日本僑報電子週刊

日本僑報電子週刊 第1039号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    日本僑報電子週刊 第1039号 2012年7月11日(水)発行
    http://duan.jp 編集発行:段躍中(info@duan.jp)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読者の皆様、下午好。

この号を編集中に、上野動物園のパンダ赤ちゃんが肺炎で亡くなったニュ
ースを接し、辛くて悲しくなりました。生まれたとき、丁度中国の出版訪
日団が来日され、まさに今年の日中国交回復40周年への特別プレゼントと
思いました。わずか一週間でこんなにはやくも死亡したとは本当に思わな
かったです。このニュースを微博http://www.weibo.com/duanjpに紹介した
ら、中国人読者から沢山の追悼の声が寄せられました。ご冥福を祈りいた
します。

さて、日本僑報社主催の初めてブックフェアは13日午後は、八重洲ブック
センター7階で開幕式を行います。参加無料ですので、友人をお誘いの上、
お越し下さい。特に日本僑報社の著者訳者のみなさん、ご出席のほどよろ
しくお願い申し上げます。詳細案内http://duan.jp/20120713.htm

本日、福田康夫先生からブックフェアへの祝いメッセージを頂きました。
ありがとうございます。早速チャイナネットに取り上げられまして、心
から感謝しています。一人でも多くの方に日本僑報社の書籍を読んでい
ただき、日中友好の歴史を大事にして、両国の関係がよい方向に向かえ
られたら幸いと存じます。
報道http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2012-07/11/content_25875446.htm

昨日、島田晴雄千葉商科大学学長の中国語歌を聴く機会がありました。
わずか半年くらい中国語勉強歴で、夜来香、何日君再来、月亮代表我的
心、一剪梅、我和我的祖国を流暢な中国語で歌って下さいました。とても
感動しました。学長が中国語歌を歌えるのは、全国初めてではないかと
思います。学生はもちろん、小生も大変刺激を受けました。写真報道は
以下の頁です。
http://www.cnsphoto.com.cn/trssearch/ShowLibDetailTrs.asp?RecID=12564824

最後に、8日付の毎日新聞に、最新刊である『必読!今、中国が面白い 
2012-2013』が書評欄に登場されたこと、書評の先生をはじめ、関係者の
皆様に日本湖南人会米から感謝いたします。
本書の詳細http://duan.jp/item/132.html

また本日、一斉送信したとき、ウイルス原因で多くの方が20通も同じメール
が届けられました。本当に失礼しました。お詫びいたします。

段躍中
2012/07/11

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

日本僑報社主催のブックフェア開幕式 13日午後八重洲ブックセンター

毎日新聞に掲載された『必読!今、中国が面白い 2012-2013』書評

日中出版界が東京で初の交流会を開催 チャイナネット報道

東京で第1回中日出版界友好交流会開 新華社配信記事の和訳 中国通信

日中翻訳交流会・第八回日中翻訳学院スクーリングのご案内 7月14日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本僑報社主催のブックフェア開幕式 13日午後八重洲ブックセンター

http://duan.jp/20120713.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎日新聞に掲載された『必読!今、中国が面白い 2012-2013』書評

中国の最新の動きを報道する記事を、日本人の視点から選んだものであ
る。都市、環境、人権、就労、医療、教育など十五のテーマに分けて紹
介されている。

時事報道とは違って、厳選されたのは社会問題についてのコラム。取り
上げられたのは中国国内で注目を集めた問題が多いが、高速鉄道事故の
安全管理のように、海外で報道された問題の後日談もある。また、個人
による監視ビデオカメラの設置や、医者不足なのに、医学部卒業生の半
分が就職できない原因など、中国独特の社会問題も紹介されている。書
き手は記者に限らず、専門家の寄稿もあれば一般市民の投書もある。政
治批判などはむろん期待できないが、市民生活に影響を与える問題を報
道し、責任を追及することができるようなったのは印象的である。内容
は多岐にわたり、中国社会の変化と中国人の日常生活を知る手掛かりに
もなる。

このシリーズは年一冊刊行され、2007年版から数えて六冊目になる。情
報としての価値はもちろん、中国人がどのような問題に関心があり、メ
ディアでいかに報道さているかを知る上でも役に立つ。(競)

而立会訳、三潴正道訳(日本僑報社・2625円)7月8日付の紙面より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京で第1回中日出版界友好交流会開 新華社配信記事の和訳 中国通信

(中国通信=東京)東京6日発新華社電によると、第1回中日出版界友好
交流会が6日、東京で開かれ、中国の出版社19社の代表と数十人の日本
の文化界の著名人、出版社などの代表が出席した。

中国経済出版社、中国建築工業出版社、高等教育出版社など19社の代表
は5日、日本の図書市場の全体的状況を知るため、東京ビックサイトでの
第19回東京国際ブックフェアを見学した。今回の交流会で中国の優れた
出版物をどのようにして日本の市場に進出させるかについて日本側出席者
と熱のこもった話し合いが行われた。日本側の関係者も日本の優れた図書
に中国の読者をどのようにして引き付けるかについて中国側代表と意見を
交換した。

今回の交流会は中日国交正常化40周年を記念して両国出版界の交流と協
力を推進するため、中国環球新聞出版発展有限公司と日本僑報社の共催で
開かれた。日本僑報社の段躍中社長は、今回の友好交流会を通じ、中日双
方が互いに学び合い、参考にし、協力の道を探ることは、今後の両国出版
業の発展にプラスの意義があるとの認識を示した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日中出版界が東京で初の交流会を開催 チャイナネット報道

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2012-07/09/content_25853632.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日中出版界が東京で初の交流会を開催

日本僑報によると、日中国交正常化40周年を記念して、6日、東京・後
楽園のシビックセンターで両国の出版事業の交流を一層推し進めるため、
環球新聞出版発展有限公司と日本僑報社が共催する「第一回日中出版界
友好交流会」が開かれた。会場には、駐日中国大使館、日本の有力出版
社、メディア関係者ら約80人が出席。日本僑報社の段躍中編集長の司会
で、意見交換や議論が行われ、今後の協力に向けて大きな成果を挙げた。

今回の中国出版使節団は、高等教育出版社副編集長の龍傑氏が団長を務
めており、現在、東京・台場で開催中の「東京国際ブックフェア」を視
察、参加するため、来日した。交流会には、日本側から日中交流に縁の
深い作家、石川好氏のほか、上瀧博正・トーハン元社長、白西神一郎・
日中協会理事長、中町英樹・日本書籍出版協会専務理事、小阪裕二・日
中文化交流協会事務局次長、明石健五・週刊読書人編集長らが出席し、
発言。如何に両国の出版事業交流を進めるか、中国出版界がどう日本市
場への参入を図るか、などのテーマで活発な意見交換をした。

訪問団は中国の新聞出版総署の要請で組織されたもので、北京、天津、
上海、江蘇省、貴州省、安徽省、新疆など、19の自治体から39人が
参加。とくに日本の出版関係者と個別に知己得て、協力関係を築くこと
に強い関心を見せた。訪問団には、中国建築工業出版社、高等教育出版
両社の著作権業務の担当者も加わっており、今後の提携事業での権利処
理について具体的に話し合いたいとの姿勢を見せた。

今回の交流会は、ブックフェアに参加した日本の出版関係者の間でも、
大きな関心を呼び、日本書籍出版協会、東京図書販売、日中協会から多
大な支援を得た。

日本側の石川好氏、張景子・日本僑報社長はともに「今回の友好交流会
は、単に初めての本格的な交流機会というにとどまらず、今後、両国出
版界が日中関係の一層の深化に向けて、大きな役割を認識し、ともに力
を合わせ、そして良好な関係の基礎を築くため、価値ある機会だった」
と、高く評価した。

また、中国側出席者からは、中国の出版事業の現状のほか、翻訳をめぐ
る中国側諸事情、日本市場参入への希望が述べられた。これに対し、日
本側の出版関係者からは、日本の書籍の中国での翻訳・出版を進めるこ
とへの期待が述べられ、出版著作権での共通認識を確立することの必要
性を強調した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日中翻訳交流会・第八回日中翻訳学院スクーリングのご案内 7月14日池袋

 日本僑報社・日中翻訳学院主催の武吉塾第八期(通信講座)は、下記
の要領でスクーリングを開きます。皆さん、ふるってご参加ください。

記

と き:7月14日(土)午後2時~4時
ところ:豊島区生活産業プラザ
東京都豊島区東池袋1-20-15 生活産業プラザB1(池袋東口5分)
詳細»http://www.city.toshima.lg.jp/shogaigakushu/shukai/003513.html
主 催:日本僑報社・日中翻訳学院

講 師:
講演:武吉次朗 武吉塾塾長、元摂南大学教授
スピーチ:板垣友子 杏林大学非常勤講師、季刊「中国語ジャーナル」編集部
受講者の体験談(未定)

参加者:武吉塾受講者のほか、どなたでも出席できます。
次 第:
武吉次朗先生の講演(今期訳文添削の実例に即して、翻訳の醍醐味を楽しく
語っていただきます)
板垣友子氏のスピーチ
受講者の体験談
自由懇談

会 費:1000円(茶菓代。当日受付で申し受けます)
申し込み方法:メールで日中翻訳学院事務局(fanyi@duan.jp)宛てに
ご芳名と連絡先をご記入の上、お申し込みください。

以上

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中国人の日本語作文コンクール 過去の受賞作品

第一回『日中友好への提言』http://duan.jp/item/023.html

第二回『壁を取り除きたい』http://duan.jp/item/047.html

第三回『国という枠を越えて』http://duan.jp/item/066.html

第四回『私の知っている日本人』http://duan.jp/item/183.html

第五回『中国への日本人の貢献』http://duan.jp/item/092.html

第六回『メイドインジャパンと中国人の生活』 http://duan.jp/item/107.html

第七回『甦る日本 ! 今こそ示す日本の底力』http://duan.jp/item/122.html

(第二回受賞作品集は朝日新聞書評委員より高い評価を受け、「今年の3点」に掲載)

日本語作文コンクール総合ページ http://duan.jp/jp/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

段躍中新浪微博http://weibo.com/duanjp
NPO法人日中交流支援機構http://weibo.com/jpnpo
日本湖南人会新浪微博http://weibo.com/jphn
日中翻訳学院新浪微博http://weibo.com/jcfanyi
東京漢語角新浪微博http://www.weibo.com/djhyj
日本僑報社新聞中心http://www.weibo.com/qiaobaonews

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついでに読みたい

日本僑報電子週刊

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/20 部数:  1,798部

他のメルマガを読む