八ケ岳通信

[八ケ岳通信] 10月号 第229号 2017.10.17

カテゴリー: 2017年10月17日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   八ヶ岳通信・9月号 [Yatsugatake News] 第228号 2017.9.17

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 東日本大震災ならびに福島第一原発の放射能災害のために避難生活を続けて
 おられる皆様。熊本の地震で被害を受けた地域の皆様。
 すべての皆様に、一日も早く平安な日々が戻ることを祈っております。

 「八ヶ岳通信」は、八ヶ岳ネットワークが、無報酬で取材、編集、発行する、
 八ヶ岳高原の地域と観光の情報誌です。 月刊で、購読は無料です。
 現地からの生情報としてお役立てください。
 以下のホームページもご利用ください。
 ●やつねっとホームページ     http://yatsugatake.net/
 ●メールマガジン八ヶ岳通信    http://yatsugatake.net/magazin/
 ●やつねっとのFacebookページ  http://www.facebook.com/yatsunet

 ★ご挨拶★
  1998年に「八ヶ岳ペンション通信」としてスタートして以来続けてきた観
  光情報中心の内容でしたが、単なる観光情報から、地域との繋がりの中で
  の地域を知る情報や楽しむ情報が自然と増えてきていました。
  昨年より全体構成を見直し、従来の「特集」「トピックス」という括り方
  ではなく、私たちスタッフの八ヶ岳ライフを知っていただくことで、読者
  の皆様にも八ヶ岳により親しんでいただけるような内容を目指しています。
  もちろん観光情報が無くなるわけではなく、観光客と地域在住者や移住者
  という隔てを取り払ったメルマガになっていければと思います。

【コンテンツ】

  ★ 第九回八ヶ岳UFOコンベンション
          〜2017年宇宙の旅・CONTACT〜
  1. Nakaのアウトドアライフ
     八ヶ岳のアウトドアガイドがお届けするお薦めアウトドア情報。
     ・20回 実りの秋 収穫祭目白押し!!
  2. 多賀屋の八ヶ岳与生(タイトル変更)
     「余生」ではなく「与生」を加齢に・あ、華麗に楽しむ四方山話
     ・今回は「人の死に方」についての考察
  3. 風路の見・味(みみ)より情報
     ペンションの主が集めた新鮮情報です。
     ・衆議院選挙
     ・月下草舎ライブ
      その他
  4. 森のキコリ日記
     家造りのプロ、キコリが感じた設計・施工の内緒の裏話等々。
     ・八ヶ岳南麓の家の建て方(18)
        「屋根の寿命」
  5. こどもと暮らす八ヶ岳
     ただいま絶賛子育て中!八ヶ岳南麓で子供と暮らすあれこれ。
     ・第21回 子育て支援センターなど
  6. 八ヶ岳鉄分強化研究所
     地域の鉄道を知ると地域の歴史や文化が見えてくる。
     ・中央線各駅停車 40 中央線「猿橋駅」
  7. ろんちーの八ヶ岳移住日記
     北杜市高根町に定住して5年半。ここに至る移住の記録を。
     ・第二十回  八ヶ岳チワワな生活その九 「反省の日々」
  8. はからずも生涯現役
     最初の目論見とは違い、はからずも現役をしています。
     ・その3 消防法に基ずく立ち入り検査
  9. こり庵のコリコリ日記
     八ヶ岳に憧れ続け、流転の果てに住み着いた指圧師「こり庵」
     ・第7回 老人病院で孤軍奮闘
 10. 八ヶ岳いろいろリンク集
     歩いたり婚活したり何でもありのリンク集です。
 11. スタッフの勝手にPRコーナー
     記事を書いているスタッフの本業も少しは知ってくださいな。
 12. クイズ・ここは何処でしょう その161
     好評連載中! ちょっと難しくなったかな?
 13. 編集部から      本紙記事の転載について
               コンピューターウイルスにご注意を
               やつねっとへの連絡方法

【巻頭特集】

 ■第九回八ヶ岳UFOコンベンション
            〜2017年宇宙の旅・CONTACT〜

   皆さん空を見上げてますか? 八ヶ岳の昼の空は八ヶ岳ブルーと呼ばれ
   る青く濃密な気体に満ちています。夜の空は透明な黒曜石の中を、まる
   で何かを伝えに来たように瞬く光であふれています。
   昼夜分かたず八ヶ岳上空に降り注ぐ138億光年からの手紙。私達はこの
   「手紙」に触れたいと、空を見上げる仲間を募りました。

   2009年から始めた私達の「宇宙の旅」は「宇宙を飛来している手紙」を
   キャッチし、読み解くことを楽しむ集まりです。それから8年、共に空
   を見上げてくれる仲間は増え「宇宙からの手紙」を解読してくれる仲間
   も増えました。今年はどんな仲間がどんな解読を披露してくれるか、と
   ても楽しみです。
   皆さんと一緒に空を見上げましょう。そして手紙を読み解きましょう。
   ご参加お待ちしています。

