ACADEMIC RESOURCE GUIDE

[ARG-733]「マガジン航」にて〈ブックオフは公共圏の夢を見るか〉連載開始

1998-07-11創刊(創業10周年イヤー)           ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and ...

       2019-02-18発行   ‡No.733‡   41879部発行

  -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第25号、販売中」-

 "Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net."

-----------------------------------
  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第25号、販売中」
 -「岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報」

○産官学民連携クリップ

○【毎週更新】各地のプロジェクトから

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -〈ブックオフは公共圏の夢を見るか〉第1回「ブックオフという「図書館」の登場」(谷頭和希)
 -〈月のはじめに考える-Editor's Note〉「あらためて、「浮上せよ」と活字は言う」(仲俣暁生)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -『新建築』誌座談会
 -臨時取締役会と晩ご飯処マスター誕生祝い
 -高知出張1日目-佐川町で検討委員会に出席
                             など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<最新刊発売>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の最新著

           『未来の図書館、はじめます』
           (青弓社、2018年、1944円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200690/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~<弊社関係企画>~~~~~~~~~~~~~~

  国宝の備前刀「山鳥毛里帰りプロジェクト」クラウドファンディング

          https://setouchi-cf.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

    「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第25号、販売中」

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第25号が1月28日(月)から販売中です。

・ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第25号
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/next/

特集テーマは『ウィキペディアタウン』で、下吹越香菜の責任編集となります。ぜひ、お買い求めいただけますと幸いです。

<目次>

◆巻頭言「次の方向性を検証・検討する手立ての一つとして」(岡本真)

◆特集「ウィキペディアタウンでつながる、まちと図書館」(下吹越香菜)
 -論考1:「図書館のサービスイノベーションの引き金となる、ウィキペディアタウン」(是住久美子)
 -論考2:「「ウィキペディアタウン」と「図書館の連携」が可能にする未来の知的環境 」(高久雅生)
 -コラム1:「人々の「知りたい」を支えるもの」(下吹越香菜)
 -レポート1:「ウィキペディアタウンで考える「まちの観光」」(青木和人)
 -コラム2:「世界で初めてのウィキペディアタウン」(下吹越香菜)
 -レポート2:「ウィキペディアタウンで考える「まちの情報化」」(澤谷晃子)
 -レポート3:「ウィキペディアタウンで考える「まちの課題」」(萬谷ひとみ)
 -レポート4:「ウィキペディアタウンで考える「まちの情報をひらくデザイン」」(下吹越香菜)
 -事例ピックアップベスト5:「ウィキペディアタウンのコラボ事例」(下吹越香菜、田子環)
 -データ:「ウィキペディアタウンの開催データから見えるもの」(下吹越香菜)

◆司書名鑑 第20回 Asturio Cantabrio(ウィキペディアン)

◆連載
-伊藤大貴の視点・論点 第3回「社会で起きているオープン化が公共サービスへ与える影響」(伊東大貴)
-島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~第7回「開館後の『日常』」(田中輝美)
-猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第8回「甲州市立勝沼図書館 日本一のぶどうとワインのまちの図書館が続けてきた『当たり前のこと』」(猪谷千香)
-かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第8回「事典は見た目の影響が3割?レイアウトを取っ払ってみたら、『ウィキペディア日本語版』は『日本大百科全書』よりも信憑性が高いと認知された。」(佐藤翔)

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 業務実績 定期報告
スタッフボイス
次号予告

▽Fujisanマガジンサービス
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/next/

▽書店経由の機関購読も可能です。まずはメールにてお問い合わせください。
担当:LRG編集部 ふじた lrg@arg-corp.jp

*

【岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報-】

岡本真の最新著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)はAmazonほかの書店での販売されています。ぜひお買い求めください。

◇書誌情報:

・岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、1800円+税)
https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787200693/
・Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4787200690
・honto
https://honto.jp/netstore/pd-book_29310194.html
・紀伊國屋書店
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784787200693
・楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15656565/

