ACADEMIC RESOURCE GUIDE

[ARG-496]

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
         Science, Internet, Computer and ...

      2014-01-15発行   ‡No.496‡   4745部発行

                ~復刊!~

 "Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net."

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ◇ 目次 ◇
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

○レビュー:休載

○LRG編集・販売情報「第6号鋭意編集中
           -特別寄稿は熊谷慎一郎『東日本大震災と図書館』、
            特集は『図書館で学ぶ防災・災害』」

○お知らせ「2014年の図書館総合展地方開催フォーラムについての案内」

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -謹賀新年
 -全開モードで仕事、
    そして「2014年、アカデミック・リソース・ガイド株式会社の抱負」
 -出張初め。地域情報化アドバイザー派遣で指宿市へ。

                              など、8日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ レビュー ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

            まだ当面の間、休載です。

   書けるように頑張るかもしれないし、頑張らないかもしれない。

       正直、もう歴史的役割を終えた気がしている。

Copyright (C) OKAMOTO Makoto All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ______________
  ■ 掲載希望の送り方 ■
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 連絡先:info@arg-corp.jp
 きまり:自薦他薦不問。添付ファイル禁止。個人サイト・組織サイト不問。
 その他:掲載可否は編集部判断。公開予定サイトの事前連絡歓迎。



===================================
 ◆ LRG編集・販売情報 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

 「第6号鋭意編集中-特別寄稿は熊谷慎一郎『東日本大震災と図書館』、
                 特集は『図書館で学ぶ防災・災害』」

弊社が編集・発行する新しいライブラリーマガジン『ライブラリー・リソース
・ガイド』(2011年11月創刊)は、昨年12月に第5号を刊行し、現在は第6号の
刊行準備を進めています。

◆第5号(販売中):
・特別寄稿「本と人、人と人をつなぐ仕掛けづくり」
 (内沼晋太郎・アサダワタル・谷口忠大)
・特集「本と人をつなぐ図書館の取り組み」(嶋田綾子)
・司書名鑑 No.1(井上昌彦)
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/b/1044014/

◆第6号(編集中):
・特別寄稿「東日本大震災と図書館」(熊谷慎一郎)
・特集「図書館で学ぶ防災・災害」(嶋田綾子)

『ライブラリー・リソース・ガイド』は、毎回、各界の識者による約5万字の
特別論考と、各号ごとにテーマを決めて図書館の事例を50から100事例紹介す
る特集の2本立てとなっています。最新第5号からは、司書名鑑も連載も開始。
図書館の内外で活躍するライブラリアンを紹介しています。

1号のみの購入、定期購読、バックナンバーの販売も行っています。
購入はFujisan.cojpをぜひご利用ください。

・Fujisan.cojp - 『ライブラリー・リソース・ガイド』
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/

また、FacebookやTwitterでの情報発信も行っています。

・Facebookページ
https://www.facebook.com/LRGjp
・Twitter
https://twitter.com/LRGjp

<媒体情報>
・誌名:『ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)』
・発行頻度:季刊(2月、5月、8月、10月)発行
・既刊:2011年秋号(創刊号)※品切、2012年冬号(第2号)、2012年春号
 (第3号)、2013年夏号(第4号)、2013年秋号(第5号)
・ISSN:2187-4115
・発行:アカデミック・リソース・ガイド株式会社
・定価:2500円(税別)
・入手先: http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
※図書館等で直販や書店経由の購入を希望する機関は、下記問い合わせ先へ
お問い合わせください。

問い合わせ: lrg@arg-corp.jp (担当:嶋田)


===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

   「2014年の図書館総合展地方開催フォーラムについての案内」

       http://2013.libraryfair.jp/node/1976

図書館総合展運営委員会は2014年も図書館総合展地方開催フォーラムを実施し
ます。

これは、第16回図書館図書館総合展(2014年11月4日(火)~11月8日(土))
に向けてのプレイベントです。

地方での特色ある取り組みを全国に紹介するとともに、話題のテーマを自由に
議論できる場をつくります。

弊社は本年も企画・実施を受託しております。

図書館関係企業、図書館職員の皆さまを始め、図書館に関心のある皆さまのご
参加をお待ちしております。

2014年の展開予定は以下の通りです。

◆図書館総合展フォーラム2014 in 白河
・時期:2014年3月3日(月) 
・会場:白河市立図書館(福島県白河市)
・テーマ: 
 ・東日本大震災と福島-震災後の情報提供
 ・オンラインデータベースの活用-その課題と可能性

◆図書館総合展フォーラム2014 in 岡山
・時期:2014年5月18日(日)
・会場:Junko Fukutake Hall(岡山県岡山市・岡山大学鹿田キャンパス )
・テーマ:
 ・公共・学校・大学図書館の連携-地域をつなぐ図書館の役割
 ・ラーニングコモンズ

◆図書館総合展フォーラム2014 in 新潟
・時期:2014年7月11日(金)
・会場:新潟県立図書館(新潟県新潟市)
・テーマ(予定):
 ・地域資料の収集と地域連携
 ・電子書籍・電子図書館

なお、プログラムの詳細等は、公式サイトに順次掲載していくほか、Facebook
やTwitterでもお知らせしていきます。

・公式サイト: http://2013.libraryfair.jp/

・Facebook: https://www.facebook.com/libraryfair

・Twitter: https://twitter.com/libraryfair


===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2014-01-17(Fri):
神奈川県資料室研究会 神資研 1月例会 講演会
「電子書籍サービス利活用の現状-機関向けNetLibraryの導入事例から」
(於・神奈川県/神奈川県立川崎図書館)
https://saas01.netcommons.net/shinshiken/htdocs/index.php?key=jo4hdd9uz-17#_17

◇2014-01-17(Fri):
情報科学技術協会 INFOSTA 会員限定 新春セミナー
「『魅せる』チラシの作り方」(はやのん)
(於・東京都/東京都左官工業共同組合 飯田橋升本ビル)
http://www.infosta.or.jp/seminars/semi140117/

◇2014-01-18(Sat):
図書館史勉強会@関西 関西文脈の会 第21回勉強会
「先輩司書について語る!-天野敬太郎の人生」(今野創祐)
(於・京都府/京都商工会議所)
http://toshokanshi-w.blogspot.jp/2013/12/21.html

◆2014-01-20(Mon):
田中浩也研究室主催講演会「図書館と3Dプリンター-海外の動向」
(於・神奈川県/慶應義塾大学 湘南藤沢メディアセンター)
http://www.sfc.lib.keio.ac.jp/news/index.php#n636

◆2014-01-21(Tue):
デジタル文化財創出機構 シンポジウム「進化するミュージアム2014」
(於・東京都/JPタワー KITTEビル)
http://www.digital-heritage.or.jp/symposium5/

◇2014-01-22(Wed):
国立情報学研究所(NII) 平成25年度 市民講座「未来を紡ぐ情報学」第7回
「問題を見ずに問題を解く-定数時間アルゴリズムとは?」(吉田悠一)
(於・東京都/国立情報学研究所 学術総合センター)
http://www.nii.ac.jp/event/shimin/

◆2014-01-24(Fri):
専門図書館協議会 関西地区協議会 平成25年度 ワークショップ
「会員制ライブラリー『BIZCOLI』の挑戦」に学ぶ
-アイデアを生み出す図書館の棚づくり
(於・大阪府/エル・おおさか 大阪府立労働センター)
http://www.sentokyo-kansai.com/seminar/seminar.html

◆2014-01-24(Fri):
筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター 第108回研究談話会
「図書館情報専門職の歴史的資料の保存と利用に関する総合的研究
-図書館情報学アーカイブの構築に向けて」
(於・茨城県/筑波大学 筑波キャンパス 春日エリア)
http://www.kc.tsukuba.ac.jp/index.php?id=166

◆2014-01-24(Fri):
第213回 京都情報図書館学学習会
「学芸員資格取得記-マルチライセンスへのいざない」(若林正博)
(於・京都府/京都府立医科大学附属図書館)
http://kyotolibrarian.web.fc2.com/

◆2014-01-25(Sat):
大学図書館問題研究会京都支部 ワンディセミナー
日本図書館研究会 第302回研究例会
「若手研究者の文献利用環境を巡る問題と図書館へのニーズ」
(於・京都府/キャンパスプラザ京都)
http://www.daitoken.com/kyoto/event/20140125.html

◇2014-01-25(Sat):
情報処理学会 第101回 人文科学とコンピュータ研究会発表会
(於・京都府/同志社大学 今出川キャンパス)
http://www.jinmoncom.jp/

◇2014-01-26(Sun):
国立情報学研究所 第3回 NII湘南会議 講演会
「ロボットは井戸端会議に入れるか-日常会話から人間を知る方法」
(於・神奈川県/湘南国際村センター)
http://www.pref.kanagawa.jp/evt/p520636.html

◇2014-01-26(Sun):
ラボ図書環 オーサートーク vol.17「河北新報・寺島英弥記者による
『走れ!移動図書館』著者・鎌倉幸子さん公開インタビュー」
(於・神奈川県/さくらWORKS<関内> 泰生ビル)
https://www.facebook.com/events/581030078634398/

◆2014-01-30(Thu):
日本研究支援シンポジウム
「海外の日本研究に対して日本の図書館は何ができるのか」
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/knssympo.html

◆2014-01-30(Thu):
科学コミュニケーション研究会 第23回関東支部勉強会
「ミュージアムの評価研究」(寺田鮎美)
(於・東京都/東京大学 本郷キャンパス)
http://www.scicomsociety.jp/?page_id=25

◇2014-02-01(Sat):
三田図書館・情報学会 2013年度月例会 第157回
「指定管理者制度の10年-公立図書館経営管理の動向を探る」
(於・東京都/慶応義塾大学 三田キャンパス)
http://www.mslis.jp/monthly.html

◆2014-02-01(Sat):
日本図書館研究会 情報組織化研究グループ 2014年1月月例研究会
レビュー『Linked Data: Webをグローバルなデータ空間にする仕組み』
(小村愛美)
(於・大阪府/キャンパスポート大阪 大阪駅前第2ビル)
http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201401


http://www.arg.ne.jp/calendar

をご参照ください。

 ______________
  ■ 掲載希望の送り方 ■
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 連絡先:info@arg-corp.jp
 きまり:自薦他薦不問。添付ファイル禁止。募集者によるサイト必須。
 その他:掲載可否は編集部判断。上記書式に整形した上での連絡歓迎。
    :掲載するイベントは、本カレンダーから傾向をご理解ください。

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし


[講義・講演](予定)

◆2014-01-15(Wed):
これからの生物多様性保全活動を考える会(第2回)で、弊社代表の岡本真が
「クラウドファンディングの可能性-環境活動における活用方法」と題して講
演します。
http://www.global-kansai.or.jp/bukai/bukai-seibutsu.html

◆2014-01-16(Thu):
流通科学大学有朋会第14回実学サロンで、弊社代表の岡本真が「WEBサービス
をプロデュースする-Yahoo!知恵袋の企画意図と設計」と題して講演します。
http://www.yuho-kai.com/info/2013/1296.html

◆2014-01-21(Tue):
沖縄科学技術大学院大学で開催されるOIST seminarで弊社代表の岡本真が
"Libraries Today, and the Library of Tomorrow" と題して講演します(英語)。
https://groups.oist.jp/cws/event/libraries-today-and-library-tomorrow-makoto-okamoto

◆2014-02-09(Sun):
大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)で開催される
「ネットの闇から女性・子どもを守る!-ストーカー事件、出会い系サイト、
リベンジポルノ」で弊社代表の岡本真が講演します。
http://www.dawncenter.or.jp/kozent/servlet/kouzalst?no=00572


◆2014-02-16(Sun):
・猪谷千香×岡本真「これからの図書館を考えてみよう」-『つながる図書館』
刊行記念に代表の岡本真が登壇します。
http://peatix.com/event/26378

◆2014-02-16(Sun):
2013年度松本大学図書館主催研修会で弊社パートナーの嶋田綾子が講師を担当
します。

◆2014-02-24(Mon):
練馬区立図書館平成25年度第3回図書館専門員研修で「図書館100連発」を
テーマに弊社パートナーの嶋田綾子が講師を担当します。


[講義・講演](終了)

2014-01-01(Mon):
指宿市立図書館地域情報化アドバイザー派遣「非営利組織経営の今後」第1回
で、弊社代表の岡本真が「図書館経営とファンドレイジング」という助言を行
いました。
http://www.arg.ne.jp/node/7407



講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

私の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

なお、総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを務めています。
http://www.applic.or.jp/prom/chiiki_adviser/
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。

[参考]基本プロフィール
    http://www.arg.ne.jp/user/3


~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~
    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and ...
===================================

◆2014-01-01(Wed): 謹賀新年

              ⇒ 元記事:http://www.arg.ne.jp/node/7402

ほぼ1年、寝かせてしまいましたが、今年はまめに更新しようと、いまのとこ
ろ思っています。

ということで、本年もよろしくお願いいたします。


◆2014-01-02(Thu): 正月2日目、午後からまったりと始動

              ⇒ 元記事:http://www.arg.ne.jp/node/7403

あくまでARGは依然としてベンチャー企業なので、年末年始とかあまり関係な
いのですが、今年はパートナースタッフには、2013年12月28日(土)から2014
年1月5日(日)までは冬季休業と伝えています。

が、経営者が休んでいるわけにはいかないですし、なによりも人が休んでいる
ときこそ、ふだんできないことができる!というわけで今日の午後から始業で
す。

が、年賀状を確認したりした後は結局、オフィスでまったり過ごしただけで終
わってしまったような気が……。

ただし、夜は、「NPOによる図書館の指定管理・委託事例」という調査をがっ
つり。これはFacebookで友達限定で公開しています。


◆2014-01-03(Fri): OISTでの英語講演の準備、「情報管理」56-10の記事から、
                       そして浜野保樹さんのこと

              ⇒ 元記事:http://www.arg.ne.jp/node/7404

1月21日(火)に、

・沖縄科学技術大学院大学(OIST)
http://www.oist.jp/ja

のミニセミナーで話をするのでその準備のための予稿作成の1日でした。サイ
トに詳細がまだ出ていませんが、ざっくりと以下の内容です。

>>
Title:
Libraries Today, and the Library of Tomorrow

Abstract:
In the past few years public libraries in Okinawa have been renewed or
newly constructed. Many of the major cities of the Kyushu area, such as
Nagasaki, Kumamoto, Takeo, Ibusuki, etc are exploring new opportunities
regarding the shape of the library of the future. Based on the development
in recent years, this seminar aims to discuss the role of the library for
the future.
<<

今回は準備の余裕がないので、日本語で講演原稿をつくり、英訳に出す予定で
す。

その後は、

・「情報管理」56-10
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/johokanri/56/10/_contents/-char/ja/

をチェック。以下、知人関係を中心に気になった記事。

・福井健策「知のインフラ整備とデジタル著作権の挑戦」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/56/10/56_661/_article/-char/ja/
・重田勝介「反転授業 ICTによる教育改革の進展」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/56/10/56_677/_article/-char/ja/
・藤原直幸「つながれインフォプロ」第4回
https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/56/10/56_716/_article/-char/ja/
・茂出木理子「All I need to know I learned from ・・・
(その3:1月号だけど匂蕃茉莉の章)」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/56/10/56_712/_article/-char/ja/

あと、以下はウェブサーフィン中に発見したものもの。太田市のそれがすごい
ですね。

・大磯町立図書館 - 図書館ボランティア募集
http://oiso-lib.scn-net.ne.jp/html/volunteer.html
・太田市 - 図書館業務コスト計算
http://www.city.ota.gunma.jp/005gyosei/0020-004kikaku-gyoukei/bs/toshokan.html
・東北大学附属図書館 - 図書館員のための大学法人会計入門 (最初歩)
http://tul.library.tohoku.ac.jp/kiboko/27-3/kbk27-3-5.html

そして、浜野保樹さんが亡くなったという知らせを聞きました。ちょっと衝撃
的すぎて言葉もありません。大学の大先輩という縁もあって、様々な場で目を
かけていただきました。いまはただただ安らかにと申し上げるのみです。


◆2014-01-04(Sat): 学術情報ウェブサービス担当者研修2014のカリキュラムづくり

              ⇒ 元記事:http://www.arg.ne.jp/node/7405

国立情報学研究所(NII)から受託している

・学術情報ウェブサービス担当者研修
http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/portal/

の準備として、カリキュラム改訂案をつくりました。すでに3年続けてきてい
ますが、アンケート結果に目を通し、報告書を書き、反省会を行い、そのうえ
で様々な改善を図っているわけです。本年も大勢の方々が受講してくれますよ
うに。

その後は、年末年始にまとめておいた

・Togetter - 沖縄図書館紀行執筆のためのまとめ
沖縄図書館紀行執筆のためのまとめ

を参考に依頼された沖縄の図書館紀行文に着手し、どうにか書き上げました。
おそらく、

・沖縄県図書館協会誌
http://okitokyo.ti-da.net/c186820.html

にいずれ掲載されるかと思います。


◆2014-01-05(Sun): 全開モードで仕事、
     そして「2014年、アカデミック・リソース・ガイド株式会社の抱負」

              ⇒ 元記事:http://www.arg.ne.jp/node/7406

さすがに始業から4日目ともなると、平常運転です。

今日はとある企画書を書き上げました。昨秋から仲間内で話してきたことを文
字にするだけの簡単なお仕事!なんてことはなく、それなりに脳の体力を使い
ます。

とりあえず、それなりの内容になったので1、2日寝かせて最終稿に仕上げる予
定で進行中。

以下はここ数日届いた本です。ざっと目を通しました。山下さん、岩下さん、
刊行おめでとうございます。

・佐藤淑子、和田佳代子編著『看護師のためのWeb検索・文献検索入門』(
医学書院、2013年、2301円)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4260019120/arg-22/
・岩下愛、山下ユミ著、奥出麻里、 阿部信一監 『図解PubMedの使い方
-インターネットで医学文献を探す』(日本医学図書館協会、2013年、1890円)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4931222196/arg-22/

さて、明日から多くの方々が仕事始めということで、Facebookページに新年の
抱負を記したので、こちらにも転記しておきます。

*

【2014年、アカデミック・リソース・ガイド株式会社の抱負】

2014年が始まって5日目となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

弊社は実質的に1月2日(木)から業務開始となっていますが、明日から仕事始
めという方も多いことでしょう。

さて、2014年を弊社としてどう送っていくのか、法人としての抱負を述べてお
きたいと思います。

1. 案件・物件のリリース
2. 体制の確立(協働しつつの共生)
3. 産学連携への注力
4. 自主事業への注力
5. 図書館ナイト的なイベントの継続実施
6. OpenData/OpenGLAMからOpenGovへ
7. 結果としてのメルマガARGの復刊

以上の7点です。もちろん、すべての前提は適切な売上と利益の確保ですが、
それは当然として、少し説明しておきましょう。

◇1. 案件・物件のリリース:
コンサルティング等の形で関わっている公共施設の仕事がだいぶ進んできまし
た。現在関わっている案件・物件がオープンするのは、2015年以降なのですが、
この2014年中にも実施・公開できそうなものがあるので、このような目に見え
るアウトプットを出していきたいと思います。

◇2. 体制の確立(協働しつつの共生):
創業以来、雇用をせずに業務契約のパートナーと協働する体制を敷いてきまし
たが、今年は場合によっては、部分的にこの方式をあらためるかもしれません。
スタッフと協働しつつ共生していけるような組織のあり方を探っていきます。

◇3. 産学連携への注力:
実は弊社の基幹事業であり、その成果が2014年の早い段階で公表できるところ
まで進む予定ですが、もう少しこの事業に力を入れていこうと思います。

◇4. 自主事業への注力:
ライブラリー・リソース・ガイドやライブラリーキャンプのような自主事業の
事業としての確立に引き続き尽力していきます。

◇5. 図書館ナイト的なイベントの継続的な実施:
占有のオフィススペースさくらWORKS<関内>408(ARGオフィス)に移動した
こともあり、月1回程度の継続的なイベントを始めようと思います。

◇6. Open Data/Open GLAMからOpen Govへ:
まずはOpenGLAM JAPANの活動を動かしつつ、もっとも重要なOpen Govという動
きを創り出す活動へとつなげていきます。

◇7. 結果としてのメルマガARGの復刊:
1.~6.の総合的な結果として、長期休刊中のメールマガジン
Academic Resource Guide(arg)を復刊したいと思っています。

ということで、本年も弊社をよろしくお願いいたします。

また、横浜にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

https://www.facebook.com/ARGjp/posts/645813458797613

明日から出張の日々が再開です。まずは鹿児島県指宿へ。明日から3ヶ月続け
ての指宿出張になりますが、「非営利組織の経営」について考えます。


◆2014-01-06(Mon): 出張初め。地域情報化アドバイザー派遣で指宿市へ。

              ⇒ 元記事:http://www.arg.ne.jp/node/7407

今年初の出張です。鹿児島県指宿市を訪問し、指宿市立指宿図書館で「図書館
経営とファンドレイジング」というテーマで話しました。

これは、総務省からの委嘱にによる

・地域情報化アドバイザー派遣
http://www.applic.or.jp/prom/chiiki_adviser/

という事業の一環で、指宿市には3月まで3回お邪魔する予定です。「非営利組
織経営の今後」というテーマで全3回の勉強会を行います。

・「図書館経営とファンドレイジング」
http://www.slideshare.net/arg_editor/ibusuki20140106

指宿市立図書館は、NPO法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」が指定管理者
になっており、その経緯は