  ・第九回八ヶ岳UFOコンベンション
       2017年宇宙の旅《コンタクト》〜その日開かれる宇宙の扉〜
  ・開催日/2017年12月2日(土) 13:00〜22:00
  ・会場/清里 萌木の村オルゴール館 レストランロック
  ・参加費/¥11.000
  ・出演/(1)グレゴリーサリバン
       世界共通ETコンタクトワーク「EC-5コンタクト」を全国的に
      展開し、新しい宇宙観を根づかせようと活動している。
      (2)中津川昴
      UFOコンテクティー。アメリカの心理学者ゲリー・ポーネルに師
      事。「アカシックレコードが明かす人類創生の秘密と驚愕の未来」
      他著書多数
      (3)平澤真希
      魂のピアニスト 今回は木内鶴彦氏の映像と共に「ピアノと映像
      で綴る宇宙の旅」を実現しました。
  ・レストランロックの美味しい食事を楽しみながら、あなたも「その日開
   かれる宇宙の扉」を見上げてみませんか。
   詳細と、お申込みはこのHPからどうぞ。
    http://8ufo.net/
                           (文責 S・多賀)

【Nakaのアウトドアライフ】

   八ヶ岳のアウトドアガイドがお届けするお薦めアウトドア情報。
   道具は二の次。でも、北海道生まれのNakaがこの八ヶ岳で生きている様
   がアウトドアライフなんだということで、読んで頂ければと思います。

 ■第20回 実りの秋 収穫祭目白押し!!

   山は紅葉が日に日に進みつつあります。そんな地元で10/1に「グラン
   フォンド八ヶ岳」が開催され、私なかも125kmのサイクリングに挑戦し
   て来ました。9回目の大会の中でも一番の天気となり、かつ朝7時の清
   里で寒くないという絶好のコンディション(笑)、1500名を超えるサイ
   クリストがチャレンジ。
   今年はついに小淵沢のループ橋を下り、国道20号線を横切り、白州・
   武川まで足を伸ばすコースとなり、北杜市の全町を廻る事に。お陰で
   獲得標高は2350mともなり、超一級のコースに。
   私はスタート時間に30分遅れたものの、その後真面目にいや懸命に走り、
   午後4時に無事ゴール。津金の海岸寺の激坂を押して上っていた方の多
   くは終了時間の5時に間に合わなかったのではと心配するくらい難しい
   コースでした。
   でも各所のエイドステーションでは大福、ケルンのコーヒー、シャト
   レーゼのアイス、武川の新米のおにぎり、明野のりんご、M1の甘藷パイ、
   レタスそば、清里の花豆など郷土食いっぱい。参加者も喜んでいました
   が、一点だけ問題が・・・。給水所の水がカルキ臭くて悪評。
   きっと体育館、公民館の普段使っていない水道水をそのまま汲んだので
   しょう。地元民としてはとても残念な言葉でした。

   さあスポーツそして収穫の秋。あちらこちらで収穫祭も目白押し。
   記事を書いている10/14-15は清泉寮の「カンティ祭」が。
   翌週の10/20-22は白州の台ケ原で骨董市も有名な「台ケ原市」が開催さ
   れます。
    http://kinseiken.co.jp/news/3150
   そして10/28-29は長野県原村の八ヶ岳中央農業実践大学校で「原村まる
   ごと収穫祭」が開催されます。
   https://www.vill.hara.lg.jp/docs/1686.html
   ハロウィンかぼちゃの生産をしている大学校、かぼちゃコンテストやふ
   れあいマーケットでは新鮮野菜や地元特産品、クラフト、フードなどを
   販売。珍しい農業機械や除雪機の展示も楽しめます。とん汁の振る舞い
   コーナーもあり、一日楽しめます。
   私なかも白樺の木工品やトナカイさんを作成して出品しますのでぜひぜ
   ひ遊びに来てくださいね。
      
   さあ、冬はあっという間にやってきます。お天気すっきりの秋の八ヶ岳
   へぜひぜひ遊びに来てください。寒い日もあるので厚着をしてね。
   ちょっと不安でしたら私なかがご案内いたしますので、こちらまでご連
   絡ください。    http://naka-soto.jp/
   では素敵な秋をお楽しみください。
                               (Naka)

【多賀屋の八ヶ岳与生】 

   〜「余生」ではなく「与生」を加齢にあ、華麗に(^^;楽しむ四方山話〜

 ■「人の死に方」についての考察

   あるお祖母ちゃんの死に方のお話です。彼女は間もなく100歳になろう
   という元気なお祖母ちゃんでした。しばらく前から具合が悪く、身内の
   者はいつXデーが来るか、それなりの心の準備をしていました。
   といっても別にお祖母ちゃんは寝たきりで意識がない、という訳ではな
   く、付き添いがあればトイレにも歩いていけて、食事もきちんと自分で
   食べられて、看病をしに来てくれた自分の娘達には布団の中からあれこ
   れ指図をする、という相変わらずの肝っ玉母さんぶりでした。
   しかし、ついにその日がやってきました。その日当番で見舞いに来た娘
   からみれば、弱って来たとはいえ元気な母親で、「何か丸いものを食べ
   たい」と無理を言うくらいな様子でした。が、「サクランボが欲しい」
   という季節外れの難題に、さすがに「もしかしたらこれが最後の要求か
   も?」とピンときて、「はい、今買ってきますね」と言って、スーパー
   でブドウを買って、帰ってきました。お祖母ちゃんは丸いものを美味し
   そうに食べ、次に「トイレに連れてって」、といったそうです。

   お祖母ちゃんは、長生きしたおかげで様々な人の死に目というものを見
   てきました。
   死ぬ瞬間、人の体内の臓器は緩み、体の穴という穴から液体が流れてく
   る、というのが人の死を沢山見て来たお祖母ちゃんの実感で、自分はそ
   ういう目にあいたくないというのが、お祖母ちゃんの口癖でした。
   オシッコもウンチも、ヨダレも鼻水も一度に出るのだそうです。布団は
   汚れ、体も汚れ、残された人に大迷惑をかける、というのです。
   だからでしょうか、お祖母ちゃんは数日前から、シーツの下にビニール
   を敷いてくれ、紙おむつを用意してくれだのと、あれこれ娘たちに訴え
   ていたそうです。

   丸いブドウを食べ終わり、娘にトイレに連れて行って貰ったお祖母ちゃ
   んですが、もうその時点では一人では座れなくなっており、娘がパンツ
   も下げてやりヨイショっと便座に座らせた瞬間、便秘気味だったお祖母
   ちゃんが勢いよくドバーっと、本当に体内の液体という液体を全て出し
   切ったかのような排泄をいたしました。
   あまりの勢いに娘は「よかったね〜お祖母ちゃん、これで便秘も・・・」
   と言い終わらないうちにお祖母ちゃんは首をガタっと娘の肩に落とし、
   安らかに息を引き取ったのだそうです。

   まさに本懐を遂げたかのような死に方に、娘は大感激。お祖母ちゃんを
   そこにそっと座らせ、医者を呼び、親戚中に連絡を終え、今までお祖母
   ちゃんが寝ていた布団の所に戻って、さらに驚いたことがあったのです。
   さっきまでなかったハズの小さな紙きれが、枕元に置いてありました。
   そっと開いてみると、小さな紙切れに、くしゃくしゃではありましたが、
   紛れもなく自分の母親の字で、子供達一人一人に宛てた言葉が書かれて
   ありました。娘は涙で読めなかったそうです。

   感謝の言葉を述べ、布団を汚すことなく、悠然と旅立っていったこのお
   祖母ちゃんの話を聞いた時、私は「丸いものが食べたい」と言って、自
   分だけの時間を作ったお祖母ちゃんの心の余裕と配慮に感動しました。
   人は死ぬ時、こんなにも見事な振る舞いができるのだろうか。私自身は
   果たして・・・。
   亡くなる当日まで冷静な判断力と行動力を示せたお祖母ちゃんに敬意を
   表しつつ「人の死に方」について、しばし考えた秋の夜長でありました。
   お祖母ちゃんのご冥福をお祈りいたします。
                          (文責 S・多賀)

【風路の見・味(みみ)より情報】

   小淵沢のペンションの主が集めた新鮮情報をどうぞ。
   今月は何故か衆議院選挙と重なるイベントが多い・・
   是非期日前投票に行って、安心して参加してね。

 ■衆議院選挙!選挙割やっています。

   小淵沢のペンション風路では、「投票しました」と言ってくださったお
   客様にドリンク一杯サービスいたします!
  ・有効期限/2017年12月31日まで

   期日前投票も簡単にできます。投票権を忘れても大丈夫。
   10月22日(日)はこの国の未来を決める大事な選挙。
   結果しだいでは、この国の憲法を変えてしまうことになりそうです。
   与党の優勢が伝えられていますが、その憲法案を知っていますか?
   今の憲法の3つの柱「平和主義・国民主権・基本的人権の尊重」
   それがどう変えられようとしているのか、変えられてもいいのか
   よくよく考えて、選挙行きましょう!
   子供や孫たちの世代によりよい未来を手渡すためにも!

 ■月下草舎ライブ

   バロックコンサート「デュオ・リュタン」
   木村夫美(ヴァージナル)
   朝倉未来良(フラウト・トラヴェルソ)
   バード:鍵
   スヴェーリング:我が若き生命終わりぬ
   ヴィヴァルディ:ソナタ集「四季」
  ・日時/10月22日(日) 14時開演
  ・入場料/2500円
  ・場所/小淵沢ペンション月下草舎
  ・問い合わせ/0551‐36ー4801

 ■台ケ原宿市

   年々賑やかになる台ケ原宿市。
   たくさんの骨董やクラフトのお店が並びます。
   獅子舞ならぬ虎舞というのもあるそうです!
  ・日時/2017年10月20日(金)・21日(土)・22日(日)

 ■スパティオFUNウォーク

  ・日時/10月22日(日)9:00〜12:00
  ・会場/スパティオ小淵沢
  ・コース/2コース
       ・ショートコース3km/ホーストレッキングロード
       ・ミドルコース5km/モミの木と井詰湧水
  ・時間/8:00受付開始 9:00出発
  ・参加費/¥1.000(冊子 入浴券 飲み物付き)
  ・主催/スパティオ小淵沢
   ガイドが付き、のんびり話を聞きながら歩きます。
   歩いた後は温泉にどうぞ。

【森のキコリ日記】

   「森のキコリ日記」のコーナーでは、川崎市から30年程前に移住してき
   た私こと「キコリ」が普段感じた事や仕事であるログハウスや木造建築
   の設計・施工の裏話等を赤裸々に(笑)お話ししていこうと思います。

 ■八ヶ岳南麓の家の建て方(18)「屋根の寿命」

   今回は最近、特に相談の多い屋根の補修についてお話します。
   今から30年程前、まだバブル全盛だった頃、八ヶ岳南麓にも多くの方が
   自然に憧れて家を建てました。その中でも特に別荘の方の多くの家の屋
   根に採用されたのがアスファルトシングル屋根でした。
   砂粒みたいなものが表面についたザラザラした素材の屋根材です。
   最近でもホームセンターなんかに行くとご自分で出来る小屋の屋根用と
   して販売されています。

   しかし、このアスファルトシングル葺きはやっかいなのが、表面がザラ
   ザラしているので雪がついても中々落ちないし、枯葉が積もるとこれも
   中々落ちない。そしてこの屋根材というやつはシングルに限らずどうし
   ても紫外線や風雨の影響にさらされて劣化していきます。

   さらに追い打ちをかける様に最近は突風が吹くようになってこの軽い屋
   根材は飛ばされる事例が多くなってきました。
   どうしても劣化が進んでいくと、素材が硬く変形して折れやすくなって
   しまいます。
   これはどの屋根材でも言える事です。最近のガルバリウム鋼板や防災瓦
   は性能が進んで劣化しにくくなっていますがそれでも永遠に大丈夫なん
   て事はあり得ません。

   そこで屋根の葺き替えが必要になってきます。ここで問題になるのが足
   場です。屋根の勾配がきついと家の周りだけではなく屋根にも屋根足場
   という別の足場が必要となり手間も割高になります。

   そこで「どうせ足場を架けるなら、塗装の時に一緒に屋根の葺き替えも
   やってしまおうという事になります。

   今年も春先から一年中、屋根の補修工事の依頼が続いています。
   特に森の中に建っている家は、枯葉が積もったりして劣化が進みやすく
   注意が必要です。

   たまには自宅の屋根を見上げて「うちは大丈夫かな?」とじっくり調べ
   てみて下さい。たまに樋の中に枯葉が積もってそこから芽が発芽して木
   が生えてきたなんて事もありますぞ。
                              (キコリ)

【こどもと暮らす八ヶ岳】

   静岡から移住して11年。移住理由は八ヶ岳南麓が好きなのと、暑いの
   が嫌いだから。半主夫をしながら八ヶ岳ライフを満喫中。
   ただいま絶賛子育て中の私”KAN”が八ヶ岳南麓(特に北杜市)での
   子供と暮らす中での思ったこと、感じたことを書き綴っていきたいと思
   います。

 ■子育て支援センターなど

   八ヶ岳もここ数日、季節外れの暑さが続きげんなりしていたら雨が降っ
   て急に気温が下がったりと、体に負担がかかる気候が続いています。
   こんな時は子供達の体調管理には十分注意しなければなりません。親と
   してはちょっと一苦労ですね。

   先月号で長男Sが保育園を退園したと書きましたが、今はどうしている
   かというと、子育て支援センターを利用しています。
   子育て支援センターは各市町村に1つはあると思いますが、北杜市は合
   併した経緯もあり、現在は8ヶ所あります。結構広い北杜市では設置数
   が多いのは家の近くにあるということなので便利です。

   利用したことの無い方に簡単に説明すると、子育て支援センターは行政
   が提供する無料で使える子供達の遊び場、といったところでしょうか。
   施設によって設備は異なりますが、我が家の近くのセンターはちょっと
   ・・・って感じですw 近隣の韮崎市や茅野市などは遊具などの設備は
   かなり整っています。
   また、毎月何日かイベントを催しており(有料イベントもあります)こ
   れらに参加するのも楽しいです。もちろん保育園ではないので保護者同
   伴です。イベントは市のHPでも確認できるので、自分たちで気に入った
   ものに参加することができます。我が家も、お菓子作りや工作などに参
   加しています。
   もちろん、イベントの無い日でも子どもと一緒に遊べます。何回か行っ
   ていると子どもにも親御さんにも友達が出来るいいきっかけになるかも
   しれません。

   もうひとつ、北杜市には月一回”のびのび教室”というものがあって、
   市の子育て担当の職員や保健師、保育士などが行う、親子で楽しめるプ
   ログラムです。
   一緒にお遊戯やゲーム、絵本の読み聞かせなどをします。最後には保健
   師と子どもについて相談などが出来る時間もあり、親御さんの子育てに
   関する不安なども解消できるかもしれません。
   我が家は、ちょうど開催日が僕の休日と重なるので、家族4人で参加し
   ています。もちろんこれも無料です。

   というわけで、こんな感じで我が家は今、保育園の代わりに家だけでな
   く遊んでいます。もちろんこれら以外のも外に遊びに行ったりしていま
   すが、北杜市やその近辺ではこの秋、週末ごとのイベントが目白押しな
   のでそれにも行こうと思っています。
   それについてはまた次号でお話します。
                              (KAN)

【八ヶ岳鉄分強化研究所】

   八ヶ岳鉄分強化研究所は、所長(Shimizu)の趣味的な鉄道ネタです。
   鉄道というものは昔から地域の発展や地域外との交流など、色々な面で
   地域との繋がりがとても強いものです。
   鉄道を知っていくことで、地域の歴史や文化、地域そのものを知ること
   になるし、地域での暮らしを楽しむことになるのではないでしょうか。

   既に、小淵沢駅から長野方面は篠ノ井線の松本駅まで、辰野支線を含め
   た全駅のご紹介が済み、現在は上り列車に乗っています。

 ■中央線各駅停車 40 中央線「猿橋駅」

   甲府から東京方面に向かって12駅目の猿橋(さるはし)駅です。
   1902(明治35)年に、猿橋(えんきょう)駅として開業しました。
   1918(大正7)年に、駅名の読みを「さるはし」に変更しました。

   1997(平成9)年に、木造の旧駅舎・跨線橋を撤去し、橋上駅舎が建設
   されました。
   この時は北口(国道20号線側)のみで、翌年に南北自由通路と南口が利
   用できるようになりました。

   業務委託駅で、自動券売機と簡易Suica改札機が設置されています。
   島式ホーム1面2線のホームと複数の側線、留置線があります。
   また、旧駅舎からの出入り口があった単式ホームが残されています。
   一日の平均乗車客数は1,400人ほどです。

   相模川(桂川)の右岸段丘にある駅で、細長く狭い平地に川と線路、道
   路が全て東西に走っています。
   駅の東1.2キkmほどの所に日本三奇橋の一つとされる「猿橋」があり、
   街の中心地もそのあたりです。
   駅周辺は住宅地で、国道沿いに数軒の商店があります。

   猿橋駅の写真が下のURLにあります。
    http://kumapapa.jp/blog/?p=15487

   猿橋の写真はこちら。
    http://kumapapa.jp/blog/?p=15503

   次回は鳥沢駅をご紹介します。
                            (T.Shimizu)

【ろんちーの八ヶ岳移住日記】

   北杜市高根町に定住して5年半近く経ちました。ここに至る移住の記録
   を、頼りにならない記憶を頼りに記してみます。

 ■第二十回  八ヶ岳チワワな生活その九 「反省の日々」

   北杜市に移住してきて約5年半、その間我が女房殿はチワワ三昧の生活
   を続けています。
   その間私は何をしてきたか。

   そこでまず出る言葉が「反省の日々」となります。
   移住直後は右も左もわからずオタオタと色々な事をこなして来ました。
   ただし生活の生業となる商売は続いています。なんとかこの地でも仕事
   を続けさせてもらっている以上得意先には迷惑をかけられません。一人
   自営業者なので休暇などとれるわけもなく(客先の休日にかけて2〜3
   日ぐらいは取ります)仕事は続いています。
   仕事そのものは注文書がFAXで来たら下請けさんに手配をする。印刷
   データが来たら点検修正などをして業者にデータを送る。納品書請求書
   を書く。こんなものです。もちろん電話での打ち合わせや1〜2ヶ月に
   1回ぐらいは得意先に出かけます。地元では営業活動はしていません。
   そんな細々とした営業ですが、いつ電話がかかってくるかわかりません。
   またデータがいつ流れてくるかも決まっていません。事務所は自宅なの
   でいつでも家にいることがわかっているので夜遅くでも、朝早くでも電
   話が来ます。今は携帯なので家にいなくてもいいのですが、ほとんど家
   で待機みたいなものです。
   最近は仕事の流れも順調ですが、土日休日以外はあまり休みません。
   しかし、いつも仕事が来るわけでも無く一日中何もしないでぶらぶらし
   ている時もあります。半日ぐらいは買い物や近所の見物等は時々出かけ
   ます。まあ、のんびりとした生活です。

   そんな生活が5年半続いたのですが、問題が出てきました。足腰が急に
   弱ってきたことです。買い物やお出かけは全て車です。ほとんど歩きま
   せんでした。散歩などもほとんどしませんでした。
   それが祟ったのでしょうか歩くのが苦手になりました。我が家の立地は
   斜面です。歩き始めるとまず坂を上るか下りるかのどちらかです。で、
   ついつい散歩しなくなりました。
   今から7〜8年前には毎朝4キロほどウォーキングをしていました。
   その頃は道路のアップダウンも少なく毎日歩いていました。ところが、
   遊びに行った先で膝の靱帯を痛めてしばらく松葉杖生活をしました。
   それから散歩はしなくなり、散歩の習慣が消えてしまいました。

   現在は歩けない訳ではありませんが、長く歩くのがつらいのです。歩く
   ときはステッキが楽です。仕事で東京方面に出かける時は旅行用のキャ
   リーバッグが欠かせません。取っ手を引き出してゴロゴロと転がすバッ
   グです。荷物が無くてもゴロゴロと押して歩いています。

   せっかくいい環境の所に引っ越して来たのに窓から、庭からの景色で満
   足しています。あとは車での景色を楽しんでいます。
   これではダメですよね。これが反省点です。

   これでは良くないと一念発起して今年の4月から大泉の金田一図書館の
   横にあるプールに週に2回ほど水中ウォーキングに通っています。
   まだまだ効果は出てきませんが続けたいと思っています。しかし11月
   でプールが終わりになるようです。来年の4月まで休業のようです。
   冬の間何をして足腰を鍛えようか検討中です。
                             (ろんちー)

【はからずも生涯現役】

   73歳、老老の身、そろそろ卒業したいがまだ現役でペンション頑張っ
   ている。ほんの少々のプライドを保つためには少々は働かねばならぬ。
   それではペンションの日々の出来事などを面白半分で記してみましょう。

 ■消防法に基ずく立ち入り検査

   過日、地域の消防署より2名が来館し、立ち入り検査がありました。
   30年程ペンションをやっていますが確か20年以上前に1度来たよう
   に思います。あまりに昔でその時の内容は全く覚えていません。
   30年で2回目と言うことでしょうか。
   この法律についてはよく知りませんが、人の集まるような建物には一般
   の個人の建物よりも厳しい規則があるようだ。
   (旅館、ホテルやペンションもこれに含まれるらしい)

   立ち入り検査により少なからずの不備、違反が指摘されました。
   私はそのことについて批判やとやかく言うつもりは在りません。法律は
   必要だからあるのだし、守られなければ意味がありません。守られずに
   火災が起こっている事実もまたあるからです。
   今、淡々と改善の対処をしている最中です。
   (ただ改善のためにはお金がかかるのが貧乏老人には辛い)

   不備、違反の一端を私と同じように消防法に無知な方々の為に事実を記
   してみましょう。 
   知っていればその時々で対処できたと思う面があるからです。
 
  ・窓のレースカーテンが「防炎」仕様でない。
   レースカーテンは古くなり5年ほど前に交換しました。
   その時知らずに一般仕様のものにしてしまった。
   これは20箇所ほどあり平均1枚約5000円。 トータル約10万円。

  ・消化器
   耐用年数は10年程だが期限が過ぎていた。
   7か所。 約4000×7=28000円

  ・自動火災報知機の電球切れ。
   火災報知器には赤く光る部分がある。 2か所が電球切れ。

  ・誘導灯
   館内に5箇所有るが中の蛍光灯が劣化で暗いものあり。また停電の時に
   光らせるための電池が耐用年数を超えているのか光らない。

  ・少量危険物(灯油などの危険物の品名、容量など)の表示盤の字が劣化
   で全く消えている。

  ・増築の小屋の火災報知設備無。
   庭に20平米くらいの泊まれる部屋を建てた。
   消防法に基ずく届け出がしておらず、火災報知設備(火災報知器やその
   他の消防設備)も付いていない。
   宿屋の場合、各部屋、場所の個々の火災警報警報器は、プライベート
   ルームなどに繋げられ1か所で表示されている。
   増築すると結構後から繋ぐのが面倒である。
   小屋の届け出書を出す必要あり。
   また火災報知設備を付ける必要あり。(現在業者に設置依頼中。費用は
   まだ不明、数万円かかるだろうなあ)

  ・物置に火災警報器無。
   裏の勝手口出口に2×2メートルの物置を付けた。
   基礎がちゃんとあり、母屋に付随しているので宿屋の場合小さくても火
   災警報器の設置が必要。(個人住宅では全く設置の必要なし)
 
  ・点検報告
   消防設備等の点検を行い、1年に1回北杜消防所長に通知すること。
   これは全く知りませんでした。
   しかし他の宿屋さん皆真面目にやっているのかなあ?
  