なお、本誌の趣旨や販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受付ます。ただし、旅費はご支給ください。ただし、日々全国を行脚しているので、日程によっては旅費も大幅に抑制できることがあります。お気軽にご相談ください。


[目次]

序章 なぜ「はじめます」か?-「はじめに」に代えて
 1 図書館プロデューサーとしての八年余
 2 よくいただく相談
 3 図書館を考える「勘どころ」
 4 なぜ「はじめます」か?
 5 なぜ、「はじめる」なのか?
 6 図書館をはじめるということ-「整備」と「運営」と

第1章 図書館をはじめるための準備
 1 先行する知見にまなぶ
 2 図書館の見学
 3 さまざまな資料
 4 実際の計画を知る
 5 図書館をはじめる準備を終えて

第2章 図書館整備の背景・課題
 1 図書館整備の背景
 2 図書館整備の課題

第3章 図書館整備の手法と進め方
 1 図書館整備の手法
 2 図書館整備の進め方

第4章 図書館整備にあたってのFAQ
 1 どのように市民の意見を集約するのか?
 2 そもそも、何をどこまで委託すべきなのか?
 3 市民協働は必要か?
 4 オーナーシップとイコールパートナーシップ-「ひとごと」から「私たちごと」へ

おわりに-とりあえずの「まとめ」として

補論 図書館のデザイン、公共のデザイン 李明喜
 1 図書館でのデザインとは何か?
 2 図書館のプロダクト・デザインの変革はブックトラックから始まる
 3 これからの図書館・公共施設づくりと地域デザイン

付録 再録「まえがき ‐ 図書館は知の番人だ」ー『未来の図書館、はじめませんか?』から
ARGが関わった図書館整備・図書館運営支援の業務一覧


===================================
 ◆ 産官学民連携クリップ ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

弊社の2本柱の1つである産官学民連携のコーディネート事業から見えてくる最近のトレンドをニュース解説を交えて紹介していきます(岡崎)。

岡崎有彩 <aokazaki@arg-corp.jp>
	
添付ファイル12:27 (0 分前)
	
To 岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社), argall
岡本さん

岡崎です。

来週の産学連携クリップをお送りします。
ご確認のほどよろしくお願いいたします。

産官学連携系\産学連携事案\B-1.産学連携クリップ
・20190216産学連携クリップ


===================================
 ◆ 産官学民連携クリップ ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

弊社の2本柱の1つである産官学民連携のコーディネート事業から見えてくる最近のトレンドをニュース解説を交えて紹介していきます。

1.スマートニュース、子会社『スマニューラボ』を設立
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000310.000007945.html
スマートフォン用ニュースアプリを提供しているスマートニュース株式会社が子会社「スマニューラボ」を設立しました。記事内には「新しいものづくりを『隔離された』環境で始めるべく、子会社『スマニューラボ』を立ち上げました」とあります。スマートニュースは、既存のサービスを改善しながらのプロダクト開発ではなく、プロダクト開発に注力していくことを選択したようですね。ちなみに、スマートニュースの社長である鈴木健さんは博士号をお持ちであるのはご存知でしたでしょうか。

2.中央大学と八王子市図書館部による共同研究の中間報告会を開催
https://www.u-presscenter.jp/2019/01/post-40791.html
図書館の利用実態に関する調査というと、図書館の出入口付近でカウンターを持ち、出入りの人数をカウントするようなアナログ調査も多いなかで、今回八王子市は「個人情報以外のデータを中央大学に提供」し、より詳細はデータ分析を行ったようです。民間委託以外にも、こういった地元の大学との共同研究という形もぜひ広がるとよいですね。

3.世界初!人とデータを結ぶプラットフォーム『D-Ocean』本日よりオープンベータ版のサービス提供を開始!完全無料! 
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000036202.html
D-OceanではD-Oceanを通してデータを公開できるだけでなく、D-Oceanを通してデータをダウンロードすることができるため、データ公開者とデータ利用者がD-Ocean上でコミュニケーションをとれます。また公開データのデータ分析依頼をD-Oceanを経由して実施が可能で、データ公開社とデータ利用者の垣根をこえることができる、一大プラットフォームになる予感がします。
ぜひ自治体データをD-Oceanに公開して、本当に使いやすいデータは何なのか、データ利用者の声を収集してみてもよいかもしれませんね。


===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。

*

【富谷市】(宮城県)
(仮称)富谷市民図書館整備基本計画策定及び設計プロセス策定支援業務

2月17日(日)に(仮称)富谷市民図書館整備 富谷市デザイン会議が開催されました。中高生や未就学児のお母さんを含む70名を超える市民の方々が参加し、図書館準備室のメンバーのファシリテーションのもと時間いっぱいまで活発な意見交換が行われました。
図書館への市民の高い関心があらためて示されたかたちですが、今日の議論はこれで終わりではなく、来年度に策定される管理運営計画に受けつがれるものです。富谷市独自のネットワーク型図書館づくりに向けて、対話のプロセスはこれからも続きます。(宮田)

・富谷市 - (仮称)富谷市民図書館整備 富谷市デザイン会議 開催のお知らせ
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/library-scheme-2018-3.html
・富谷市 - (仮称)富谷市民図書館整備基本計画について
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/library-scheme-2018.html
・富谷市 - (仮称)新富谷市民図書館整備基本構想について
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/syogai-tosyo.html


【名取市】(宮城県)
新名取市図書館施設整備事業

新図書館のオープンから2ヶ月が過ぎようとしていますが、これまでの仮設図書館はどうなるのか?という質問をときどき受けます。内々にはある程度把握していたのですが、ついに報道が出ました。どんぐり・アンみんなの図書室とどんぐり子ども図書室は今後整備予定の歴史民俗資料館(仮称)に転用・改装されます。
大勢の方々の想いが詰まった仮設図書館がこの先、名取の歴史と文化をどのように伝えていくことになるのか、大いに楽しみです。(岡本)

・「歴史資料館は古墳付き 名取市、被災した図書館跡に整備 「雷神山」模した築山造成」(河北新報、2019-02-11)
https://www.kahoku.co.jp/special/spe1062/20190211_02.html
・名取市図書館
http://lib.city.natori.miyagi.jp/
・名取市図書館 - 新図書館関連(名取市)
http://lib.city.natori.miyagi.jp/web/library/new-library


【須賀川市】(福島県)
須賀川市民交流センター管理運営等支援業務/(仮称)文化創造伝承館開館準備支援業務
須賀川市民交流センターtetteは2月10日(日)をもちまして開館1ヶ月を迎えました。この1ヶ月で入館者数は6万人を超え、連日多くのみなさんにご利用いただいているようです。ありがたいことです。
数字は決して目標ではありませんが、開館直後のいま、これだけの方々にお越しいただいているというのは、利用者の期待の高さの表れだと思います。それに応えるべく職員やパートナーズクラブのみなさんも日々がんばっています。我々も引き続きしっかり支援していきます。(李)

・文化庁メディア芸術祭須賀川展「創造のライン、生のライン」
https://megei-sukagawa.info/
・須賀川市民交流センター tette
https://s-tette.jp/
・須賀川市 - (仮称)市民交流センター整備事業
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/5125.htm
・須賀川市 - 地方再生のモデル都市に福島県で唯一須賀川市が選定されました((仮称)文化創造伝承館の整備を含む事業)
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/12706.htm


【柏市】(千葉県)
柏市図書館のあり方策定支援業務

2月13日(水)に定例会で柏市にうかがいました。あり方策定の過程で生まれた市民活動をどのように次年度以降につないでいくかは今後の課題の1つですが、そのディスカッションのなかでウィキペディアタウンの話題になりました。
『ライブラリー・リソース・ガイド』(LRG)最新号のウィキペディアタウン特集も読んでいただいたようです。この特集では、骨太の論考はもちろん、開催のヒントも掲載されていて、運営側の視点で読むこともできます。施設整備支援とLRGが有機的につながることで、弊社だからできる提案や役割を果たしていきたいと思っています。(宮田)

・柏市 - 「柏市図書館のあり方」の策定について
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/280700/p046994.html
・柏市図書館のあり方策定(柏市教育委員会生涯学習課)Facebookページ
https://www.facebook.com/kashiwa.futurelibrary/
・柏市図書館のあり方策定(柏市教育委員会生涯学習課)Twitter
https://twitter.com/kashiwa_futurel


【松戸市】(千葉県)
松戸市立図書館あり方検討支援業務

今週はあり方の本文の全文がほぼ出揃うところまでやってきました。並行して校正もはじまっていて、指摘で真っ赤な部分もあります。ですが、ここまで来ればあとは1つひとつ対処し、松戸市の担当者の方とコミュニケーションを取りながら、ブラッシュアップを重ねていく作業になります。
産みの苦しみはいましばらく続きますが、松戸市らしい図書館のあり方となるよう精一杯支援していきます。(宮田)

・松戸市立図書館
http://www.city.matsudo.chiba.jp/library/


【板橋区】(東京都)
板橋区立中央図書館基本設計・実施設計委託業務

新しい図書館に導入する図書館システムのプロポーザルが始まっています。中央図書館の移転・新築にあわせて蔵書もICタグでの管理に移行する予定です。管理者だけではなく、利用者にとってもわかりやすく、使いやすいシステムの提案を期待したいですね。(下吹越)

・板橋区 - 板橋区立中央図書館RFID機器システムの導入事業者の募集
https://www.lib.city.itabashi.tokyo.jp/use/boshu_RFIDH30.html
・板橋区 - 板橋区立中央図書館基本計画
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/082/082152.html
・板橋区 - 新たな中央図書館の建設について
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/077/077592.html
・板橋区 - いたばしボローニャ子ども絵本館
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002177.html


【黒部市】(富山県)
(仮称)くろべ市民交流センター管理運営計画策定支援業務

来週に第7回管理運営計画策定委員会の開催が迫ってきました。諸々の資料準備はひと段落しているのですが、その先の作業がまだいくつか残っています。委員会の日は日帰りなのですが、前後の時間に関係部署との会議を数本予定しています。なるべく早く、次の展開に進めるよう備えていきます。(岡本)

・黒部市 - (仮称)くろべ市民交流センター整備事業設計プロポーザルの実施について
http://www.city.kurobe.toyama.jp/event-topics/svTopiDtl.aspx?servno=10351
・黒部市 - (仮称)くろべ市民交流センター建設基本構想について
https://www.city.kurobe.toyama.jp/event-topics/svTopiDtl.aspx?servno=9277


【長野県】
県立長野図書館 信州学び創造ラボ設計支援業務ほか

県立長野図書館「信州・学び創造ラボ」アンカンファレンス#02の翌日、平賀館長と2人きりで、現場を視察しました。造作はまだまだこれからといった感じでしたが、空間のボリュームはある程度把握できる状態にはなっていました。
せっかく現場が間近にあるので、本当は現場でワークショップやアンカンファレンスができるといいのですが、工事中の現場で実施するわけにもいきません。次回は引き渡しと開館の間という微妙な時期の開催ですが、平賀館長に、ぜひ現場で行いましょうとお願いしておきました。(李)

・よむナガノ 県立長野図書館ブログ
https://blog.nagano-ken.jp/library/
・県立長野図書館3階フロア改修工事設計業務委託の受注者が決定しました
http://www.library.pref.nagano.jp/osirase_180413


【静岡県】
新県立中央図書館基本計画策定支援業務

先週書いた業務報告書ですが、内容についておおむねのところのOKをいただけました。後はこれからの日々、記録を丁寧につけていけば完了できそうです。仕事が終わりつつあるというのは少し寂しくもありますが、同時に1つの達成感でもあります。契約期間の終了まであと1ヶ月ほど。最後まで地道に進めていきます。(岡本)

・静岡県 - 平成30年度新県立中央図書館基本計画策定支援業務委託先の募集について
https://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-080/tosyokan/20180403.html
・静岡県 - 新県立中央図書館基本構想の策定について
https://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-080/tosyokan/20180322.html
・静岡県立中央図書館 - 新館検討関係リンク集
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/newlib/newlib.html
・静岡県 - 東静岡周辺地区「文化力の拠点」形成検討事業
https://www.pref.shizuoka.jp/bunka/bunkaryokukyoten.html


【智頭町】(鳥取県)
新智頭図書館建設に関するアドバイザリー業務

2月10日(日)、智頭町の保健・医療・福祉総合センターほのぼので、先日紹介した「木育キャラバン」が開催されました。杉のまち智頭町が木育事業の一環として企画したものです。
「木育キャラバン」の基地である東京おもちゃ美術館からやってきた木のおもちゃに加えて、地元の木材協会女性部と智頭農林高の生徒らがつくったおもちゃも一緒に並べられたそうです。智頭町の子どもたちの楽しそうな様子が目に浮かぶます。(李)

・積み木や楽器 夢中に 智頭で木育キャラバン(日本海新聞、2019-2-11)
https://www.nnn.co.jp/news/190211/20190211003.html
・智頭図書館Facebookページ
https://www.facebook.com/chizulibrary/
・新 智頭図書館整備事業
http://cms.sanin.jp/p/chizu/kyouiku/5/01/
・智頭町
http://www1.town.chizu.tottori.jp/


【西ノ島町】(島根県)
西ノ島町コミュニティ図書館管理運営計画策定支援業務

2月15日(金)よるのブックカフェが開催されました。夜しか空いている時間がないのに、飲み屋以外にどこにも行く場所がない、 というのは以前より町民のみなさんから寄せられた意見でした。日中仕事で忙しい方も、図書館が少し開館時間を遅らせることで足を運んでもらいたいですね。(下吹越)

・西ノ島町コミュニティ図書館いかあ屋
https://nishinoshimalib.jp/
https://www.facebook.com/nishinoshimalib/


【四万十町】(高知県)
四万十町文化的施設検討委員会ワークショップ運営等支援業務

高知市の高知こどもの図書館に視察に行った際、四万十町文化的施設検討委員を委嘱されている主婦の女性とお子さんに、ばったりお会いしました。お話をうかがうと、以前よりこどもの図書館の会員として運営のお手伝いを行っているとのこと。委員とのお話を通じて、町の文化的施設づくりに主体的に関わろうとする熱い想いが感じられました。(下吹越)

・四万十町文化的施設基本構想(案)に係る意見公募について
https://www.town.shimanto.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=5930
・「(仮称)四万十町文化的施設基本構想」の策定に向けて
https://www.town.shimanto.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=5201
・四万十町
https://www.town.shimanto.lg.jp/

*

【最近の仕事】

情報誌『地域人』に代表・岡本真へのインタビュー記事掲載
https://arg-corp.jp/2019/02/14/chiikijin/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2114076325304645

町田市立図書館市民向け学習会「町田市の図書館をデザインしよう!」の開催を支援
https://arg-corp.jp/2019/02/07/machida/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2103350656377212/

足立区生涯学習関連施設指定管理者選定審査会の選考に参画
https://arg-corp.jp/2019/01/30/adachi/ 
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2091562167556061

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/


~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~


===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2019-02-18(Mon):
筑波大学附属図書館 講演会「オープンアクセスの今と未来」
(於・茨城県/筑波大学 大学会館)
https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/lib/ja/information/20190117

◇2019-02-18(Mon):
研究データ利活用協議会(RDUF)公開シンポジウム-研究データ利活用のさらなる促進のために
(於・東京都/科学技術振興機構 別館)
http://japanlinkcenter.org/rduf/events/

◆2019-02-19(Thu):
情報科学技術研究会(INFOSTA)研修会・セミナー「難しい」を「分かりやすい」へ-科学コミュニケーターの技術と考え方-
(於・東京都/日本図書館協会会館)
https://www.infosta.or.jp/seminars/semi190219/

◆2019-02-20(Wed):
経済資料センターセミナー「創業の思いをつたえる-京都の企業記念施設と創業者資料」
(於・京都府/芝蘭会館)
http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/blog/student/21970/

◆2019-02-20(Wed):
京都大学第13回ICTイノベーション
(於・京都府/京都大学 百周年時計台記念館)
http://www.design.kyoto-u.ac.jp/event/forthcoming/10205/

◇2019-02-20(Wed):
大学図書館支援機構(IAAL)講習会 第3回「図書館員のためのHTML・PHP入門」Part1: HTML入門
(於・東京都/大学図書館支援機構(IAAL))
http://www.iaal.jp/activitiy/2_index_detail.shtml

歴史資料ネットワーク2018年度シンポジウム地域歴史資料の魅力-集う・学ぶ・活かす-
(於・大阪府/神戸大学 梅田インテリジェントラボラトリ)
http://siryo-net.jp/event/2018-general-meeting2/

◆2019‐02‐27(Wed):
平成30年度 第3回産官学連携塾「情報学×産官学連携-企業とアカデミアの連携を成功させるために-」
(於・東京都/国立情報学研究所 学術総合センター)
https://www.facebook.com/events/823826877970422/

◆2019-02-27(Wed):
デジタルアーカイブ産学官フォーラム
(於・東京都/日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/forum/

◇2019-02-28(Thu):
平成30年度書誌調整連絡会議
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館新館)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/basic_policy/conference/

◆2019-02-28(Thu):
情報メディア教育研究センターシンポジウム 2019
(於・東京都/法政大学 市ケ谷キャンパス)
https://www.media.hosei.ac.jp/symp2019/

◆2019-02-28(Thu):
気象ビジネス推進コンソーシアム 第3回気象ビジネスフォーラム
(於・東京都/一橋大学 一橋講堂)
https://www.wxbc.jp/event/20190228_forum03/

◆2019-03-02(Sat):
人文系データベース協議会 第24回公開シンポジウム「人文科学とデータベース」
(於・静岡県/静岡大学 浜松キャンパス)
http://www.jinbun-db.com/news/24th-symposium-announce

◇2019-03-03(Sun):
ひなまつりWikipedia 女性×かながわ
(於・神奈川県/神奈川県立図書館)
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/yokohama/information/2018/interest2018-08.html

◆2019-03-03(Sun)~2019-03-14(Mon):
日本デジタルゲーム学会 第9回年次大会
(於・岡山県/岡山理科大学 岡山キャンパス)
https://digrajapan.org/?page_id=6139

◆2019-03-07(Thu):
デジタル化資料活用ワークショップ-図書館送信を使いこなす-
(於・京都府/国立国会図書館 関西館)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20190307digi_info.html

◆2019-03-08(Fri):
地域ICTサミット2019
(於・東京都/東京ビックサイト)
https://www1.entryform.jp/sympo_ict2019

◇2019-03-09(Sat):
日本図書館研究会第347回研究例会「図書館が本を貸すから本が売れない?」(常世田良)
(於・大阪府/大阪市立総合生涯学習センター)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2018/347invit.html

◆2019-03-09(Sat):
第5回全国アートマネジメント会議
(於・東京都/豊島区立舞台芸術交流センター)
http://www.hrcpm.org/forum/5th_zenkokukaigi.html
◇2019-03-09(Sat):

日本図書館研究会第346回研究例会「図書館職のライフヒストリー誌を発行して10年:人物と仕事」(赤瀬美穂ほか)
(於・大阪府/大阪市立総合生涯学習センター)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2018/346invit.html

◇2019-03-09(Sat)~2019-03-10(Sun):
日本情報教育学会 第1回研究会
(於・東京都/山形大学 東京
サテライト(田町) キャンパス)
https://sites.google.com/view/jaie/

◆2019-03-09(Sat):
日本図書館情報学会シンポジウム「図書館情報学教育の現状とこれから」
(於・東京都/明治大学和泉図書館ホール)
http://jslis.jp/2018/11/19/シンポジウム(2019年3月)のご案内/

◆2019-03-09(Sat):
Rekimoto Lab. Open House 2019
(於・東京都/東京大学本郷キャンパス)
https://rkmtlab.github.io/openhouse2019/

◆2019-03-09(Sat):
練馬のアニメ学講座「アニメ・アーカイブ入門」-石神井公園ふるさと文化館の事例を交えて-
(於・東京都/練馬区立石神井公園ふるさと文化館)
https://animation-nerima.jp/event/kouza/

◇2019-03-14(Thu)~2019-03-16(Sat):
情報処理学会 第81回全国大会
(於・福岡県/福岡大学 七隈キャンパス)
https://www.ipsj.or.jp/event/taikai/81/

◇2019-03-15(Fri)~2019-03-16(Sat):
デジタルアーカイブ学会 第3回 研究大会
(於・京都府/大京都大学 吉田キャンパス)
http://digitalarchivejapan.org/kenkyutaikai/3rd

◆2019-03-16(Sat):
2018年度アーカイブズカレッジ修了論文報告会
(於・東京都/学習院大学 目白キャンパス)
http://samidare.jp/archives/note?p=log&lid=466321

これ以前以後のイベント情報は下記をご覧ください。
http://www.arg.ne.jp/calendar


===================================
 ◆ 「マガジン航」から ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)が発行支援するウェブ媒体「マガジン航」の最近の記事を紹介します。


・谷頭和希〈ブックオフは公共圏の夢を見るか〉第1回「ブックオフという「図書館」の登場」
「二種類の「古本屋」から考える
突然だけれど、「古本屋」といわれたとき、あなたの頭にはどういった風景が思い浮かぶだろうか。
薄暗く狭い店内にぎっちりと本が重ねられ、店の奥ではこわそうな店主のおやじがぶすっとした顔で座っている――
あるいはこうだろうか?」
https://magazine-k.jp/2019/02/14/bookoff-as-public-sphere-01/

・仲俣暁生〈月のはじめに考える-Editor's Note〉「あらためて、「浮上せよ」と活字は言う」(201-02-04)
「先月末に小説家の橋本治さんが亡くなられた。謹んでご冥福をお祈りいたします。

小説だけでなく評論やエッセイ、古典の翻案・現代語訳など多彩な本を著した橋本さんには、出版論であり書物論といってもよい著作がある。1993年に雑誌「中央公論」に連載され、翌年に中央公論社から単行本として刊行された『浮上せよと活字は言う』である。」
https://magazine-k.jp/2019/02/04/editors-note-41/


===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◆2019-02-22(Fri):
国立大学図書館協会北海道地区「災害に負けない!-想定外とは言わせない」(岡本真、宮田和樹)
(於・北海道/北海道大学附属図書館)

◆2019-03-01(Fri):
福井県図書館関係職員研修会「図書館と公共コミュニケーション」(岡本真)
(於・福井県/福井県立図書館)

◇2019-03-03(Sun):
未来の図書館、はじめます-全国探訪から見えた人・まち・夢
(於・岡山県/瀬戸内市民図書館 もみわ広場 )
https://lib.city.setouchi.lg.jp/opw/OPW/OPWNEWS.CSP?ReloginFlag=1&CLASS=ALL&DB=LIB&IDNO=100188&LIB&MODE=1&PID=OPWMESS&TKAN=ALL&fbclid=IwAR3EIsWL5DFFo29DLfRBc2kwIw8D1SOmkEwFLoQEYeLC4z1jODtYLjFNVPI

◇2019-03-10(Sun):
町田市立図書館市民向け学習会「町田市の図書館をデザインしよう!」第2回「町田市らしい図書館の未来」(岡本真)
(於・東京都/町田市立中央図書館)
https://www.library.city.machida.tokyo.jp/

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

          岡本真『未来の図書館、はじめます』
           (青弓社、2018年、1800円+税)
    https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787200693/
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200690/arg-22/

本誌の趣旨や販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受付ます。ただし、旅費はご支給ください。ただし、日々全国を行脚しているので、日程によっては旅費も大幅に抑制できることがあります。お気軽にご相談ください。

なお、本年度も総務省の地域情報化アドバイザーの委嘱を受けていますが、すでに今年度の派遣申請は〆切られました。次年度以降の本制度の運用については、詳細は不明ですが、ご検討中の方はお気軽にご相談ください。

・地域情報化アドバイザー派遣制度(ICT人材派遣制度)
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/manager.html


~<弊社編集媒体>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
   ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~図書館や教育関係者に向けた新しいニュース紹介メディア~
            リブラボ、更新中
        https://www.facebook.com/LibLabo/

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

◆2019-02-11(Mon): 『新建築』誌座談会

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9651

あれこれ仕事をしつつ、『新建築』誌座談会へ。

・新建築.online
https://shinkenchiku.online/

3月号に

・須賀川市民交流センターtette
https://s-tette.jp/

が載る予定です。本日はそのための座談会で須賀川市民交流センターtetteの設計の各段階に関わった顔ぶれで語らいました。刊行をお楽しみに。


◆2019-02-12(Tue): 臨時取締役会と晩ご飯処マスター誕生祝い

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9652

急ぎの案件があり、臨時の取締役会を開催しました。今日は決議までは進まず、来週の取締役会で重要な決定をすることになりそうです。

夜は事実上、弊社の晩ご飯処となっているお店のマスターの誕生祝いということで、地元の友人たちと一献。



◆2019-02-13(Wed): 某大学で会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9653

某大学図書館の会議へ。

本件も非常にいい感じになってきました。大学図書館の仕事は弊社としても本格的な関与は初めてなので、いつも以上に日々勉強です。


◆2019-02-14(Thu): 高知出張1日目-佐川町で検討委員会に出席

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9654

高知出張です。まずは佐川町へ。

・佐川町
http://www.town.sakawa.lg.jp/

総務省委嘱の地域情報化アドバイザーとしてご依頼いただき、第2回佐川町新図書館整備方針策定委員会に出席しました。

町民主体の委員会で、意見も活発でした。これはこちらも引き締まります。

ここのところ、佐川町を極力、あちこち見て回っていますが、今回は

・佐川町立佐川地質館
http://www.town.sakawa.lg.jp/chishitsukan/

を訪ねました。地域社会に潜む文化力に感嘆するばかりです。



◆2019-02-15(Fri): 高知出張2日目-高知市内で会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9655

昨晩は高知市内に宿泊しました。午前中は四万十町の次回会議に向けた会議を行いました。こちらも基本構想の確定に向けて大詰めです。

空港に移動する前に、

・高知市立自由民権記念館
http://www.i-minken.jp/

を見学しました。「自由は土佐の山間より」という言葉が響きます。


◆2019-02-16(Sat): 結婚式披露宴に出席

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9656

図書館総合展等でご一緒し、あれこれと頼ることが多い今井福司さんの結婚式披露宴に出席しました。

・今井福司の公式Webページ
http://librarius.jp/

こちらも幸せになるよい披露宴でした。冒頭のスピーチの機会を頂戴し、今井さんがいかに頼りがいがあり、同時に適度に頼ってもくれる双方向の関係を丁寧に大切にされる方であるという話をさせてもらいました。こちらの内容もまずまず好評だったようでなによりです。


◆2019-02-17(Sun): 町田市で講演とワークショップ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9657

午前の早い時間から動き出し、数本の仕事を終えた後に町田市へ。

・2019-02-17(Sun):
町田市立図書館市民向け学習会「町田市の図書館をデザインしよう!」第1回「持続可能な図書館のあり方」(岡本真)
(於・東京都/町田市立中央図書館)
https://www.library.city.machida.tokyo.jp/

の当日です。参加者も多く、第1回として順調な滑り出しになったように思います。終了後の振り返り会議の後、別件の取材対応をしていまに至るという一日でした。

なお、次回は

・2019-03-10(Sun):
町田市立図書館市民向け学習会「町田市の図書館をデザインしよう!」第2回「町田市らしい図書館の未来」(岡本真)
(於・東京都/町田市立中央図書館)
https://www.library.city.machida.tokyo.jp/

です。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-733]2019年02月18日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>407
【 ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ついでに読みたい

ACADEMIC RESOURCE GUIDE

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/18 部数:  4,164部

他のメルマガを読む