KISARAGI

KISARAGI vol.246

カテゴリー: 2004年06月13日
------------------------------------------------------------------------
K I S A R A G I vol.246                               2004/06/13発行
                          編集/発行:みやこたまち
http://miytako.hp.infoseek.co.jp     ★ E-mail:tamachim@yahoo.co.jp                 
------------------------------------------------------------------------
下妻物語とキューティーハニーを見てきました。下妻、良い映画でした。ハニー
はもっとおもしろく作れたんじゃないかと、思いました。でも、二つとも、疲れ
ないで、楽しく見ることができました。

 深海関係のDVDを三枚注文してあります。届くのが楽しみです。夏公開の、
ディープブルーも見に行くつもりです。ただ、ペンギンや、アザラシの可哀相
なシーンは、目をつぶっている予定。

それでは、今週もたまさん、よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------

◆古典へのいざない【95】     とりかへばや物語[45]   作者 たまさん

------------------------------------------------------------------------
 夜が明けていくにつれ、姉宮は情けなく居たたまれない気持ちになった。
白い単襲《ひとえがさね》ばかりの着慣れた姿で、なよやかな姿はとてもほ
っそりとして絵から抜け出たようである。頭髪の形や髪の掛かり具合も並々
ではなく、無造作に後ろに垂らした髪は袿《うちき》の裾よりも長く余って
いるように見える。奥ゆかしく隠すようにしている横顔は白く美しげで、言
い様のないほど気高く美しい。当初、「唐土風で親しみにくく日本人とは違
うかも知れぬ」と中納言は好奇心を持っていたが、これほど取り乱しても実
に上品で見飽きぬ魅力があり、いよいよ熱心に将来を誓い合った。姉宮から
見た中納言の姿は言うまでもない。非常に優美な朝の姿を互いに素晴らしい
と見ているうちに夜が明けたので、中納言は退出した。
 その後、中納言は美しい女性だったと思い出されて、文を送った。

  今の間も覚束なきに立ち返り
   折りても見ばや白菊の花
 (こうしている今も貴女の事が気になってならないので、
   戻って白菊の花のような貴女を折ってみたくなります。)

 世間一般の後朝《きぬぎぬ》の文の調子であるので女房達は全くそう考え
てそわそわしたが、当の姉宮は、――相手の様子が親しみ易くしんみりとし
ていたので取りとめもなく物語をしたのだが、今になって、あれはどういう
事だったのかと呆れて恥ずかしく思い出され、気分が悪くなった。返歌をし
ないのを女房達は気に掛けて勧めるが、
「必ず返事をしなければいけないという訳でもないでしょう」
 と言ってやめてしまった。
 日が暮れると昨夜と同じように、中納言は姫君達の部屋に行って月を見な
がら語り合い、一緒に琴をかき鳴らしては夜を明かすうちにすっかり心を奪
われ、都へ帰る気を失っていた。
(続く)
                                   ★

 今回は中納言と吉野山の宮の娘達との、恋愛とも友情とも言えない不思議
な関係が描かれていました。
 この続きはまた次回にお伝えします。それではまた。

------------------------------------------------------------------------
ジャンル:古典レビュー
メール :miztam@nifty.com
HP  :【山猫屋本舗】http://homepage3.nifty.com/miztam/
------------------------------------------------------------------------
イタリア一周自転車レース「ジロ・デ・イタリア」も、残すところ二日となり、
昨年優勝のシモーニは、同じチームの若手にかなわず、二位に届くかどうか、
といったリザルトになっています。世代交代という言葉は、まだ早いと思います
が、寂寥感を感じるものです。
ところで、昔の自分に勝ってますか? 私は負ける気がしません。なぜなら、今
勝てる分野でしか、闘いをいどみませんから。と、堂々とコメントする作者の連
載をお送りします。
------------------------------------------------------------------------

◆そののちのこと【55】                           作者:みやこたまち

------------------------------------------------------------------------
>女は多田を求めた。信夫は多田として女を嬲った。そうすると女は恍惚としな
がら、瞳だけはますますはっきりとしてくるのだった。そこには不思議な艶があ
った。

>女を打っている時、信夫は自信に潜む狂おしい後悔を忘れることができた。

>信夫は女を必要としていた。女はその欲望を満足させることが出来た。

>信夫は自分が穂積信夫であるということを捨てて、女を嬲り続けた。

>以下次号

------------------------------------------------------------------------
ジャンル:小説
メール :tamachim@yahoo.co.jp
HP  :【電網 昼行灯】http://www1.odn.ne.jp~cak87430/index.html/
------------------------------------------------------------------------

書見棚 その52-*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

ここは、みなさまの本棚のなかで今、目に入ったものを御紹介いただく棚です。
投稿が無い週は私の本棚で目についたものを紹介します。今週は

「九尾の猫」エラリー・クイーン著 大庭忠男訳です。

エラリー・クイーン物(エラリー・クイーンが登場する推理小説)の中で、私は
多聞にもれず、「国名シリーズ」が好きです。ですので、こちらのものは、あま
り好みではありません。ちょっと湿っぽい感じなのです。長さの割りには、謎解
きが単発で、しかも「理論の連鎖」も弱い気がして、エラリーらしくない気がし
ます。事件は、ニューヨークマンハッタンでの、連続殺人。何のかかわりも無い
と思われる9人の被害者の間にある公分母とは何か? さらに土壇場の一ひねり
二ひねり。読み通せるのですから、おもしろいことには変わりはないのですが。
「つまらない」とか「おもしろい」とか、読んでみればこそ言えること。
そういう意味では、最近ちょっと、怠けてるかなと、思うこともあります。

ハヤカワ文庫 発行  1978年7月31日初版   720円。 
------------------------------------------------------------------------

それではまた次週お目にかかりましょう。

_/_/ KISARAGIについて _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■配信システム
 KISARAGIは「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/で配信しています。
■登録解除の方法
  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスしてフォームに記入を。
 -->http://miytako.hp.infoseek.co.jp

_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://www1.odn.ne.jp/~cak87430/index.html
------------------------------------------------------------------------
 前編集者 仙ちゃん
 E-mail :slowhand@sea.plala.or.jp
 WebPage:http://www7.plala.or.jp/slowhand/
------------------------------------------------------------------------
 初代編集者 牧瀬佑樹(マッキー)/スタック作家
 E-mail :macky@livrer.jp
 WebPage:http://www.livrer.jp/
------------------------------------------------------------------------

KISARAGI

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/09 部数:  49部

ついでに読みたい

KISARAGI

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/09 部数:  49部

他のメルマガを読む