KISARAGI

KISARAGI vol.760

カテゴリー: 2014年06月15日
><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><	
K I S A R A G I vol.760                                  2014/06/15
                                              編集/発行:みやこたまち
                         E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                   http://mmkisaragi.blogspot.jp/
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
┏ 配信システム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています               ┃
┃ 「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏ 登録解除の方法 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして『購読及び解除   ┃
┃  はこちら』のフォームをご利用いただくか、まぐまぐHPへアクセスして下さ┃
┃  い。解除できない場合は、メールして下さい。                ┃
┃ --> http://mmkisaragi.blogspot.jp/                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
=========================================================================
通信欄:スケッチする眼を持とうと心がけています
=========================================================================
今週のお話

◆”古典へのいざない”【544】 春雨物語[55]  ~海賊[21]
  作者:たまさん    
     
◆“中庭と三階 2”  11-5
  作者:みやこたまち

● KISARAGIについて

=========================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
-------------------------------------------------------------------------

古典へのいざない【544】

春雨物語 [55] 海賊 [21]
                                                    作者:たまさん
-------------------------------------------------------------------------

 荒々しくも憎らしげな添え書きの最後に、「木工頭《もくのかみ》殿へ」
と書きつけてあった。
 後日、貫之《つらゆき》は学問の友人にこのことを話し、「あれは誰だっ
ただろうか」と尋ねた。
「それは恐らく文室秋津《ふんやのあきつ》でしょう。漢籍《かんせき》を
広く読んでいましたが、放蕩・乱行のために追放され、その後、海賊となっ
て暴れていると聞きます。天の福運《ふくうん》に助けられているのか今も
罰せられることもなく、津々浦々を荒らし回っています」
 ――物語は人を欺き、欺かれるもの。筆は人を刺し、人に刺されもするが、
どちらも血を見るわけではない。
(「海賊」了)
                                  ★

 これで「海賊」は終わりとなります。長らくのお付き合い、ありがとうご
ざいました。
 最後に海賊の正体として記されている「文室秋津」ですが、紀貫之が生ま
れる前に死去しており、実際には互いに出会うことはなかったようです。ま
た、彼が海賊になったという話は残っておらず、恐らく「藤原純友《ふじわ
らのすみとも》」のエピソードを混ぜたものと思われます。
 次回からは「二世《にせ》の縁《えにし》」をお届けします。
 それではまた。

-------------------------------------------------------------------------
HP「かたかご」http://yamanekoya.jp/
趣味で読んでいる古典文学の現代語訳と参考文献を主に掲載しています
-------------------------------------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
-------------------------------------------------------------------------

中庭と三階2  11 変拍子の世界 5 
                           みやこたまち
-------------------------------------------------------------------------

11-5

 と、主任は私に小指の先を出すように促した。手のひら全体が主任の冷たい手
のひらに包み込まれると、小指の先にチクリという感触があった。
『たいへんに小さなチップですが。これがスタンドアロンで、重力解析を行える
とは思えませんね』
 私は、適当なことを言ってみた。無線通信の飛び交う世の中において、携帯さ
れるものは、たいがい入出力端末に過ぎず、データの蓄積やその解析に関する中
枢は、サーバーに置かれていることがおおい。技術革新の方向として間違っては
いないだろうが、こと人間という存在に関わる器官の中枢が、どこか別の場所で、
知らない誰かに管理されているというのは、おもしろくない。
 主任は私の手首を痛いほど掴んで、小指の先からチップを回収すると、椅子に
腰をおろす、ドサリ、という音がした。
「人間は、基本的に引力を重力として認知する。つまり、重さ、だね。だが、そ
れは引力のほんの瑣末な性質の一つであるにすぎない。この宇宙の謎に迫るには、
光よりも、闇を研究すべきだ。そして、そして超大な質量が凝縮されたブラック
ホールにおける引力こそ、人類に残された最後の因数であることは間違いない」
『それは、先生がお嫌いな相対性理論の話ではないのですか?』
 椅子がギーと鳴る。
「ふん。私は、偏食はしない。さまざまな物質がこの身体を形成するうえで有用
であったり無用であったり、増進であったり、阻害であったりといった効果を及
ぼす。嫌いなものでも摂取しなければさらなる発展が見られないものもある。好
きなものでも、その身を滅ぼす素となるものだってある」
 私は大げさにあくびをしてみせる。(20140615)

-------------------------------------------------------------------------
HP:文章製作は滞りがちですが、「意識と本質」井筒俊彦著をよんでいます。
-------------------------------------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
=========================================================================
_/_/ KISARAGIについて_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

投稿随時募集中
	http://mmkisaragi.blogspot.jp/#!/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/#!/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。
--------------------------------------------------------------------------
タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:
--------------------------------------------------------------------------
なお、発行の都合上、一行の最大文字数は半角で75(原則)までといたします。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。
==========================================================================
_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><>

KISARAGI

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/16 部数:  49部

ついでに読みたい

KISARAGI

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/16 部数:  49部

他のメルマガを読む