KISARAGI

KISARAGI vol.987

カテゴリー: 2018年10月21日
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

K I S A R A G I vol.987                              2018/10/21
                                       編集/発行:みやこたまち
                       E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                 http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

 配信システム
KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています
「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/

登録解除の方法
KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして
『購読及び解除はこちら』のフォームをご利用いただくか、
まぐまぐHPへアクセスして下さい。
解除できない場合は、メールして下さい。
--> http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

通信欄:バケツまで洗つてしまひ秋日和

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

今週のお話

◆ "古典へのいざない" [757]
    伽婢子《おとぎぼうこ》[66]  鬼谷に落て鬼となる [2]
    作者 たまさん

◆ 大学ノート狂詩曲 宇祖田都子の話
    第五十一回 敷島記理子 1 
    作者 宇祖田都子

● KISARAGIについて

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

古典へのいざない [757]
伽婢子《おとぎぼうこ》[66] 鬼谷に落て鬼となる [2]
作者:たまさん

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

ある日のこと、孫太郎は敦賀《つるが》に所用があり、たった一人で出掛
けたが、日が高い時分に家を出たため今津《いまづ》川原《かわら》の辺り
で日が暮れてしまった。
 近江《おうみ》国や北の庄《しょう》で兵乱があった後なので人の往来は
まばらで、見知らぬ者に宿を貸してくれる家もなかった。河原の方に出て辺
りを見渡すと人の白骨がここかしこに散らばり、水の流れも寂しく、日がす
っかり暮れて四方の山々は雲に覆われ、立ち寄るべき宿もない。どうしたも
のかと悩んでいると、北の山際に少し茂った松林があったため、ここに分け
入って木の根を枕にして横になった。
 しばらくすると、梟《ふくろう》のすさまじい鳴き声がして、狐火《きつ
ねび》が恐ろしげに光り出した。梢《こずえ》を渡る夕嵐《ゆうあらし》が
身に染み、何となく心細く思いながら周囲を見回すと、七、八つほどの人の
死骸が、西や南に頭を向けて倒れ伏している。蕭々《しょうしょう》と吹く
風に混じって小雨が音を立てて通り過ぎ、空に稲光がひらめいて雷が鳴り渡
ったかと思うと、突然、近くで倒れ伏していた屍《しかばねが》が一斉に起
き上がり、よろめきながら孫太郎を目がけて集まってきた。その恐ろしさは
例えようがなく、慌てて松の木に登った。
(続く)
                                  ★

 仏教をけなし、幽霊なども一切信じないと公言していた主人公は怪異に遭
遇します。生き返った死体が自分に向かってくる様を目の当たりにし、さす
がに肝を冷やしたようです。

 続きは次回にお届けします。それではまた

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

ウェブサイト:
 かたかご http://yamanekoya.jp/
 山猫屋本舗 http://yamanekoya.net/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

大学ノート狂詩曲 -宇祖田都子のはなし
第五十一回 敷島記理子 1 
作者:宇祖田都子

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

第五十一回 敷島記理子 1

「もしもし。あの、覚えていらっしゃいますか? はい。そうです、宇祖田都
子です、一度スタジオでお会いした、はい。ええ。そうです。いえそんなこと…
 それで、あ、今時間大丈夫ですか? お店、定休日? あ、でもお店にいらっ
しゃるんですね。大変ですね。はい。社長さん? あ、手藻蔓さんですね。え
え。だけど、素敵なグラスでしたよ。鸚鵡で。切子、ええ切子のタンブラーで
す。雑貨も置かれるんですか。え? リニューアルオープンの? それじゃ、
やっぱり、お忙しいですね… ZINEのこともお伺いできればと、思ったの
ですが。え?」

「― あの本を鸚鵡に届けたら、あなたから連絡があるだろうからって、社長
から言付かっていましたから―」

「そ、そうなんですか。何でもお見通しって、ちょっと腹が立ちますね… ナ
ンテ。ごめんなさい。ええ。ええ。ね。そうですよね。はい。はい。実はスタ
ジオで資料の複写ができればと思って。その、写真スタジオの知り合いは他に
ないものですから、ご無理を承知で。ええ。そうです。例の大学ノート。はい。
一度。全部見せてもらったわけではなくて、その…… 友人に読み込みアプリ
を作ってもらったので、多分、私のスマホで撮影しないと駄目だと思うんです。
そう。画像データの読み取りには対応してないと思うので…… そうですか、
そうですね。クランプとスタンドがあれば、あとはレリーズのような、自撮棒
とか… オートレリーズ? あるんですか、わぁ助かります。はい。はい。え
とそれで、スタジオのですね、え~ 結構時間かかっちゃうと思うんですけど、
その、一日の使用… 3,000円で? わあ、助かります。二日あれば。はい。
はい。ありがとうございます。助かります。お急がしいところすみませんでし
た。はい。これから、伺います。はい。ありがとうございました」

 ふう。いい人じゃないか、敷島さん。(20181021)
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

星空文庫 過去作品上げていきます https://slib.net/a/20077/

ショートショートガーデン https://short-short.garden/author/808354
(400文字以内のショートショートばかりです)

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノ

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。

タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

なお、発行の都合上、一行の最大文字数は全角で35文字(原則)までです。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いい
たします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

発行者について

編集者 みやこたまち

E-mail :tamachim@yahoo.co.jp

WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

KISARAGI

発行周期: 週刊 最新号:  2019/01/20 部数:  50部

ついでに読みたい

KISARAGI

発行周期:  週刊 最新号:  2019/01/20 部数:  50部

他のメルマガを読む