KISARAGI

KISARAGI vol.983

カテゴリー: 2018年09月23日
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

K I S A R A G I vol.983                              2018/09/23
                                       編集/発行:みやこたまち
                       E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                 http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

 配信システム
KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています
「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/

登録解除の方法
KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして
『購読及び解除はこちら』のフォームをご利用いただくか、
まぐまぐHPへアクセスして下さい。
解除できない場合は、メールして下さい。
--> http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

通信欄:万年筆の日とか。

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

今週のお話

◆ "古典へのいざない" [753]
    伽婢子《おとぎぼうこ》[62]  妻の夢を夫面に見る [3]
    作者 たまさん

◆ 大学ノート狂詩曲 宇祖田都子の話
    第四十七回 切子の土鈴7 
    作者 宇祖田都子

● KISARAGIについて

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

古典へのいざない [753]
伽婢子《おとぎぼうこ》[62] 妻の夢を夫面に見る [3]
作者:たまさん

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

その日、義隆《よしたか》は周防《すおう》国に戻ったが、与兵衛《よへ
え》は夜が更けるまで城に詰めた後に、惣門《そうもん》外にある我が家へ
と向かった。
 雲が空を覆って暗い月の下、見えづらい道を歩いていると、道ばたで半町
ばかりの草むらに幕を張り巡らし、明るい灯火《ともしび》を掲げ、男女十
人ほどが月に浮かれて酒宴をしていた。
「今宵、国主《こくしゅ》が国に戻り、民衆は各自の家で喜んでいるという
のに、いったい何者がこのようなところで宴を催しているのか」
 不審に思った与兵衛は密かに立ち寄り、茂った柳の木にそっと身を隠して
様子を窺《うかが》うと、一座に自分の妻もいて、話をしたり笑ったりして
いた。
「これはどういうことだ。実にけしからん」
 与兵衛は深く恨みながら妻たちの様子を観察した。
(続く)
                                  ★

 仕事を終えた主人公が帰途に就くと、道中、草むらで酒宴を開いている人
々がおり、その中には家で待っているはずの妻がいました。

 続きは次回にお届けします。それではまた。

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

ウェブサイト:
 かたかご http://yamanekoya.jp/
 山猫屋本舗 http://yamanekoya.net/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

大学ノート狂詩曲 -宇祖田都子のはなし
第四十七回 切子の土鈴 7 
作者:宇祖田都子

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

第四十七回 切子の土鈴 7

 その夜、小坂さんは饒舌でした。まるで何かに憑かれたかのように、「文字
という文様」について語りつづけたのです。

「切子ガラスはもともと毒物で変色するシルバーのゴブレットそのものが、怖
れや、不信をかこつ、という理由で用いられなくなったその代替品として作成
されたといわれているの。これは大学の限定講座にきた切子職人がチリチリと
ガラスを削りながら教えてくれたことだから、間違いないの。間違いでもいい
んだけどね、私にはおもしろければそれで。積層したガラスに粉末状にした貴
石を混ぜたり、金属を叩き延ばしたものを貼ったりして、何物をも隠し立てで
きないガラスのようにしか見えず、かつ危険を察知できる性能をもった切子硝
子の製法は門外不出だったんだって。だけどあの時代でしょ。侵略と滅亡を繰
り返してるから、そういう技術はどんどんハイブリッドになっていって、職人
たちは、重用されるやら皆殺しにされるやらそれはもう大変だったんだって」

 マスターがコーヒーを淹れています。ハンドドリップの手際は魔術のようで
した。あたかもその手順によって、コーヒーにいとも不思議なパワーが漲るか
のように。

「問題はね。この模様なわけよ」

 小坂さんは、そういって手藻蔓さんのzineをパラパラとめくりました。

「縄文時代の土器にある模様とか、古代壁画とか。みんな「呪術」か「暦」っ
てことで片付けてるの、私はいまいち納得してないんだけどさ。文字なんてな
かった時代から、音を刻んでおきたいという欲望はあったと思うんだ。落雷が
その奇跡を樹木や地面に印刻するように、音が波紋を形作るように。そういえ
ば、レコードの溝って案外、もとは波紋だったのかもしれないと思わない?
 湖面が奏でるんだよ。その音の記録を。
 ううん。記憶じゃないんだ。湖面に感情はないものね。記録と再生。じつは
時間を超越する術は、この記憶と再生に尽きるんだと思う。そして、時間を超
えるということは、もちろん場所も越える」

 マスターがコーヒーを持ってきてくれました。

「ハワイコナが入りましたから、どうぞ」

 小坂さんの話はまだ続きそうです。(20180923)

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

星空文庫 過去作品上げていきます https://slib.net/a/20077/

ショートショートガーデン https://short-short.garden/author/808354
(400文字以内のショートショートばかりです)

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノ

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。

タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

なお、発行の都合上、一行の最大文字数は全角で35文字(原則)までです。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いい
たします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

発行者について

編集者 みやこたまち

E-mail :tamachim@yahoo.co.jp

WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

KISARAGI

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/16 部数:  49部

ついでに読みたい

KISARAGI

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/16 部数:  49部

他のメルマガを読む