ACADEMIC RESOURCE GUIDE

[ARG-508]「公立図書館で提供されている電子書籍の実態調査」(吉本龍司)ほか

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
         Science, Internet, Computer and ...

      2014-10-27発行   ‡No.508‡   4673部発行

 "Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net."

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ◇ 目次 ◇
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

○羅針盤「公立図書館で提供されている電子書籍の実態調査」(吉本龍司)

○羅針盤 連載「オープンなGLAMを考える」第3回(日下九八)

○レビュー
 -東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)、
  サイトを公開(2014-10-14)
 -カーリル、図書館・電子書籍サービスとの連携を開始し、公立図書館向け
  電子書籍サービスの書誌調査も公開(2014-10-26)
 -国立極地研究所、国立極地研究所学術情報リポジトリを公開(2014-10-24)

○お知らせ「ARGは第16回図書館総合展に出展します」

○LRG編集・販売情報「第8号完成、好評発売中」

○イベントカレンダー

○開催告知「ARG 第5回Webインテリジェンスとインタラクション研究会」

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -PC Onlineの「教育とICT」の取材、情報セキュリティ大学院大学で講義
 -リニューアルした東北大学附属図書館を見学し、須賀川を経て帰京
 -新共著『未来の図書館、はじめませんか。』の最終校正を終了
                              など、8日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<刊行間近>~~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
          (青弓社、2014年、2000円・予定)
   http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2

~~~~~~~~~~~~~~<刊行間近>~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ 羅針盤 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

     「公立図書館で提供されている電子書籍の実態調査」

          吉本龍司(株式会社カーリル 代表取締役・エンジニア)

カーリルメンバーの中で、電子書籍サービスとの連携がテーマとして上がりま
した。カーリルはISBNにより所蔵情報を統合していますが、現在公立図書館向
けに提供されている電子書籍のメタデータは整備が十分にされておらず、ISBN
の底本データなどを持たないことがわかりました。そのため、カーリルとして
独自にデータを収集し、底本となる書籍のISBNとひもづけることにより、電子
書籍の検索性を向上させる取り組みを開始しました。

システムの開発とデータの整備に約一週間を要しましたが、国内の大部分の図
書館電子書籍サービスとの連携を実現しました。

ユーザーは、これまでとまったく同じ使い方でカーリルをご利用いただくこと
ができ、該当する本が電子書籍として所蔵されている場合は、「蔵書あり」と
表示されます。「予約する」ボタンから電子書籍サービスに簡単にアクセスす
ることができます。また、カーリルの提供している図書館APIも標準で対応する
ため、500を超えるカーリルAPI連携アプリやブラウザ拡張ツールも電子書籍に
対応することとなります。

また、その過程で整備したデータをもとに統計データを作成しました。調査対
象となったすべての図書館をあわせると、オールアバウトによる記事コンテン
ツが全体の40パーセントを超えており、図書館によってはオールアバウト以外
のタイトルが1パーセント以下となる例もありました。また、青空文庫やグーテ
ンベルク21など著作権切れの書籍のデジタル版や、著作権切れ書籍を底本とし
た翻訳やオーディオブックが多く所蔵されていることがわかりました。一方で、
それ以外のコンテンツの提供・導入についてはなかなか進んでいない実態も分
かってきました。

商用コンテンツ(便宜上、地域資料・オールアバウト・グーテンベルク21・青
空文庫を除いたものとして定義)では、86パーセントのタイトルでISBNを持つ
底本(元となった紙の本か雑誌)が存在していました。8113タイトル中、7010
タイトルはISBNがひもづいたことになります。これらのタイトルの中には、新
しい版があるにもかかわらず、古い版が所蔵されているケースも多く見られま
した。

一方でISBNにひもづかない1103タイトルのうち、512タイトルは、雑誌やオーデ
ィオブックなど、もともとISBNを持たないもののAmazon等では従来より流通し
ているコンテンツでした。さらに残りの591件は、雑誌記事を分割して電子書籍
化したもの、流通していないオーディオブック(アルク・パンローリングなど)
やBOINTECH社による3D図鑑などがありました。 

昨今導入された電子書籍サービスでは著作権処理が容易なコンテンツが、いわ
ば「抱き合わせ」の状態で導入されているといっても過言ではありません。こ
のような実態を無視して、導入図書館数やコンテンツ数のみでの評価を続けた
場合、一般ユーザーの信頼を損ないかねません。

また、DRMの実施主体や契約条件など不明確な点も多く、最終的なユーザー
(市民)が置き去りとなっているのではないかと懸念されます。図書館での電
子書籍の提供は、解決するべき課題や合意形成も多く存在しています。実態を
正確に把握した上で議論を進められるよう、本プロジェクトの統計資料を広く
オープンデータとして公開することにしました。(統計データは、カーリルの
ブログ記事にて公開しています。)今後の電子書籍のあり方について考えるき
っかけになれば幸いです。


本記事はカーリルのブログ「カーリルが図書館・電子書籍サービスとの連携を
開始しました」をベースに追記・修正したものです。
http://blog.calil.jp/2014/10/ebook.html


カーリルでは、第16回図書館総合展にブース出展いたします。
本屋「B&B」(小間番号30番)の中にカーリルのコーナーを作って
お待ちしています。


[筆者の横顔]

吉本龍司(よしもと・りゅうじ)。株式会社カーリル代表取締役でエンジニア。
岐阜県中津川市在住。慶應義塾大学環境情報学部卒。好物は、近所のスーパー
で売っている南三陸のめかぶとPython。これまでで一番使いこなしたと感じた
プログラミング言語はDelphi。

Copyright (C) YOSHIMOTO Ryuji 2014- All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

===================================
 ◆ 羅針盤 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

■連載「オープンなGLAMを考える」第3回

日下九八

「権利の整理」


権利関係の整理をしましょう。

オープン化を考える時の基本は、著作権です。ぼくのこの文章は、ぼくが著作
権を持ち、ぼくの判断で、CC-BY相当と初回に宣言しました。ミュージシャン
やフォトグラファーが、自分の作品にクリエイティブコモンズのライセンスを
使うのも、それぞれ自分で考えて、ライセンスを選びます。

ちなみに、本を出版するときは、著者が著作権を持ったまま、印税や原稿料を
条件として、複製と頒布を出版社に許諾します。時折見られる誤解として、
「出版するときには、権利を譲渡しなければならない」というものがあります
が、これは誤りです。

さて、GLAM諸機関が所蔵するモノとしての資料のデジタルコンテンツと、書誌
情報などのデータについて考えます。

もともとの資料は、モノとして存在します。これを写真などとして記録したも
のを「デジタルコンテンツ」と呼びましょう。

このコンテンツに関わっているプレイヤーとしては、著者、著作権者、著作隣
接権者(実演家、原盤権保有者)、出版社(配給元)、モノの原所有者、モノ
の現保有者、記録者(カメラマンなど)、デジタルコンテンツの保有者、デジ
タルコンテンツの公開元、あたりが想像できます。

デジタルコンテンツを公開したり、複製したり、改変したりする上で、著者
(著作人格権)、著作権者、著作隣接権者には、もともとの資料について、著
作権法に基づく権利があります。

デジタル化に際して、もともとの資料を撮影したカメラマンには写真の著作権
が生じます。所有者でも、元の作品の作成者でもなく、カメラマンです。

機関とカメラマンの関係や依頼のプロセスによっては、職務著作物となること
もあるでしょう。契約によって、権利の譲渡を求めていれば確実ですが、改変
については、契約上特記していなければカメラマンに権利が残る点に注意しま
しょう。

ただし、彫刻を撮影したような場合は、上記のように著作権が生じるのですが、
平面の著作物をそれに正対して撮影した場合には、創作性は認められず、著作
権も生じません。絵画などを正面から撮影したような場合や、スキャンによる
デジタル化が該当します。書籍、絵画・版画、写真、書などは、デジタル化に
どれだけコストをかけていても、著作権では保護されません。

モノの原所有者、モノの現保有者、デジタルコンテンツの保有者、デジタルコ
ンテンツの公開元が持つのは、「所有権」です。所有者は、その「モノ」の扱
いについては自由に決めることができますが、著作権のように、複製や改変を
コントロールすることはできません。

以下、度々引用する「顔真卿自書建中告身帖事件」の最高裁の判決です。

美術の著作物の原作品は、それ自体有体物であるが、同時に無体物である美術
の著作物を体現しているものというべきところ、所有権は有体物をその客体と
する権利であるから、美術の著作物の原作品に対する所有権は、その有体物の
面に対する排他的支配権能であるにとどまり、無体物である美術の著作物自体
を直接排他的に支配する権能ではないと解するのが相当である。(略)。そこ
で、著作物の保護期間内においては、所有権と著作権とは同時的に併存するの
であるが、所論のように、保護期間内においては所有権の権能の一部が離脱し
て著作権の権能と化し、保護期間の満了により著作権が消滅すると同時にその
権能が所有権の権能に復帰すると解するがごときは、両権利が前記のように客
体を異にすることを理解しないことによるものといわざるをえない。著作権の
消滅後は、所論のように著作権者の有していた著作物の複製権等が所有権者に
復帰するのではなく、著作物は公有(パブリツク・ドメイン)に帰し、何人も、
著作者の人格的利益を害しない限り、自由にこれを利用しうることになるので
ある。したがつて、著作権が消滅しても、そのことにより、所有権が、無体物
としての面に対する排他的支配権能までも手中に収め、所有権の一内容として
著作権と同様の保護を与えられることになると解することはできないのであつ
て、著作権の消滅後に第三者が有体物としての美術の著作物の原作品に対する
排他的支配権能をおかすことなく原作品の著作物の面を利用したとしても、右
行為は、原作品の所有権を侵害するものではないというべきである。

次回に続く。


[筆者の横顔]

日下久八(くさか・きゅうはち)。(User:Ks aka 98)は、ウィキペディア日
本語版の参加者。管理者他の権限を持っていますが、財団職員ではないし、偉
くもないです。
「ウィキペディア:その信頼性と社会的役割」『情報管理』Vol.55 (2012)
http://dx.doi.org/10.1241/johokanri.55.2


===================================
 ◆ レビュー ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

◆東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)、
                      サイトを公開(2014-10-14)

              ⇒ 元記事:http://www.arg.ne.jp/node/7568

東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)が
サイトを公開し、またTwitterの運用も開始している(2014-10-14)。

・東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)
http://u-parl.lib.u-tokyo.ac.jp/
・Twitter - 東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門
 (U-PARL)
https://twitter.com/U_PARL
・「U-PARLの公式ウェブサイトが公開されました。」
(東京大学新図書館計画公式ウェブサイト、2014-10-14)
http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/2205
・東京大学新図書館計画公式ウェブサイト
http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/
・東京大学附属図書館
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/

サイトを開設したアジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)は、
現在東京大学が進める新図書館計画において構想されている「アジア研究図書
館」の実現を図るための機関とのことだ。

・「アジア研究図書館」とは何か?
http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/asia_about

組織の役割として、「図書館準備」「研究」と並んで「発信」を挙げており、
今後の展開に期待が高まる。


◆カーリル、図書館・電子書籍サービスとの連携を開始し、公立図書館向け
            電子書籍サービスの書誌調査も公開(2014-10-26)

              ⇒ 元記事:http://www.arg.ne.jp/node/7567

カーリルが図書館・電子書籍サービスとの連携を開始し、同時にこの機能開発
に先だって行った公立図書館向け電子書籍サービスの書誌調査の結果を発表し
た(2014-10-26)。

・カーリル
https://calil.jp/
・「カーリルが図書館・電子書籍サービスとの連携を開始しました」
 (カーリルのブログ、2014-10-26)
http://blog.calil.jp/2014/10/ebook.html

今回の連携により、従来のカーリルのインターフェースに各図書館が電子書籍・
電子図書館サービスを提供している場合、その書籍の情報も表示されるように
なっている。

また、この機能の開発に先だった行った「公立図書館向け電子書籍サービスの
書誌調査」の詳細な結果がクリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC-BYで公
開されている。

・公立図書館向け電子書籍サービスの書誌調査
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1tbXhJ4n4W8nrwbZ-HzgIcy6eaUhWzA-nCnBZ10go2bw/

詳細はカーリルのブログと調査結果を直接ご覧いただきたいが、

>>
昨今導入された電子書籍サービスでは著作権処理が容易なコンテンツが、いわ
ば「抱き合わせ」の状態で導入されています。このような実態を無視して、導
入図書館数やコンテンツ数のみの評価を続けた場合、一般ユーザーの信頼を損
ないかねません。また、DRMの実施主体や契約条件など不明確な点も多く、最終
的なユーザー(市民)が置き去りとなっているのではないかと懸念されます。
図書館での電子書籍提供は、解決するべき課題や合意形成も多く存在していま
す。実態を正確に把握した上で議論を進められるよう、本プロジェクトの統計
資料を広くオープンデータとして公開することにしました。
<<

というカーリルの意思表示には敬意を払い尊重するべきだろう。


◆国立極地研究所、国立極地研究所学術情報リポジトリを公開(2014-10-24)

              ⇒ 元記事:http://www.arg.ne.jp/node/7566

国立極地研究所が国立極地研究所学術情報リポジトリを公開した(2014-10-24)。

・国立極地研究所学術情報リポジトリ
https://nipr.repo.nii.ac.jp/
・「10月24日より、国立極地研究所学術情報リポジトリを公開します」
 (国立極地研究所、20140-10-24)
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20141024.html
・国立極地研究所
http://www.nipr.ac.jp/

今回の公開は2014年10月20日から開催されている「オープンアクセスウィーク」
にあわせたもので、現時点では以下の研究成果が公開されている。

・学術雑誌論文(0件)
・極地研刊行誌(5738件)
・紀要類(2207件)
・観測データ報告書(1550件)
・一般雑誌記事(0件)
・日本南極地域観測隊報告(58件)
・単行本(5件)
・極地研ライブラリー(9件)

この中でも特に「日本南極地域観測隊報告」はたいへん興味深く1956年以降の
観測隊報告がすべてデジタル化されている。特に「第1次日本南極地域観測隊報
告」や「第3次日本南極地域観測隊報告」には、有名なタロとジロに関する記録
が見られる(例:「2/14 成犬15頭を残して出航」)。

なお、各種研究成果は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの
「表示 - 非営利 - 改変禁止」(CC-BY-NC-ND)に基づいて公開されている。


Copyright (C) OKAMOTO Makoto 2014- All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

       「ARGは第16回図書館総合展に出展します」

弊社は第16回図書館総合展に本年もブースとフォーラムを出展します。ぜひ、
ご来場くださいますようお願い申し上げます。

パシフィコ横浜で11月5日(水)~7日(金)に開催される第16回図書館総合展
に、アカデミック・リソース・ガイド株式会社がプロデュースする共同ブース
が、今年もまた進化した形で出現します。今年は「ひろがる図書館-<学び×
コミュニケーション>がつくる新たな環境-」をテーマに、よりオープンな場
として図書館総合展を盛り上げます。

図書館の可能性が広がり始めています。家にパソコンやインターネットが無く
ても、図書館に行けば本格的に学べる環境が生まれようとしています。データ
ベースを活用することで、これまでよりもずっと便利に情報を調べることがで
きるようになりました。学びの場であるとともに、コミュニケーションの拠点
ともなる図書館は、過酷な状況にある国や被災地でも求められています。

地域の情報を集約して伝えることも図書館の大切な役割です。アーカイブを構
築するためのシステムサポートや、それを再利用できる形で広く公開する技術
があります。図書館の建物から足を踏み出して、町を歩きながらアーカイブを
利用することも可能です。町中の本棚が図書館になる試みも広まりつつありま
す。これらのサービスを実現させるための資金達を応援する仕組みが用意され
ています。

ブース内で開催されるワークショップや体験授業、ミニトークライブなどを通
して、これらの新たな取り組みを実感していただければと思います。図書館に
おける悩みを、ぜひとも出展者にぶつけてみてください(予約不要)。

■<学び×コミュニケーション>ARG共同ブース
・日時:2014年11月5日(水)~7日(金)
・会場:パシフィコ横浜
    (神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
・公式サイト: http://2014.libraryfair.jp/
・詳細ページ: http://2014.libraryfair.jp/node/2171

【共同出展社】
・株式会社アイキューム
・株式会社ATR Creative
・株式会社NTTドコモ(gacco)
・オーマ株式会社(READYFOR?)
・公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)
・株式会社ネットアドバンス
・リブライズ合同会社
・特定非営利活動法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ(LODI)
・アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)


【ブース内セッションタイムテーブル】

※最新情報はFacebookイベントページにてご確認ください。
 随時更新いたします。
 https://www.facebook.com/events/1537781183132290/


□11月5日(水):

・11:00~11:30
gaccoプレ講座「イノベーション入門」
(株式会社NTTドコモ)
・田中秀穂
 (芝浦工業大学専門職大学院工学マネジメント研究科 研究科長・教授)

・17:00~17:45
トークショー『未来の図書館、はじめませんか。』
岡本真刊行記念トークイベント×サイン会 with 鎌倉幸子
 (アカデミック・リソース・ガイド株式会社
  ×公益社団法人シャンティ国際ボランティア会)
・岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社 代表取締役)
・鎌倉幸子(公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 広報課長
  兼東日本大震災図書館事業アドバイザー)


□11月6日(木):

・11:00~11:30
リブライズCafe in 図書館総合展
(リブライズ合同会社)
・地藏真作(リブライズ合同会社 代表社員)
・河村奨(リブライズ合同会社 代表社員)

・13:00~13:30
ワークショップ「図書館ぶらり部」
(株式会社ATR Creative)
・高橋徹(株式会社ATR Creative チーフプロデューサ)

・15:00~15:30
トークショー「GLAM×LOD」(仮)
(特定非営利活動法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ)

・17:00~17:45
gaccoプレ講座「マンガ・アニメ・ゲーム論」
(株式会社NTTドコモ)
・森川嘉一郎(明治大学国際日本学部 准教授)


□11月7日(金):

・11:00~11:45
gacco特別課外講座「デジタルアーカイブのつくり方」
(株式会社NTTドコモ)
・渡邉英徳(首都大学東京システムデザイン学部 准教授)
・有山裕美子(工学院大学附属中学・高等学校 司書教諭)

・15:00~15:45
第一部:ミニレクチャー「群書類従を活用して戦国の社会と地域を学ぶ」(仮)
第二部:討論「群書類従×図書館でできること」
(株式会社ネットアドバンス)
・丸島和洋(国文学研究資料館研究部 特任助教)
・福島幸宏(京都府立総合資料館 新館担当副主査)
・恋塚嘉(八木書店古書出版部)

・17:15~17:50
ミートアップ「図書館×gacco」
(株式会社NTTドコモ)
・河瀬裕子(くまもと森都心プラザ図書館 副館長)
・有山裕美子(工学院大学附属中学・高等学校 司書教諭)


■フォーラム情報(共催・協力・出演を含む):

□神奈川の県立図書館を考える会第6回政策提言シンポジウム
 「これまでの議論を踏まえた県民の意思を探る」
・日時:2014年11月3日(月)18:00~21:00
・会場:横浜開港記念会館
・司会:岡本真 ほか
・主催:神奈川の県立図書館を考える会
・協力:図書館総合展運営委員会
・詳細: http://2014.libraryfair.jp/node/2083

□第2回ARGフォーラム
 「これからの図書館のつくりかた-新著での議論を軸に」
・日時:2014年11月5日(水)10:00~11:30
・会場:第3会場(アネックスホール203)
・講師:岡本真、森旭彦
・主催:アカデミック・リソース・ガイド株式会社
・詳細: http://2014.libraryfair.jp/node/2092

□首長が語る地方行政の現状と図書館への期待 Vol.3
・日時:2014年11月5日(水)13:00~15:00
・会場:第1会場(アネックスホール201)
・講師:神谷学、塚部芳和、藤縄善朗、岡本真
・主催:図書館総合展運営委員会
・詳細: http://2014.libraryfair.jp/node/2087

□キハラ(株)100周年記念フォーラム
 第一部「戦後の図書館を支えた人々」
    ~温故知新・図書館サービスのはじまり~
 第二部「図書館の永続的発展に向けて」
    ~図書館は何処へ行く~
・日時:2014年11月6日(木)13:00~14:30、15:30~17:00
・会場:第4会場(アネックスホール204)
・講師:竹内悊、今まど子、奥泉和久、糸賀雅児、中井孝幸、
    花井裕一郎、岡本真
・主催:キハラ株式会社
・詳細: http://2014.libraryfair.jp/node/2122
     http://2014.libraryfair.jp/node/2123

□第3回OpenGLAM JAPANシンポジウム
 「オープンデータ化するアーカイブの現在」
・日時:2014年11月7日(金)13:00~14:30
・会場:第3会場(アネックスホール203)
・講師:福島幸宏、是住久美子、高橋徹、小林巌生
・主催:OpenGLAM JAPAN
・協力:アカデミック・リソース・ガイド株式会社
・詳細: http://2014.libraryfair.jp/node/2145

□オープンエデュケーションと図書館
 「オンライン時代における対面学習の価値」
・日時:2014年11月7日(金)15:30~17:00
・会場:第3会場(アネックスホール203)
・講師:山内祐平、河瀬裕子
・主催:株式会社NTTドコモ
・企画・協力:アカデミック・リソース・ガイド株式会社
・詳細: http://2014.libraryfair.jp/node/2146

それでは当日会場でお目にかかることを心待ちにしております。


===================================
 ◆ LRG編集・販売情報 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

弊社が編集・発行する新しいライブラリーマガジン『ライブラリー・リソース・
ガイド』(2012年11月創刊)の最新第8号を9月末に刊行しました。

今号は、菅谷明子さんと猪谷千香さんによる第2回LRGフォーラムを収録、
また特集では、猪谷千香さんの取材による「教育委員会制度の改革」を
掲載しています。
ほかにも、司書名鑑や羊の図書館めぐりなど、盛りだくさんの内容となってい
ます。

なお、来週開催される第16回図書館総合展(11月4日(火)~7日(金))でも
販売が決定しております。会場での主たる販売場所は、初出展となる本屋「B&B」
のブース(小間番号30番)です。創刊号を除く全号を特別価格で販売いたしす。

普段は通信販売でしか売っていませんので、この機会にぜひ図書館総合展へ足
をお運びください。
図書館総合展より早くお求めの方は、 Fujisan.co.jp をご利用ください。

◆第8号内容
【第2回LRGフォーラム 菅谷明子×猪谷千香クロストーク】
「社会インフラとしての図書館-日本から、アメリカから」
(菅谷明子、猪谷千香、岡本真(司会)、仲俣暁生(寄稿))

【特集】
「教育委員会制度の改革」(猪谷千香)
(新藤宗幸、糸賀雅児、島津隆文、新出、嶋田綾子)

【司書名鑑】
嶋田学さん(瀬戸内市新図書館開設準備室)

【羊の図書館めぐり】
第2回 旅の図書館(水知せり)

【図書館最前線ARGレポートVol.1】
「MOOCを活用した、図書館での学びの環境提供」(岡本真、嶋田綾子)
「自分を変えたい、変わりたいあなたへ」(早雨美樹)

【特別付録】
「図書館を調べる基礎資料」(嶋田綾子)


◆第8号のご購入:
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/b/1044017/


<バックナンバー>

◆第7号(好評販売中):
・特別座談会「未来の図書館をつくる」
 (内沼晋太郎×河村奨×高橋征義×吉本龍司)
・特集「コモンズとしての図書館」(猪谷千香)
・司書名鑑 No. 3(谷一文子)
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/b/1044016/

◆第6号(好評販売中):
・特別寄稿「東日本大震災と図書館-図書館を支援するかたち」(熊谷慎一郎)
・特集「図書館で学ぶ防災・災害」(嶋田綾子)
・司書名鑑 No. 2(谷合佳代子)
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/b/1044015/

◆第5号:
・特別寄稿「本と人、人と人をつなぐ仕掛けづくり」
 (内沼晋太郎、アサダワタル、谷口忠大)
・特集「本と人をつなぐ図書館の取り組み」(嶋田綾子)
・司書名鑑 No. 1(井上昌彦)
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/b/1044014/

◆第4号:
・特別寄稿「図書館における資金調達(ファンドレイジング)の未来」
 (岡本真、鎌倉幸子、米良はるか)
・特集「図書館100連発2」(嶋田綾子)
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/b/1044013/

◆第3号:
・特別寄稿「『記憶を失う』ことをめぐって
                 -アーカイブと地域を結びつける実践」
 (水島久光)
・特集「図書館における資金調達(ファンドレイジング)」(嶋田綾子、岡本真)
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/b/1044012/

◆第2号:
・特別寄稿「『知』の機会不平等を解消するために-何から始めればよいのか」
 (みわよしこ)
・特集「図書館システムの現在」(嶋田綾子)
 (データ協力:株式会社カーリル)
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/b/1044011/


『ライブラリー・リソース・ガイド』は、毎回、各界の識者による約5万字の
特別論考と、各号ごとにテーマを決めて図書館の事例を50から100事例紹介す
る特集の2本立てとなっています。第5号からは、司書名鑑も連載も開始。図
書館の内外で活躍するライブラリアンを紹介しています。

1号のみの購入、定期購読、バックナンバーの販売も行っています。
購入はFujisan.co.jpをぜひご利用ください。

・Fujisan.co.jp - 『ライブラリー・リソース・ガイド』
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/

また、FacebookやTwitterでの情報発信も行っています。

・Facebookページ
https://www.facebook.com/LRGjp
・Twitter
https://twitter.com/LRGjp

<媒体情報>
・誌名:『ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)』
・発行頻度:季刊(2月、5月、8月、10月)発行
・既刊:2012年秋号(創刊号)※品切、2013年冬号(第2号)、
    2013年春号(第3号)、2013年夏号(第4号)、
    2013年秋号(第5号)、2014年冬号(第6号)、
    2014年春号(第7号)、2014年夏号(第8号)
・ISSN:2187-4115
・発行:アカデミック・リソース・ガイド株式会社
・定価:2500円(税別)
・入手先: http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
※図書館等で直販や書店経由の購入を希望する機関は、下記問い合わせ先へ
お問い合わせください。

問い合わせ: lrg@arg-corp.jp (担当:嶋田)


===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2014-10-29(Wed):
国立情報学研究所(NII) 平成26年度 市民講座「未来を紡ぐ情報学」第5回
「学術クラウドサービスの新たな潮流
-次世代ITインフラに向けたNIIの取り組み」(合田憲人)
(於・東京都/国立情報学研究所 学術総合センター)
http://www.nii.ac.jp/event/shimin/

◇2014-10-29(Wed):
第88回 サーチャーの会 定例会「どうしたらサーチャーを増やせるのか?
-司書課程の現場からイロイロと考えてみる」(丹一信)
(於・東京都/中小企業会館)
http://www.searcher.gr.jp/2014/09/25/

◇2014-10-29(Wed):
筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター 第116回研究談話会
「日本の地方公文書館における展示会の変遷と現在」(白井哲哉)
(於・茨城県/筑波大学 筑波キャンパス 春日エリア)
http://www.kc.tsukuba.ac.jp/lecture/colloquium/653.html

◆2014-10-30(Thu):
国立国会図書館 データベースフォーラム
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/dbf2014.html

◇2014-11-01(Sat):
「マレガ・プロジェクト」シンポジウム in 臼杵
「バチカン図書館所蔵マレガ神父収集豊後キリシタン文書群の魅力」
(於・大分県/臼杵市民会館)
http://www.nijl.ac.jp/pages/event/symposium/2014/marega_project.html

◇2014-11-04(Tue):
日本電子出版協会 JEPA 電子図書館委員会「電子図書館を考える」
(於・東京都/研究社英語センター)
http://kokucheese.com/event/index/216369/

◇2014-11-04(Tue):
知的資源イニシアティブ「バチカン図書館資料デジタル化プロジェクトのご紹介
-バチカン図書館のご担当者を迎えて」
(於・東京都/角川本社ビル)
http://www.keiyou.jp/elpc/news/20141104.html

◇2014-11-05(Wed):
日本電子出版協会 JEPA「バチカン図書館の長期デジタル保存プロジェクト紹介」
(於・東京都/研究社英語センター)
http://kokucheese.com/event/index/221595/

◇2014-11-05(Wed)~2014-11-07(Fri):
特許・情報フェア&コンファレンス2014
(於・東京都/科学技術館)
http://www.pifc.jp/

◇2014-11-07(Fri):
ポット出版『アーカイブ立国宣言』出版記念座談会イベント 第1回
「こんなアーカイブにしたい!-担い手が語る」
(於・東京都/千代田区立日比谷図書文化館)
http://www.pot.co.jp/news/20141014_191134493934382.html

◆2014-11-07(Fri)~2014-11-09(Sun):
サイエンスアゴラ2014「あなたと創るこれからの科学と社会」
(於・東京都/お台場地域)
http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/

◇2014-11-08(Sat):
大仙市 公文書館啓発シンポジウム「今なぜ公文書館が必要なのか」
(於・秋田県/大仙市大曲交流センター)
http://www.city.daisen.akita.jp/docs/2014070900021/

◆2014-11-08(Sat)~2014-11-09(Sun):
2014 九州PCカンファレンス inAPI(立命館アジア太平洋大学)
「おんせん県おおいたで考えるグローバル教育」
(於・大分県/立命館アジア太平洋大学)
http://kyushu.seikyou.ne.jp/pcc/

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/


===================================
 ◆ 開催告知 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

  「ARG 第5回Webインテリジェンスとインタラクション研究会の案内」

2014年11月22日(土)~23日(日)にリクルート本社(東京)において、
第5回Webインテリジェンスとインタラクション研究会が開催されます。

招待講演では中山浩太郎氏(東京大学知の構造化センター)よりDeep Learning
についてご講演いただきます。

また、企業関係者を主な対象とした産学連携の企画「ステージ発表」を
11月21日(金)に開催します。

参加登録受付中です。下記URLをご覧いただき、どうぞ参加をご検討ください。


◆WI2研究会第2回ステージ発表
◆第5回Webインテリジェンスとインタラクション研究会

・日時:
 ・ステージ発表:2014年11月21日(金)
 ・研究会:2014年11月22日(土)~23日(日)
・会場:株式会社リクルートホールディングス41階会議室
    (東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー)

・第2回ステージ発表(11/21)詳細: http://www.sigwi2.org/next-stage
・第2回ステージ発表(11/21)申込: 
https://docs.google.com/forms/d/18ztMq72VucoDFjIVsbS5rHyN0SoFwEW9Erp8dzIe4G0

・第5回WI2研究会(11/22~23)詳細: http://www.sigwi2.org/next-sig
・第5回WI2研究会(11/22~23)申込: 
https://docs.google.com/forms/d/1Z0PQdXjGFZgb82IY-vfCqexn6iQqsMe9P--5p3iMQNM

研究会活動については、公式サイトのほかFacebookでもお知らせしています。

・公式サイト: http://www.sigwi2.org/
・Facebook: https://www.facebook.com/ARGWI2

なお、弊社は本研究会の事務局を務めています。


===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

[講義・講演](予定)

◇2014-11-23(Sun):
江戸川区立松江図書館の「Teens'向け まるっとネット指南!」にて
「Yahoo!知恵袋を作った人と考えてみよう!アリ?ナシ?メッセージの書き方」
と題して講師を務めます。
https://www.library.city.edogawa.tokyo.jp/TOSHOW/wp/index.php/archives/2539

◇2014-12-13(Sat):
ビブリオバトル・シンポジウム2014にて講演します。
http://sympo14.bibliobattle.jp/


[講義・講演](終了)

◆2014-10-22(Wed):
情報セキュリティ大学院大学「図書館情報システムの現状と課題」
で講師を務めました。
http://www.arg.ne.jp/node/7561


講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを
務めています。
http://www.applic.or.jp/prom/chiiki_adviser/
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。

[参考]基本プロフィール
    http://www.arg.ne.jp/user/3

法人としての活動は、

https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援


~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~
    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

◆2014-10-19(Sun): 第16回図書館総合展<学び×コミュニケーション>
                ARG共同ブースのFbイベントページを作成

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7554

すでにいくつかの媒体では伝えていますが、

・第16回図書館総合展
http://2014.libraryfair.jp/

には弊社として本年もブース出展します。

ということで、Facebookに、

・第16回図書館総合展<学び×コミュニケーション>ARG共同ブース
https://www.facebook.com/events/1537781183132290/

を立てました。私・岡本への相談コーナーも設けますので、お気軽にお越しく
ださい。


◆2014-10-20(Mon): パートナースタッフ月例会を開催

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7559

弊社のパートナースタッフは全国に散っています。拠点は横浜ですが、茨城、
岐阜、三重にもスタッフがいるので、毎月1回、定期的な会議を実施しています。
遠隔地のスタッフはSkype経由での参加です。

ということで、本日は図書館総合展を直前に控えての最後の月例会でした。

私自身、常時出張中という体制なので、基本的なコミュニケーションはメール
ベースで行っているのですが、やはりSkypeでの音声も含めて、話し合うことの
意義を感じる一日でした。


◆2014-10-21(Tue): 『Cultivate』誌の取材ほか

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7560

株式会社文化環境研究所の雑誌

・『Cultivate』
http://www.bunkanken.com/archives/cultivate/

のインタビューを受けました。テーマ等はまだ秘密で。掲載号が刊行されたら、
またお知らせしますが、なかなか刺激的な時間でした。

その後は、NTTドコモへうかがい、今夏実施してきたくまもと森都心プラザ図書
館と指宿市立図書館へのgacco導入の報告会。

さらにその後は、本番前の最後の図書館総合展運営委員会。


◆2014-10-22(Wed): PC Onlineの「教育とICT」の取材、
                   情報セキュリティ大学院大学で講義

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7561

昨日に続き本日も取材がありました。今日はPC Onlineの「教育とICT」関連の
対談です。

・教育とICT
http://pc.nikkeibp.co.jp/education/

11月には記事が公開されるかと思います。お楽しみに。

ちなみに本日インタビューをしてくださった記者の方は前職時代にもたびたび
取材をしてくださっていた方で久しぶりの再会でした。

まったく違う文脈での思わぬ再会は嬉しいものです。

夜は情報セキュリティ大学院大学で講義を担当しました。

・図書館情報システムの現状と課題
http://www.slideshare.net/arg_editor/iisec20141022

と題して、大学院大学なので主に討論をベースにした授業となりました。ちょ
っと意識して討論テーマを設定してみたのですが、非常に興味深い結果であっ
たように思います。学生の皆さまに感謝。


◆2014-10-23(Thu): 学術情報ウェブサービス担当者研修のファシリテーター
                    講座を開催し、仙台と名取で会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7562

本年も実施を受託している

・国立情報学研究所 - 学術情報ウェブサービス担当者研修
http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/portal/

のファシリテーター講座を実施しました。今年は過去のファシリテーターから
ご推薦いただいた方々で構成しています。どなたも素晴らしい力をお持ちなの
で当日が楽しみです。

その後は仙台に出て、ちょっと楽しくなりそうなコミュニティー活動に関する
会議、そして名取市に出て新図書館に関するアドバイザーとしての会議でした。

仙台はもう寒い。


◆2014-10-24(Fri): リニューアルした東北大学附属図書館を見学し、
