KISARAGI

KISARAGI vol.761

カテゴリー: 2014年06月22日
><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><	
K I S A R A G I vol.761                                  2014/06/22
                                              編集/発行:みやこたまち
                         E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                   http://mmkisaragi.blogspot.jp/
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
┏ 配信システム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています               ┃
┃ 「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏ 登録解除の方法 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして『購読及び解除   ┃
┃  はこちら』のフォームをご利用いただくか、まぐまぐHPへアクセスして下さ┃
┃  い。解除できない場合は、メールして下さい。                ┃
┃ --> http://mmkisaragi.blogspot.jp/                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
=========================================================================
通信欄: たまさんの連載 二世の縁 スタート! 親近感のわく状況ですね。
=========================================================================
今週のお話

◆”古典へのいざない”【544】
  春雨物語[56] ~二世《にせ》の縁《えにし》[1]
  作者:たまさん    
     
◆“中庭と三階 2”11-6
  変拍子の世界 6
  作者:みやこたまち

● KISARAGIについて

=========================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
-------------------------------------------------------------------------

古典へのいざない【544】

春雨物語[56] ~二世《にせ》の縁《えにし》[1]
                                                    作者:たまさん
-------------------------------------------------------------------------

 万葉に歌われたように高規《たかつき》の葉が散り果てた山里は凍えるよ
うに寒く、とても物寂しい。山城国《やましろのくに》の古曽部《こそべ》
というところに、代々住んでいる農家があった。山や田を多く持っており、
その年の豊作・凶作に嘆くこともなく裕福に暮らしていた。
 この家に男と母親が住んでいた。男は日頃から書物を読むことに熱心で、
友を求めることもなく、夜になると窓にともし火を掲げて読書に耽《ふけ》
ったが、いつも亥《い》の刻を過ぎると母親に諌められた。
「さあ、そろそろ寝なさい。鐘はとうに鳴りましたよ。夜中を過ぎて読書を
すると心が疲れ、ついには病気になってしまうと、あなたのお爺さんも言っ
ていました。好きなことは自分からはやめられないというのは本当ですね」
 男は母親の言葉がありがたく、大事に思いながら床についていた。
(続く)
                                  ★

 今回から「二世《にせ》の縁《えにし》」という話をお届けします。
 冒頭だけ読むといい話のように見えるこの作品、……先にネタをばらして
しまいますが、実は少し皮肉な筋立てになっています。
 この続きは次回にお届けします。それではまた。

-------------------------------------------------------------------------
HP「かたかご」http://yamanekoya.jp/
趣味で読んでいる古典文学の現代語訳と参考文献を主に掲載しています
-------------------------------------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
-------------------------------------------------------------------------

中庭と三階2  11 変拍子の世界 6 
                           みやこたまち
-------------------------------------------------------------------------

11-6
「つまり、重力は避けては通れない基本要素だということは疑いようの無い事実
である」
 教授はキーボードを叩きながら話を続けた。重力の意義については私にも異論
はないので、黙っている。
「空間はすべからく物質と物質相互の関係を、敏感に反映する。影響の及ぶ範囲
は、無限大だ、理論的には。無限大の距離にあるクォーク一個が、この空間に与
える歪みを測定できる機器が無い、という意味でだ」
『重力、引力とはグラビトンの働きによる効果ではなく、空間の歪みによる効果
なのでは?』
「重力のために空間が歪むのか、空間の歪みこそが重力なのか、という君の質問
はもはや過去のものとなった。空間とは何か。それが歪むとはどういうことなの
か。その歪みが無限遠にまで影響するとは、何を意味するのか。ゆるく広げられ
た一枚のゴムシートに、大小の金属球を置いて、衛星軌道ならびにブラックホー
ルを模するアトラクションは、児童会館の呼び物の一つではなかったかな?」
『私は、超強力磁石の上に吊りり下げられた超強力磁石間に手を通したときに感
じたガウス線のしびれる様な感覚はともかくとして、全面が鏡張りになっている
六角形の小部屋を照らした床置きの丸いライトのぼんやりとした光が無数に反映
する中のいくつかが、奇妙に紫色に見えたという記憶のほうがよほど印象的でし
た」
 主任はキーボードを叩く手をとめて、咳払いをした。
「今日は少々、軽口が過ぎるようだね、錐島君。何かいいことでもあったのかね」
『空間の歪みを体感する知覚をえら得るとわかって、興奮しているんですよ』
「らしくないね」
 コーヒーの香りが漂う。誰かがコーヒーメーカーを用意している。そろそろ
15時なのだろう。知敷さんが、現れるころだ。(20140622)

-------------------------------------------------------------------------
HP:文章製作は滞りがちですが、「意識と本質」とスケッチの親和性にびっくり
-------------------------------------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
=========================================================================
_/_/ KISARAGIについて_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

投稿随時募集中
	http://mmkisaragi.blogspot.jp/#!/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/#!/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。
--------------------------------------------------------------------------
タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:
--------------------------------------------------------------------------
なお、発行の都合上、一行の最大文字数は半角で75(原則)までといたします。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。
==========================================================================
_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><>

KISARAGI

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/10 部数:  50部

ついでに読みたい

KISARAGI

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/10 部数:  50部

他のメルマガを読む