KISARAGI

KISARAGI vol.394

カテゴリー: 2007年04月29日
-------------------------------------------------------------------
K I S A R A G I vol.394                            2007/4/29発行
                       編集/発行:みやこたまち
http://miytako.hp.infoseek.co.jp  ★ E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
--------------------------------------------------------------------
たまさんの新しい連載がスタートします。今回は、古典中の古典。便覧など
で部分的には知っていますが通読はしたことないんです。日本人の生活に深
くかかわっている神様や、逸話の数々。たいへんに楽しみです。
それではどうぞ。
--------------------------------------------------------------------

◆古典へのいざない【236】        古事記[1]  作者 たま さん

--------------------------------------------------------------------
序文 その(1)

 臣安麻呂《やすまろ》が申し上げます。
 混沌とした元気が凝結して気ざしや形がなかった頃のこの世界は名もなく
動きもなく、誰もその形を知る者はいませんでした。しかし、天地が初めて
分かれると天御中主神《あめのみなかぬしのかみ》・神産巣日神《かみむす
ひのかみ》・高御産日神《たかみむすひのかみ》の三神が万物の始まりとな
り、さらにその後、陰陽が分かれて伊邪那岐命《いざなぎのみこと》と伊邪
那美命《いざなみのみこと》すべての始祖となりました。伊邪那岐命は黄泉
国《よもつくに》を訪れた後にこの世に戻り、禊《みそぎ》をして目を洗っ
た際に天照大神《あまてらすおおみかみ》と月読命《つくよみのみこと》が
現れ、海水に浮き沈みする際にも神々が現れました。
 このようにこの世の初めはよく分かっていませんが、語り伝えられた伝承
から神が国土を孕み島々を産んだときのことを知ることができます。この世
の原初は遥かに遠い過去のことですが、過去の賢人のおかげで神を産み人を
立てた頃の世を知ることができます。天照大神を天の岩戸から引き出すため
に八咫《やた》の鏡を掛け、須佐之男命《すさのおのみこと》が珠《たま》
を噛み吹き捨てたことにより百もの王が続き、天照大神が剣《つるぎ》を噛
み、須佐之男命が大蛇《おろち》を退治し、その後も神々が栄えたことはご
存知の通りです。天の安河《あめのやすかわ》の河原で神々が相談し、建御
雷命《たけみかづちのみこと》が小浜で大国主命《おおくにぬしのみこと》
を説得してこの国を平定しました。
 かくして天津日高日子番能邇邇芸能命《あまつひこひこほのににぎのみこ
と》は初めて高千穂《たかちほ》の峰に降り、神武《じんむ》天皇は大和に
入りました。熊の化け物が爪を出したときには天の剣《あめのつるぎ》を高
倉下《たかくらじ》から得て、尾のある人が道を遮ったときは八咫烏《やた
のからす》が吉野に導きました。また舞を舞って賊を打ち払い、歌を歌って
敵を討ち伏せました。崇神《すじん》天皇は夢で神のさとしを受けて神々を
敬ったために賢君と称えられています。煙を見て民を慰撫した仁徳《にんと
く》天皇は聖帝と伝えられています。成務《せいむ》天皇は国の境を定めて
地方を開拓し、允恭《いんぎょう》天皇は姓《かばね》を正して飛鳥宮《あ
すかのみや》で国を治めました。
 このように治世にも緩急があり華美な時代も質素な時代もありましたが、
過去を鑑みて誤った風教《ふうきょう》道徳を正し、今を照らして絶えよう
としている古の教えで参考にならないものはありません。
(続く)
                                   ★

 今週からは「古事記」の現代語訳をお届けします。
 まず初めに記されている序文は上表文ですのでやや堅苦しい言葉が並びま
すがご了承ください。今回の内容はあらすじであり、後ほど本文で改めて詳
しく説明がなされます。
 続きは次回にお届けします。それではまた。

