KISARAGI

KISARAGI vol.977

カテゴリー: 2018年08月12日
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

K I S A R A G I vol.977                              2018/08/12
                                       編集/発行:みやこたまち
                       E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                 http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

 配信システム
KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています
「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/

登録解除の方法
KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして
『購読及び解除はこちら』のフォームをご利用いただくか、
まぐまぐHPへアクセスして下さい。
解除できない場合は、メールして下さい。
--> http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

通信欄:夏フェス いってみたい

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

今週のお話

◆ "古典へのいざない" [747]
    伽婢子《おとぎぼうこ》[56]  狐の妖怪 [4]
    作者 たまさん

◆ 大学ノート狂詩曲 宇祖田都子の話
    第四十一回 博士8
    作者 宇祖田都子

● KISARAGIについて

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

古典へのいざない [747]
伽婢子《おとぎぼうこ》[56] 狐の妖怪 [4]
作者:たまさん

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

 女はとても才覚が優れていた。万事につけて気が利き、非常に利発で、人
の心に先んじて物事をこなす様はまさに望み通りだったので、石田は本妻を
差し置いてひたすらこの女を寵愛《ちょうあい》した。しかし、女は少しも
おごることはなく、本妻の気持ちを察して慎ましく振る舞った。
「わたしはしがない妾《めかけ》です。どうして奥方の心に背くようなこと
を致しましょうか」
 そう言って昼夜を問わず熱心に働いたので、本妻もさすがに憎からず思い、
女をとてもかわいがった。
 また、女は屋敷を出入りする者たちにもほどほどに物を取らせた。絹の小
袖《こそで》や帛紗《ふくさ》、針、白粉《おしろい》の類いなど、普段、
蓄えているようには見えなかったのに、どこからか取り出して分け与えた。
しかも、率先して麻糸を紡ぎ、縫い物や絵描き、花結びまでこなした。
 このことは世間の評判になり、人々は「石田の家は賢女《けんじょ》を手
に入れた」と噂《うわさ》し合った。
(続く)
                                  ★

 女は石田という役人の家で働き始めました。とても利発な働き者で、主人
や本妻だけでなく、下々の者にまで気を使う徹底ぶりですが、何やら怪しげ
な方法で物を生み出しているようです。
 続きは次回にお届けします。それではまた。

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

ウェブサイト:
 かたかご http://yamanekoya.jp/
 山猫屋本舗 http://yamanekoya.net/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

大学ノート狂詩曲 -宇祖田都子のはなし
第四十一回 博士8
作者:宇祖田都子

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

第四十一回 博士8

 その夜は市子の部屋に泊まりました。
 私の声のサンプリングが必要だというので、「ぼ」と「いー」と「ん」を、
繰り返し繰り返し発音して、そのたびに市子はケラケラ笑っていました。

 寝室で並んで寝ながら、市子は今考えているアプリの話をしてくれました。

「私は偶然ってことを不思議だとは思わないんだ。だから必然っていう考えか
ただって私には興味がない。それで、意図的か否か、っていう区別も、私には
傲慢なような気がするんだ。
 ラプラスの悪魔には、ビリヤード台の玉の動きはすべて完璧に把握できるん
だ。それは物理なんだ。因果関係っていうのはね、感情の物理なの。感情は身
体を動かして初めて現れるものだから、やっぱり物理法則に従うんだと思う。
 感情の変化も体内のさまざまなパラメータ量の変化なんだと思うから、化学
変化で測ることができる。それならプログラミング可能なんだ。

 だけど、私は本当はね。そんな世の中なんてつまらないと思ってる。でもだ
からって計算どおりいかないのが人間だ、なんて認識に退化したくはないの。
 でね。私はいま、「因果律」を「見える化」するアプリを考えてる。まえに、
「Touch」っていう海外ドラマがあって、それは「バタフライエフェクト」
を完璧にあらわした数式をめぐるストーリーだった。

 それは、宿命論になりかねないんだけど、この世界が宿命論では証明できな
いっていう反証も今のところないわけだから、それは。「Touch」で鍵になっ
ていたのは、ユダヤ教カバラの数秘術だったけど、私は因果を解くためには歴
史が浅すぎると思ったな。

 ケプラーは数学と天体と音楽は一つだって言った。

 私もそう思う。

 だから、私は数よりも音で因果律を見える可したいんだ。それは波形になる
と思う。でね、そのモデルはたぶん、仏教的なものなるんだと予想してるんだ。
 因果よりもって広汎な「縁起」の考え方ね。

 そのモデルをもって考えればね、あなたが都節にたどり着くことにはなんの
不思議もないんだよ。私達が出会ったのが不思議でもなんでもないように。

 世の中には不思議はないんだ。ただ、不思議だと感じる人にだけ、そのこと
がわかるんだと思ってる。
 不思議がないのが不思議だってこと。

 都子。聞いてる? 寝ちゃったか。おやすみ。都子」
                               (20180812)
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

星空文庫 過去作品上げていきます https://slib.net/a/20077/

ショートショートガーデン https://short-short.garden/author/808354
(400文字以内のショートショートばかりです)

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノ

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。

タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

なお、発行の都合上、一行の最大文字数は全角で35文字(原則)までです。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いい
たします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

発行者について

編集者 みやこたまち

E-mail :tamachim@yahoo.co.jp

WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

KISARAGI

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  50部

ついでに読みたい

KISARAGI

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  50部

他のメルマガを読む