華麗に(^^;楽しむ四方山話〜

 ■久しぶりにウオーキングの話題です。

   今年は八ヶ岳歩こう会を始めて20周年になります。これを記念して、
   甲州街道全行程を日本橋から14回に分けて、歩くことにいたしました。
   実は10周年記念の折にも甲州街道を歩いて、大変な思いをした記憶が
   あるのです(^^;。しかし、同時に各方面から感謝もされ、とても感動し
   た思いも残っています。懐かしい甲州街道ウオーク10年前の第一回の
   日本橋からのスタートの記録がこちらです
   https://p-furo.net/wakuwakuwalk4/080114kosyu1/ko-1.html
   皆、若く、かつ会としても初々しい感じが出ています。あれから10年。
   皆、歳をとり体力が衰え、足腰は弱り図々しさだけが増大し、果たして
   大勢の参加者を加齢に、あ、華麗に、さばきつつ事故なく楽しく、かつ
   丁寧な運営が出来るのか、やや心配ではありますが。
   しかし、もはや全てが決まり、下見もすすみ、告知もすすみ、後戻りが
   できません。20周年記念事業の目玉のウオーキングの第一回はいよいよ
   3月28日(水)と迫ってきました。全貌はこちらです。
   https://ywa.jp/event/anniv20/index.html
   一番若い実行部隊は67歳。最年長は82歳の実行委員の頑張りをぜひ
   褒め讃えつつ、ご一緒に歩いてくだされば、この上ない光栄です。
   
   参加はどなたもウエルカムです。全行程でなくともいいのです。会員で
   なくとも構いません。ご自分のご都合のつくところだけ、お友達などを
   お誘いあわせの上、ご自由にご参加ください。
   第一回の要領は下記の通りです
   https://ywa.jp/2018/03/kosyu01.html
   当日参加も自由ですが、可能ならあらかじめご予約をお願いいたします。
   八ヶ岳歩こう会、久しぶりの大きな事業です。少しでも参加人数の把握
   が出来ていれば運営もスムースかと思います。ご協力を頂ければ有難い
   です。
   なを、何回か参加してみようかなと思われた方は、この際、当会に入会
   された方が参加費が半額ほどお得になります♪ 下記に入会要領をご覧
   下さい
   https://ywa.jp/2018/03/kosyu01.html

   それでは、皆様のご参加をお待ちしております。
                           (文責 S・多賀)

【風路の見・味(みみ)より情報】

   小淵沢のペンションの主が集めた新鮮情報をどうぞ。

 ■「世界でいちばん美しい村」上映会(ネパールカレー付き)

   ネパール大地震で壊滅した村がヒマラヤの大自然の中で繰り広げる
   ヒューマンドキュメンタリー
  ・日時/3月10日(土)〜11日(日)
   午前の部 映画上映10:00〜11:50 カレータイム12:00〜13:30
   午後の部 カレータイム 12:30〜13:50 映画12:00〜15:50
  ・費用/3000円(ネパールベジカレー付き)
      小・中学生 1500円(そんなに辛くないカレー付き)
  ・場所/愛と胃袋 キネマたたみ
  ・お申込み/0551‐30-9199
   カレーは小淵沢のネパールカレーのお店TARAさん。

 ■はじめのいっぽパレード&「スーパーローカルヒーロー」上映会

   ことしも3月11日がやってきます。
   あれから7年。
   原発の無い未来を目指して、八ヶ岳・小淵沢界隈を歩きます。
   その後、「ドキュメンタリー映画「スーパーローカルヒーロー」の上映
   会。広島県尾道に住む「音楽で人をつなぐ奇跡のおじさん」の物語。
   何かをしたいけど、
   何からはじめたらいいかわからない
   そういう人にこの映画を勧めたい(アーサー・ビナード)

  ・日時/3月11日(日)
      11:30 生涯学習センターこぶちさわ駐車場集合
      11:45 パレード出発(はじめての方も大歓迎) 
      13:00 上映開始
      14:46 黙とう
      15:00 田中トシノリ監督 トーク
  ・場所/生涯学習センターこぶちさわ 大ホール
  ・チケット/前売 700円 当日800円(18才以下無料)
  ・問い合わせ 080‐7068‐2828

【森のキコリ日記】

   「森のキコリ日記」のコーナーでは、川崎市から30年程前に移住してき
   た私こと「キコリ」が普段感じた事や仕事であるログハウスや木造建築
   の設計・施工の裏話等を赤裸々に(笑)お話ししていこうと思います。

 ■八ヶ岳南麓の家の建て方(22)「番外編:冬の悲劇」

   今年の冬は八ヶ岳はとても冷え込んで寒い日が続きました。そしてこう
   いう時に冬の悲劇が襲ってきます。それは「凍害による配管の破裂」
   今年は東京でも氷点下の日が続き随分、TVでも取り上げられました。

   ここ八ヶ岳はもともと冬の晴天率日本一で放射冷却が厳しく冬は氷点下
   は当たり前なので設備配管にも電気ヒーターが巻かれており普通なら問
   題ないのですが完璧という訳ではありません。なので冬の寒い朝や夜中
   に電話がなると何となく嫌〜な予感(笑)がします。

   そんなある日「大変です!家の中がスケートリンクみたいになっていま
   す!助けて下さい!」との電話が・・・慌てて現場にいってみると確か
   に洗面所あたりからリビングまで床がビッシリ氷で覆われており唖然と
   する風景が広がっていました。

   「どうしました?」「私にも分からないんです。久しぶりに来てみたら
   こんなになってて・・・」その方は別荘だったのですが冬になって久し
   ぶりに来てみたら家の中がスケートリンクになっていて「何か変だなと
   思ったんです。確かに水道の元栓は水抜きして閉めて行ったのに開いて
   いて・・」

   その後、原因を調べていたら近くで工事をやっている業者が「どうせ別
   荘で居ないだろう」と思って水を借りたくて勝手に外水道を開けたら水
   が出ないので元栓を開けて水を使い、そのまま元栓を閉めずに外水道の
   蛇口だけを閉めてしまったので水は閉まっていると勘違いしてしまい、
   結局その後、室内の水は出っ放しとなり洗面所や台所の流しはまだ排水
   に流れるので良かったのですが、悪い事に洗濯機に繋がる蛇口は水抜き
   をしてホースを外してあったので床に噴出してしまいその水が凍って室
   内をスケートリンクにしてしまったのでした。

   後日、その業者は平謝りでしたが後の祭りで結局は当社で床下に潜って
   断熱材の取替や腐ってしまった土台の修理等で大変な思いをしました。

   皆さん、冬は設備配管にとっても厳しい季節です。何が起こるか分かり
   ませんので水抜き等は厳重にお願いしますね。それでも起こる時は起こ
   るのですが・・というお話でした。
                              (キコリ)

【こどもと暮らす八ヶ岳】

   申し訳ありません。今月は休載です。

【八ヶ岳鉄分強化研究所】

   八ヶ岳鉄分強化研究所は、所長(Shimizu)の趣味的な鉄道ネタです。
   鉄道というものは昔から地域の発展や地域外との交流など、色々な面で
   地域との繋がりがとても強いものです。
   鉄道を知っていくことで、地域の歴史や文化、地域そのものを知ること
   になるし、地域での暮らしを楽しむことになるのではないでしょうか。

   既に、小淵沢駅から長野方面は篠ノ井線の松本駅まで、辰野支線を含め
   た全駅のご紹介が済み、現在は上り列車に乗っています。

 ■中央線各駅停車 43 中央線「四方津駅」

   甲府から東京方面に向かって15駅目の四方津(しおつ)駅です。
   山梨県上野原市四方津にあります。
   1910(明治43)年に、駅から2kmほどの所にある大野貯水池の建設工事
   の資材輸送を行うために開業した駅です。

   現在も開業当時のものと思われる古い駅舎が現役で使用されています。
   古い国鉄の地方駅らしい形の駅舎は郷愁を誘います。

   業務委託駅で、みどりの窓口は2009年に廃止されましたが、自動券売機
   と簡易Suica改札機、トイレがあります。
   単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームがあり、駅舎
   はホームに面しておらず、どちらのホームへも跨線橋で渡ります。
   一日の平均乗車客数は1,600人余りです。

   北側の山上にニュータウン「コモアしおつ」があります。
   エスカレーターと斜行エレベーターの「コモアブリッジ」で駅前と連絡
   しています。

   四方津駅の写真が下のURLにあります。
    http://kumapapa.jp/blog/?p=15541

   次回は上野原駅をご紹介します。
                            (T.Shimizu)

