KISARAGI

KISARAGI vol.944


カテゴリー: 2017年12月24日
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

K I S A R A G I vol.944                              2017/12/24
                                       編集/発行:みやこたまち
                       E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                 http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

 配信システム
KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています
「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/

登録解除の方法
KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして
『購読及び解除はこちら』のフォームをご利用いただくか、
まぐまぐHPへアクセスして下さい。
解除できない場合は、メールして下さい。
--> http://mmkisaragi.blogspot.jp/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

通信欄:年末気分

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

今週のお話

◆ "古典へのいざない" [714]
    伽婢子《おとぎぼうこ》[23] 竜宮の棟上げ [13]
    作者 たまさん

◆ 大学ノート狂詩曲 宇祖田都子の話
    第八回 アガタビル 1
    作者 宇祖田都子

● KISARAGIについて

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いい
たします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

古典へのいざない [714]
伽婢子《おとぎぼうこ》[23] 竜宮の棟上げ [13]
作者:たまさん

コココココココココココココココココココココココココココココココココココ


 すべての宮殿・楼閣を見尽くすことはできなかった。元の宮殿に帰ると竜
王は様々にもてなし、瑠璃の盆に真珠二粒、氷のように透き通った絹二疋
《むら》を餞別《せんべつ》として渡すと、わざわざ階段の下まで見送りに
出て、役人に命じて阿祇奈《あきな》を元の世界へ送らせた。
 目をふさぐと空を駆ける心地がし、勢多《せた》橋の東にある竜王の社の
前に出た。珠と絹を持ち帰って家宝としたが、その後、名を隠して仏道に励
み、どこで死去したかは分かっていない。
(了)
                                  ★

 今回で「竜宮の棟上げ」は終わりです。ここまでのお付き合い、ありがと
うございました。
 ちなみに主人公が竜宮から戻って来た神社は、「瀬田の唐橋」の東側にあ
る「勢田橋龍宮秀郷社」で、その名の通り大神霊龍王と藤原秀郷を祀ってい
ます。
 次回からは新しいエピソードをお届けします。それではまた。

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

HP
「かたかご」http://yamanekoya.jp/
 趣味で読んでいる古典文学の現代語訳と参考文献を主に掲載しています

「山猫屋本舗」http://yamanekoya.net/
 写真日記を綴っています

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

大学ノート狂詩曲 -宇祖田都子のはなし
第八回 アガタビル 1
作者:宇祖田都子

コココココココココココココココココココココココココココココココココココ

 その後、ほぼ二ヶ月の間、手藻蔓さんからは何の連絡も入りませんでし
た。
それどころか、週に三度は来ていた図書館の方へもぱったりと顔をださなく
なってしまったのです。

「ミヤコちゃん。秘密主義は駄目よぉ」
 とコサカさんに勘ぐられたりするのも、内心では少々きつくなっていまし
た。
「なんか、嫌われるようなことしたかなぁ」
 エレベーターに備え付けの大きな鏡にうつる自分に問いかけてみて、
「何馬鹿なことやってんだろ」とどぎまぎしたまま、二階と地下を往復して
しまうこともありました。
 
 そして、昨日の夕方、事務所にいる私にカウンターからコサカさんが電話
を取り次いでくれたのです。

「ミヤコさん。3番外線です」
「はい。ありがとうございます」
 保留になっている受話器から、コサカさんの声が聴こえました。
「手藻蔓さんだよ」
 ハッと息をつめたところで、電話が外線につながりました。

 「もしもし。宇祖田です」
 「ああ。宇祖田さん。て、ても、手藻蔓です。覚えていらっしゃいます
か?」
 コサカさんから、「手藻蔓さんだ」と聞かされて取り次がれた電話の相手
が、自ら「手藻蔓」と名乗っているのにもかかわらず、私にはこの電話の主
が「手藻蔓空也」さんだとは信じられませんでした。

 「手藻蔓さん。大丈夫なんですか?」
 この声は、閉館間際の図書館には少々大きすぎました。主幹がチラリとこ
ちらをみて、そっと首を振りました。私は、あわてて頭を下げて受話器を持
ち直しました。

 「え? ああ。少々疲れているけれども大丈夫。それより前に言っていた
こと、君はまだ、気になっているだろうか?」

 前に言っていたこと?

