八ケ岳通信

[八ケ岳通信] 1月号 第232号 2018.1.25

カテゴリー: 2018年01月25日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   八ヶ岳通信・1月号 [Yatsugatake News] 第232号 2018.1.25

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

               20th anniversary

         〜2018年・やつねっとは20週年を迎えます〜

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 東日本大震災ならびに福島第一原発の放射能災害のために避難生活を続けて
 おられる皆様。熊本の地震で被害を受けた地域の皆様。
 すべての皆様に、一日も早く平安な日々が戻ることを祈っております。

 「八ヶ岳通信」は、八ヶ岳ネットワークが、無報酬で取材、編集、発行する、
 八ヶ岳高原の地域と観光の情報誌です。 月刊で、購読は無料です。
 現地からの生情報としてお役立てください。
 以下のホームページもご利用ください。
 ●やつねっとホームページ     http://yatsugatake.net/
 ●メールマガジン八ヶ岳通信    http://yatsugatake.net/magazin/
 ●やつねっとのFacebookページ  http://www.facebook.com/yatsunet

 ★ご挨拶★
  1998年に「八ヶ岳ペンション通信」としてスタートして以来続けてきた観
  光情報中心の内容でしたが、単なる観光情報から、地域との繋がりの中で
  の地域を知る情報や楽しむ情報が自然と増えてきていました。
  2016年より全体構成を見直し、従来の「特集」「トピックス」という括り
  ではなく、私たちスタッフの八ヶ岳ライフを知っていただくことで、読者
  の皆様にも八ヶ岳により親しんでいただけるような内容を目指しています。
  もちろん観光情報が無くなるわけではなく、観光客と地域在住者や移住者
  という隔てを取り払ったメルマガになっていければと思います。

【コンテンツ】

  1. Nakaのアウトドアライフ
     八ヶ岳のアウトドアガイドがお届けするお薦めアウトドア情報。
     ・23回 白銀の世界へのお誘い
  2. 多賀屋の八ヶ岳与生(タイトル変更)
     「余生」ではなく「与生」を加齢に・あ、華麗に楽しむ四方山話
     ・今月はちょっと宣伝(^^;
  3. 風路の見・味(みみ)より情報
     ペンションの主が集めた新鮮情報です。
     ・寒いほどお得フェア
     ・沖縄・辺野古報告会
  4. 森のキコリ日記
     家造りのプロ、キコリが感じた設計・施工の内緒の裏話等々。
     ・八ヶ岳南麓の家の建て方(21)
      「番外編:クレーマーよもやま話」
  5. こどもと暮らす八ヶ岳
     ただいま絶賛子育て中!八ヶ岳南麓で子供と暮らすあれこれ。
     ・第24回 外でも中でも楽しく過ごす冬
  6. 八ヶ岳鉄分強化研究所
     地域の鉄道を知ると地域の歴史や文化が見えてくる。
     ・今月は休載です。申し訳ございません。
  7. ろんちーの八ヶ岳移住日記
     北杜市高根町に定住してから、ここに至る移住の記録です。
     ・第二十二回  八ヶ岳チワワな生活
  8. はからずも生涯現役(ペンションの日々)
     最初の目論見とは違い、はからずも現役をしています。
     ・ワンコとの生活(その2)
  9. こり庵のコリコリ日記
     八ヶ岳に憧れ続け、流転の果てに住み着いた指圧師「こり庵」
     ・第9回 ペンションでバイト?その2
 10. 八ヶ岳いろいろリンク集
     歩いたり婚活したり何でもありのリンク集です。
 11. スタッフの勝手にPRコーナー
     記事を書いているスタッフの本業も少しは知ってくださいな。
 12. クイズ・ここは何処でしょう その161
     好評連載中! ちょっと難しくなったかな?
 13. 編集部から      本紙記事の転載について
               コンピューターウイルスにご注意を
               やつねっとへの連絡方法

【Nakaのアウトドアライフ】

   八ヶ岳のアウトドアガイドがお届けするお薦めアウトドア情報。
   道具は二の次。でも、北海道生まれのNakaがこの八ヶ岳で生きている様
   がアウトドアライフなんだということで、読んで頂ければと思います。