                                   ★
--------------------------------------------------------------------
ジャンル:古典レビュー
メール :miztam@gmail.com
HP  :【かたかご】http://homepage3.nifty.com/miztam/
     【山猫屋本舗】http://yamanekoya.net
--------------------------------------------------------------------
映画、「大帝の剣」を見てきました。前田愛さんにびっくりし、黒木メイサ
がきれいで、長谷川京子ががんばっていましたし、竹内力もはじけていたの
ですが、あ、阿部寛はもちろん主役で、宇宙船の気持ち悪い戦いもよいエピ
ソードなんですけどね。残念な映画でした。
--------------------------------------------------------------------
くるくるぐるぐる section 2                              みやこたまち
--------------------------------------------------------------------
たとえば、最近外国人の交通事故(加害者)が多くて、外国人の交通指導員
を育てているというローカルニュースの中で「抜本的な解決にむけて」と言
っていましたけど、抜本的というなら、外国人の強制国外退去だろうっ! 
と彼は言うが、それには私も大賛成でした。極論だということは判っていま
すけど、だったら、「抜本的」とか言わなきゃいいのでした、といった一連
のあるあるネタから笑いを引いて大衆迎合的にレベルを下げたいわゆる一般
論を蒸し返す功罪はさておき、ここに小説はありますかってことを問いたい
のです。ここに無かった場合、どこに可能性があるものか、また、それすら
も皆無だとしたら、小説の小説性をどこに求めますか? 
ってところは別にそこまでは問うてはいないのでしたが、しゃべるように書
くから、言文一致なのではなく、書くようにしゃべらせることが言文一致な
のでして、日本語を壊していくとか得意気に吹聴しくさってこの腐れ○○が
日本語が美しいかどうかを気にするのは日本人だけだよそれはあたかも人間
が死んで悲しいのは人間だけである(内田善美)というのと同じさ。卑小な
民族のざわめきなどあっしには係わり合いのねぇこってりとしているけどし
つこくない心情吐露に向いているかあるいはむけているのか(キャッシー塚
本)こそが問われねばならない。つまりね、日本人のメンタリティーは日本
語が形成しているので、世界の中で日本人が駄目で、中国、朝鮮とかの発言
が強いのならば、つまり日本語を捨て、かわいい子分のてめえたちとも別れ
別れにならずに皆で国替わり、それはアメリカでも、中国でも朝鮮でもなっ
ちまえばいいじゃん。もしくは、核配備? 日本語捨てますか、核持ちます
か。こんな極論の目的が不明って部分に、小説はありましたか?
---------------------------------------------------------------------
ジャンル:自分探し
メール :tamachim@yahoo.co.jp
HP  :【電網 昼行灯】http://www1.odn.ne.jp〜cak87430/index.htm
--------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------

◆きせい 【百三十】                        作者:みやこたまち

--------------------------------------------------------------------
今週はお休みします。(おもいつきませんでした (内村プロデュース))
つづく
--------------------------------------------------------------------
ジャンル:小説
メール :tamachim@yahoo.co.jp
HP  :【電網 昼行灯】http://www1.odn.ne.jp〜cak87430/index.htm
--------------------------------------------------------------------
映画、「悪夢探偵」は地元での上映は二日間のみ、しかも夜8時30分から
のみということで見られませんでした。6月には「夢十夜」がありますので
あらかじめ休みをとっておく予定です。多分このつぎは、ゲゲゲの鬼太郎を
見てきます。では。

_/_/ KISARAGIについて _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■配信システム
 KISARAGIは「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/で配信しています。
■登録解除の方法
  KISARAGIを解除するには次のアドレスへアクセスしてフォームに記入を
 -->http://miytako.hp.infoseek.co.jp

_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://www1.odn.ne.jp/~cak87430/index.html
--------------------------------------------------------------------
 前編集者 仙ちゃん
 E-mail :slowhand@sea.plala.or.jp
 WebPage:http://www7.plala.or.jp/slowhand/
--------------------------------------------------------------------
 初代編集者 牧瀬佑樹(マッキー)/スタック作家
 E-mail :macky@livrer.jp
 WebPage:http://www.livrer.jp/
--------------------------------------------------------------------

KISARAGI

発行周期: 週刊 最新号:  2019/03/17 部数:  49部

ついでに読みたい

KISARAGI

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/17 部数:  49部

他のメルマガを読む