KISARAGI

KISARAGI vol.955


カテゴリー: 2018年03月11日
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

K I S A R A G I vol.955                              2018/03/11
                                       編集/発行:みやこたまち
                       E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                 http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

 配信システム
KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています
「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/

登録解除の方法
KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして
『購読及び解除はこちら』のフォームをご利用いただくか、
まぐまぐHPへアクセスして下さい。
解除できない場合は、メールして下さい。
--> http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

通信欄:樹に花咲く季節

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

今週のお話

◆ "古典へのいざない" [725]
    伽婢子《おとぎぼうこ》[34] 黄金百両 [11]
    作者 たまさん

◆ 大学ノート狂詩曲 宇祖田都子の話
    第十九回 再び、ゼロハリバートンのスーツケース 2
    作者 宇祖田都子

● KISARAGIについて

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

古典へのいざない [725]
伽婢子《おとぎぼうこ》[34] 黄金百両 [11]
作者:たまさん

コココココココココココココココココココココココココココココココココココ

  兵次は「ここは人の世界ではなく、神聖な場所だったのか」と気づき、今
の世について尋ねた。
「今、世の中は乱れた糸のように混乱し、各地で諸侯が決起する様はさなが
ら蜂の群れのようです。いずれが栄え、いずれが衰えるのでしょうか。願わ
くは行く末をお教えください」
「人の心はますます山犬や狼のように貪欲で残酷になってゆく。他人を殺し
て自分が上に立ち、他の領地を攻めて己の領地に加えようとする。このため
国の政治は弱体化し、朝廷の威光は衰える。人として重んずべき道義は失わ
れ、諸国は互いに争い、あらゆる場所で動乱が起きる。臣下は主君を謀り、
主君は臣下を信じず、あるいは父子の間といえども互いに悪意を抱き、兄弟
はすぐに敵同士になる。運よく利を得た場合も卑しい者が成り上がって小身
者《しょうしんもの》が大いにはびこり、運勢が尽きた大家や高位の者は倒
される。婿《むこ》を殺し子を殺せば、一家一族で親しかった者も疑心暗鬼
に陥り、安閑とすることはさらにできなくなる」
 老翁《ろうおう》は指を折りながら諸国の名のある者を挙げ、その身の善
悪と行く末の盛衰を詳細に語った。
(続く)
                                  ★

 主人公は謎の老人に将来について尋ねると、争乱がさらに激しくなること
を知らされます。
 なお、エピソードの始めでも触れましたが、この物語は1555年前後の
戦国時代を舞台にしています。
 続きは次回にお届けします。それではまた。

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

ウェブサイト:
 かたかご http://yamanekoya.jp/
 山猫屋本舗 http://yamanekoya.net/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

大学ノート狂詩曲 -宇祖田都子のはなし
第十九回 再び、ゼロハリバートンのスーツケース 2
作者:宇祖田都子

コココココココココココココココココココココココココココココココココココ

 コサカさんのお見舞いの翌々日、私は図書館へ復帰しました。梅雨明け間近
の熱気が足許から揺らめき立っていました。
 その日、コサカさんは非番でした。ロッカールームで、ヒラツカさんが
「あ、久しぶり。もう大丈夫なの?」と言いました。首筋の皺にたまった汗か
ら、甘ったるい香水が匂い立っていました。「はい。ごめいわくをおかけしま
した」と頭を下げた私に、ヒラツカさんは「病気だったんだから、仕方ない
じゃない」と言いました。何か、つまらなそうな声でしたが、ヒラツカさんは、
いつもこういう話し方をする人だったことを、私は思い出していました。

 一体、どうやって人は「つまらなく」なっていくのだろう?

