KISARAGI

KISARAGI vol.989

カテゴリー: 2018年11月04日
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

K I S A R A G I vol.989                              2018/11/04
                                       編集/発行:みやこたまち
                       E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                 http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

 配信システム
KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています
「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/

登録解除の方法
KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして
『購読及び解除はこちら』のフォームをご利用いただくか、
まぐまぐHPへアクセスして下さい。
解除できない場合は、メールして下さい。
--> http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

通信欄:たまさん。鬼谷に落ちて鬼となる:これはガンツの世界だ!!

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

今週のお話

◆  古典へのいざない  [759]
    伽婢子《おとぎぼうこ》[68]  鬼谷に落て鬼となる [4]
    作者 たまさん

◆ 大学ノート狂詩曲 宇祖田都子の話
    第五十三回 敷島記理子 3 
    作者 宇祖田都子

● KISARAGIについて

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

古典へのいざない [759]
伽婢子《おとぎぼうこ》[68] 鬼谷に落て鬼となる [4]
作者:たまさん

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

 山の麓に古い寺があった。軒《のき》が破れて壇《だん》が崩れ、住んで
いる僧も見当たらないが、堂中に大きな古い仏像があるのに気がついた。こ
こに走り込んで「お助けください」と祈り、ふと仏像の後ろに回ると背中に
穴が開いていたため、中に入って姿を隠すことにした。
 遅れてやって来た夜叉《やしゃ》は堂内を探し回ったが、仏像の腹の中ま
では気が回らなかったらしく、しばらくすると立ち去った。
 これで安心だとほっとしたところ、突然、この仏像が足踏みをして拍子を
取り、腹を叩きながら歌い始めた。
「夜叉はこの人間を求めて取り逃がし、我は求めていないのに運よく手に入
れた。今夜の点心(間食)を手に入れた」
 からからと笑いながら堂を出て歩き始めたが、足元の石につまずいてはた
と倒れ、その拍子に手足が砕けてしまった。
 穴から這《は》い出た孫太郎は仏像に向かって罵《ののし》った。
「わたしを食らおうとして罰が当たったのだ。人を助ける仏が結構なことだ」
(続く)
                                  ★

 夜叉に追い掛けられた主人公は、今度は怪しげな仏像に食べられそうにな
りましたが、辛くも逃げおおせることができたようです。

 続きは次回にお届けします。それではまた。

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

ウェブサイト:
 かたかご http://yamanekoya.jp/
 山猫屋本舗 http://yamanekoya.net/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

大学ノート狂詩曲 -宇祖田都子のはなし
第五十三回 敷島記理子 3 
作者:宇祖田都子

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

第五十三回 敷島記理子 3

 お店は、改装工事の真っ最中でした。通りに面したウィンドウはすべてオー
ガンジーのような布がたゆとうように覆っていました。私は肩から提げたカン
バス地のトートバッグを、ぐい、と抱えなおして、「改装中」の札の下がった
扉を開きました。

 叩く音、削る音、破る音の氾濫。カウンターでは、防塵マスクをしたスーツ
の男と、ジーンズとトレーナーというモデルのような、まぁ、それだけでモデ
ルのように見えてしまう敷島さんとが、互いの耳にマスクをくっつけるように
会話をしていました。みんな、揃いのヘルメットを被って…

 「あのおおおお!」

 私は扉から顔を差し入れて、叫びました。が、その瞬間だけ、どういうわけ
でしょうか、工具の音も現場監督らしい人の大声の指示も、ゆうせんのポール
モーリアも、一斉に、沈黙、したものですから、喧騒が止んだ静寂以上の静寂
の一瞬を、私の素っ頓狂な怒鳴り声で、打ち破ってしまったというような、な
んともキマリが悪い状況に…

 そこにいる全員の「?」と若干の苛立ちの、なんというプレッシャー。でも
でも、ここでめげていては、話は進みません。私は、床材を張りなおしていた
職人さんに、会釈をし、壁紙を破っていた職人さんに手を振って、天井の配線
をしていた職人さんには、「お疲れ様です」なんか、言いながら、カウンター
の敷島さんまで、縋る思いで近づいていきました。

 お父さんと海にいった幼い日。初めて足がつかないところまで進んで、お父
さんは言いました。「さあ、ここまで泳いでごらん」私は、えぐえぐしながら、
泳ぎました。泳ぐのがはじめてだから、波があるから、なかなかお父さんの手
を掴むことはできませんでした。でも、お父さんはそのとき、少しずつ、後ず
さりしていたのでした。一人で泳ぐということは、そういうことなんだなと、
幼い日の私には、まだわかる筈のない認識を、今、この「あふらはせを」とい
う新しい看板に向かって、追体験させられる羽目になろうとは…

 「宇祖田さん。いらっしゃい」
 「あ、ヘルメットを被ってください。保安規定なので」

 ようやく父の胸にしがみき、大きく息をついたばかりの私は、さっそくお揃
いのヘルメットを被せらたのでした。(20181104) 

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

星空文庫 過去作品上げていきます https://slib.net/a/20077/

ショートショートガーデン https://short-short.garden/author/808354
(400文字以内のショートショートばかりです)

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノ

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。

タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

なお、発行の都合上、一行の最大文字数は全角で35文字(原則)までです。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いい
たします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

発行者について

編集者 みやこたまち

E-mail :tamachim@yahoo.co.jp

WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

KISARAGI

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/09 部数:  49部

ついでに読みたい

KISARAGI

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/09 部数:  49部

他のメルマガを読む