・NPO法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」著、種村エイ子監『私たち図書
館やっています!-指定管理者制度の根身を越えて』(南方新社、2011年)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4861242134/arg-22/

に詳しく記されています。

・指宿・山川図書館
http://www.minc.ne.jp/ibusukilib/
・指宿市立図書館Facebookページ
https://www.facebook.com/ibusukitosyo
・てくてくライブラリアン(指宿図書館スタッフ日記)
http://soramameibusuki.blog.ocn.ne.jp/librarian/

非常に精力的な活動をしており、私は強い関心を持っています。

さて、上記の資料の中にも記載していますが、「NPOによる図書館の指定管理・
委託事例」を調査したので公開しておきます。著作権法の範囲内で適正にご利
用ください。

*

NPO法人 らいぶらいぶ
http://live-lib.jp/
2006年認証
相模原市立相模大野図書館の窓口業務(受託)

NPO法人 市民の図書館・ふじさわ
http://npo-clf.moover.jp/npo_lib_fujisawa/
2010年認証
藤沢市辻堂市民図書館、藤沢市湘南大庭市民図書館の管理運営(受託)

NPO法人 上田図書館倶楽部
http://ueda.zuku.jp/
2004年設立、2006年認証
上田情報ライブラリーの図書館関係業務(受託)

NPO法人 げんきな図書館
http://www.genkina.or.jp/
2003年認証
渋谷区立代々木図書館・こもれび大和田図書館・富ヶ谷図書館の管理運営(受託)

NPO法人 萩みんなの図書館
http://npohagimint.net/
2010年認証
萩図書館の管理運営(受託)

NPO法人 ふくろうの森
http://group.naruto-mon.jp/fukurou/
2002年認証
鳴門市立図書館の一部業務(受託)

NPO法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」
2006年認証
指宿図書館・山川図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 ながれやま栞
http://www.geocities.jp/nagareyamashiori/
1997年設立、2006年認証
流山市北部地域図書館の管理運営(指定管理)
※現在は終了

NPO法人 大田教育支援の会
http://www15.ocn.ne.jp/~ok-tosho/
2003年認証
大田区立久が原図書館・浜竹図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 留萌体育協会
http://www15.ocn.ne.jp/~rtk/
1948年設立、2001年認証
市立留萌図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 ひがしね
http://www.npo-higashine.com/
2004年認証
東根市さくらんぼ図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 見附地域情報研究会
2009年認証
見附市図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 こまどり会
2007年認証
瑞浪市民図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 ブックパートナー
http://book.geocities.jp/gamagori_book_partner/
2007年認証
蒲郡市立図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 まちづくり津島
http://www.npo-tsushima.org/
2004年認証
津島市立図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 まちづくりステーションきらめき
http://hccweb6.bai.ne.jp/kirara/kirameki.htm
2003年認証
伊丹市立図書館北分館の管理運営(指定管理)

NPO法人 きらめき広場
http://www.npo-kirameki.jp/
2005年認証
新見市立哲西図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 図書館結の会
2010年認証
土佐清水市立市民図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 プロジェクト・ボダイ
http://www.bodaimura.com/
2001年設立、2002年認証
豊前市立図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 本と人とのネット.泗水
https://twitter.com/hontonet0712
2007年認証
菊池市泗水図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 カルチャー佐伯
2007年認証
佐伯市立図書館の管理運営(指定管理)

PO法人 えびの
2006年認証
えびの市民図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 コミュニティ21
http://kushimania.jp/
2003年認証
串間市立図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 小林図書の森とらいくる
2007年認証
小林市立図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 ぷれでお
2005年認証
阿久根市立図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 コスモ学院
http://www.cosmogakuin.org/
2008年認証
西之表市立図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 くりやま
2008年認証
栗山町図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 藤崎町文化協会
2012年認証
藤崎町図書館大夢の管理運営(指定管理)

NPO法人 河北まちづくりネットワークひまわり
2006年認証
河北町立中央図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 遅筆堂文庫プロジェクト
http://www.plaza-books.jp/
2005年認証
川西町立図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 ふれっしゅ・すてーじ
http://www.flesute.jp/
2004年認証
矢吹町図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 地域資料デジタル化研究会
http://www.digi-ken.org/
2001年認証
山中湖情報創造館の管理運営(指定管理)

NPO法人 毛呂Book
2008年認証
毛呂山町立図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 ライブラリーCOSMO
2004年認証
稲美町立図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 那賀文化振興事業団
2009年認証
那賀町木頭図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 とかの元気村
http://blogs.yahoo.co.jp/drndg643
2005年認証
佐川町立図書館の管理運営(指定管理)

NPO法人 友志企画
http://yuushi-kikaku.com/
2007年認証
あやかりの杜(含む図書館)の管理運営(指定管理)

NPO法人 紙のまち図書館
http://www.kaminomachi.jp/
2009年認証
四国中央市図書館(4館)の管理運営(指定管理)

NPO法人ぐーぐーらいぶ
http://www.goo-goo-libe.jp/
2003年認証
中野区立中央図書館の管理運営(受託)
※現在は終了

としょかん支援クラブ
http://genki365.net/gnks12/mypage/index.php?gid=G0000085
2006年認証
新宿・としょかん・ひとづくりグループの構成団体として新宿区立角筈図書館
の管理運営(指定管理)

NPO法人 まなびっと八媛
http://www.library.yame.fukuoka.jp/yahime.html
2006年認証
八女市立図書館の窓口業務(受託)

NPO法人 MCLボランティア
http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/library/myc/mcl/
2000年認証
宮崎市立図書館の運営業務(受託)

本の杜ゆうゆう
2011年認証
都城市立図書館の窓口業務(受託)


◆2014-01-07(Tue): 薩摩伝承館を見学し、特急指宿のたまて箱に乗って、
                 さらに鹿児島県立図書館(本館)を見学

              ⇒ 元記事:http://www.arg.ne.jp/node/7408

昨日は指宿に宿泊したので、朝から砂むしに入り、その後、泊まった白水館に
併設されている

・薩摩伝承館
http://www.satsuma-denshokan.com/
http://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157639518112534/

へ。すべてではないにせよ、一部の展示品の写真撮影がOKなのは嬉しいですね。
こういう美術館・博物館が増えてくれるとよいのですが……。

その後は、指宿駅から、念願の

・特急指宿のたまて箱
http://www.jrkyushu.co.jp/trains/ibusukinotamatebako/
http://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157639518224584/

に乗車し、鹿児島中央駅へ向かいました。特急指宿のたまて箱は、車内にライ
ブラリーがあるということで期待していたのですが、それ自体はあくまでオマ
ケのようなものでした。しかし、錦江湾を眺めながらの列車の旅はよかったで
すね。指宿に行く方にはおススメです。

その後は、

・鹿児島県立図書館(本館)
http://www.library.pref.kagoshima.jp/
http://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157639519006093/

を訪問・見学しました。いずれ図書館100連発で取り上げたい素材が多数あり、
訪問した甲斐がありました。

ということで、鹿児島空港から帰京した次第。なお、指宿には2月、3月もうか
がいます。

・「出張初め。地域情報化アドバイザー派遣で指宿市へ。」
(編集日誌、2014-01-06)
http://www.arg.ne.jp/node/7407


◆2014-01-08(Wed): 在浜パートナースタッフとの新年顔合わせ

              ⇒ 元記事:http://www.arg.ne.jp/node/7409

新年早々から出張だったので、

・「出張初め。地域情報化アドバイザー派遣で指宿市へ。」
(編集日誌、2014-01-06)
http://www.arg.ne.jp/node/7407
・「薩摩伝承館を見学し、特急指宿のたまて箱に乗って、さらに鹿児島県立図
書館(本館)を見学」(編集日誌、2014-01-07)
http://www.arg.ne.jp/node/7408

横浜にいるパートナースタッフと新年の初顔合わせを行いました。

本年は現時点で、

・ふじたまさえさん
・嶋田綾子さん
・熊崎由衣さん
・池田光雪さん
・赤山みほさん
・有元よしのさん

の6名に私が入った7名体制で当面進んでいきます。どうぞ、よろしくお願い
いたします。


             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-496]2014年01月15日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
【 ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を
得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源
として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださ
るようお願いします。悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をしま
す。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録は
ご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ACADEMIC RESOURCE GUIDE

発行周期: 週刊 最新号:  2019/03/18 部数:  4,164部

ついでに読みたい

ACADEMIC RESOURCE GUIDE

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/18 部数:  4,164部

他のメルマガを読む