 ■白銀の世界へのお誘い

   あけましておめでとうございます。本年も皆様を八ヶ岳の素敵な自然の
   世界へ少しでも多くお誘い出来れるように風邪をひかぬ様に頑張ってい
   きたいと思います。

   さてこの冬は年末年始を通し寒さは厳しいものの雪が一向に降りません。
   これは山の上も同様で降雪は例年の6割くらいでしょうか? 冬型の天気
   が強く、南からの湿った空気がこのエリアまで入ってこない、または、
   入ってきた瞬間だけ気温が高く雪になっていない状況です。
   このままでは3年連続の雪不足、麓で普通に生活するには楽で良いかもし
   れませんが、雪を相手に商売している身として日々気をもんでいるのは
   私だけでしょうか・・・・(笑)
   でも厳しく白い世界があればこそ、春の花々がより一層美しく、可憐に
   感じるし、桜や桃のピンクが鮮やかに感じるんです。雪が少ないと本当
   は夏の水不足に影響が出るはずですが、ここらは豊富な湧水のおかげで
   その心配には与らないという恵まれた地域でもあるんですよね。

   先月ご紹介したスノーシュー、本当は今が盛りのはずなんですが、今年
   は今一歩活気がありません。でも標高2000mを超える世界まで足を伸ば
   すとそこは別世界。ロープウェーを使い山の稜線まで出れば、そこは白
   銀のパラダイス。スノーシューで真っ白な世界へ足を踏み入れると、し
   らびそを中心とした森は白銀の衣を装い、きらびやかな樹氷に圧倒され
   ます。そして足元には多数の動物達の足跡。こんな厳しい寒さの中、長
   い冬に負けずと生きている証を見ると人間も負けていられません。

   山の上ではこの冬も天然記念物のカモシカと会う事が出来ました。皆さ
   んが思っているより黒っぽく、時には逃げずに居座ることもあるので初
   めて会うとびっくりするかも知れませんね。鹿に会う方が確立は高いの
   ですが実はカモシカは鹿ではないんです。あれはウシ科の動物、本当は
   カモウシって呼ぶのが正しいかも・・・(笑)

   雪がしっかりと降ったら清里の雪の上で動物探しをする方がいろいろな
   動物の足跡が見られて楽しいですよ。特に正面に富士山を右手に南アル
   プスの甲斐駒や北岳、間ノ岳を眺めながらのスノーシューはここだけで
   しか味わえない贅沢な景色。その上、抜群の晴天率ですから、そんな状
   況で一度スノーシューを味わえば病みつきになること間違いなし。
   もっともっと雪が降って、フワフワの雪の上をスノーシューで闊歩出来
   る冬となるように神様よろしくお願いいたします。
   そんな状況になったら皆さんも是非スノーシューを体験しにお越しくだ
   さい。お待ちしておりまーす!!
   
   八ヶ岳deスノーシュー by Naka-Outdoors
   詳細はホームページ  http://naka-soto.jp/ 
                               (Naka)

【多賀屋の八ヶ岳与生】 

   〜「余生」ではなく「与生」を加齢にあ、華麗に(^^;楽しむ四方山話〜

 ■今月はちょっと宣伝(^^;

   この私めが「山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター」で開催される
   「八ヶ岳の環境と文化を学ぶ講座」の第三回に登壇することとなりまし
   た。「フットパスで我が町再発見」というテーマですが、何を話すか分
   かりません。
   ただいまネタを仕入れ中です。皆さん何か面白いネタがあったら教えて
   下さい。

  ・時/2月4日(日)13:00〜15:00
  ・場所/山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター
   入場無料ですが、申し込みが必要です。
   300人も来ちゃうと困るので、あらかじめ電話くださいね
   30までの定員とします。
   お申し込み先と、詳しい内容は下記をご覧ください
    http://www.keep.or.jp/place_event/fureai/news/2018/01/post-71.php
                           (文責 S・多賀)

【風路の見・味(みみ)より情報】

   小淵沢のペンションの主が集めた新鮮情報をどうぞ。

 ■寒いほどお得フェア

   今年も始まりました、寒いほどお得フェア!
   なんと、初日から5割引き!   
   八ヶ岳観光圏(山梨県北杜市/長野県富士見町/原村)の75店舗が参加。
   その日の朝10時の気温に応じて対象商品が“寒いほど”割引になります。
   (宿泊施設は次回使える割引券をお渡しします。また、当日予約・当日
    チェックインされる場合には、その日の割引率を宿泊料金に適用します)。
   今年は1月13日から2月18日までの37日間にわたって開催。
   最終日は気温にかかわらず5割引きとなるそうです!
   参加店舗や対象商品は以下のページをごらんください。
    https://tenkuhaku.com/samutoku/shop/

 ■沖縄・辺野古報告会

   北杜市の知人夫妻が12月末に辺野古に行きました。
   その体験を報告してくれます。
  ・日時/2月5日(月)15:00?17:00くらいまで
  ・場所/cafeくじらぐも(http://cafe-kujiragumo.com/)
  ・内容/映画「いのちの海 大浦湾」の上映会(71分)
      映画の後、12月に行った辺野古の現状報告
  ・報告者/中島和也&久美子

【森のキコリ日記】

   「森のキコリ日記」のコーナーでは、川崎市から30年程前に移住してき
   た私こと「キコリ」が普段感じた事や仕事であるログハウスや木造建築
   の設計・施工の裏話等を赤裸々に(笑)お話ししていこうと思います。

 ■八ヶ岳南麓の家の建て方(21)「番外編:クレーマーよもやま話」

   昔、真冬の寒い日に八ヶ岳高原で上棟に向けて建て方作業をしていまし
   た。大型クレーンで柱や梁を吊上げて大勢のスタッフで震えながら作業
   を続けていると近所の別荘の方が現場に苦情を言いに来られました。
   年齢的には60台後半の女性でした。

   「あなた達、なにやってんの!すぐにクレーンのエンジンを切って頂戴
   !」 その日は本当に寒い日で氷点下10度を軽く越えていてクレーンの
   オペレーターさん曰く「今、エンジン切ったら今日は二度と掛んないよ」
   とノタマワレル。

   「すみません、ご迷惑おかけしますが仕事でどうしてもクレーンが必要
   で止められないんですよ。何かありましたでしょうか?」 「あなた達
   ね〜私は都会からこの空気の綺麗な八ヶ岳が好きで来てるのよ!。その
   私の大切な綺麗な空気をそのクレーンが汚しているのが分からないの!
   今すぐ切りなさい!」

   「そう言われましても私達も仕事でやっていまして、どうしてもクレー
   ンが必要なんですよ」 「分かったわ!今すぐ管理事務所に連絡して工
   事ストップさせてやるから覚悟しなさい!」 と言い放って乗って来た
   車にのって管理事務所の方に走って行きました。

   そうなんですその方は近所の方なんですがわざわざ車に乗って現場にき
   てクレームを言い放って行ったのです。
   そしてその後すぐその女性と一緒に管理事務所の方が駆けつけてきて
   「近所の方からクレームがついたので今日は作業を中止しなさい」と言
   われました。私達は当然、管理事務所にも申請書を出して許可を得て、
   近隣の方にもご挨拶をし、了解を得て作業していたのですが、その女性
   の方は現場から少し離れた近所の方でした。

   その女性は今日の作業が中止になったので満足して別荘に帰って行かれ
   ました。知り合いになっていたその管理事務所の担当官に「ひどいじゃ
   ないですか。ちゃんと申請書も出して挨拶もした上で作業しているのに
   ・・・」 「ごめんごめん、あの人はダメだ。この辺じゃ有名なクレー
   マーなのよ。我々も困っているんだけど相手が悪いよ。今日は諦めて後
   日、謝りに行ってきて」「エ〜〜」

   後日、仕事と割り切って菓子折りを下げて謝りにいって事なきを得まし
   たが、クレーンの排気ガスが空気を汚すと言われるならその方は何故、
   わざわざ近所なのに車に乗ってクレームを言いに来たんでしょうね。
   色々な方がおられます。
                              (キコリ)

【こどもと暮らす八ヶ岳】

   静岡から移住して11年。移住理由は八ヶ岳南麓が好きなのと、暑いの
   が嫌いだから。半主夫をしながら八ヶ岳ライフを満喫中。
   ただいま絶賛子育て中の私”KAN”が八ヶ岳南麓(特に北杜市)での
   子供と暮らす中での思ったこと、感じたことを書き綴っていきたいと思
   います。

 ■外でも中でも楽しく過ごす冬

   八ヶ岳の冬はいまのところ雪は少ないですが、気温は例年よりも低めか
   な、と感じる状況です。そんな中、長男Sは無事に3歳を迎えることが
   出来ました。
   まったく時が経つのは早いものです。

   八ヶ岳南麓の冬は雪は比較的少ないですが寒さは厳しい、という感じ。
   そんな中、子供向けの冬のアウトドアといえばスキーやソリ、スケート
   や、それなりに大きい子供ならスノーシューで森歩きなどもできます。
   でも、子どもが小さければ、あまり寒い中をずっと外に出しておくのは、
   風邪でもひいたらと親だと心配しがちです。正直、冬の八ヶ岳南麓でイ
   ンドアで子供を遊ばせるのはなかなか少なくかなり限定されますがいく
   つか紹介を。

   例えば、えほん村(小淵沢)はいろいろな絵本やマリオネットなどが展
   示してあり子供と一緒に絵本を読んだりして楽しめます。
   また、リゾナーレ八ヶ岳(小淵沢)のイルマーレや、丘の公園(清里)
   のプールなど室内型のプールもあるので親子一緒に楽しめます。
   ちなみに、丘の公園には温泉もありますのでそちらもお勧めです。
   他にも道の駅小淵沢の中には体験工房もあったりしますので、そこでも
   子供は楽しめます。

   自分で少ないといっておきながら意外ととあるなぁ、なんて思ったので、
   しっかり調べればもっとあるのかもしれません。

   八ヶ岳南麓の冬は外でも中でも楽しく過ごせます。
                              (KAN)

【八ヶ岳鉄分強化研究所】

   大変申し訳ございません。今月は休載とさせていただきます。
   どうぞ来月をお楽しみに。

【ろんちーの八ヶ岳移住日記】

   北杜市高根町に定住してから、ここに至る移住の記録です。

  ■第二十二回  八ヶ岳チワワな生活

   帯状疱疹
   今回もチワワとは関係ない話です。
   私は去年の暮れから帯状疱疹にかかりました。暮れの28日ごろから顔
   面右側の耳の前、こめかみの辺りがポツンと薄赤く腫れが出て来ました。
   何となく痛痒い感じでピリピリとしてきました。この歳でニキビでも無
   いのになあと思いながら、忙しく暮れを過ごしていました。

   明けて正月、いつものように正月を過ごしていましたが、どうも右顔面
   の違和感が増えて来て腫れも数カ所になって赤いところが多くなってき
   ました。耳の後ろから目の下にかけて全体に腫れて来ました。触るとピ
   リピリと痛く、何もしなくても痛みが出て来ました。
   最初の頃は何かにかぶれのかなあぐらいに思っていましたが、痛みも面
   積も増えて来たので、1月6日の土曜日に甲陽病院の皮膚科を受診しま
   した。皮膚科の先生は若くて美人の先生でした。まあ、それはどうでも
   いい話。

   先生はまじまじと私の顔を見て帯状疱疹ですね。お薬出しますから一週
   間必ず飲んで下さい、となりました。先生に聞いた話ですと水疱瘡のウ
   イルスが何年も何十年も潜伏して免疫力が弱った時に帯状疱疹として出
   て来るそうです。ウイルスが神経に悪さをして発症するそうです。
   5分で診察が終わって病院の会計は千円以下でした。その足で病院の前
   の長坂調剤薬局へ。土曜日なので病院も薬局もガラガラでした、すぐに
   薬も出て来ました。薬剤師さん曰く、このお薬は高いんです、すみませ
   ん。との事。ウイルス感染症を治療する薬でタミフルでは無く、アメナ
   リーフという薬です。なんと!一錠の薬価が1,470円、1日一回2錠で
   7日分で2万円以上です。保険で3割ですから、それでも6千円以上に
   なりました。えらい高い薬です。効くのかどうか分かりませんがとりあ
   えず家に帰って昼食後から飲み始めました。