                           須賀川を経て帰京

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7563

午後から須賀川市で会議なので、その前にせっかくだからと思い、リニューア
ルしたばかりの東北大学附属図書館を見学してきました。

・「10/1 10:00 附属図書館本館 1号館リニューアルオープン」(東北大学附
属図書館、2014-09-26)
http://tul.library.tohoku.ac.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=754
・東北大学附属図書館
http://tul.library.tohoku.ac.jp/
・Flicker - 東北大学附属図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157648536417689/

いやあ、なかなか日本の大学図書館にはない姿に一変しましたね。書庫も整備
され、環境としての充実度はなかなかのものではないでしょうか。図書館の新
設ができればもちろんよいのでしょうが、これからの時代はこのような大きな
リニューアルもますます求められてくるのでしょう。

ご多忙ななか、ご対応いただいた米澤さん、ありがとうございました。

午後は須賀川市に移動し、

・(仮称)須賀川市市民交流センター整備事業
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/fukkou/joho_fukkou_kanren.html

の会議。


◆2014-10-25(Sat): 終日デスクワーク

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7564

そろそろしっかりと1日休養したいなあと思いつつも、あれやこれやとやること
が山積だったので、オフィスに出社しての1日デスクワークでした。

しかし、メールや電話が入らない土日は仕事がはかどります。と言いつつも、
このサイクルになれてはいけないのですけどね。

それはそうと、先日愛媛大学で講演とワークショップをしましたが、

・「愛媛大学で「大学の変革と大学図書館の課題」と題して講演」
(編集日誌、
2014-10-15)
http://www.arg.ne.jp/node/7550
・「愛媛大学でワークショップ「還りたくなる母校-大学図書館を中心に-」
を開催」(編集日誌、2014-10-16)
http://www.arg.ne.jp/node/7551

愛媛大学のサイトで記録が公開されました。

・「平成26年度愛媛大学図書館学術講演会を開催しました【10月15日(水)】」
(愛媛大学、2014-10-22)
http://www.ehime-u.ac.jp/society/news/detail.html?new_rec=12212
・「図書館ワークショップ2014を開催しました【10月16日(木)】」
 (愛媛大学、2014-10-22)
http://www.ehime-u.ac.jp/education/news/detail.html?new_rec=12213


◆2014-10-26(Sun): 新共著『未来の図書館、はじめませんか。』の最終校正
                                を終了

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/7565

先日、

・「新共著『未来の図書館、はじめませんか。』の校正を終了」
 (編集日誌、2014-10-18)
http://www.arg.ne.jp/node/7553

と書きましたが、今日は執筆者サイドの最終校正でした。

・未来の図書館、はじめませんか
http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2

なんとか、図書館総合展にあわせた刊行にこぎつけられそうです。

なお、すでにAmazonでの予約が始まっています。

・岡本真、森旭彦著『未来の図書館、はじめませんか』
 (青弓社、2014年、2160円)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22

また、詳細な目次は下記にあります。

・「【弊社代表・岡本真の新共著『未来の図書館、はじめませんか。』刊行の
お知らせ】」(アカデミック・リソース・ガイド株式会社、2014-10-22)
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/787482367964054

刊行に至るプロセスを折々につぶやいていますので、こちらもご参考に。

・Togetter - 『未来の図書館、はじめませんか』刊行記録 #未来の図書館
http://togetter.com/li/736906

そして、週明けには出版社である青弓社にご尽力いただき、本誌読者向けの
予約注文も始める予定です。


             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-508]2014年10月27日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
【 ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を
得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源
として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださ
るようお願いします。悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をしま
す。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録は
ご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ついでに読みたい

ACADEMIC RESOURCE GUIDE

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/18 部数:  4,164部

他のメルマガを読む