【ろんちーの八ヶ岳移住日記】

   北杜市高根町に定住して5年8ヶ月が経ちました。ここに至る移住の記
   録だけで無くこちらの生活の諸々を書いてみます

 ■第二十三回  八ヶ岳チワワな生活

   久しぶりにチワワな話です
   我が家にはチワワがいっぱいいます。何匹いるか?それは非公開として
   おりますのであしからず。

   調教師としては我が女房が担当しております。私は補助要員として調教
   師の命令のもと働いております。なので、ワンコが一斉に吠え出す事が
   時々ありますが、調教師が一言「うるさい」と言うとほぼピタリと鳴き
   止みます。私が「うるさい」怒鳴ってもほとんど効き目が無くなかなか
   鳴き止みません。なめられています。
   我が調教師は毎日食事を与え、ウンチの世話をして、かわいがります。
   完全にこの群れのボスです。私と来たら、ワンコ部屋に入っても尻尾を
   振って寄ってくるワンコがいるそばで私に吠えるワンコもいます。
   だっこしてと寄ってくるワンコもいれば、手を出すと逃げる子もいる始
   末です。
   毎日のワンコの餌を与えるのは我が調教師ですが、その餌を調合するの
   は私の当番なのです。ワンコはそんなこと知りません、餌をくれる人が
   ボスなのです。

   我が家のワンコは多数いますが、食事は各自の食器で銘々に与えます。
   部屋の一面にはケージが2段に並んでいて、そこに各自1匹ずつケージ
   に入れて食事をさせます。そうしないと早く食べ終わった子は他の食べ
   るのが遅い子のご飯を横取りしに行くからです。
   昔は一時大きな容器でいっぺんにあげていた事もありますが、そうする
   と元気がいい子はどんどん大きくなるし、弱い子はご飯が食べられなく
   て大きくならずにやせて行きます。それではかわいそうと我が調教師は
   個食を選択しました。

   その各自に与えるフードは何種類もの配合が有るのです。我が家のワン
   コに与えるフードが基本がヒルズのサイエンスダイエットと言う輸入品
   のフードです。約2〜3ヶ月に一回約60kgをネットで購入していま
   す。その他ホームセンターとかでパックンとか特殊なフィードとかを随
   時購入しています。
   フードの種類としては成犬用のドライフードとチョット肥満犬用と老犬
   用のダイエット用ドライフード、パックンの1歳以上用と7歳以上用の
   半生タイプのフード。アレルギーのある子が一匹いるので動物性タンパ
   クの無いフードや超老犬用に粒の小さいフードなどを用意してあります。

   我が家のワンコにはどうやって食事を与えるかと言うと、ワンコ全員に
   食券が有って、調教師が各ワンコごとに食事の内容が書いて有り、助手
   である私が毎回その食券に書いてある通りに各自の食器にフードを取り
   分けて行きます。たとえば元気のいい中年犬にはアダルトフードを、中
   年から老年になったワンコにはダイエットフードを取り分けます。それ
   も体重や活動状況の応じて量を細かく分けてやります。標準は計量カッ
   プ1杯(約25g)でそのワンコの状態に応じて標準より多め、少なめ
   と食券に指示があります。
   食の細い子やなかなかフードを食べない子には、また老犬向けには半生
   タイプの柔らかいフードとか特殊か超小粒とか色々試してこれなら食べ
   てくれると言う少々お高いフードを半分混ぜたり少なめとか指示通りに
   取り分けています。これがけっこう大変です。時にワンコの様子を見て
   調教師がフードの種類を変えたり量の変更をしたりする指示が食券に書
   いて有ったりします。ワンコによっては人間用の整腸剤(ビオヘルミン
   等)をフードに混ぜたりします。

   我が家のワンコは全員チワワです。それも全部ロングコートです。基本
   的には胃腸は丈夫で滅多におなかを壊しません。たまにおなかを壊すワ
   ンコが出ると、その子は2〜3日絶食です。様子を見て消化のいいおや
   つなどは与えます。我が調教師が毎日毎日ワンコの様子を観察して的確
   なフードの指示を出すので全員健康です。そう、1匹だけアレルギーの
   子がいてその子だけお医者さん通いをしています。フードを間違えなけ
   れば問題はありません。毎日の事なので大変ですがかわいい習慣です。
   少々うるさい時もありますが・・・・
                             (ろんちー)

【はからずも生涯現役】(ペンションの日々)

   1月で74歳、ペンション業も30年になりました。
   何時まで続くかは分かりませぬ。
   やっている間は健康を保たねば来てくださる方に失礼と思っています。

  ■ワンコとの生活(その3)
     「ワンコをもっと多く飼おうかどうか悩んでました」

   ワンコはずっとココアだけ1頭飼っている。
   お客さんにももっと飼ったら、ココア1頭では可愛そうでしょとも言わ
   れます。
   そうだなあ、もっと沢山いた方がココアも嬉しがるかもなあ。

   しかし、ワンちゃんを泊めるようになって、お客様のワンコを観察する
   に、複数になるとグループで纏まり他の犬に興味を示さなくなるらしい
   ことに気付きました。
   ワンコは複数になるとグループ内で順位を決めるようだ。
   そういう点ではサルに似ているかもしれません。
   順位を決めて集団内で纏まろうとする。

   3頭とか5頭とか飼っているお客様が来る。
   するとココアにあまり興味を示さない。
   グループで纏まり遊んでいる。
   ココアが集団に近づいても「向こうに行ってなさいよ」
   フンという態度の場合が多い。

   ココアは14年間、お客様のワンコと会ってきた。
   1年に少なく見積もっても50頭とすれば700頭、100頭とすれば
   1400頭となる。
   そのくらい色々なワンコと対面してきたこととなる。

   ココアは時計館にとって、お客様のワンコの「接犬係」なのです。
   加えて、お客さまにも近づいて行き尾を振り、愛想をふりまく「接客係」
   でもあるのです。
   時々はワンコ好きだが飼っていないお客様とのお散歩係も嫌がらずに請
   け負う。

   多頭飼いにしたときココアはどうなるか。
   おそらくグループ内で纏まり他のワンちゃんと遊ばなくなるでしょう。
   接犬係、接客係はやらなくなるかも知れません。
   それが心配、悩みなのです。

   ココアはそろそろ老犬です。
   昨年、中ごろから耳が聞こえなくなってきました。
   今ではほとんど聞こえない。
   休んでいる時、近づいて「ココア」と呼んでも反応を示しません。
   体に触ってゆすると顔をこちらに向ける。
   真っ黒だった毛にも白いものが混じり始めました。
   声でしていた指示は聞こえないのでダメになりつつあります。
   だからと言って、相当に弱っているかと言うとまだまだ私との数々の山
   登りで鍛えた太い(短いが)足は健在です。
   食事も沢山食べる(少し太り気味)。
   だがこれから可哀そうだが、私と同じようにどんどんと衰えるだろう。
   それが自然の摂理。

   それで、ワンコを増やすかどうか悩んでました。
   が、このまま1頭だけで行くことに決めました。
   集団で纏まり接犬係、接客係のお仕事が出来なくなるのは困る。
   それに老いて行き、グループを今更作るのはココアにとっても環境が変
   わり煩わしいであろうから。
               (田島/ワンコも泊まれるペンション時計館)

【こり庵のコリコリ日記】

   八ケ岳南麓の訪問マッサージ「こり庵」こと岡幹也です。
   なぜ八ケ岳で・・というお話を書いています。

 ■第11回 佐川急便セールスドライバー1人立ち編

   先月からの続きです。
   自分が入社したのはクマパパさんのペンションのバイトが終わって翌年
   の2月でした。
   ラッキーだったのは駅周り担当でしたので配達商品などの動きが少ない
   時期でしたので本当に助かりました。
   (2月、8月は商店にとっては暇な時期)
   後ひと月遅く入っていたら絶対に辞めてました。
   それ程商店街の荷物の物量はハンパなく増えるのです。
   10倍位はひと月で増えたと思われます。

   さっ、3日目はほぼほぼ1人で廻る羽目になり、積込み、配達、集荷、全
   て先輩より3倍以上かかり泣きっ面でした。
   4日目からは完全にワンマンになり御飯など全然取れない状態、ひと月
   半は退社後家に帰ってからコカコーラを飲み腹を満たしていました。
   日中お腹が空いて空いて大変なんですがそれを過ぎると平気になるんで
   すよね、入社時90キロでひと月半後は68キロになったのを今でも覚えて
   います。(コミットしました。)
   このころになるとお昼御飯も取れる様になり容姿もかなり変わりました。

   このころを知ってるのは、くまぱぱさんくらいですネ〜〜。
   あ〜〜あの頃に戻りたい。
   今回はこの辺で、次回又またお楽しみに!
                            (こり庵/岡)

【八ヶ岳いろいろリンク集】

 ■八ヶ岳フォトフェスタ
  恵まれた自然を有する八ヶ岳周辺は、移住先、旅行先の候補としても注目
  される場所となっています。しかし同時に環境に関わる色々な問題も発生
  しています。写真コンテストやワークショップを通じ、あらためて八ヶ岳
  周辺地域の環境の良さを確かめ、世界に向けて発信するきっかけにしたい
  と思います。
   http://photo.yatsugatake.net

 ■婚活de八ヶ岳推進委員会
  「本気×気楽」「幸せ創生」を合言葉に年間約40回の体験型婚活プログラ
  ムを実施しています。「八ヶ岳に移住したいから」という参加動機も最近
  増えてきており、日本中から応募があります。
  地元の方も地元でない方も、一緒に幸せを創生していきましょう。
   http://konkatsu8.com/

 ■八ヶ岳歩こう会
  八ケ岳の山麓・里山を中心に歩くウォーキングの会です。原則として予約
  無しで参加できます。プログラムを見て集合場所・集合時間通りに来て下
  されば、どなたも歓迎です、一緒に里山ウォーキングを楽しみましょう。
  参加費は基本500円。雨具・お弁当・飲み物をご持参下さい。
   http://ywa.jp/

 ■そろんそろんフットパス
  5km程度の短い距離を、ガイド(道守)さんの案内で歩きます。
  月に1〜2度の開催で、どなたも参加できます。「町歩き・里歩き」が趣旨
  ですから思わぬ郷土発見・地元発見があり、案外知らなかった身近な「宝」
  に出会うことが多いです。
   https://www.facebook.com/soron.footpath


【スタッフの勝手にPRコーナー】

   メルマガの記事執筆や編集をボランティアでやっているやつねっとの
   スタッフですが、それぞれいろいろな本業を持っています。
   何をしているのかな? ちょっとPRさせていただいてもいいですか?

 ●デザイン、写真、画像、ウェブ制作、サポート、KUMA GRAPHICS
  http://kuma.graphics (やつねっとカンパニー/清水=くまぱぱ)

 ●婚活企画・運営、フットパス企画・ガイド、余生相談・万引受
  http://www.pairhat.jp/(多賀屋/多賀)

 ●八ヶ岳でのアウトドア体験。夏はサイクリング、ウォーキング、トレッ
  キング、冬はスノーシュー。 森の中とっておきの秘密の場所へお連れ
  しますよ。 http://naka-soto.jp/  (Naka Outdoors/中川)

 ●ログハウス・木造住宅の設計、施工管理、リフォーム等
  八ヶ岳移住、万相談なら「森のすまい工房」へお気軽にどうぞ。
  http://yatsugatake-assist.jp (アシスト/畠中)

 ●八ヶ岳南麓小淵沢の小さな宿。B&B(1泊朝食)素泊歓迎。夕食も可。
  http://p-furo.net/(ホームページ)
  http://kazemiti.exblog.jp/(ブログ) (ペンション風路/風路)

 ●わんちゃん大歓迎のペンション。ご一緒泊OK。当宿にも愛犬がいます。
  http://pension.or.jp/~tokeikan/ (ペンション時計館/田島)


【クイズ・ここは何処でしょう】

 ■連載その165
     ----今月はぶどう畑・・知らない人には無理だわ----

  1枚の写真から、その場所をあてる。いたって簡単なクイズです。正解
  率90%は下らないと思われる場所から正解率3%も行かないと思われる場
  所まで、毎月1箇所選んで、出題します。
  正解も同時にUPしますので解答を応募するには及びません。
  ホントは応募してもらい正解率を出したいところですが、正解者に差し上
  げる景品の予算がありませんので悪しからず (〜_〜;)

  読者諸兄の「ここは何処でしょう」の写真もお待ちしております。
  「自分の別荘の写真」とか「ポチの好きな場所」なんかダメですよ。
  八ヶ岳ファンとして面白い場所ならメルマガに掲載させて頂きます。

  ではさっそく今月のココドコをお送りいたします。
  こちらへアクセス→ http://yatsugatake.net/kokodoko/no165/


【編集部から】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 ■本紙記事の転載について
  本誌掲載の情報は基本的に転載可能です。
  ただし、記事の著作権まで放棄している訳ではありませんし、記事の中に
  登場する施設や人物の権利もございます。
  転載を希望される場合には必ず事前連絡をいただくことを条件とさせてい
  ただきます。

 ●八ヶ岳ネットワークのFacebookページを公開しています。
  メルマガ八ヶ岳通信の記事に関連した写真やリンクも掲載します。
   http://www.facebook.com/yatsunet をご覧ください。

 ■コンピューターウイルスにご注意を
  最近のウイルスの特徴として、送信者、感染者の特定を困難にするために
  感染者のパソコン内にある任意のメールアドレスを送信元アドレスとして
  詐称するという点があげられます。
 ・先ずはご自分のパソコンのウイルスチェックをしてください。
 ・ウイルス対策は、インターネットを使う全ての人の義務です。
  感染すると自分が被害者であるだけでなく加害者になってしまいます。
 ・ウイルスソフトは古い状態のままチェックしても意味がありません。
  必ず最新のウイルスデータにアップデートしてからチェックしてください。
 ・詳しい操作方法や情報はウイルスソフトのメーカーのホームページなどを
  見てください。
   http://www.symantec.com/ja/jp/norton/security_response/index.jsp

 ★八ヶ岳通信では掲載情報を募集中です。 価値ある情報は無料で掲載させ
  ていただきます。 地元観光施設の方もぜひご利用ください。
 ★プレゼント用商品などの提供スポンサーは、常時募集しています。


【購読の申込と中止・アドレス変更の方法】★★★★★★★★★★★★★★★

 下記ホームページで購読の申込と中止ができます。 購読料は無料です。
 バックナンバーもご覧いただけます。

  http://yatsugatake.net/magazin/

 ★読者アドレス変更の場合は、やつねっとでは代行できません。
  上記のサイトにアクセスし、ご自身で変更可能です。
  「八ヶ岳通信を購読する」をクリックすると、登録と解除が出来るフォー
  ムが出てきます。
  古いアドレスを解除してから、新アドレスを登録してください。

 ★アドレス変更を編集部にご依頼される方が、時々いらっしゃいます。
  大変申し訳ございませんが、メルマガ発行の「まぐまぐ」では、発行者に
  代理登録の権限はありませんので、ご自身でお願いいたします。

 ■やつねっとへの連絡方法
  1. 八ヶ岳通信の発行アドレスであるmagazin@yatsugatake.netは送信
    専用アドレスとなっております。
  2. magazin@yatsugatake.netに送信されたメールは全て自動的に削除
    されてしまいますので、ご了承ください。
  3. やつねっとへ連絡したい場合は以下のURLにアクセスしてください。
     http://yatsugatake.net/mailform/form01.html
  4. なお、お問い合わせの際はご自分のメールアドレスを正確にご記入く
    ださい。間違えていると返事を差し上げられません。


【編集後記】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  極端に冷えたかと思ったら、春のように暖かくなったり、目まぐるし
  く気温が変わる八ヶ岳です。
  とは言え、今年はかなり寒いと思います。
  平地の都会から来る皆様は、完全に寒冷地仕様の服装が必要です。

  特に車の冬支度は絶対に忘れないで下さい。
  雪が降らなくても路面凍結は当然ありますので、スタッドレスタイヤ
  の装着は必須です。冷却水のクーラント(不凍液)も古くなったり、
  濃度が下がっていると凍ってしまいますよ。
  ディーゼル車の方は燃料の凍結にもご用心を。
  燃料タンクからキャブレターへ向う燃料パイプを凍らせてしまった車
  を見たことがありますが、先ず当分は走れません。
  詳しくない方は、行きつけの整備工場やガソリンスタンドなどで相談
  することをお薦めします。

  準備を整え、安全第一で八ヶ岳へお出かけください。

  やつねっとの情報はFacebookページでも発信しています。
  Facebook会員でなくてもご覧になれますので、是非アクセスしてみて
  ください。 URLは https://www.facebook.com/yatsunet です。

                     (編集長・DEBBY SHIMIZU)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

           編集・発行/八ケ岳通信編集部
    ご連絡は http://yatsugatake.net/mailform/form01.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




 「八ケ岳通信」は、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行
 しています。( http://www.mag2.com/ )
-------------------------------------------------------------------------------------
 

ついでに読みたい

八ケ岳通信

発行周期:  月刊 最新号:  2019/03/16 部数:  1,409部

他のメルマガを読む