KISARAGI

KISARAGI vol.980


カテゴリー: 2018年09月02日
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

K I S A R A G I vol.980                              2018/09/02
                                       編集/発行:みやこたまち
                       E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                 http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

 配信システム
KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています
「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/

登録解除の方法
KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして
『購読及び解除はこちら』のフォームをご利用いただくか、
まぐまぐHPへアクセスして下さい。
解除できない場合は、メールして下さい。
--> http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

通信欄:台風21号対策を考えねば。

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

今週のお話

◆ "古典へのいざない" [750]
    伽婢子《おとぎぼうこ》[59]  狐の妖怪 [7]
    作者 たまさん

◆ 大学ノート狂詩曲 宇祖田都子の話
    第四十四回 切子の土鈴3 
    作者 宇祖田都子

● KISARAGIについて

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

古典へのいざない [750]
伽婢子《おとぎぼうこ》[59] 狐の妖怪 [7]
作者:たまさん

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

 これなる石田氏某は軍の将帥《しょうすい》、武家の名士である。何故
《なにゆえ》にみだりに穢《けが》れをもたらし、彼の精気を奪うのか。汝
《なんじ》は武佐《むさ》の旅館に身を寄せた後に、良家の寝屋《ねや》で
愛を育んだ。汝の姿は綏々《すいすい》、汝の名は紫々《しし》。醜さ故の
名で、その名を唱えて恥を示す。狐は死の際に住んでいた丘に首を向け、決
して過去を忘れないと言うが、一方で虎の威を借る悪賢さは隠しようがない。
汝、今速やかにここを去れ。すぐに立ち去れ。九尾《きゅうび》の狐は誅
《ちゅう》された後、千年経っても許されぬことを知らぬのか。誰もが汝の
妖媚《ようび》を嫌い、憎むであろう。もし速やかに退かぬ場合、国中にあ
る大小の神社に呼び掛け、四殺《しせつ》の剣で殺し、六害《りくがい》の
水に沈めよう。

    ◇

 読み終えるや否や、にわかに黒雲が立ちこめて大雨が降り、激しい雷電が
鳴り渡ったかと思うと、女は激しく怯《おび》え惑い、そのまま倒れて死ん
でしまった。驚いた家人《けにん》たちが近寄ってみると、それは大きな古
狐で、頭に人の髑髏《しゃれこうべ》を被《かぶ》ったまま落としていなか
った。
 この女が人に与えていた物を集めて確認すると、絹の小袖《こそで》に見
えたのは芭蕉《ばしょう》の葉、白粉《おしろい》だと言っていたのは糠
《ぬか》や埃《ほこり》、針だと思っていたのは松の葉だった。石田は気分
がよくなって病もすぐに回復し、狐に騙されていた品々を見て驚愕《きょう
がく》した。
 祐覚《ゆうがく》は狐の死体を遠方の山奥に埋め、護符を貼って穢《けが》
れを祓《はら》った。また、丹砂《たんしゃ》や蟹黄《かいおう》などを調
合した薬を石田に渡して体力を回復させた。
 その後、石田は武佐《むさ》にいる小弥太《こやた》の屋敷に人を遣わし
たが、女を売った金で裕福になり、既に引っ越してどこに行ったのかも分か
らなかった。
 まさに「狐魅《こみ》はよく人を惑わす」という言い伝えの通りであり、
祐覚僧都《そうづ》の法験《ほうげん》に人々は感嘆したという。
(了)
                                  ★

 僧の祈祷《きとう》によって化け狐は死に、取り憑かれていた役人も回復
しました。めでたしめでたし――ということで、ほぼ原作(「剪燈余話《せ
んとうよわ》」の「胡媚娘伝《こびじょうでん》」)通りの内容で、珍しく
作者(浅井了意)のアレンジの少ない作品でした。

 次回から新しいエピソードをお届けします。それではまた。


ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

ウェブサイト:
 かたかご http://yamanekoya.jp/
 山猫屋本舗 http://yamanekoya.net/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

大学ノート狂詩曲 -宇祖田都子のはなし
第四十三回 切子の土鈴 2 
作者:宇祖田都子

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

第四十四回 切子の土鈴3

 そのzineのタイトルは「暴」という漢字一文字で、太い明朝体のものです。

「暴力かな?、暴くかな?」

 私は大判でツルツルとした冊子を手にとって、ゆっくりとめくってみました。

「うわ。これお金かかるよ。写真製版総天然色32ページの無線綴じ」

 小坂さんは、そういいながら指折りかぞえて、ひぇ~と声をもらしました。
私も同人誌の経験が多少はあるのですが、いつもコピー製本の中綴じで、みん
な自分でやってしまうので、お金のことを考えたことはあまりありませんでし
た。
 中東のバザールをめぐって、布や金属、石、ガラス製品などの「文字」を意
匠とした物品が、ゆったりとレイアウトされた、寡黙な印象の本です。撮影者
は手藻蔓さんなのでしょう。印刷製本は地元の印刷所のクレジットが入ってい
るので、現地から原稿が送られてきて、それをスタジオの敷島さんが手配をし
て作成されたのだと思いました。

 手藻蔓さんの、敷島さんに対する全幅の信頼を感じます。

 隣でゴソゴソやっていた小坂さんが、「あったあった」といって、一冊の
zineを私のほうへ差し出しました。

「これ、私の。コピー中綴じ16ページだけど」

 ん? 私はその表紙をみてとても、コペルニクスやケプラー的感覚を受けま
した。

「なつかしいなぁ。スピログラフっていったかしら?」

 といいながら、私の脳裏にはすこしだけ「この顔面スピロヘータ」というバ
ンコランの言葉がよぎるのでした。それはさておき…

 そこには、繊細な幾何学模様がびっしりと描かれていました。普段の、ざっ
くりとした(ごめんなさい)性格からは想像できないほど緻密で、根気の要る
美的創造の成果が、このzineには詰まっていたのでした。

「あー。柄にもないって、思ったでしょ」
 ミヤコチャン。チッチッチッと、小坂さんが人差し指を立てて横に振りまし
た。
 エースのジョーみたい。なんていっても、通じないだろうな。と思った私は、
フフフと笑って見せました。

「これって、今100均にも売ってるけど、私のは古いんだ。お母さんが小学
校のとき叔父さんからもらった舶来製」
「舶来って、それも随分懐かしい言い方ね」

 そういえば、さっきも「総天然色」とか言ってなかったっけ? 案外、エー
スのジョーも通じるかもしれないな。

「でも、雰囲気でるでしょ。だから、タイトルも『舶来幾何学絵図』っていう
カクカクした感じにしてみたわけよ」

 一ページずつ見ていくと、幾何学模様にも「感情」があって、「流れ」が
あって、「上昇下降の感覚」や、「騒乱、静謐」の区別があるんだな、と感じ
ました。
 で、そのように言うと、小坂さんはうんうんと大きくうなずきました。

「わかってるなぁ。ミヤコちゃん。線にはストーリーがあるの。そう。この世
に現れた傷なんだな。線ってね。痕跡なんだ。引っかき傷なわけ。私はスピロ
グラフを使って、その「感情」をコントロールしようとしたけど、「線」って
ね、それだけで、「悲劇的」なんだな。わかる? わかっちゃう? 私は線が
好きなの。色よりも、線。断然ね。そして、文字っていうのも、線なんだよ。
ミヤコちゃん」

 私は、小坂さんの言葉を傾聴していました。普段はけっしてみせない小坂さ
んの源泉を垣間見たような気がしました。

「で、ミヤコちゃん」
 と小坂さんが私の肩をつかんで、顔をぐっと寄せました。
「この鼻歌はどこの歌なの?」

 私はあわてて両手で口と鼻を押さえました。その瞬間に私の頭蓋骨の内部に、
旋律の切れ端が聞こえました。

「ごめんね。話きいてなかったわけじゃないんだよ」
 弁解めいて聞こえるだろうなと思いました。でも、小坂さんはニコニコと
笑っていました。

「そんなの疑ったことないよ。それより、知りたいな。その鼻歌の秘密」
 私は、スマホとヘッドホンを取り出し、市子がキーボードで再現してくれた
鼻歌を、小坂さんに聞かせてあげました。そして、このメロディについて、市
子が言っていたことを受け売りで説明しました。(20180902)

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

星空文庫 過去作品上げていきます https://slib.net/a/20077/

ショートショートガーデン https://short-short.garden/author/808354
(400文字以内のショートショートばかりです)

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノ

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。

タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

なお、発行の都合上、一行の最大文字数は全角で35文字(原則)までです。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いい
たします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

発行者について

編集者 みやこたまち

E-mail :tamachim@yahoo.co.jp

WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/09/23
部数 48部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/09/23
部数 48部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング