ACADEMIC RESOURCE GUIDE

[ARG-523]新共著:【特報】「新共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中」山陰イベント確定中!

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and ...

      2015-02-09発行   ‡No.523‡   4667部発行

 "Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net."

-----------------------------------
  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○レビュー
 -東京大学総合研究博物館、脊椎動物収蔵資料データベースを公開
  (2015-01-15)
 -国立国会図書館、デジタルコレクションの書誌情報のオープンデータセッ
  トを公開(2015-01-30)
 -静岡県立中央図書館、過去の震災に関する資料をデジタル化して公開
  (2015-01-20)

○【特報】「新共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中」
 -47都道府県ツアーの予定を随時更新中
  -島根県松江市と海士町で講演会開催
 -増刷間近!

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -山口市で「未来の図書館、はじめませんか?
  -「ここにしかない」図書館を実現するには」と題して講演
 -流通科学大学「モバイルコミュニケーション」集中講義1日目
 -2月の全体会議
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ レビュー ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

◆東京大学総合研究博物館、脊椎動物収蔵資料データベースを公開
                            (2015-01-15)

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7731

東京大学総合研究博物館が脊椎動物収蔵資料データベースを公開した
(2015-01-15)。

・東京大学総合研究博物館 脊椎動物収蔵資料データベース
http://umdb.um.u-tokyo.ac.jp/DDoubutu/Vertebrate/home.php
・総合研究博物館データベース
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/web_museum/database.html
・東京大学総合研究博物館
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/

これは同館に収蔵されていると登録されている魚類以外の脊椎動物の標本カタ
ログで、リスト形式で一覧できるほか、和名、属名、種名、標本種別等で検索
もできるようになっている。


◆国立国会図書館、デジタルコレクションの書誌情報のオープンデータセット
                          を公開(2015-01-30)

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7732

国立国会図書館が同館デジタルコレクションの書誌情報のオープンデータセッ
トを公開した(2015-01-30)。

・国立国会図書館 - オープンデータセット - デジタルコレクション書誌情報
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/standards/opendataset.html
・国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/
・国立国会図書館
http://www.ndl.go.jp/

これは国立国会図書館デジタルコレクションで公開されている「図書・雑誌・
古典籍の原資料の基本的な書誌項目(タイトル、巻次、シリーズ、版表示、著
者、出版者、出版年、ISBN又はISSN、冊数(ページ数・大きさ))とデジタル
画像の書誌項目(URL、公開範囲)」のデータセットで、「営利・非営利の目的
を問わず、利用手続なしで自由にご利用になれ」ると謳っている。

ついに図書館にも本格的なオープンデータの時代が訪れつつあるようだ。今回
の取り組みは手放しに賞賛したい、そして、この先の取り組みにも期待したい。


◆静岡県立中央図書館、過去の震災に関する資料をデジタル化して公開
                            (2015-01-20)

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7724

静岡県立中央図書館が過去の震災に関する資料をデジタル化して公開した
(2015-01-20)。

・静岡県震災関係資料デジタル化
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/info/2015/sinsai.html
・静岡県立中央図書館
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/

ここでは、関東大震災(1923年)、北伊豆地震(1930年)に関する資料から、

・『大正十二年関東大震災静岡県被害状況写真帖』
・『静岡県震災写真帖』
・『駿豆大震災記念写真帖』
・『伊豆地方震災写真帖』

の4点がデジタル化されている。

不勉強なもので、1930年に発生した北伊豆地震についてはまったく知らなかっ
ただけに、あらためてこのような過去の資料をデジタル化する意義を感じる。
ことに静岡県の場合は、このような防災意識の啓発に関する取り組みが盛んだ
が、同じような取り組みにはぜひ日本各地の図書館があたってほしい。たとえ
ば、防災の日に日本全国の図書館が地域資料の中にある各地の災害記録をデジ
タル化して公開するだけでも、大きな話題を呼ぶのではないだろうか。


Copyright (C) OKAMOTO Makoto 2014- All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

===================================
 ◆ 特報 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

      「新共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中」

新刊『未来の図書館、はじめませんか』は、2014年11月15日から全国の
書店にて販売が開始されています。ARG編集長の岡本が登壇するイベントでも
販売を予定しています。ぜひお手にとってご覧ください。

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

*

          <直近の著者イベント情報>

◆2015-02-11(Wed):
トークセッション「未来の図書館を、はじめませんか?
                  &図書館をまちのまんなかに考える」
・会場:島根県立図書館
・詳細: http://www.lib-shimane.jp/kangai/miraino.html

上記以外の各都道府県の講演会、読書会等の開催予定のあり・なし、ありの場
合の日程等をリストにしました。予定「なし」の地域の方々、誘致のお声掛け
をぜひお願いします。

*

北海道 - なし
青森県 - なし
岩手県 - あり
・2015-03-14(土):図書館総合展フォーラム2015 in 一関にブース出展・販売
宮城県 - なし
・2015-03-16(月):某勉強会(調整中)
・2015年2月宮城行きあり(日程未定、応相談)
秋田県 - あり
・2014-11-13(木):秋田県県内公共図書館・公民館図書室研修会(実施済み)
・2015-01-25(土):図書館問題研究会第40回東北集会にて講演・販売(実施済み)
山形県 - なし
福島県 - なし
・原則毎月福島入りあり(金曜前後、日程未定、応相談)
茨城県 - なし
栃木県 - なし
群馬県 - なし
埼玉県 - あり
・2015-08-03(月):学校図書館問題研究会全国大会にて講演・販売
千葉県 - なし
東京都 - あり
・2014-12-25(木):第3回第3回ガレージ勉強会(実施済み)
・2014-12-27(土):本屋B&B 猪谷千香×鎌倉幸子×岡本真×森旭彦「図書館
          と地域コミュニティのこれからを語ろう!」『未来の図
          書館、はじめませんか?』刊行記念(実施済み)
神奈川県 - あり
・2014-12-17(水):『未来の図書館、はじめませんか?』刊行記念未来の
          図書館対談×ビブリオバトル in 山内図書館(実施済み)
・2015-01-12(月・祝):ラボ図書環オーサートークVol.19:図書館クロスト
          ーク「図書館の可能性」-『未来の図書館、はじめませ
          んか?』著者岡本真×『困ったときには図書館へ-図書
          館海援隊の挑戦』著者神代浩に聞く(実施済み)
新潟県 - あり
・2015-01-19(月):長岡市立中央図書館職員スキルアップ講座(実施済み)
富山県 - あり
・2014-12-21(日):サイエンスカフェとやま第14回「図書館×サイエンス」
          (実施済み)
・2015年9月富山行きあり(日程未定、応相談)
石川県 - なし
福井県 - なし
山梨県 - なし
長野県 - なし
岐阜県 - なし
静岡県 - なし
愛知県 - なし
三重県 - あり
・2015-01-20(火):皇學館大学文学部国文学科「情報サービス論」(実施済み)
滋賀県 - なし
京都府 - あり
・2014-12-01(月):岡本真 『未来の図書館、はじめませんか』出版記念、
          新著についてきく会(実施済み)
大阪府 - なし
兵庫県 - あり
・2014-12-14(日):『未来の図書館、はじめませんか?』刊行記念&書肆ス
          ウィートヒアアフター開店記念 「図書館×書店」の未来
          を探る著者トーク(実施済み)
・2015年2月に神戸行きあり(2015-02-04(水)イベント歓迎)
奈良県 - なし
和歌山県 - なし
鳥取県 - なし
・2015年1月に鳥取行きあり(2015-01-23(金)イベント歓迎)
島根県 - あり
・2015-02-11(水・祝):トークセッション「未来の図書館を、はじめません
           か?&図書館をまちのまんなかに考える」
             http://www.lib-shimane.jp/kangai/miraino.html
・2015-02-14(土):海士町中央図書館講演会「小規模自治体の行政力をのばす情報
          サービスの力-図書館が「政治」と「行政」のためにできること」
       http://lib.town.ama.shimane.jp/shinchaku/hyouzi.php?no=253
・2015-02-15(日):海士町中央図書館講演会「小規模自治体にみる「地域づくり」
          と「人づくり」-図書館が「まなび」のためにできること」
・2015-04-11(土):講演会(調整中)
岡山県 - あり
・2014-12-06(土): これからの岡山のトショカンをはじめる会 キックオフ・
          ミーティング!?(実施済み)
・2015-01-31(土) 未来の図書館、はじめませんか?~岡本真・トークセッション
               http://lib.city.setouchi.lg.jp/ivent.html
広島県 - なし
山口県 - あり
・2015-02-02(月):山口市立中央図書館講演会「日本一 本を読むまちづくり」
                セミナー「未来の図書館、はじめませんか?」
             http://www.lib-yama.jp/gyoji/gyoji150110.html
徳島県 - なし
香川県 - なし
愛媛県 - なし
高知県 - なし
福岡県 - なし
佐賀県 - なし
長崎県 - なし
・2015-05-16(土):図書館総合展2015 フォーラムin 長崎にブース出展・販売
熊本県 - なし
大分県 - あり
・2014-11-27(木)日出町講演会(実施済み)
・2014-11-28(金)宇佐市民図書館職員研修(実施済み)
・2015-01-21(水): 岡本真氏ミニ学習会&懇親会 (実施済み)
宮崎県 - なし
鹿児島県 - あり
・2014-12-15(月):岡本真の『未来の図書館、はじめませんか』を語る会
          (実施済み)
沖縄県 - あり
・2015-05-16(土):図書館総合展2015 フォーラムin 恩納村にブース出展・販売
・2015年1月、2月沖縄行きあり(日程未定、応相談)

最新の情報は下記ページにて更新しています。ぜひご覧ください。
http://www.arg.ne.jp/node/7659

*

目次
まえがき-図書館は知の番人だ

第1章 図面から生まれる図書館は正しいのか
 1 市民に盲目な、「図面から生まれる図書館」
 2 図書館デザインの行方
 3 消えた“図書館職人”の時代
 4 図面から生まれる“効率図書館”の実情
 5 出来合いの公共施設には、“しなやかさ”が宿らない
 6 市民から生まれる図書館
 7 信じることからはじめよう、市民のちから
 8 本当の、市民の声の聞き方

第2章 図書館の“周辺”にある、進化のチャンス
 1 ゲーム機がある図書館
 2 メディア利用から見る「静かな図書館」
 3 市民利用に見る騒がしい「シェアオフィス」のニーズ
 4 図書館ウェブサイトは本当に公共性があるのか
 5 日本の公共空間の捉え方

第3章 図書館の原風景を見つめる
 1 ひとつとして同じ図書館はない
 2 多様な歴史から生まれた図書館の原風景
 3 輸入された原風景「無料図書館」
 4 二冊目の『市民の図書館』を探して

第4章 「足で見る」図書館
 1 いろいろな図書館を知ることが“ライブラリーリテラシー”を上げる
 2 質は量から生まれる
 3 すべてがすばらしい図書館なんて存在しない
 4 「アポなし訪問」の壁と図書館の閉鎖性

第5章 「まち」から生まれる図書館、図書館から生まれる「まち」
 1 「まち」から生まれる図書館
 2 都市総合計画は、図書館のあり方を考えるうえでの必須資料
 3 土地を知り、まちを立体的に理解する
 4 まちの課題はフィールドワークでしか見えてこない
 5 図書館から生まれる「まち」

第6章 さあ、図書館をつくろう
 1 新設だけが「図書館づくり」ではない
 2 ビジョンがない「基本構想」への違和感
 3 図書館のためのビジョン・メイキング
 4 フィールドワークを経たうえで基本構想をまとめる
 5 基本構想は未来から見た未来を、いまからつくること
 6 図書館を形に-「基本計画」「整備計画」
 7 ハード面とソフト面は切り分けて外注すべき

第7章 「発信型図書館」のためのアイデアのつくり方
 1 ワークショップの罠
 2 図書館で見つけるアイデア「百連発」
 3 アイデア+マラソン=「アイデアソン」
 4 書くブレインストーミング「ブレインライティング」
 5 「聞きたいこと」と「発表したいこと」を最大にする会議
   「アンカンファレンス」そして「ライブラリーキャンプ」
 6 図書館を発信-「メディアリレーションとロビイング」
 7 見せるから伝わる-「アドボカシー」
 8 自分の“財布”をもつ強み「ファンドレイジング」

第8章 図書館の拡張
 1 「図書館で起業」は可能か?-「産業支援」
 2 図書館の役割は知の総合コンサルタント-「議会支援」と「行政支援」
 3 図書館のサードプレイス、どう生かす?-「市民活動支援」と「市民協働」
   のあり方
 4 魅力再発見は図書館の「観光支援」で
 5 新しいことが起こり続ける「デジタルアーカイブ」
 6 図書館は「オープンデータ」の守護神になるのか?
 7 「MOOC」で学習の地域間格差を、ゼロに

図書館をつくるための本棚

図書館系業務実績一覧

あとがき

*

なお、本書に関するセミナーの開催等、随時承っています。本書の販売機会を
設けていただける場合は、謝金は不要です(旅費別途相談)。お気軽にご相談
ください。


===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◆2015-02-11(Wed):
島根県立図書館協会 トークセッション「未来の図書館を、はじめませんか?&
図書館をまちのまんなかに考える」
(於・島根県/島根県立図書館)
http://www.lib-shimane.jp/kangai/miraino.html

◇2015-02-11(Wed):
International Open Data Day 2015 関西プレイベント
「関西オープンデータEXPO'15」
(於・大阪府/グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC
大阪イノベーションハブ)
https://www.facebook.com/events/768995263177146

◆2015-02-13(Fri):
海士町中央図書館 講演会「小規模自治体の行政力をのばす情報サービスの力
-図書館が『政治』と『行政』のためにできること」(岡本真)
(於・島根県/隠岐開発総合センター)
http://lib.town.ama.shimane.jp/shinchaku/hyouzi.php?no=253

◆2015-02-14(Sat):
海士町中央図書館 トーク&セッション「小規模自治体にみる『地域づくり』と
『人づくり』-図書館が『まなび』のためにできること」(岡本真)
(於・島根県/隠岐開発総合センター)
http://lib.town.ama.shimane.jp/shinchaku/hyouzi.php?no=253

◆2015-02-14(Sat)~2015-02-15(Sun):
歴史史料ネットワーク設立20周年記念「全国史料ネット研究交流集会」
(於・兵庫県/野村證券神戸支店アネックスホール 神戸国際会館)
http://siryo-net.jp/event/zenkoku_shukai/

◇2015-02-15(Sun)~2015-02-16(Mon):
図書館問題研究会 第41回研究集会 in 成田
「つながる、学べる、人が来る図書館を求めて」
(於・千葉県/ホテル・メルキュール成田)
http://tomonken.sakura.ne.jp/tomonken/meeting/kenkyu/41-2/

◇2015-02-16(Mon):
図書館問題研究会 千葉支部学習会
「ジャーナリストからみた図書館の未来-猪谷千香さん講演会」
(於・千葉県/ホテル・メルキュール成田)
http://tomonken.sakura.ne.jp/tomonken/meeting/kenkyu/41-2/

◇2015-02-16(Mon):
日本図書館研究会 九州ブロックセミナー「これからの公立図書館のあり方」
(於・大分県/大分県立図書館)
http://www.nal-lib.jp/events/block/2014/kyushu.html

◇2015-02-18(Wed):
国立国会図書館 平成26年度 アジア情報研修
「中国・台湾の諸制度・統計を調べる」
(於・京都府/国立国会図書館 関西館)
http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/asia-workshop26.php

◆2015-02-19(Thu):
第11回 レファレンス協同データベース事業 フォーラム
「つながる図書館の情報サービス-『調べる方法』の公共性」
(於・京都府/国立国会図書館 関西館)
http://crd.ndl.go.jp/jp/library/forum_11.html

◇2015-02-20(Fri):
第223回 京都情報図書館学学習会
「図書館システムと図書館の自由-『みんなでつくる・ネットワーク時代の
図書館の自由:連続セミナー2013記録集』から」(奥野吉宏)
(於・京都府/京都府立医科大学附属図書館)
http://kyotolibrarian.web.fc2.com/

◇2015-02-20(Fri):
神奈川県資料室研究会 神資研 2月例会 見学会「東芝未来科学館」
(於・神奈川県/東芝未来科学館 ラゾーナ川崎東芝ビル)
https://saas01.netcommons.net/shinshiken/htdocs/index.php?key=joad8394p-359#_359

◆2015-02-21(Sat):
NDL Lab 国立国会図書館のウェブページを使い尽くそうアイディアソン
「NDLオープンデータ・ワークショップ」
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://lab.kn.ndl.go.jp/cms/?q=opendata2015

◇2015-02-21(Sat):
JADS アート・ドキュメンテーション学会 第86回研究会
第62回見学会 in 郵政博物館
(於・東京都/郵政博物館 東京スカイツリータウン・ソラマチ)
http://d.hatena.ne.jp/JADS/20150113/1421141113

◆2015-02-21(Sat)~2015-02-22(Sun):
日本図書館研究会 2015年度 第56回 研究大会
「学びの変化と図書館」
(於・兵庫県/大手前大学 さくら夙川キャンパス)
http://www.nal-lib.jp/events/taikai/2014/invit.html

◇2015-02-24(Tue):
国立情報学研究所(NII)学術機関リポジトリ構築連携支援事業
「JAIRO Cloudの今後の運用モデルと利用料金に関する説明・懇談会」
(於・京都府/キャンパスプラザ京都)
http://www.nii.ac.jp/irp/2015/01/jairo_cloud_2.html

◇2015-02-26(Thu):
国立情報学研究所(NII)平成26年度 市民講座「未来を紡ぐ情報学」第8回
「ビッグデータ分析による経済の進路予想-バブルや値崩れのメカニズムとは」
(水野貴之)
(於・東京都/国立情報学研究所 学術総合センター)
http://www.nii.ac.jp/event/shimin/

◇2015-02-26(Thu):
情報処理学会 短期集中セミナー2015「情報セキュリティ/プライバシーと
国際標準-対策のための枠組みとその活用」
(於・東京都/機械振興会館)
http://www.ipsj.or.jp/event/s-seminar/2015/ITSCJ-security/

◇2015-02-26(Thu):
サーチャーの会 第89回 定例会「みんなで話そう!マイブーム」
(於・東京都/新富区民館)
http://www.searcher.gr.jp/

◇2015-03-02(Mon)~2015-03-04(Wed):
第7回 データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム
第13回 日本データベース学会年次大会 DEIM2015
(於・福島県/磐梯熱海ホテル華の湯)
http://db-event.jpn.org/deim2015/

◇2015-03-06(Fri):
総務省 地域ICTサミット「地域情報化大賞」表彰式
(於・東京都/東京ビッグサイト)
https://www1.entryform.jp/r/form.asp?c=ed7fc4e349cffc8a54f7959855e7dcee1103700451

◇2015-03-07(Sat):
三田図書館・情報学会 2013年度月例会 第162回
「研究データ共有の意義と展望」(池内有為)
(於・東京都/慶応義塾大学 三田キャンパス)
http://www.mslis.jp/monthly.html

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/


===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし


[講義・講演](予定)
◇2015-02-11(Wed):
島根県立図書館協会 トークセッション
「未来の図書館を、はじめませんか? &図書館をまちのまんなかに考える」
にて講演します。
http://www.lib-shimane.jp/kangai/miraino.html

◆2015-02-13(Fri):
海士町中央図書館 講演会「小規模自治体の行政力をのばす情報サービスの力
-図書館が『政治』と『行政』のためにできること」にて講演します。
http://lib.town.ama.shimane.jp/shinchaku/hyouzi.php?no=253

◆2015-02-14(Sat):
海士町中央図書館 トーク&セッション「小規模自治体にみる『地域づくり』と
『人づくり』-図書館が『まなび』のためにできること」に登壇します。
http://lib.town.ama.shimane.jp/shinchaku/hyouzi.php?no=253


[講義・講演](終了)


講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを
務めています。
http://www.applic.or.jp/prom/chiiki_adviser/
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。

[参考]基本プロフィール
     http://www.arg.ne.jp/user/3

法人としての活動は、

https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受け付けます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~
    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================


◆2015-02-02(Mon): 山口市で「未来の図書館、はじめませんか?
        -「ここにしかない」図書館を実現するには」と題して講演

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7726

総務省の地域情報化アドバイザー派遣の3回目として、山口市で主に図書館関係
者向けの講演を行いました。

・山口市立中央図書館講演会「日本一 本を読むまちづくり」セミナー「進化す
る図書館」
http://www.lib-yama.jp/gyoji/gyoji150110.html

いい時間を持てました。セッティングくださった方々、お越しくださった方々
に感謝。

ちなみに、山口市立中央図書館では、現在、

・山口発!「幕末小説人気番付」
http://www.lib-yama.jp/news/bakumatsu.html
https://www.facebook.com/bakumatsushousetsu

という企画を進めています。

〆切は2015年2月16日(月)。豪華賞品もあるようです。


◆2015-02-03(Tue): 山口県東部の図書館見学

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7727

今日は山口県東部の図書館を見学して回りました。訪ねたのは、

・下松市立図書館
http://www.library.city.kudamatsu.yamaguchi.jp/
・Flicker - 下松市立図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157650215971408/
・光市立図書館
http://www.city.hikari.lg.jp/tosyo/
・Flicker - 光市立図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157650626025852/
・田布施町立田布施図書館
http://library.town.tabuse.yamaguchi.jp/
・Flicker - 田布施町立田布施図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157650221532719/

の3館。

これで山口県内の図書館の瀬戸内海側はかなり回れたことになります。

一日かかった移動の後は岩国空港から帰路へ。


◆2015-02-04(Wed): NTTドコモで会議をして、一路神戸へ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7728

日本版のMOOC(オンライン大学講座)の

・gacco
http://gacco.org/

の図書館への普及・展開について、NTTドコモで会議でした。

本件、取り組みを始めてから間もなく1年となります。諸々の実績と手立ても増
えてきました。ご関心ある図書館の方、お気軽にお声掛けください。

・「図書館が変われば、日本は変わる-MOOC活用が開く新たな学び」(PC 
Online、2014-11-13)
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20141110/1147243/

その後は明日から、

・流通科学大学
http://www.umds.ac.jp/

で3日間の集中講義を担当するので神戸に移動して泊。


◆2015-02-05(Thu): 流通科学大学「モバイルコミュニケーション」
                             集中講義1日目

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7729

昨年度と今年度、担当をさせていただいている

・流通科学大学
http://www.umds.ac.jp/

総合政策学部の「モバイルコミュニケーション」集中講義が始まりました。

今日から3日間、1日5コマの集中講義です。このボリュームはさすがに講師側も
学生側もたいへんです。

しかし、他方でこの過酷な授業に出席してくる学生のモチベーションは全般的
に高く、質疑や討論でのレスポンスもすばらしいものがあります。

さて、終了後は神戸在住・在勤の方々を中心に有志が開いてくれた集中講義を
励ます会に出席して楽しい時間を過ごしました。ライブラリアン、大学教員、
書店主、NPO・企業経営者、ウェブ技術者となかなか多様な集まりでした。

こうやって自分を一つのきっかけにして接点がなかった方々の間に縁ができて
いくのは嬉しいことです。セッティングしてくださったKさんに心から感謝。


◆2015-02-06(Fri): 流通科学大学「モバイルコミュニケーション」
                             集中講義2日目

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7730

昨日に引き続き集中講義2日目です。

・「流通科学大学「モバイルコミュニケーション」集中講義1日目」
 (編集日誌、2015-02-05)
http://www.arg.ne.jp/node/7729

とにかく、15コマ中10コマ目まで終わりました。明日はレポート提出に口頭試
問です。


◆2015-02-07(Sat): 流通科学大学「モバイルコミュニケーション」
                        集中講義3日目(最終日)

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7734

集中講義もようやく最終日の3日目となりました。

・「流通科学大学「モバイルコミュニケーション」集中講義1日目」
 (編集日誌、2015-02-05)
http://www.arg.ne.jp/node/7729
・「流通科学大学「モバイルコミュニケーション」集中講義2日目」
 (編集日誌、2015-02-06)
http://www.arg.ne.jp/node/7730

本日は過去2日の講義の補足等を中心に話をしたあと、受講生のレポート発表と
口頭試問を行いました。

いや、みなさん本当に優秀でした。受講生のなかには3月に卒業し、4月から働
き出す学生もいますが、じゅうぶんに素敵な職業生活を送っていけると確信し
ました。みなさま、ぜひ、流通科学大学の卒業生に会うことがあれば、よろし
くおつきあいください。


◆2015-02-08(Sun): 2月の全体会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7735

恒例のスタッフ全体会議でした。今回はオブザーバーも3名参加です。

・「2014年11月度スタッフ全体会議を実施」(編集日誌、2014-11-24)
http://www.arg.ne.jp/node/7615
・「2014年12月度スタッフ全体会議と神奈川の県立図書館を考える会
 第21回定例会」(編集日誌、2014-12-23)
http://www.arg.ne.jp/node/7
・「2015年1月の全体会議」(編集日誌、2015-01-17)
http://www.arg.ne.jp/node/7701

どういう方がオブザーバーとして参加したのかご興味のある方もいらっしゃる
でしょう。このうちの一部は追い追い、弊社の活動をみて、ああ、なるほどと
実感できるかと思います。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-523]2015年02月09日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
【 ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を
得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源
として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださ
るようお願いします。悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をしま
す。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録は
ご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ついでに読みたい

ACADEMIC RESOURCE GUIDE

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/25 部数:  4,160部

他のメルマガを読む