暦のツボ

KOYOMI_Tsubo[Dec-2] 2018 こんな嬉しいことはない(違)

┏━━━━━━ ================================================No.731
┃ ╋━━╋       暦のツボ   12/10号 (毎月10日・20日・月末刊)     *
┃┏╋┓┏╋┓  ------------------------------------------------    *
┃┏━━━━┓  お客様からのお申し込みに従いましてお送りしています。*
┃┣━━━━┫  今号は「酒井」担当号です!             *
┛┗━━━━┛  =====================================================

    12月3日、『ユーキャン新語・流行語大賞2018』が発表され、
     日本女子カーリングチームの「そだねー」が大賞に!

       また『ネット流行語大賞2018』も発表され、
    金賞に「バーチャルYouTuber/VTuber」が選ばれました。

    そして併せて発表された「アニメ流行語大賞2018」は、
         金賞が「安室透(名探偵コナン)」、
      銀賞が「安室の女(名探偵コナン)」の結果に。

     バーチャル&二次元キャラ人気、半端ないって・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          売り切れ間近のアイテムも!
      「SHICO 2019年版カレンダー」好評発売中! !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「SHICO公式ネットショップ」では、2019年度版SHICOカレンダーを
 好評発売中です。

 現在、「スタンドタイポ タテ・White」「陰暦」「七十二候カレンダー」
 「博物画屏風」「和紋カレンダー」の在庫が少なくなってきています!

 気に入った商品を見つけたら、ご購入はお早めに!!

 ☆=============================================================☆
  【 SHICOショップからのお知らせ 】
  年内のカレンダーのお届けは、2018年12月25日(火)朝8時までの
  ご注文分までででございます。
  また、年末の配達状況や天候によっては、期限内のご注文でも商品の
  お届けが年明けになってしまうこともございます。
  年内のお届けを希望される場合は、お早めにご注文ください。
 ☆=============================================================☆

  ▼「SHICO 2019カレンダーサイト」
 http://www.koyomi-shico.jp/

  ▼「SHICO 2019カレンダー公式ネットショップ」
 http://www.koyomi-shico.jp/shop/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------------------------------------------
■この日の由来  2018年 12月11日~12月20日     December / 師走
---------------------------------------------------------------------


11日(火) 先負 [旧暦十一月五日]

  【100円玉記念日】
   1957年(昭和32年)のこの日、戦後初めて100円銀貨幣(鳳凰)が発行され
   た。ちなみに1967年(昭和42年)以降は100円銀貨幣は発行されず、現在
   の100円白銅貨幣にとって変わられた。

  【ユニセフ創立記念日】
   1946年(昭和21年)のこの日、国連児童基金(UNICEF・ユニセフ)の前身で
   ある国連国際児童緊急基金が創立されたことによる。

  【沢庵忌】
   俳諧、詩歌で知られる江戸時代初期の臨済宗の僧、沢庵宗彭(たくあん
   そうほう)の命日。一説に「沢庵漬け」の名称のもととされる。


12日(水) 仏滅 [旧暦十一月六日]

  【バッテリーの日】
   電池工業会が1985年(昭和60年)に制定した。語源を同じとする野球の
   バッテリーのポジションの番号が「1」「2」になることにちなんで。

  【漢字の日】
   1995年(平成7年)、日本漢字能力検定協会(漢検)により制定された日。
   「(12(いい字)12(いち字)」の語呂合わせ。
   京都・清水寺の奥の院の舞台で、森貫主の揮毫により「今年の漢字」が
   発表される。

  【児童福祉法公布記念日】
   1947年(昭和22年)のこの日、15歳未満を対象に就労制限を設けた児童
   福祉法が公布されたのを記念して。


13日(木) 大安 [旧暦十一月七日]

  【正月事始め】
   年神を迎える準備を始めるもので、昔は煤を払い、この日に門松や松飾
   りの材料を山に取りに行くのが習わしだった。現代でも「年用意」とし
   てこの日を祝うところもある。

  【聖ルチアの日】
   眼を守護すると考えられている聖ルチア(サンタルチア)の日。オーナメ
   ントを飾って祝う地域がある。


14日(金) 赤口 [旧暦十一月八日]

  【赤穂義士祭、吉良祭】
   1702年(元禄15年)のこの日は赤穂浪士による吉良邸討ち入りの日。江戸
   本所松坂町にあった吉良邸の一部は現在松坂公園となり、毎年この日は
   元禄市でにぎわう。午前中は義士祭、午後は吉良祭が行われる。

  【南極の日】
   1911年(明治44年)にノルウェー探検家、アムンゼンが世界で初めて南極
   点に達した日。初到達を争ったイギリスのスコット隊よりも、約1か月早
   かった。


15日(土) 先勝 [旧暦十一月九日]

  【年賀郵便特別扱い開始】
   1948年(昭和23年)より、郵便局ではこの日から年賀はがきの特別扱いを
   開始している。25日迄に受け付けられた年賀はがきは元日に配達される。

  【権利章典の日】
   1689年のこの日、イギリス議会で権利章典が制定された。

  【春日若宮御祭(かすがわかみやおんまつり)】(~18日)
   奈良市に所在する若宮神社の祭礼。関白藤原忠通の許可を得て、疫病退
   散・五穀豊穣を目的として始められた。最終日には「後日の能」と呼ば
   れる能が演じられる。


16日(日) 友引 [旧暦十一月十日]

  【電話の日】
   1890年(明治23年)のこの日、東京・横浜間にて日本で初めての電話交換
   事業が開始された。

  【紙の記念日】
   1875年(明治8年)のこの日、元幕臣の渋沢栄一が設立した東京の抄紙会
   社が営業運転を開始したことによる。王子製紙の前身。


17日(月) 先負 [旧十一月十一日]

  【飛行機の日】
   1903年(明治36年)にアメリカ・ノースカロライナ州のキティホークで、
   「ライト自転車商会」を営むライト兄弟が「フライヤー1号」により動
   力飛行機の飛行に初めて成功したことを記念した日。

  【羽子板市】(~19日)
   東京・浅草寺境内で開催される羽子板を売る市。歌舞伎の藤娘や勧進帳
   などの伝統的な羽子板から、今年話題の人物を描いたものなど約5万本
   の羽子板が並ぶ。約50軒の露店が連なり、深夜まで営業している。


18日(火) 仏滅 [旧暦十一月十二日]

  【国連加盟記念日】
   1956年(昭和31年)のこの日、国連総会で全会一致により、日本の国連加
   盟が可決されたことによる。1933年(昭和8年)の国際連盟脱退から23年
   ぶりの国際社会復帰の日ともいえる。

  【東京駅の日】
   1914年(大正3年)のこの日、東京駅が新築、落成した。オランダ・アム
   ステルダム駅をモデルとした、赤レンガ造りの設計は、辰野金吾による
   もの。彼は日本銀行本店旧館(重要文化財)も設計している。


19日(水) 大安 [旧暦十一月十三日]

  【仏名会(ぶつみょうえ)】
   774年、清涼殿に僧を召して行われたのが始まりで「御仏名」「仏名懺悔」
   ともいう。仏の名前をとなえ罪を清めることを目的とした法要。
   845年に宮中の恒例行事となった。すす払いは家の掃除、仏名会は心の
   掃除といわれる。


20日(木) 赤口 [旧暦十一月十四日]

  【道路交通法施行記念日】
   1960年(昭和35年)のこの¥日、道路交通法が施行された。

  【霧笛記念日】
   1879年(明治12年)のこの日、霧深い津軽海峡にある青森県尻屋崎灯台に、
   日本で初めて霧笛が設置された。

  【デパート開業の日】
   日本初のデパートが開業した日。1904年(明治37年)東京・日本橋の三井
   呉服店が三越呉服店と改称し、デパートとしてスタートした。

  【果ての二十日(はてのはつか)】
   12月のこの日は「忌み日」とされ、外出や仕事が避けられてきた。山に
   入ることが避けられる地域もある。

  【シーラカンス捕獲の日】
   1938年(昭和13年)のこの日、南アフリカ東海岸・イーストロンドン沖で
   “生きている化石”シーラカンスが捕獲された。シーラカンスには発見
   者であるラティマー女史にちなんで、ラティメリア・カルムナエという
   学名がつけられている。


---------------------------------------------------------------------
■今月のキーワード                                           【12月】
---------------------------------------------------------------------


【健康】 インフルエンザ、高血圧、感冒、脳卒中、しもやけ、暖房による室
         内乾燥、心筋梗塞、乾布まさつ

【花】  さざんか、カンツバキ、スイセン、菊、はぼたん、シクラメン、サ
     フラン、なんてん

【園芸】 整枝のしごと(ウメ、シダレウメ、コブシ、サンシュユ、シダレザ
     クラ、ツルバラ、ナツツバキ、ハナザクロ)、施肥のしごと(ウ
     メ)、病害虫防止のしごと(クスサン、テンマクケムシ、ブランコケ
     ムシの卵やイラムシの繭とり、ミノムシ、カイガラムシ、テッポウ
     ムシ退治、テングス病枝の切り取り、焼却など)霜除け、落葉や敷
     ワラを焼く、落葉花木の植え替え


※10日配信分では【健康】【花】【園芸】を、20日配信分では【季語】【誕
  生石】【誕生花】を、月末配信分では【自然】【暮らし】をお届けしてい
  ます。


---------------------------------------------------------------------
■今月の旬                                             【12月の野菜】
---------------------------------------------------------------------


【慈姑(くわい)】
 市場に需要の高い12月に多く出回る。栗に似た甘みとほろ苦い味が持ち味。
 「芽が出る」ということの縁起から、お節料理に利用されてきた。シュウ酸
 石灰を含み、特有の苦みがあるので、煮物にする時は茹でこぼす必要がある。
 

【百合根(ゆりね)】
 ユリの球根を食用にしたもので、オニユリ、ヤマユリが一般的。出盛りは12
 月~3月。秋も美味。ユリネはデンプンを主とする炭水化物やビタミンC、リ
 ンを多く含む。酢を落とした湯でかために茹で、茶碗蒸し、和え物、煮物な
 どに使う。 

【カリフラワー】
 1年中出回っているが、旬は10月~3月。ビタミンB1、B2、Cを含み、鉄分も
 多い。茎が伸びすぎず、つぼみが堅いものが良品。茹でる時、酢と塩を加え
 ると白く仕上がり、小麦粉を加えると甘みが抜けない。

【春菊(しゅんぎく)】
 1年中出回っているが、11月~3月頃までが柔らかくおいしい。また、鍋物の
 食材としてよく出回っている。カロチンやビタミンA、ビタミンB2、カルシ
 ウム、鉄分を多く含む。生姜やネギと一緒にきざんで熱い汁に入れて飲むと
 風邪に効くといわれる。

【長葱(ながねぎ)】
 冬場は寒さにあたりネギらしい風味と甘みが強くなる時。ネギの香りは薬味
 やにおい消しとして役立ち、その薬効としてはビタミンB1の血中濃度を高め
 たり、発汗作用や消化液の分泌を高める働きもある。 

【芽キャベツ】
 1年中出回っているが、12月~1月頃は甘みが増しておいしく、値段も下が
 る。ビタミンCを多く含み、レモンの約2倍ほどある。1日に必要なビタミン
 Cをとるには、茹でたものを5~6個食べれば十分。


※10日配信分では「旬の野菜」を、20日配信分では「旬の果物」を、月末配
 信分では「旬の魚」をお届けしています。


---------------------------------------------------------------------
■こよみこらむ
---------------------------------------------------------------------


 今月20日は、1904年(明治37年)、東京・日本橋の三井呉服店が株式会社
 三越呉服店を設立し、顧客や取引先に対して日本初のデパートとして営業
 する挨拶状を発送したことにちなんで制定された「デパート開業の日」。
 そして、大丸、高島屋など、現在も百貨店としておなじみの大手呉服店が
 相次いで改装し、日本のデパートの基礎が作られていきました。

 で、昭和世代のわたしとしては、百貨店といえば、やっぱり屋上遊園地。
 “屋上”ではないですけど、店舗内に遊技施設を初めて作ったのは日本橋
 白木屋呉服店で、その年、なんと1903年(明治36年)。日本初のデパート
 よりも早いんです。中身はシーソーや木馬などだったとか。

 その後、前述の日本橋三越が、約60坪の敷地に噴水や池、藤棚、望遠鏡
 などを備えた屋上庭園「空中庭園」を開園。そして1931年(昭和6年)11
 月にオープンした松屋浅草店に、ついに日本初の常設屋上遊園地「スポー
 ツランド」が登場。

 この「スポーツランド」、海外の有名遊園地と動物園を参考にして、小型
 の動物園や自動木馬、ボウリング、自転車やボートのレースゲームなどを
 設置。そして目玉は、7階建ての百貨店屋上の両端を往復する、流線型ボ
 ディの8人乗りゴンドラ「航空艇」。現在の百貨店にあったとしても、未
 来感たっぷりで、夢のような光景になりそうです。

      (これぞレトロフューチャー!SHICO 酒井 ☆ tsubo@koyomi.com)


====================================================================
当メールマガジンは、お申し込みに従い、
SHICO http://www.koyomi-shico.jp/ よりお送りしています。
配信の中止は http://www.mag2.com/m/0000007429.html でお願いします。
配信先の変更は、旧アドレスを解除後、新アドレスでご登録を。
--------------------------------------------------------------------
当メールの内容による損害等につきましては、一切保証いたしかねます。
六曜と九星は、SHICO発行の「暦注」カレンダーを参考に記載しています。
--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは『まぐまぐ http://www.mag2.com/』(ID0000007429)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------
ご意見、ご要望、記念日関連のリリースはこちらまでお寄せくださいませ。
発行、編集:酒井善宣: tsubo@koyomi.com
Produced by SHICO    http://www.koyomi-shico.jp/
Copyright (c) 1998-2018 DAIICHISHIKO Co., Ltd.
WEB SITE : http://www.lifedesign.co.jp/
====================================================================

暦のツボ

発行周期: 毎月10日・20日・月末(月3回刊) 最新号:  2018/12/10 部数:  2,800部

ついでに読みたい

暦のツボ

発行周期:  毎月10日・20日・月末(月3回刊) 最新号:  2018/12/10 部数:  2,800部

他のメルマガを読む