 私はあわてて、鸚鵡での会話を思い返し、おそらくそれが並木さんとの関
係のことであろうと思い当たりました。あの夜から、そのことが頭から消え
ることはありませんでした。
 ただのスーツケースの行き違いでしかなかった事件の何処に、私はこだわっ
ているのか、私自身にも検討がつきませんでした。というよりも、検討をつ
ける材料が何もなかったのです。

「はい。並木さんとのことですね?」
「ああ。すこし時間がたちすぎてしまってすまない。明日の夕方、こちらに
こられるだろうか?」
「こちら、というのは、アガタビルのスタジオのことですか?」
「え。うんそうそう。よく覚えていたね。というかこの話ししたっけ?」
「いえ。鸚鵡のマスターに聞きました」
「あ、ああ。そうか。鸚鵡のね。確かに、マスターならここを知っている。
全く当たり前のことだ。問題はなにもない……」

 これが手藻蔓さんの声でしょうか? 話法でしょうか? 性質でしょうか?
 あの夜の鸚鵡での会話が、私にとっての手藻蔓さんの印象の大半です。そ
れから、主幹と話していたときの堂々とした態度と。
 この電話からは、その全てが失われているように思われました。とりわけ
大きく失われていたものは「自信」なのだと思いました。

「明日は休みなので、時間は手藻蔓さんに合わせます。何時にうかがえばい
いですか?」
「そうだな。(とって何かノートを捲る音がしばらく続いて)4時30分ではど
うでしょう?」
「明日の四時三十分ですね。アガタビルの正面でいいですか?」
「正面……? ああ、南西の観音開きの扉の前ってことかな?」
「そうなり、ますか? あ、はいそうです。その扉の前に午後4時半ですね」
「そう。四時三十分に待っています。一人で来てください」
「一人で…… ええ。そのつもりです。明日の四時半にアガタビル南西の扉
に一人でうかがいますから」
「ありがとう。待ってるから。正面の扉で」
「はい、それじゃ明日」
「明日? ああ、明日ね。じゃ」

 コサカさんが、そっと近づいてくるのが見えましたが、受話器を置いた私
の顔をみて慌てたようでした。
「ちょっと、顔色悪いよ。大丈夫? おなか痛いの?」
 主任が気にするようにこちらを見ました。
「え、大丈夫大丈夫。ちょっと疲れちゃったから。あ、明日手藻蔓さんに
あって、並木さんのこと聞けそうだからね」
「そんなのいいよ。無理しないでね、ミヤコちゃん」
 そういって、コサカさんがぎゅうっとハグしてくれました。
「え~ いやだな。大丈夫だよ。大丈夫」
 ですが、私自身「大丈夫」という言葉になんの自信も持てずに居たのでし
た。


 15時をつげるチャイムが空に響き、私はいつしか眠っていたことに気付
きました。
ペリエのグラスは、テーブルから落ちて砕け、その跡は乾きつつありまし
た。私はすっかり汗ばんでいてシャワーを浴びていこうと思いました。
 グラスの破片をつまんで、右手の人差し指に血が滲みました。むずがゆい
ような感覚と血の匂いがしました。

「なんだか、行きたくないな」

 なんだか投げやりな気分で、屋上を出ます。扉に鍵を差込んで回すと、鍵
は小気味良い音をたてました。それで私は少しほっとした気がしました。

(20171224)

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

星空文庫 過去作品上げていきます https://slib.net/a/20077/

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

ノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノノ

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。

タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:

ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

なお、発行の都合上、一行の最大文字数は全角で35文字(原則)までです。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

発行者について

編集者 みやこたまち

E-mail :tamachim@yahoo.co.jp

WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ
ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/10/21
部数 48部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/10/21
部数 48部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング