ACADEMIC RESOURCE GUIDE

[ARG-731]ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第25号、販売中

1998-07-11創刊(創業10周年イヤー)           ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and ...

       2019-02-04発行   ‡No.731‡   4185部発行

  -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第25号、販売中」-

 "Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net."

-----------------------------------
  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第25号、販売中」
 -「岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報」

○産官学民連携クリップ

○【毎週更新】各地のプロジェクトから

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -「「返本ゼロ」が可能な出版のビジネスモデル――ジョン・オークス講演会」(「マガジン航」編集部)
 -「省人化と小売-ふうせんかずら探訪と考察」(湯浅創)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -瀬戸内市で研修講師と会議出席
 -佐賀県で話題提供とワークショップの開催
 -柴田町で「わが町の図書館像を探るシンポジウム」をコーディネート
                             など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<最新刊発売>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の最新著

           『未来の図書館、はじめます』
           (青弓社、2018年、1944円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200690/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~<弊社関係企画>~~~~~~~~~~~~~~

  国宝の備前刀「山鳥毛里帰りプロジェクト」クラウドファンディング

          https://setouchi-cf.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

    「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第25号、販売中」

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第25号が1月28日(月)から販売中です。

・ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第25号
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/next/

特集テーマは『ウィキペディアタウン』で、下吹越香菜の責任編集となります。ぜひ、お買い求めいただけますと幸いです。

<目次>

◆巻頭言「次の方向性を検証・検討する手立ての一つとして」(岡本真)

◆特集「ウィキペディアタウンでつながる、まちと図書館」(下吹越香菜)
 -論考1:「図書館のサービスイノベーションの引き金となる、ウィキペディアタウン」(是住久美子)
 -論考2:「「ウィキペディアタウン」と「図書館の連携」が可能にする未来の知的環境 」(高久雅生)
 -コラム1:「人々の「知りたい」を支えるもの」(下吹越香菜)
 -レポート1:「ウィキペディアタウンで考える「まちの観光」」(青木和人)
 -コラム2:「世界で初めてのウィキペディアタウン」(下吹越香菜)
 -レポート2:「ウィキペディアタウンで考える「まちの情報化」」(澤谷晃子)
 -レポート3:「ウィキペディアタウンで考える「まちの課題」」(萬谷ひとみ)
 -レポート4:「ウィキペディアタウンで考える「まちの情報をひらくデザイン」」(下吹越香菜)
 -事例ピックアップベスト5:「ウィキペディアタウンのコラボ事例」(下吹越香菜、田子環)
 -データ:「ウィキペディアタウンの開催データから見えるもの」(下吹越香菜)

◆司書名鑑 第20回 Asturio Cantabrio(ウィキペディアン)

◆連載
-伊藤大貴の視点・論点 第3回「社会で起きているオープン化が公共サービスへ与える影響」(伊東大貴)
-島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~第7回「開館後の『日常』」(田中輝美)
-猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第8回「甲州市立勝沼図書館 日本一のぶどうとワインのまちの図書館が続けてきた『当たり前のこと』」(猪谷千香)
-かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第8回「事典は見た目の影響が3割?レイアウトを取っ払ってみたら、『ウィキペディア日本語版』は『日本大百科全書』よりも信憑性が高いと認知された。」(佐藤翔)

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 業務実績 定期報告
スタッフボイス
次号予告

▽Fujisanマガジンサービス
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/next/

▽書店経由の機関購読も可能です。まずはメールにてお問い合わせください。
担当:LRG編集部 ふじた lrg@arg-corp.jp

*

【岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報-】

岡本真の最新著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)はAmazonほかの書店での販売されています。ぜひお買い求めください。

◇書誌情報:

・岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、1800円+税)
https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787200693/
・Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4787200690
・honto
https://honto.jp/netstore/pd-book_29310194.html
・紀伊國屋書店
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784787200693
・楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15656565/

なお、本誌の趣旨や販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受付ます。ただし、旅費はご支給ください。ただし、日々全国を行脚しているので、日程によっては旅費も大幅に抑制できることがあります。お気軽にご相談ください。


[目次]

序章 なぜ「はじめます」か?-「はじめに」に代えて
 1 図書館プロデューサーとしての八年余
 2 よくいただく相談
 3 図書館を考える「勘どころ」
 4 なぜ「はじめます」か?
 5 なぜ、「はじめる」なのか?
 6 図書館をはじめるということ-「整備」と「運営」と

第1章 図書館をはじめるための準備
 1 先行する知見にまなぶ
 2 図書館の見学
 3 さまざまな資料
 4 実際の計画を知る
 5 図書館をはじめる準備を終えて

第2章 図書館整備の背景・課題
 1 図書館整備の背景
 2 図書館整備の課題

第3章 図書館整備の手法と進め方
 1 図書館整備の手法
 2 図書館整備の進め方

第4章 図書館整備にあたってのFAQ
 1 どのように市民の意見を集約するのか?
 2 そもそも、何をどこまで委託すべきなのか?
 3 市民協働は必要か?
 4 オーナーシップとイコールパートナーシップ-「ひとごと」から「私たちごと」へ

おわりに-とりあえずの「まとめ」として

補論 図書館のデザイン、公共のデザイン 李明喜
 1 図書館でのデザインとは何か?
 2 図書館のプロダクト・デザインの変革はブックトラックから始まる
 3 これからの図書館・公共施設づくりと地域デザイン

付録 再録「まえがき ‐ 図書館は知の番人だ」ー『未来の図書館、はじめませんか?』から
ARGが関わった図書館整備・図書館運営支援の業務一覧


===================================
 ◆ 産官学民連携クリップ ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

弊社の2本柱の1つである産官学民連携のコーディネート事業から見えてくる最近のトレンドをニュース解説を交えて紹介していきます(岡崎)。

1.「BtoUtoBを目指す」、東北大がマルチマテリアルで産学連携を強化
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/03958/
マルチマテリアルは、自動車の車体や航空機の機体に異素材を組み合わせた素材を利用することで、製品の性能を高めながらも軽量化を実現する手法です。東北大学の産学連携先端材料開発センター(MaSC)は、特に航空機向けにマルチマテリアルを利用した新素材の実用化を企業ともに取り組みます。すでに自動車向けの開発は、欧米との開きが顕著であるという声もある中で、航空機向けの素材開発が期待されます。


2.新潟大、燕三条3団体と共同研究契約 地域企業と「医工連携」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4079823001022019L21000/
新潟大学は10学部ある総合大学で、医学部だけでなく大学病院もあります。また、燕市は金属加工産業が有名であり、各地元企業が有する技術に新潟大学が有する医療分野の技術が重なることで新しい価値創出を狙います。産学連携というと東京の有名な企業、有名な大学と組みがちなものもある中で、地元の中で新しい価値を創出し、実用化された際には地元にお金が落ちる流れとしては、よい座組ではないでしょうか。2018年度内に立ち上げ予定の「燕三条医工連携コンソーシアム(仮称)」の今後の取り組みも気になります。

<参考>医工連携(Wikipedia、2019-02-02)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%BB%E5%B7%A5%E9%80%A3%E6%90%BA
<参考>新潟大学(2019-02-03)
https://www.niigata-u.ac.jp/
<参考>三条商工会議所(2019-02-03)
http://www.sanjo-cci.or.jp/
<参考>燕商工会議所(2019-02-03)
https://tsubame-cci.or.jp/
<参考>協同組合三条工業会(2019-02-03)
https://www.sanjo-kogyokai.or.jp/


3.AIで予測精度向上 気象庁、理研と共同研究
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40537000X20C19A1CR8000/
気象庁では気象観測に全国約60ヶ所の気象台・測候所を利用している他、全国約90ヶ所にある特別気象観測所でも自動で気象観測を行っています。本共同研究では、気温や気圧の観測数値に研究機関及び民間企業、自治体の持つデータまでも活用します。自治体のオープンデータが活かされる共同研究ではないでしょうか。参考URLでは札幌市のオープンデータの取り組みを紹介していますので、ぜひご覧ください。データが増えることでいまよりさらに、天気予報の精度があがることでしょう。

<参考>札幌市内の気象観測記録(区別・年次別)(DATA-SMART CITY SAPPORO、2019-02-02)
https://ckan.pf-sapporo.jp/dataset/sapporo_weather
<参考>地上気象観測(気象庁、2019-02-03)
https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/chijyou/surf.html


===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。

*

【富谷市】(宮城県)
(仮称)富谷市民図書館整備基本計画策定及び設計プロセス策定支援業務

2月2日(土)、仕事先の宮城県内の自治体で富谷市の方に会い、明後日の会議のすり合わせをしました。今回、富谷市からは多人数の参加が難しかったのですが、こういうちょっとした「間」をつくれっていただけることに感謝あるのみです。(岡本)


・富谷市 - (仮称)富谷市民図書館整備 富谷市デザイン会議 開催のお知らせ
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/library-scheme-2018-3.html
・富谷市 - (仮称)富谷市民図書館整備 基本計画(案)に係るパブリック・コメント募集のお知らせ
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/library-scheme-2018-2.html
・富谷市 - (仮称)富谷市民図書館図書館長候補者募集のお知らせ
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/soumu/toshokankannchouboshuu.html
・富谷市 - (仮称)富谷市民図書館整備におけるサウンディング型市場調査実施のお知らせ
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/library-scheme-2018-1.html
・富谷市 - (仮称)富谷市民図書館整備基本計画について
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/library-scheme-2018.html
・富谷市 - (仮称)新富谷市民図書館整備基本構想について
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/syogai-tosyo.html


【名取市】(宮城県)
新名取市図書館施設整備事業

2月3日(日)に開催された図書館講演会で嶋田学さん(瀬戸内市立図書館長)にお話いただきました。瀬戸内市立図書館といえば、2017年のLibrary of the Yearの大賞受賞館です。ご講演ではここまでに至る丁寧なプロセスを一つずつ、これも丁寧にお話いただきました。名取市図書館友の会・なととのメンバーの参加も多く、いい刺激を受けたように思います。(岡本)

・図書館講演会 講師:嶋田学氏(瀬戸内市立図書館長)
https://lib.city.natori.miyagi.jp/web/event/1230
・名取市図書館
http://lib.city.natori.miyagi.jp/
・名取市図書館 - 新図書館関連(名取市)
http://lib.city.natori.miyagi.jp/web/library/new-library


【須賀川市】(福島県)
須賀川市民交流センター管理運営等支援業務/(仮称)文化創造伝承館開館準備支援業務
5月18日(土)に開催予定の図書館総合展の地域開催フォーラムについて、現地での会議が持たれました。あいにく私は参加できなかったのですが、須賀川市民交流センター tetteを使い倒す勢いでブースの出展場所等の議論が行われたとのことです。
施設整備段階から、この特徴ある施設だからこそ、図書館総合展地域フォーラムを開催したいものだと思っていましたが、もう数ヶ月後には現実のものとなります。(岡本)

・図書館総合展
https://www.libraryfair.jp/
・文化庁メディア芸術祭須賀川展「創造のライン、生のライン」
https://megei-sukagawa.info/
・須賀川市民交流センター tette
https://s-tette.jp/
・声のパレット~(仮称)須賀川市民交流センターのプレサイト~
http://sukagawaodeko.jp/
・須賀川市 - (仮称)市民交流センター整備事業
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/5125.htm
・須賀川市 - 地方再生のモデル都市に福島県で唯一須賀川市が選定されました((仮称)文化創造伝承館の整備を含む事業)
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/12706.htm


【柏市】(千葉県)
柏市図書館のあり方策定支援業務

1月29日(火)に生涯学習課から担当者の方2名が、打ち合わせのため横浜市・関内にある弊社オフィスを訪問されました。
いつもはこちらからおうかがいすることが多いのですが、都内の図書館見学とあわせてスケジュールを調整されたとのお話でした。
入社してからなかなか各地の図書館見学ができていない私にはとてもよい刺激をいただきました。(宮田)

・柏市 - 「柏市図書館のあり方」の策定について
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/280700/p046994.html
・柏市図書館のあり方策定(柏市教育委員会生涯学習課)Facebookページ
https://www.facebook.com/kashiwa.futurelibrary/
・柏市図書館のあり方策定(柏市教育委員会生涯学習課)Twitter
https://twitter.com/kashiwa_futurel


【松戸市】(千葉県)
松戸市立図書館あり方検討支援業務

今週はあり方の第2稿にいただいたフィードバックを受けて、第3稿の作成を進めています。
第2稿から第3稿への改訂にあたって、コミュニケーションを丁寧に行うことの大切さを弊社内であらためて確認をしました。
年度末に向けてこれまでの業務のまとめと新年度の業務の準備とが重なりあい、この時期はコミュニケーションが疎かになりがちです。
しかし、そういう時期だからこそ、丁寧なコミュニケーションを心がけたいと思います。(宮田)

・松戸市立図書館
http://www.city.matsudo.chiba.jp/library/


【板橋区】(東京都)
板橋区立中央図書館基本設計・実施設計委託業務

1月30日(水)、板橋区立中央図書館にて「YA(ヤングアダルト)ワークショップ」が開催されました。いつも参加していただいてる上板橋第三中学校のみなさんに加えて、淑徳高等学校の生徒のみなさんにも参加していただき、一緒に新しい図書館での過ごし方を考えました。
今回は中学生と高校生が一緒に取り組んだことによって、それぞれが期待することに微妙な違いがあることがわかりました。新しい図書館が10代の居場所となるように、さらに具体的な機能やサービスを検討していきます。(李)

・板橋区 - 板橋区立中央図書館基本計画
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/082/082152.html
・板橋区 - 新たな中央図書館の建設について
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/077/077592.html
・板橋区 - いたばしボローニャ子ども絵本館
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002177.html


【黒部市】(富山県)
(仮称)くろべ市民交流センター管理運営計画策定支援業務

佳境です。年度末が近いですからね……。設計プロポーザルのための質疑案を考え、最終的な管理運営計画の事業費の再試算をし、管理運営計画の全体的な校正をする等、忙しい1週間でした。(岡本)

・黒部市 - (仮称)くろべ市民交流センター整備事業設計プロポーザルの実施について
http://www.city.kurobe.toyama.jp/event-topics/svTopiDtl.aspx?servno=10351
・黒部市 - (仮称)くろべ市民交流センター建設基本構想について
https://www.city.kurobe.toyama.jp/event-topics/svTopiDtl.aspx?servno=9277


【長野県】
県立長野図書館 信州学び創造ラボ設計支援業務ほか

県立長野図書館「信州・学び創造ラボ」の整備プロセスにおいても、CGや模型によるイメージ共有が行っているが、こうしたメディアによるシミュレーションでは空間そのものを想像することはできない、それは別の体験である、というようなことを前回書きました。
人間(動物)は身体全てを駆使して世界(環境)を知覚し、動き回ります。私が、CGや模型に頼らずに、ワークショップなどを通じてやろうとしているのはこの世界(環境)の想像です。2月9日(土)のアンカンファレンス#02も、そうした意識を持って臨みます。(李)

・県立長野図書館 - 「信州・学び創造ラボ」アンカンファレンス#02 を開催します
http://www.library.pref.nagano.jp/futurelibnagano_190209
・県立長野図書館3階フロア改修工事設計業務委託の受注者が決定しました
http://www.library.pref.nagano.jp/osirase_180413


【静岡県】
新県立中央図書館基本計画策定支援業務

静岡県コンベンションアーツセンター(グランシップ)には県立図書館コーナー「えほんのひろば」があります。ここでは、約5,000冊の絵本の閲覧と貸出ができ、椅子はありませんが、カーペットに座ってゆっくりと絵本を読むことができます。
先日、定例会議の際に「えほんのひろば」を訪れましたが、「鬼と豆の絵本」というテーマで展示を行っていました。ここでは、県立中央図書館本館の資料の貸出・返却、リクエストが可能です。こうしたサテライトのサービスも県立図書館においては重要です。(李)

・静岡県 - 新県立中央図書館基本計画(案)に係るパブリックコメントの実施について
https://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-080/tosyokan/20180202.html
・静岡県 - 平成30年度新県立中央図書館基本計画策定支援業務委託先の募集について
https://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-080/tosyokan/20180403.html
・静岡県 - 新県立中央図書館基本構想の策定について
https://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-080/tosyokan/20180322.html
・静岡県立中央図書館 - 新館検討関係リンク集
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/newlib/newlib.html
・静岡県 - 東静岡周辺地区「文化力の拠点」形成検討事業
https://www.pref.shizuoka.jp/bunka/bunkaryokukyoten.html


【智頭町】(鳥取県)
新智頭図書館建設に関するアドバイザリー業務

実施設計が佳境に入っています。設計事務所から諸々の資料を送っていただき、あらためて慎重に拝見しています。なかなかタイトなスケジュールで進んでいる本事業ですが、設計事務所も奮闘しています。とはいえ、智頭町民の立場に立って、設計案に意見をあげていくのも弊社の仕事です。
たいへんな努力をされている設計事務所に追加依頼をするのは、心中ではもちろん気が引けるのですが、それでも遠慮なく依頼を加えていきます。それが弊社の仕事ですし、設計事務所の仕事でもあるからです。このような関係を築けている設計事務所にはただただ感謝しています。(岡本)

・智頭図書館Facebookページ
https://www.facebook.com/chizulibrary/
・新 智頭図書館整備事業
http://cms.sanin.jp/p/chizu/kyouiku/5/01/
・智頭町
http://www1.town.chizu.tottori.jp/


【西ノ島町】(島根県)
西ノ島町コミュニティ図書館管理運営計画策定支援業務

西ノ島町コミュニティ図書館いかあ屋では、2月1日(金)から「1人1冊プロジェクト~ふたたび~」の募集を始めています。町のみなさんが選んだ本が図書館の書棚に並びます。「赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃんまで、誰でも」です!
自分の選んだ本が図書館に並び、他の人に手に取ってもらえるのって、なんか嬉しいですよね。(李)

・西ノ島町コミュニティ図書館いかあ屋
https://nishinoshimalib.jp/
https://www.facebook.com/nishinoshimalib/


【四万十町】(高知県)
四万十町文化的施設検討委員会ワークショップ運営等支援業務

昨年の11月25日(日)に開催された第5回 四万十町文化的施設検討委員会の会議結果が公開されています。公開資料には弊社が提出した「文化的施設ワークショップ実績報告書」も含まれています。
ワークショップは有効な手段ですが、同時にただやればいい取り組みでもありません。ですが、実施する以上はきちんとしためとめが必要です。弊社では必ずこのような実施報告書を作成・提出していますが、案外そこを確実に実施している自治体は少ないように思います。こういった一つひとつのプロセスを大事にして進めていきます。(岡本)

・平成30年度 第5回 四万十町文化的施設検討委員会 会議結果
https://www.town.shimanto.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=5876
・「(仮称)四万十町文化的施設基本構想」の策定に向けて
https://www.town.shimanto.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=5201
・四万十町
https://www.town.shimanto.lg.jp/

*

【最近の仕事】

足立区生涯学習関連施設指定管理者選定審査会の選考に参画
 https://arg-corp.jp/2019/01/30/adachi/ 
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2091562167556061

浜松市図書館ビジョンが公開
https://arg-corp.jp/2019/01/29/hamamatsu-5/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2088361457876132

弁護士ドットコムに長尾真先生へのインタビュー記事掲載
https://arg-corp.jp/2019/01/24/sangaku-01/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2082321641813447/

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/


~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~


===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2019-02-05(Tue):
情報処理学会 ソフトウエアジャパン 2019
(於・東京都/学術総合センター 一橋講堂)
https://www.ipsj.or.jp/event/sj/sj2019/

◇2019-02-08(Fri):
情報・システム研究機構シンポジウム2018
(於・東京都/東京大学 伊藤国際学術研究センター)
https://www.rois.ac.jp/sympo/2018/

◆2019-02-08(Fri):
デジタルハリウッド大学大学院 2019年度カリキュラム再編記念特別フォーラム「デジタル近未来論」-5G時代のテクノロジー活用とビジネスの変革-
(於・東京都/デジタルハリウッド大学大学院)
https://gs.dhw.ac.jp/event/190208/

◇2019-02-09(Sat):
国立国会図書館国際子ども図書館シリーズ・いま、世界の子どもの本は?(第11回)講演会「いま、フィンランドの子どもの本は?」(末延弘子)
(於・東京都/国立国会図書館 国際子ども図書館)
http://www.kodomo.go.jp/event/event/event2019-02.html

◇2019-02-09(Sat):
経済産業省 ブロックチェーンハッカソン 2019
(於・東京都/Lifull Hub)
http://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181227004/20181227004.html

◇2019-02-09(Sat):
日本図書館協会 第40回(2018年度)図書館建築研修会「新しい複合施設図書館の建築と運営」
(於・神奈川県/大和市文化創造拠点シリウス)
http://www.jla.or.jp/committees/shisetu/tabid/700/Default.aspx

◇2019-02-11(Mon):
デジタルアーカイブin岐阜
(於・岐阜県/岐阜女子大学 文化情報研究センター)
http://digitalarchivejapan.org/bukai/yousei/digitalarchiveingifu-20190211

◇2019-02-12(Tue):
SINET特別セッション 市民講座「情報学最前線」(2)東京2020に向けた新たなスポーツパフォーマンス研究(前田明)
(於・東京都/国立情報学研究所)
https://www.nii.ac.jp/event/shimin/2018/sinet.html

◆2019-02-13(Wed):
DNP学術電子コンテンツ研究寄付講座3周年記念シンポジウム
(於・東京都/東京大学 情報学環ダイワハウスユビキタス館)
http://dnp-da.jp/events-and-news/dnp

◇2019-02-13(Wed):
平成30年度(2018年度)第10回神奈川県図書館協会職員研修会「あなたの知らない図書館サービスと法の関係~著作権・肖像権をめぐって」(福井健策)
(於・神奈川県/神奈川県立公文書館)
http://www.kanagawa-la.jp/information/

◆2019-02-15(Fri):
第14回人間文化研究情報資源共有化研究会
(於・大阪府/大阪大学 中之島センター)
https://www.nihu.jp/ja/publication/source_rd

◇2019-2-15(Fri):
第15回レファレンス協同データベース事業フォーラム「編集して届ける:潜在的な知的好奇心に働きかけるために」
(於・京都府/国立国会図書館関西館)
http://crd.ndl.go.jp/jp/library/forum_15.html

◇2019-02-16(Sat)~2019-02-17(Sun):
経済産業省 ブロックチェーンハッカソン 2019
(於・東京都/Lifull Hub)
http://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181227004/20181227004.html

◇2019-02-16(Sat)~2019-02-17(Sun):
日本図書館研究会 第60回(2018年度)研究大会
(於・京都府/同志社大学 今出川キャンパス)
http://www.nal-lib.jp/events/taikai/2018/invit.html

◆2019-02-17(Sun):
第18回文化資源学フォーラム「コレクションを手放す-譲渡・売却・廃棄」
(於・東京都/東京大学 本郷キャンパス)
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/CR/forum/forum18

◇2019-02-18(Mon):
筑波大学附属図書館講演会「オープンアクセスの今と未来」
(於・茨城県/筑波大学 大学会館)
https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/lib/ja/information/20190117

◇2019-02-18(Mon):
研究データ利活用協議会(RDUF)公開シンポジウム:研究データ利活用のさらなる促進のために
(於・東京都/科学技術振興機構 別館)
http://japanlinkcenter.org/rduf/events/

◇2019-02-22(Fri):
第28回KYOTOオープンサイエンス・ミートアップ「学校健診情報の活用に向けた自治体・市民との相互理解の形成」(井出和希)
(於・京都府/MTRL KYOTO)
https://kyoto-open.science/?p=716

◇2019-02-22(Fri):
日本弁護士連合会セミナー「公文書管理のあるべき姿-民主主義の根幹を支える基盤-」
(於・東京都/弁護士会館)
https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2019/190222.html

◆2019-02-23(Sat):
歴史資料ネットワーク2018年度シンポジウム地域歴史資料の魅力-集う・学ぶ・活かす-
(於・大阪府/神戸大学 梅田インテリジェントラボラトリ)
http://siryo-net.jp/event/2018-general-meeting2/

◆2019-02-27(Wed):
平成30年度 第3回産官学連携塾「情報学×産官学連携-企業とアカデミアの連携を成功させるために-」
(於・東京都/国立情報学研究所 学術総合センター)
https://www.facebook.com/events/823826877970422/

◆2019‐02‐27(Wed):
デジタルアーカイブ産学官フォーラム
(於・東京都/日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/forum/index.html

◆2019-02-28(Thu):
情報メディア教育研究センターシンポジウム 2019
(於・東京都/法政大学 市ケ谷キャンパス)
https://www.media.hosei.ac.jp/symp2019/

◇2019-03-03(Sun):
ひなまつりWikipedia 女性×かながわ
(於・神奈川県/神奈川県立図書館)
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/yokohama/information/2018/interest2018-08.html

◆2019-03-03(Sun)~2019-03-14(Mon):
日本デジタルゲーム学会 第9回年次大会
(於・岡山県/岡山理科大学 岡山キャンパス)
https://digrajapan.org/?page_id=6139

これ以前以後のイベント情報は下記をご覧ください。
http://www.arg.ne.jp/calendar


===================================
 ◆ 「マガジン航」から ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)が発行支援するウェブ媒体「マガジン航」の最近の記事を紹介します。

・「マガジン航」編集部「「返本ゼロ」が可能な出版のビジネスモデル――ジョン・オークス講演会」(2019-01-22)
「ニューヨーク生まれの「返品ゼロ」の出版社ORブックスはどのように経営されているのか? 2018年12月にボイジャーから発売された、秦隆司著『ベストセラーはもういらない』に登場する同社の共同経営者ジョン・オークスが来日し、東京・日比谷図書文化館にて講演を行う(参加無料・要事前予約)。」
https://magazine-k.jp/2019/01/22/or-books/

・湯浅創「省人化と小売-ふうせんかずら探訪と考察」(2019-01-16)
「Paypayの100億円キャンペーンが10日で終わったという12月。「キャッシュレス」が経済産業省の施策として本格的に導入され始めている。オリンピック対応としてそれが正しいのか否かは歴史が判断するよりほかにないが、「イマココ」にいる存在としては、入り口でシャットアウトするのではなく、それをどのように「利活用する」かを考えておくことは重要である。」
https://magazine-k.jp/2019/01/16/cashless-bookstore/


===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◆2019-02-17(Sun):
町田市立図書館市民向け学習会「町田市の図書館をデザインしよう!」第1回「持続可能な図書館のあり方」(岡本真)
(於・東京都/町田市立中央図書館)
https://www.library.city.machida.tokyo.jp/

◆2019-03-10(Sun):
町田市立図書館市民向け学習会「町田市の図書館をデザインしよう!」第2回「町田市らしい図書館の未来」(岡本真)
(於・東京都/町田市立中央図書館)
https://www.library.city.machida.tokyo.jp/

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

          岡本真『未来の図書館、はじめます』
           (青弓社、2018年、1800円+税)
    https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787200693/
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200690/arg-22/

本誌の趣旨や販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受付ます。ただし、旅費はご支給ください。ただし、日々全国を行脚しているので、日程によっては旅費も大幅に抑制できることがあります。お気軽にご相談ください。

なお、本年度も総務省の地域情報化アドバイザーの委嘱を受けていますが、すでに今年度の派遣申請は〆切られました。次年度以降の本制度の運用については、詳細は不明ですが、ご検討中の方はお気軽にご相談ください。

・地域情報化アドバイザー派遣制度(ICT人材派遣制度)
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/manager.html


~<弊社編集媒体>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
   ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~図書館や教育関係者に向けた新しいニュース紹介メディア~
            リブラボ、更新中
        https://www.facebook.com/LibLabo/

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

◆2019-01-28(Mon): 某大学の会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9635

年度末が近づき、ついに社内でインフルエンザも発生し、なかなか忙しくなってきました。

午後に某大学の会議に行き、あれこれと説明を行いました。前後はひたすらオフィスで作業です。


◆2019-01-29(Tue): 柏市との定例会と町田市での会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9636

柏市の方々が来社されました。基本的には弊社が柏市にうかがう形で仕事をしているのですが、たまには横浜での会議もありがたいものです。この双方が出向くスタイルは結構重要だと思っています。これは前職時代に上司に厳しく指導されたことですが、特に発注元は受注先にときおり訪問し、相手の社内の雰囲気を把握しておくのは、与信という意味でも実は欠かせないことなのです。

弊社も先方にお越しいただくばかりでなく、ときおり相手方を訪問することを忘れないようにしていきます。

午後は町田市へ。来月以降、以下の学習会の講師をするので、その打ち合わせです。

・2019-02-17(Sun):
町田市立図書館市民向け学習会「町田市の図書館をデザインしよう!」第1回「持続可能な図書館のあり方」(岡本真)
(於・東京都/町田市立中央図書館)
https://www.library.city.machida.tokyo.jp/

・2019-03-10(Sun):
町田市立図書館市民向け学習会「町田市の図書館をデザインしよう!」第2回「町田市らしい図書館の未来」(岡本真)
(於・東京都/町田市立中央図書館)
https://www.library.city.machida.tokyo.jp/

町田市民にとって非常に重要な学習会ですので、入念に準備して臨みます。


◆2019-01-30(Wed): 瀬戸内市で研修講師と会議出席

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9637

出張の始まりです。まずは瀬戸内市へ。

瀬戸内市役所の歴史的公文書の保存およびオープンガバメントにかかる職員研修で「オープンデータ・バイ・デザインという仕事の進め方-行政の効果と効率をあげる手段としてのオープン政策」という演題で話しました。なお、これは総務省委嘱の地域情報化アドバイザーとしての仕事です。

説明では、オープンデータとなっている喜多耕一さんの

・「自治体が行うオープンデータ 西粟倉村Ver」
https://speakerdeck.com/kou_kita/zi-zhi-ti-gaxing-uopundeta-xi-su-cang-cun-mian-qiang-hui

を使わせていただきました。感謝。そして、こういう使い方こそ、自治体職員の方々にオープンデータの効用を感じていただけるのではないかと思います。

その後、

・山鳥毛里帰りプロジェクト
https://setouchi-cf.jp/

の定例会議に出席しました。こちらは弊社として受託している仕事です。現在5億円目標に対して2億円まで来ています。資金調達は諦めたら終わりなので、最後まで確信をもって臨みます。


◆2019-01-31(Thu): 佐賀県で話題提供とワークショップの開催

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9638

岡山を出て佐賀へ。本日午後の佐賀県立図書館でのイベントにも関係するので、先に

・基山町立図書館
https://www.kiyama-lib.jp/

を見学しました。建て替わる前の図書館は見ていましたが、2016年4月にオープンした新図書館にうかがうのは初めてです。

見学後は佐賀市内に移動し、佐賀県公共図書館協議会平成30年度第3回公共図書館・公民館図書室職員研修会で「オール佐賀・チーム佐賀としての図書館政策」と題した話題提供とワークショップを行いました。

このワークショップは県立図書館と市町図書館の関係をつくっていくものです。この手法は2013年10月16日(水)に講師としてお招きいただいた秋田県市町村図書館・公民室職員研修会で逆にまなんだものです。5年かかりましたが、別の県に移入することができました。

終了後は伊万里市に移動し、久しぶりにじっくりと、

・伊万里市民図書館
https://www.library.city.imari.saga.jp/

を見学しました。


◆2019-02-01(Fri): 唐津市、玄海町を経て仙台へ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9639

伊万里を出てまずは唐津市へ。手短に会議をして、

・玄海町立図書館
https://library.town.genkai.lg.jp/

を見学しました。ここは公共交通機関でのアクセスが難しいところで、これまで訪問できていませんでした。車を出してくださった方に感謝です。そのうえ福岡空港まで送っていただき、空路で仙台へ。数日仙台です。



◆2019-02-02(Sat): 柴田町で「わが町の図書館像を探るシンポジウム」をコーディネート

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9640

昨晩は仙台市内に泊りました。本日は柴田町での「わが町の図書館像を探るシンポジウム」のコーディネートです。総務省委嘱の地域情報化アドバイザーとしての仕事です。

・宮城県柴田町での「わが町の図書館像を探るシンポジウム」と「未来の図書館考えませんかワークショップ」の企画・運営を支援
https://arg-corp.jp/2019/01/17/shibata/

シンポジウムは「変わり出した宮城の図書館~県内の挑戦・県外の挑戦~」を掲げ、瀬戸内市民図書館「もみわ広場」館長の嶋田学さんに基調講演していただいた後、嶋田学さん、名取市図書館長の柴崎悦子さん、大崎市民図書館司書(日本図書館協会認定司書)の村上さつきさんによるパネル討論を行いました。

来場者も130名に迫るほどで町民のみなさんの高い関心を感じました。


◆2019-02-03(Sun): 名取市図書館講演会「図書館のある暮らし」に参加

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9641

瀬戸内市の嶋田さんには連続企画をお願いしていまして、本日はアドバイザーを務める新名取市図書館でご講演いただきました。

・名取市図書館講演会「図書館のある暮らし」
https://lib.city.natori.miyagi.jp/web/event/1230

こちらも満席で新図書館が昨年12月にオープンしたばかりの名取市の勢いのようなものを感じました。嶋田さん、遠路、ありがとうございました。


             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-731]2019年02月04日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>407
【 ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ACADEMIC RESOURCE GUIDE

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  4,175部

ついでに読みたい

ACADEMIC RESOURCE GUIDE

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  4,175部

他のメルマガを読む