KISARAGI

KISARAGI vol.792

カテゴリー: 2015年01月25日
><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><	
K I S A R A G I vol.792                                 2015/01/25
                                              編集/発行:みやこたまち
                         E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                   http://mmkisaragi.blogspot.jp/
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
┏ 配信システム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています               ┃
┃ 「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏ 登録解除の方法 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして『購読及び解除   ┃
┃  はこちら』のフォームをご利用いただくか、まぐまぐHPへアクセスして下さ┃
┃  い。解除できない場合は、メールして下さい。                ┃
┃ --> http://mmkisaragi.blogspot.jp/                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
=========================================================================
通信欄:今年の個人計画が盛りだくさんすぎて、途方にくれたりする。
=========================================================================
今週のお話

◆ "古典へのいざない" [568]
   春雨物語 [80] 死首《しくび》の咲顔《えがお》 [1]     
   作者 たまさん

◆ 近況報告 カリグラフィー展で円に酔った話 5
   作者 宇祖田都子さん


● KISARAGIについて

=========================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
-------------------------------------------------------------------------

古典へのいざない [568]

 春雨物語 [80] 死首《しくび》の咲顔《えがお》 [1]         作者:たまさん

-------------------------------------------------------------------------

 津国《つのくに》の兎原郡《うばらのこおり》にある宇奈五《うなご》の
丘は、古くから人が多くの住み着いていたが、鯖江《さばえ》姓の人が特に
多かった。酒造を生業とする人が多かった中で、五曾次《ごそうじ》という
家が特に繁盛し、秋になると米つき歌の声が目の前の海に響き、海の神を驚
かすほどであった。
 この家に五蔵《ごぞう》という名の一人息子がいた。父親に似ず生まれつ
きの風流人で、筆跡が美しく、歌や書物を好んで習んだが、一方で弓を取っ
ては鳥の翼を射落とし、見かけによらぬ猛々しい心の持ち主だった。普段か
ら人のためになることを考え、人とのつき合いも丁重で礼儀正しく、貧しい
者を憐れみ、力を貸すことが自分の使命だと考えていた。
 父親の曾次が無慈悲な性格から「鬼曾次《おにそうじ》」と陰口を叩かれ
ていた一方、五蔵は「仏蔵《ぶつぞう》殿」と呼ばれて人々から親しまれ、
この家に行く者は、まず五蔵のところに立ち寄って休むことをよしとし、曾
次のところには寄りつかなくなった。曾次はこれに怒り、「無用の者には茶
も飲まさない」と書いた張り紙を門の壁に貼り、いつも眼を光らせ、来客を
制しては言い争いをしていた。
(続く)
                                  ★

 今回から「死首《しくび》の咲顔《えがお》」をお届けします。死んだ首
の笑顔という物々しいタイトルですが、その意味は後半で明らかになります。
 鬼のように無慈悲な父親の曾次と、文武両道で仏のように心優しい五蔵、
そして二人を取り巻く里人たちが描かれていました。
 それではまた。今週はお休みします。次回をお楽しみに

-------------------------------------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
-------------------------------------------------------------------------

近況報告 カリグラフィー展で円に酔った話 5
                           宇祖田都子さん
-------------------------------------------------------------------------
 ようやく、西の壁にたどりつくと、そこには過去の作品や、短冊状の小品が展示
してありました。筆文字のような書体で描かれたサンスクリット文字だったり、カ
レンダーを生徒さんみんなで合作したものだったり。一つ一つみていくと文字の全
てに表情が感じられ、このように美しく生まれることのできた喜びに満ち溢れてい
るようにも見えてきます。
 そうした展示の真ん中あたりに、文字が見えない官製はがきほどの短冊が数枚見
つかりました。
 いえ、文字は書かれているのです。髪の毛のような細いラインで。それは英語で、
"It's only a paper moon"の歌詞だと思います。
 これまで見てきたどの書体とも違って、たいへんに幾何学的なもので、おそらく
カリグラフィーの伝統的な書体ではないのでしょう。この教室の展示作品を見てい
ると、カリグラフィー、というものを通じて、「描く」という喜びを感じたい、と
いう姿勢が感じられましたので、お手本どおりでなければ駄目、という堅苦しさは
ないのだと思います。
 ただ、それにしては、その書体は、なんと言うか、不自由なのです。
 線に強弱はなく、CADで書かれたかのように均一です。曲線は必ず円周の一部
であり、角度は数学的規則性に則って、厳密に決定されているようです。所々に使
用されている赤と青の描線に、そこはかとないリズムが感じ取れるのですが、モン
ドリアンのとも、カンデンスキーのとも違う、どこか工業的デザイン的で冷たいの
です。(20150125)
-------------------------------------------------------------------------
HP:ああ。一ヶ月がすぎてしまいます。メルマガジャック状態ですね……
-------------------------------------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
=========================================================================
_/_/ KISARAGIについて_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

投稿随時募集中
	http://mmkisaragi.blogspot.jp/#!/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/#!/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。
--------------------------------------------------------------------------
タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:
--------------------------------------------------------------------------
なお、発行の都合上、一行の最大文字数は半角で75(原則)までといたします。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。
==========================================================================
_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><>

KISARAGI

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  50部

ついでに読みたい

KISARAGI

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  50部

他のメルマガを読む