KISARAGI

KISARAGI vol.393

カテゴリー: 2007年04月22日
-------------------------------------------------------------------
K I S A R A G I vol.393                            2007/4/22発行
                       編集/発行:みやこたまち
http://miytako.hp.infoseek.co.jp  ★ E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
--------------------------------------------------------------------
バファリンの半分はやさしさでできていますが、その優しさは、たとえば
どんな優しさでしょうか?
--------------------------------------------------------------------
くるくるぐるぐる section 1                              みやこたまち
--------------------------------------------------------------------
「小説」最近ぜんぜん読んでなくて、書いているのも、脳がシャーペン持っ
てる(伊集院光)妄言ばかりとなると、何が小説なんだか。「東京タワー」
や「がばいばあちゃん」や、12歳の少女が書いた三つの中で一番筋が無い
やつがそうなのか、言いたいことを浅くわめき散らしているようで、実は社
会性とか、「人間」を深く掘り下げ燭光で照らし出した不気味なまでのリア
ルが見受けられると言った帯をつけ、後は大きな活字で「人生不可解」など
の惹句を入れる、くだらない。
 別に泣きたくないし。良い言葉を聴きたいわけじゃないし。だいたい、あ
あ、いい言葉だ。これは励みになる。単純だけど忘れていた大切な事に気付
かされた、心が軽くなった、生きていく勇気をくれた。この壷があれば大丈
夫だ。一日コーヒー1杯を我慢するだけで幸せが手に入るんだ。エマルジョン
ナンバー入りのこの絵が、月々2000円で自分の部屋に飾れるなんて、私
のこと助けてくれる? 人生ってさ、人ってさ、つらい時だってあるよ、で
もそういう時はさ、尼寺へ行けッ! くっっだらないっっって思うわけ、私
の中のもう一つの人格者がそう怒鳴りやがるのです。これには私も同感なの
で果たして本当に彼女は私とは別の人格なのか、そして人格者なのかと疑問
をもったり、まったりとするのですですけれど、つまりは語尾と語彙の問題
という矮小化こそ、今、唾棄されねばならないのですぞ。
---------------------------------------------------------------------
ジャンル:自分探し
メール :tamachim@yahoo.co.jp
HP  :【電網 昼行灯】http://www1.odn.ne.jp〜cak87430/index.htm
--------------------------------------------------------------------
ジッグラト って何だっけ、と思いながら、ジグラッドでは無いということ
には確信めいたものを持っている、こういう自信が案外、根底には、ある。
--------------------------------------------------------------------

◆きせい 【百二十九】                        作者:みやこたまち

--------------------------------------------------------------------
女将はいつの間にか手にしている高島屋の紙袋を両手でかかえてニコニコ
している。
「あなたは何も買わないの?」
 私はちょっと面食らって聞き返す。
「どこで何を買うんです?」
 そう私には、店が一つも見えない。ただ猫が点々と日向ぼっこをしている
境内の中を散策しているだけだ。女将にそういうと今度は女将さんが「あら」
という顔をした。
「そう。あなた、そうなの。」
 何がそうなの、なんですか? 私は袋に描かれたバラがなぜだかカサカサ
しているように見えて、それがなぜそんなに気になるのかわからないのが、
不安で、その不安を女将に知られたくなくて、努めて明るくたずねてみた。
 しかし、女将が私を見る目が、先ほどまでとは違って、たとえば、素性が
知れたわ、それじゃもう話もすべきじゃないわね。といういわば「差別」的
なものに変わっていて、女将は女将でその自分が差別的目をしているとかん
ぐられないように努めているのが手に取るようにわかるのが、耐えられなか
った。
「ここのフリーマーケットは、他と少し違うから。」
 女将は小首をかしげてそういうと、傍らにあったベンチに腰を下ろした。
私はなんとなくその前にしゃがみこんだ。女将は目をとじて足をぶらぶら
させたが、高島屋の袋をひょうたんみたいな形になるほどぎゅっと抱えこ
んでいた。

つづく
--------------------------------------------------------------------
ジャンル:小説
メール :tamachim@yahoo.co.jp
HP  :【電網 昼行灯】http://www1.odn.ne.jp〜cak87430/index.htm
--------------------------------------------------------------------
優しさには三種類。憐れみを根とするもの。自己正当化を実とするもの。
もう一つは、広い意味での職業意識。
_/_/ KISARAGIについて _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■配信システム
 KISARAGIは「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/で配信しています。
■登録解除の方法
  KISARAGIを解除するには次のアドレスへアクセスしてフォームに記入を
 -->http://miytako.hp.infoseek.co.jp

_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://www1.odn.ne.jp/~cak87430/index.html
--------------------------------------------------------------------
 前編集者 仙ちゃん
 E-mail :slowhand@sea.plala.or.jp
 WebPage:http://www7.plala.or.jp/slowhand/
--------------------------------------------------------------------
 初代編集者 牧瀬佑樹(マッキー)/スタック作家
 E-mail :macky@livrer.jp
 WebPage:http://www.livrer.jp/
--------------------------------------------------------------------

KISARAGI

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  50部

ついでに読みたい

KISARAGI

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  50部

他のメルマガを読む