   この記事を書いているのが一週間後の金曜日、薬は飲み終えました。
   おかげさまで症状はだいぶ良くなり痛みも腫れもほぼ無くなりました。
   明日は無罪放免にしてもらうため病院に行きます。
   帯状疱疹は水疱瘡のウイルスが原因と書きましたが、人にはうつらない
   そうです。水疱瘡にかかった事のない人にうつると水疱瘡になる可能性
   があるようです。ちょうど発症時期に娘が孫を連れて泊まりに来ていま
   した。今後注意するように言ってあります。
   帯状疱疹は症状が悪化すると後遺症に神経痛なと出るようです。皆様も
   早めに薬を飲み始めるようにして下さい。

   最後に、うちのチワワにはうつらないだろうと思っています。あいつら
   は水疱瘡になったことは無いはずですが・・・・・
                             (ろんちー)

【はからずも生涯現役】(ペンションの日々)

   1月で74歳、ペンション業も30年になりました。
   何時まで続くかは分かりませぬ。
   やっている間は健康を保たねば来てくださる方に失礼と思っています。

  ■ワンコとの生活(その2)「ココアとのお散歩の情景」

   今年から健康のため愛犬ココアとの散歩を日課にしました。

   ワンコは自分では何も出来ぬ。
   食事だってお風呂だって、医者にかかるのだって、・・・
   可愛そうだが、酷い飼い主に捨てられ野犬化しかろうじて生きているワ
   ンコはいる。
   しかし多くのワンコは飼い主が急にあの世に行ってしまったら死ぬ運命
   となる。人間が面倒を見なければ生きて行けぬ動物なのです。
   人は犬を長い期間をかけそういう動物に作り上げたのです。
   その代わり対人では味わえない安らぎを与えてくれる。
   だから可愛い。

   ワンコとのお散歩は1人で歩くよりマジで楽しい。
   歩くことは健康の素です。ワンコも歩くことは大好き。
   それにワンコと歩いていると1人でも怪しまれない利点がある。
   怪しまれないので、ゆっくりと歩く心の余裕が出来るのです。

   今年は正月から例年になく寒いが雪が降らぬ。
   今日は快晴、「八ヶ岳颪」も吹かず無風である。散歩日和。
   今朝は3年ほど歩いてない裏の「蕪」部落外れのコースを歩こうと思っ
   (3年前、大腿骨複雑骨折をし、以来長い距離は歩いていない)
   た。一周3キロ弱ほどの距離であろうか。

   ペンションを出すぐ「翁」というそば処の脇の「蕪」に向かう道を下る。
   (ちなみに今は弟子がやっている。初代「翁」の高橋さんは広島に移っ
   たがそば通の間で名人と言われている方だ。どうでも良いが私と同じ歳)
   そうとうにくねった長ーく、細いが車道である。下って少し登る。
   そこは富士山、鳳凰三山、北岳、甲斐駒・・雪の山々が一望だ。
   振り返れば反対側の木々の間から八ヶ岳が見える。
   絶景かな。

   ここから先はほぼ平坦な道である。
   まず田んぼが続く。
   もう耕されている、この時期に耕されているのかと感心する。
   田圃を過ぎるとため池がある。
   田圃の灌漑用で有ろうか付近にも点在している。
   水面は真っ白に凍っている、寒いからなあ。

   池の道を挟んでソーラーパネルが林立している。やっぱりなあ。
   ここはテニスコート11面が有った場所だ。
   テニス場が潰れ、コートはそのままにコート上にパネルを立てた。
   草が生えずらいので管理がしやすかろう。

   その先に小高い丘がある。
   中腹に大き目の高級感の家を建設中だ。
   日曜日だからで有ろうか建て主のワンコを連れている4人家族がいた。
   話かけてみた。
   「眺めがよいですね。茅ヶ岳から富士山、甲斐駒が一望ですね。この
   あたりの一等地ですね」
   「ありがとうございます」
   「大きいですね。宿屋が出来そうですね」
   「有難うございます」
   満面の笑みである。今が一番楽しい時期なんだろうなあ。
   完成したらすぐ移住するんだろうなあ。

   小深沢川という小川がある。
   夏には、まだよく知られていないが蛍の群舞する場所である。
   そこに至る林の道を行き、小川を渡り少しの距離の坂を上り県道に出る。
   県道から「アンデルセン」と言うドライフラワーのある脇道の先が時計
   館だ。
   一時間半の道のり。
   ゆっくりではあるがよく歩いた。5キロくらいは歩いても大丈夫かなあ。
   歩くと気づくことが多いなあ。
   歩かなきゃあいかん。
               (田島/ワンコと泊まれるペンション時計館) 


【こり庵のコリコリ日記】

   八ケ岳南麓の訪問マッサージ「こり庵」こと岡幹也です。
   なぜ八ケ岳で・・というお話を書いています。

 ■第10回 佐川急便で働く

   さてさて先月からの続きです。
   ペンションのバイト生活も終わり地元埼玉に帰ってからは改めて仕事探
   しでした。
   先月の投稿でも書いたように車の運転が好きでしたので気分転換の意味
   も含めてトラックの運転手にでもなろうと安易な考えで探し始めました。
   家業の手伝いをしながら知り合いの方にお願いしてましたらたまたま佐
   川急便の知り合いがいるよ、と、声掛けされてお話しさせて頂きました。
   話によると免停になった部下の代わりんを大至急欲しいとの事、しかも
   自分が高校に通っていた上尾の駅周り担当だと聞き大喜びで働かせて頂
   く事にしました。

   当時の佐川急便は入ってから3カ月間は試用期間として月給30万、4カ月
   目から50万となり正社員になれます。
   35年前でこの待遇でした。
   今思えば現在なら完全にブラック企業でしたね、^_^ 
   毎週月曜日は新人さんの紹介を朝礼の時にベルトコンベアの上でやるの
   ですが毎週20人位いたのですがほぼほぼ残りませんでしたね〜、月に2
   人残れば良い方でした。

   何故残らないのか、教える担当ドライバーが残す気が無いのです。
   そりゃそうですよね、自分が回っているコースを新人が回るようになる
   んですからそりゃ一通りは教えますが気の弱い人は1日で終わります。

   ではどの様に教えるか、人により教え方は色々あったようですが自分の
   時はこんな感じでした。
   自分の場合は担当ドライバーが免停でしたので後から聞いた話ですがか
   なり優しく教えてくれた部類だったとの事でした。

   1日目
    伝票の整理から始まり荷分け、積み込み、そして配達、先輩が免停で
    したので1日目から2トントラックを運転しました。
    自分が回るコースだからよく覚えてね、と優しく教えてくれる先輩、
   2日目
    朝5時から伝票の整理、これは先輩が教えくれながらやり荷分け積み
    込みも先輩が手伝ってくれながらやり配達、さっ配達、トラックに乗
    り込むなり先輩は爆睡、後は頑張ってねと眠り続けます。
    自分が回るコースは高校の時から知った地理だったので先輩が回って
    た時よりかなり遅い配達に成りましたが要所要所で先輩が起きて怒ら
    れながらも回りきったのを覚えてます。
    明日は全部自分でやってもらうからな、と帰りに言われ憂鬱になった
    のを鮮明に覚えてます。
    この時点でほぼほぼの新人は翌日から来ませんでしたね〜〜(⌒-⌒; )
   3日目・・から独り立ち、

   今回はこの辺で、
   次回、佐川急便独り立ち、乞うご期待。
                            (こり庵/岡)

【八ヶ岳いろいろリンク集】

 ■八ヶ岳フォトフェスタ
  恵まれた自然を有する八ヶ岳周辺は、移住先、旅行先の候補としても注目
  される場所となっています。しかし同時に環境に関わる色々な問題も発生
  しています。写真コンテストやワークショップを通じ、あらためて八ヶ岳
  周辺地域の環境の良さを確かめ、世界に向けて発信するきっかけにしたい
  と思います。
   http://photo.yatsugatake.net

 ■婚活de八ヶ岳推進委員会
  「本気×気楽」「幸せ創生」を合言葉に年間約40回の体験型婚活プログラ
  ムを実施しています。「八ヶ岳に移住したいから」という参加動機も最近
  増えてきており、日本中から応募があります。
  地元の方も地元でない方も、一緒に幸せを創生していきましょう。
   http://konkatsu8.com/