   その他小さいところいろいろ、法律にのっとり全部改善しようと思って
   います。
   今夜は疲れたのでこの辺で終わりとします。

   ただ最後にちょっとだけ言いたいことは、最近「民泊」を政府は奨励し
   ている。
   オリンピックなども有り「民泊」多いに結構。
   その内容はよく知らないので言いがたいが、どうも規制緩和で消防法が
   「民泊」の場合緩くなっていると聞く。
   それで良いのか。
   「民泊」で火災事故が増えないことを祈る。
                       (ペンション時計館/田島)

【こり庵のコリコリ日記】

   八ケ岳南麓の訪問マッサージ「こり庵」こと岡幹也です。
   なぜ八ケ岳で・・というお話を書いています。

 ■第7回 老人病院で孤軍奮闘

   八ヶ岳南麓という素晴らしい場所を知り、千葉県松戸から産まれ故郷の
   埼玉に戻り地元の病院に就職します。
   現在の仕事にも繋がる老人病院でした。
   足腰の弱ったご老人の方々が多く来院し、ほぼほぼ寝たきりの方々が入
   院している病院でした。
   仕事は膝、腰の疼痛の緩和マッサージや筋力増強のリハビリ寝たきりの
   方の入浴補助、其れに共なう温浴療法などです。

   夜間勤務も月一回有りました。
   どうゆう訳か自分が夜間勤務した日に限って入院患者さんが亡くなりま
   した。
   痩せ細く成った、おじいちゃん、おばあちゃんが一人では動かせない程
   重くなるんです。
   そんな経験を若い頃に実感しました。

   そんな孤軍奮闘している時期リフレッシュしてくれたのが八ヶ岳南麓の
   ペンションチップトップでした。
   当時乗っていた48年式ニッサンフェアレディーZ(2シーター)で2人で来
   ました。(当時付き合っていた彼女)

   一年半程病院勤務した後、病院長とリハビリの方向性の違いから辞める
   事になりました。
   辞めたはいいが後先考えずに辞めたのでこりゃ困ったなと、さてどうし
   ようかと思いつつ思案して思い付いたのが八ヶ岳でした。

   今回はこのへんで次回お楽しみに。
                            (こり庵/岡)

【八ヶ岳いろいろリンク集】

 ■八ヶ岳フォトフェスタ
  恵まれた自然を有する八ヶ岳周辺は、移住先、旅行先の候補としても注目
  される場所となっています。しかし同時に環境に関わる色々な問題も発生
  しています。写真コンテストやワークショップを通じ、あらためて八ヶ岳
  周辺地域の環境の良さを確かめ、世界に向けて発信するきっかけにしたい
  と思います。
   http://photo.yatsugatake.net

 ■婚活de八ヶ岳推進委員会
  「本気×気楽」「幸せ創生」を合言葉に年間約40回の体験型婚活プログラ
  ムを実施しています。「八ヶ岳に移住したいから」という参加動機も最近
  増えてきており、日本中から応募があります。
  地元の方も地元でない方も、一緒に幸せを創生していきましょう。
   http://konkatsu8.com/

 ■八ヶ岳歩こう会
  八ケ岳の山麓・里山を中心に歩くウォーキングの会です。原則として予約
  無しで参加できます。プログラムを見て集合場所・集合時間通りに来て下
  されば、どなたも歓迎です、一緒に里山ウォーキングを楽しみましょう。
  参加費は基本500円。雨具・お弁当・飲み物をご持参下さい。
   http://ywa.jp/

 ■そろんそろんフットパス
  5km程度の短い距離を、ガイド(道守)さんの案内で歩きます。
  月に1〜2度の開催で、どなたも参加できます。「町歩き・里歩き」が趣旨
  ですから思わぬ郷土発見・地元発見があり、案外知らなかった身近な「宝」
  に出会うことが多いです。
   https://www.facebook.com/soron.footpath


【スタッフの勝手にPRコーナー】

   メルマガの記事執筆や編集をボランティアでやっているやつねっとの
   スタッフですが、それぞれいろいろな本業を持っています。
   何をしているのかな? ちょっとPRさせていただいてもいいですか?

 ●デザイン、写真、画像、ウェブ制作、サポート、KUMA GRAPHICS
  http://kuma.graphics (やつねっとカンパニー/清水=くまぱぱ)

 ●婚活企画・運営、フットパス企画・ガイド、余生相談・万引受
  http://www.pairhat.jp/(多賀屋/多賀)

 ●八ヶ岳でのアウトドア体験。夏はサイクリング、ウォーキング、トレッ
  キング、冬はスノーシュー。 森の中とっておきの秘密の場所へお連れ
  しますよ。 http://naka-soto.jp/  (Naka Outdoors/中川)

 ●ログハウス・木造住宅の設計、施工管理、リフォーム等
  八ヶ岳移住、万相談なら「森のすまい工房」へお気軽にどうぞ。
  http://yatsugatake-assist.jp (アシスト/畠中)

 ●八ヶ岳南麓小淵沢の小さな宿。B&B(1泊朝食)素泊歓迎。夕食も可。
  http://p-furo.net/(ホームページ)
  http://kazemiti.exblog.jp/(ブログ) (ペンション風路/風路)

 ●わんちゃん大歓迎のペンション。ご一緒泊OK。当宿にも愛犬がいます。
  http://pension.or.jp/~tokeikan/ (ペンション時計館/田島)


