KISARAGI

KISARAGI vol.252

カテゴリー: 2004年07月25日
------------------------------------------------------------------------
K I S A R A G I vol.252                               2004/07/25発行
                          編集/発行:みやこたまち
http://miytako.hp.infoseek.co.jp     ★ E-mail:tamachim@yahoo.co.jp                 
------------------------------------------------------------------------
ツール・ド・フランスも、残すところシャンゼリゼのゴールのみとなりました。
レース100年の歴史の中で、ついに前人未到の六連覇を決めたアメリカ人、
ランス・アームストロングの走りは、もはや神がかり。ものすごいものを見ま
した。

それでは、興奮さめやらぬ中、たまさんの作品からお届けいたします。
------------------------------------------------------------------------

◆古典へのいざない【101】     とりかへばや物語[51]   作者 たまさん

------------------------------------------------------------------------
 七日の夜は大将(三の君の夫)の産養《うぶやしない》で行われた。上達
部《かんだちめ》や殿上人《てんじょうびと》がこぞって参集したのに、宰
相中将だけが病気の為に参上しなかった。宰相中将は、四の君の出産をどう
なるかと人知れず案じ、無事であるようにと祈っても他人事として聞くだけ
で遠くから見ているしかないもどかしさに、左衛門の部屋までやってきた。
「これほどの契りを分からないはずはあるまい。今宵、少しの間だけでも」
 宰相中将はそう言って左衛門を責めた。「とても無理な事」と左衛門は思
うが、あまりに気の毒なので四の君の部屋に伺ってみると、女房達は皆、席
を外していた。年配の女房は台盤所《だいばんどころ》であれこれ指示をし、
四の君の母君は自分の部屋で禄を確認しており、四の君は今夜は湯浴みなど
をした後で、かえって人が少ない状態で横になっている。これはまたとない
好都合だと、左衛門は明かりをあれこれ工夫して宰相中将を招き入れた。四
の君は「折が悪い時に……」と思いながら、強引に結ばれてしまった契りは
心に染みて逃れる事が出来なかった。
 それほど暗くない灯影に小柄でほっそりとした美しい人がいた。隈なき白
の肌で、白い着物に包まれ、頭に菊の着せ綿のように綿が乗せられている。
豊かで長い髪を引き結んで垂らしている様子を見ながら、宰相中将は「本当
に美しい方だ」と思った。全てが匂いに満ち、一層、心惹かれる思いがする。
 あらゆる女性を様々に口説いて我が物とする抜け目のない宰相中将が、自
分になびいて欲しいと言葉を尽くす態度に四の君も拒む事が出来ない。ただ
心弱く泣く様子に、宰相中将は立ち分かれる気がしなかった。
 外では中納言が拍子を取って「伊勢の歌」を歌う声が興深く聞こえる。
「……なぜだ。これほどの女を思いのまま妻としながら、どうして疎遠なの
だ。あれほど容貌も美しくたおやかで優美なのに、ひどく生真面目で奇妙な
くらいに身を慎み、いつも深刻に悩んでいるのは、どれほど重大な事を思い
詰めているのだろう」
 宰相中将は不思議に思うのだった。
(続く)
                                   ★

 人の目があるからでしょうか、病気と称して七日の祝いにも参上しなかっ
た宰相中将でしたが、それが終わるとまた四の君に逢いに来ました。部屋の
外では中納言の歌の声――二人の逢瀬が非常にシビアである事が伺えます。
 この続きはまた次回にお届けします。それではまた。
------------------------------------------------------------------------
ジャンル:古典レビュー
メール :miztam@nifty.com
HP  :【山猫屋本舗】http://homepage3.nifty.com/miztam/
------------------------------------------------------------------------
好きなスポーツ中継は何かと問われれば、一に自転車ロードレース、二には、ア
メリカンフットボール、それから全日本女子バレー。格闘技系はおしなべて、好
きですが、今はどちらかというとパンクラス経由のプライド派。オリンピックは
種目が多すぎる、アテネ大会なら古来の種目に絞るべきでは。石を握って殴り合
うボクシングとか、見たいよね。と不在の友に語りかけた後沈黙。さらに沈黙の
作者がお送りする連載をどうぞ。
------------------------------------------------------------------------

◆そののちのこと【60】                           作者:みやこたまち

------------------------------------------------------------------------
−僕は今、卒業論文を書くために篭った宿に起居している。女は覚えているはず
だ。もっとも、何県のどこにあるのかは知るまいが。だからこそ、「失踪」さ。
僕にとっては、最後の手立てのつもりだった。まさか、ここまできてさらに追い
詰められるとは、思いもよらなかった。

−僕は、旅館の女将に恩がある。ぞっとするような艶のある女だった。芸者上が
りの未亡人だそうだ。良い女だったが、どうも僕はその女将まで手にかけたらし
い。せめてもの救いは、女が残っているということだ。僕は女を殺したくはなか
った。ここの所が複雑なのだ。

>以下次号
------------------------------------------------------------------------
ジャンル:小説
メール :tamachim@yahoo.co.jp
HP  :【電網 昼行灯】http://www1.odn.ne.jp~cak87430/index.html/
------------------------------------------------------------------------

書見棚 その58-*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

ここは、みなさまの本棚のなかで今、目に入ったものを御紹介いただく棚です。
投稿が無い週は私の本棚で目についたものを紹介します。今週は

「モザイクな日々 遊佐未森」です

二十歳少し前、西友の本屋で装丁買いをした一冊の本、それはまだここで紹介し
てはいないと思いますが、それが彼女についての本でした。それから、駅前のC
Dレンタルショップにいって、その個性的な名前を探してみたら、案外とCDが
出ていて、借りて帰って聞いてみたら、なんとも癖のある歌唱と、凝った編曲。
何よりも、顔が好きになり、PVビデオなどを買って、不思議な振り付けに、や
られたという次第。もう結婚しちゃったんですけどね。家の鍵をぶらさげている
キーホルダーは、彼女のファンクラブの入会特典だったりします。あ、この本の
紹介、なんにもしてない・・・

ソニー・マガジンズ発行  1992年4月8日 第一刷 2500円 
------------------------------------------------------------------------

それではまた次週お目にかかりましょう。

_/_/ KISARAGIについて _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■配信システム
 KISARAGIは「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/で配信しています。
■登録解除の方法
  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスしてフォームに記入を。
 -->http://miytako.hp.infoseek.co.jp

_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://www1.odn.ne.jp/~cak87430/index.html
------------------------------------------------------------------------
 前編集者 仙ちゃん
 E-mail :slowhand@sea.plala.or.jp
 WebPage:http://www7.plala.or.jp/slowhand/
------------------------------------------------------------------------
 初代編集者 牧瀬佑樹(マッキー)/スタック作家
 E-mail :macky@livrer.jp
 WebPage:http://www.livrer.jp/
------------------------------------------------------------------------

KISARAGI

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/09 部数:  49部

ついでに読みたい

KISARAGI

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/09 部数:  49部

他のメルマガを読む