 ■八ヶ岳歩こう会
  八ケ岳の山麓・里山を中心に歩くウォーキングの会です。原則として予約
  無しで参加できます。プログラムを見て集合場所・集合時間通りに来て下
  されば、どなたも歓迎です、一緒に里山ウォーキングを楽しみましょう。
  参加費は基本500円。雨具・お弁当・飲み物をご持参下さい。
   http://ywa.jp/

 ■そろんそろんフットパス
  5km程度の短い距離を、ガイド(道守)さんの案内で歩きます。
  月に1〜2度の開催で、どなたも参加できます。「町歩き・里歩き」が趣旨
  ですから思わぬ郷土発見・地元発見があり、案外知らなかった身近な「宝」
  に出会うことが多いです。
   https://www.facebook.com/soron.footpath


【スタッフの勝手にPRコーナー】

   メルマガの記事執筆や編集をボランティアでやっているやつねっとの
   スタッフですが、それぞれいろいろな本業を持っています。
   何をしているのかな? ちょっとPRさせていただいてもいいですか?

 ●デザイン、写真、画像、ウェブ制作、サポート、KUMA GRAPHICS
  http://kuma.graphics (やつねっとカンパニー/清水=くまぱぱ)

 ●婚活企画・運営、フットパス企画・ガイド、余生相談・万引受
  http://www.pairhat.jp/(多賀屋/多賀)

 ●八ヶ岳でのアウトドア体験。夏はサイクリング、ウォーキング、トレッ
  キング、冬はスノーシュー。 森の中とっておきの秘密の場所へお連れ
  しますよ。 http://naka-soto.jp/  (Naka Outdoors/中川)

 ●ログハウス・木造住宅の設計、施工管理、リフォーム等
  八ヶ岳移住、万相談なら「森のすまい工房」へお気軽にどうぞ。
  http://yatsugatake-assist.jp (アシスト/畠中)

 ●八ヶ岳南麓小淵沢の小さな宿。B&B(1泊朝食)素泊歓迎。夕食も可。
  http://p-furo.net/(ホームページ)
  http://kazemiti.exblog.jp/(ブログ) (ペンション風路/風路)

 ●わんちゃん大歓迎のペンション。ご一緒泊OK。当宿にも愛犬がいます。
  http://pension.or.jp/~tokeikan/ (ペンション時計館/田島)


【クイズ・ここは何処でしょう】

 ■連載その164
     ----今月は神社・・ノーヒントでは難しいかも----

  1枚の写真から、その場所をあてる。いたって簡単なクイズです。正解
  率90%は下らないと思われる場所から正解率3%も行かないと思われる場
  所まで、毎月1箇所選んで、出題します。
  正解も同時にUPしますので解答を応募するには及びません。
  ホントは応募してもらい正解率を出したいところですが、正解者に差し上
  げる景品の予算がありませんので悪しからず (〜_〜;)

  読者諸兄の「ここは何処でしょう」の写真もお待ちしております。
  「自分の別荘の写真」とか「ポチの好きな場所」なんかダメですよ。
  八ヶ岳ファンとして面白い場所ならメルマガに掲載させて頂きます。

  ではさっそく今月のココドコをお送りいたします。
  こちらへアクセス→ http://yatsugatake.net/kokodoko/no164/


【編集部から】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 ■本紙記事の転載について
  本誌掲載の情報は基本的に転載可能です。
  ただし、記事の著作権まで放棄している訳ではありませんし、記事の中に
  登場する施設や人物の権利もございます。
  転載を希望される場合には必ず事前連絡をいただくことを条件とさせてい
  ただきます。

 ●八ヶ岳ネットワークのFacebookページを公開しています。
  メルマガ八ヶ岳通信の記事に関連した写真やリンクも掲載します。
   http://www.facebook.com/yatsunet をご覧ください。

 ■コンピューターウイルスにご注意を
  最近のウイルスの特徴として、送信者、感染者の特定を困難にするために
  感染者のパソコン内にある任意のメールアドレスを送信元アドレスとして
  詐称するという点があげられます。
 ・先ずはご自分のパソコンのウイルスチェックをしてください。
 ・ウイルス対策は、インターネットを使う全ての人の義務です。
  感染すると自分が被害者であるだけでなく加害者になってしまいます。
 ・ウイルスソフトは古い状態のままチェックしても意味がありません。
  必ず最新のウイルスデータにアップデートしてからチェックしてください。
 ・詳しい操作方法や情報はウイルスソフトのメーカーのホームページなどを
  見てください。
   http://www.symantec.com/ja/jp/norton/security_response/index.jsp

 ★八ヶ岳通信では掲載情報を募集中です。 価値ある情報は無料で掲載させ
  ていただきます。 地元観光施設の方もぜひご利用ください。
 ★プレゼント用商品などの提供スポンサーは、常時募集しています。


【購読の申込と中止・アドレス変更の方法】★★★★★★★★★★★★★★★

 下記ホームページで購読の申込と中止ができます。 購読料は無料です。
 バックナンバーもご覧いただけます。

  http://yatsugatake.net/magazin/

 ★読者アドレス変更の場合は、やつねっとでは代行できません。
  上記のサイトにアクセスし、ご自身で変更可能です。
  「八ヶ岳通信を購読する」をクリックすると、登録と解除が出来るフォー
  ムが出てきます。
  古いアドレスを解除してから、新アドレスを登録してください。

 ★アドレス変更を編集部にご依頼される方が、時々いらっしゃいます。
  大変申し訳ございませんが、メルマガ発行の「まぐまぐ」では、発行者に
  代理登録の権限はありませんので、ご自身でお願いいたします。

 ■やつねっとへの連絡方法
  1. 八ヶ岳通信の発行アドレスであるmagazin@yatsugatake.netは送信
    専用アドレスとなっております。
  2. magazin@yatsugatake.netに送信されたメールは全て自動的に削除
    されてしまいますので、ご了承ください。
  3. やつねっとへ連絡したい場合は以下のURLにアクセスしてください。
     http://yatsugatake.net/mailform/form01.html
  4. なお、お問い合わせの際はご自分のメールアドレスを正確にご記入く
    ださい。間違えていると返事を差し上げられません。


【編集後記】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  今月は雑用が多く、発酵が遅れてしまって申し訳ありません。

  雪の後に大寒波が来ている八ヶ岳です。
  雪そのものは言われていたほどの大雪ではなく、4年前の豪雪の教訓
  からか、行政の除雪対応も良くて助かっています。
  とは言え、最低気温はマイナス10度台に突入しています。
  こうなると平地より2〜3枚多程度では間に合いません。完全に寒冷地
  仕様の服装が必要です。

  特に車の冬支度は絶対に忘れないで下さい。
  雪が降らなくても路面凍結は当然ありますので、スタッドレスタイヤ
  の装着は必須です。冷却水のクーラント(不凍液)も古くなったり、
  濃度が下がっていると凍ってしまいますよ。
  詳しくない方は、行きつけの整備工場やガソリンスタンドなどで相談
  することをお薦めします。

  それと、ディーゼル燃料は凍るのですよ。
  寒い地域のガソリンスタンドでは、冬季は凍結防止剤を入れた軽油を
  黙っていても給油してくれますが、暖かい地域のスタンドでは無理。
  ですから、ディーゼル車に乗っている人は、こちらに到着したら一晩
  経たない内に必ず給油をしてください。
  それをせずに燃料タンクからキャブレターへ向う燃料パイプを凍らせ
  てしまった車を見たことがありますが、先ず当分は走れません。
  燃料パイプは車体の下側にあるので、お湯をかけることも出来なくて
  修理工場にレッカーするしかなくなります。

  準備を整え、安全第一で八ヶ岳へお出かけください。

  やつねっとの情報はFacebookページでも発信しています。
  Facebook会員でなくてもご覧になれますので、是非アクセスしてみて
  ください。 URLは https://www.facebook.com/yatsunet です。

                     (編集長・DEBBY SHIMIZU)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

           編集・発行/八ケ岳通信編集部
    ご連絡は http://yatsugatake.net/mailform/form01.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




 「八ケ岳通信」は、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行
 しています。( http://www.mag2.com/ )
-------------------------------------------------------------------------------------
 

ついでに読みたい

八ケ岳通信

発行周期:  月刊 最新号:  2019/03/16 部数:  1,409部

他のメルマガを読む