【クイズ・ここは何処でしょう】

 ■連載その161
     ----今月は、山梨の有名なお寺です。----

  1枚の写真から、その場所をあてる。いたって簡単なクイズです。正解
  率90%は下らないと思われる場所から正解率3%も行かないと思われる場
  所まで、毎月1箇所選んで、出題します。
  正解も同時にUPしますので解答を応募するには及びません。
  ホントは応募してもらい正解率を出したいところですが、正解者に差し上
  げる景品の予算がありませんので悪しからず (〜_〜;)

  読者諸兄の「ここは何処でしょう」の写真もお待ちしております。
  「自分の別荘の写真」とか「ポチの好きな場所」なんかダメですよ。
  八ヶ岳ファンとして面白い場所ならメルマガに掲載させて頂きます。

  ではさっそく今月のココドコをお送りいたします。
  こちらへアクセス→ http://yatsugatake.net/kokodoko/no161/


【編集部から】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 ■本紙記事の転載について
  本誌掲載の情報は基本的に転載可能です。
  ただし、記事の著作権まで放棄している訳ではありませんし、記事の中に
  登場する施設や人物の権利もございます。
  転載を希望される場合には必ず事前連絡をいただくことを条件とさせてい
  ただきます。

 ●八ヶ岳ネットワークのFacebookページを公開しています。
  メルマガ八ヶ岳通信の記事に関連した写真やリンクも掲載します。
   http://www.facebook.com/yatsunet をご覧ください。

 ■コンピューターウイルスにご注意を
  最近のウイルスの特徴として、送信者、感染者の特定を困難にするために
  感染者のパソコン内にある任意のメールアドレスを送信元アドレスとして
  詐称するという点があげられます。
 ・先ずはご自分のパソコンのウイルスチェックをしてください。
 ・ウイルス対策は、インターネットを使う全ての人の義務です。
  感染すると自分が被害者であるだけでなく加害者になってしまいます。
 ・ウイルスソフトは古い状態のままチェックしても意味がありません。
  必ず最新のウイルスデータにアップデートしてからチェックしてください。
 ・詳しい操作方法や情報はウイルスソフトのメーカーのホームページなどを
  見てください。
   http://www.symantec.com/ja/jp/norton/security_response/index.jsp

 ★八ヶ岳通信では掲載情報を募集中です。 価値ある情報は無料で掲載させ
  ていただきます。 地元観光施設の方もぜひご利用ください。
 ★プレゼント用商品などの提供スポンサーは、常時募集しています。


【購読の申込と中止・アドレス変更の方法】★★★★★★★★★★★★★★★

 下記ホームページで購読の申込と中止ができます。 購読料は無料です。
 バックナンバーもご覧いただけます。

  http://yatsugatake.net/magazin/

 ★読者アドレス変更の場合は、やつねっとでは代行できません。
  上記のサイトにアクセスし、ご自身で変更可能です。
  「八ヶ岳通信を購読する」をクリックすると、登録と解除が出来るフォー
  ムが出てきます。
  古いアドレスを解除してから、新アドレスを登録してください。

 ★アドレス変更を編集部にご依頼される方が、時々いらっしゃいます。
  大変申し訳ございませんが、メルマガ発行の「まぐまぐ」では、発行者に
  代理登録の権限はありませんので、ご自身でお願いいたします。

 ■やつねっとへの連絡方法
  1. 八ヶ岳通信の発行アドレスであるmagazin@yatsugatake.netは送信
    専用アドレスとなっております。
  2. magazin@yatsugatake.netに送信されたメールは全て自動的に削除
    されてしまいますので、ご了承ください。
  3. やつねっとへ連絡したい場合は以下のURLにアクセスしてください。
     http://yatsugatake.net/mailform/form01.html
  4. なお、お問い合わせの際はご自分のメールアドレスを正確にご記入く
    ださい。間違えていると返事を差し上げられません。


【編集後記】★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  この10月は雨が多く一気に冷え込んできて、もう晩秋という感じです。
  紅葉もまっ盛りではありますが、もう散ってしまいそうな雰囲気も・・
  天候に関しては、もう「例年」という感覚は通用しないと言われている
  そうですね・・困ったことに。
  とは言え、景色が綺麗で秋は食べ物の美味しい季節です。
  ぜひ八ケ岳の秋を楽しみにおいでください

  やつねっとの情報はFacebookページでも発信しています。
  Facebook会員でなくてもご覧になれますので、是非アクセスしてみて
  ください。 URLは https://www.facebook.com/yatsunet です。

                     (編集長・DEBBY SHIMIZU)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

           編集・発行/八ケ岳通信編集部
    ご連絡は http://yatsugatake.net/mailform/form01.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




 「八ケ岳通信」は、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行
 しています。( http://www.mag2.com/ )
-------------------------------------------------------------------------------------
 

八ケ岳通信

発行周期: 月刊 最新号:  2019/01/20 部数:  1,417部

ついでに読みたい

八ケ岳通信

発行周期:  月刊 最新号:  2019/01/20 部数:  1,417部

他のメルマガを読む