 そんなことを考えながら、私はエレベーターで一階に昇りました。

 カウンターで黙々と入力作業をしている主幹に「長い間申し訳ありませんで
した」と頭を下げると、主任はディスプレイから目を離し、椅子をくるりと回
して私に正対すると、大きくうなずきました。口元にはかすかに笑みが浮かん
でいたように見えました。

「病み上がりだから、無理をしないように作業してください。休みの間の連絡
事項は、昨日コサカさんがまとめていってくれましたから、それを確認してく
ださい。新刊本の入力作業はほぼ終っていますから、手が空いている時間に、
棚へ移動してください。以上です。よろしくおねがいします」

 こういう事務的な口調は、今の私にとっては小気味よく響きました。
 病気の原因、静養中の暮らしぶり、手藻蔓さんとのこと。そんな話を聞きた
がる人の相手は御免です。私は、寝込む前の私とは違うのです。いわば、新し
い使命を受けた私として、今日から図書館に復帰するのです。私はそのための
第一歩を「質問」の形で主幹に投げかけました。

「昨日あたり、私に荷物が届いたと思うのですが、ご存知ありませんか?」

 入力作業に戻っていた主幹は、一瞬手をとめ、そしてピコーンと、電球が点
くみたいに閃いたっ! という目をしました。そういうお茶目な部分があるの
ですよ、主幹には。
 これは余談ですが、多分主幹が主観でいられるのは、この図書館の仕事をし
ている間だけで、一度この場から解放されたら、それはもう、子供のような瞳
でキョロキョロして、水溜りなんて率先して踏んづけて歩くようなメンタリ
ティーの持ち主なのではないかと、私は睨んでいるのです。
 一度でいいから見てみた。主幹が蝉取りしてるとこ。歌丸です。ナァンテ。

「そうでした。一昨日ですね。手藻蔓さんが見えました。例のスーツケースを
持って。これを、あなたに渡してもらいたいと。話は通っているからとのこと
でした。私としては図書館を荷物の受け渡し場所に使ってもらいたくはなかっ
たのですが、彼はあなたの家の住所を知らないというし、個人情報なので、こ
ちらから知らせるわけにもいかず。出勤日まで待つか、連絡をとって直接手渡
してはいかがかと、勧めて見たのですが、何か、仕事でしばらく留守にすると
か。このスーツケースの持ち主は、きまってどこかへ出かける前に、ここへカ
バンを持ち込むことになっているのでしょうか?」

 手藻蔓さんが、スーツケースを図書館に預けたこと、そのスーツケースを私
に託したいこと、そして、今回の件で手藻蔓さんが調査した内容については、
私には一切知らせないこと、これは私の希望でもあるわけですが。そういう内
容をしたためた封書と、スーツケースの鍵と暗証番号のメモ一式を、私は昨日
書留で受け取っていました。
 そうです。手藻蔓さんは私の家の住所を知っていました。ですが、直接訪れ
ることを躊躇ったのでした。

 その理由が、私には分かる気がしました。私だって、今、このスーツケース
の中身以外の会話を手藻蔓さんと交わすなんて「わざとらしい」こと、出来る
はずがなかったから。

「拾得物保管庫に置いてあります。帰りに寄って持っていってください」
「ありがとうございました。お手数をおかけしました」

 私は頭を下げて、カウンターを出ようとしました。と、そこへ主幹が、どこ
か自分の心の遠くへ投げかけるかのように言いました。

「手藻蔓さんは、よほど、遠いところへ出かけたのでしょうか……」

 私は、その言葉に、気付かないフリをして、書庫へ向かいました。そんなこ
と、私にだって分らないのです。いえ、分ってしまいそうだから、分りたくな
かったのかもしれません。

 とにかく、今は、スーツケースの中身を知りたい。その一心で、仕事に打ち
込みました。(20180311)

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

星空文庫 過去作品上げていきます https://slib.net/a/20077/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノ

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。

タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

なお、発行の都合上、一行の最大文字数は全角で35文字(原則)までです。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いい
たします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

発行者について

編集者 みやこたまち

E-mail :tamachim@yahoo.co.jp

WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/08/12
部数 48部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/08/12
部数 48部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング