まほろば通信

【まほろば通信】3月23日新大阪1dayリトリート「悟りと癒しの交わるところ」

カテゴリー: 2019年03月13日
=============================================================
■   ■ まほろば通信    2019/03/13 vol.213
■■ ■■
■ ■ ■ 
■   ■ http://www.amy.hi-ho.ne.jp/shinsaku/
==============================================================
 「スペースまほろば」は心の癒しとスピリチュアルな目覚めに
        関心のある方をサポートする
     ヒーリングとカウンセリングのスペースです
      ■鳥取/境港 ■電話・スカイプセッション
      http://www.amy.hi-ho.ne.jp/shinsaku/
      http://spacemahoroba.blog134.fc2.com/
==============================================================

■目次

 ・まほろばニュース

 ・ブログ「心の癒しと意識の目覚めのために」より
   自分を助ける (2019/03/12) 
   空間としての私 (2018/10/19)

--------------------------------------------------------------

 皆さん、こんにちは、スペースまほろばの中野です。

 しばらく暖かい日が続いていましたが、今日の境港は冬に逆戻りし
 たような天候で一時は吹雪いていたほどです。今年はもう雪を見る
 ことはないと思っていたので、ちょっと驚きました。
 
 いよいよ平成もあとわずかになりましたね。私の内面で最初の内的
 爆発が起こったのは昭和が終わる直前の1988年12月でした。
 翌年1月、当時の小渕官房長官が「平成」と書かれた額を掲げて新
 年号を発表しているニュース映像を見ながら、私にとっても新しい
 時代が始まったのだな、と感じていたのを思い出します。
 
 そして、今、次の時代が始まるタイミングで、私の2作目の本が出
 版されることになったのには、不思議なシンクロを感じています。
 新時代の始まりとともに私のプロセスも新たな段階に入っていくよ
 うな感じがしているところです。
 
 先日の東京セミナーの2日目は、現在進行中の私の最近の体験や気
 づきを多くお話することができ、参加者の皆さんとの共鳴を深く感
 じることができました。3月23日(土)の新大阪1dayリトリート
 では、この東京2日目の流れをさらに深めていきたいと思っていま
 す。ご縁のある皆さんとお目にかかれることを楽しみにしています。

-----

■癒しと目覚めのお話会 新大阪1dayリトリート
 http://www.amy.hi-ho.ne.jp/shinsaku/workshop/osakaohanasikai.html

  日 時:2019年3月23日(土)
       10時15分〜17時15分
  会 場:新大阪丸ビル本館 511号室
  参加費:25,000円(当日26,000円)
  テーマ:「悟りと癒しの交わるところ」

 3月24〜26日の大阪出張個人セッションは残席1となっています。
 http://www.amy.hi-ho.ne.jp/shinsaku/workshop/osakaprivate.html

-----

■皆生温泉リトリート
 http://www.amy.hi-ho.ne.jp/shinsaku/workshop/kaike.html

  日 時:2019年6月21日(金)13時30分スタート
            〜23日(日)12時解散
  会 場:皆生温泉 東光園
  参加費:83,000円 早割〜80,000円(3月31日まで)

 毎年大変好評の皆生温泉リトリートも今年で5回目になります。本
 物の温泉と「中野温泉」の両方に浸かって、自分と世界の本質を体
 験し深く癒される貴重な機会です。早割の期限が3月末に近づいて
 いますので、参加ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。全体と
 してはまだ余裕ありますが、一人部屋、二人部屋は残室が少なくな
 っています。

-----

■Zoom読書会
 http://www.amy.hi-ho.ne.jp/shinsaku/workshop/zoom.html
 私の本をテキストにした読書会です。
 次回は4月7日(日)20時〜22時です。

-----

お問い合わせ、お申込みは下記までお気軽にどうぞ。
中野真作 090-1229-1248 shinsaku@mahoroba.ne.jp

==============================================================

 次の文章は、
 ブログ「心の癒しと意識の目覚めのために」から転載しています
 http://spacemahoroba.blog134.fc2.com/

--------------------------------------------------------------

■自分を助ける (2019/03/12)
 http://spacemahoroba.blog134.fc2.com/blog-entry-612.html

 3月23日(土)の新大阪1dayリトリートでは日常生活の中で目覚
 めていくための具体的な方法をお話ししようと思って、自分用のレ
 ジメを作っています。その中から少し書いてみます。
 
 
 もともと私=世界、すべてが私なのに、私たちは自分の内面に分離
 を作り、その分離を世界に映し出して苦しみを生み出しています。
 分離はもともと夢なのだと思い出すには、自分の内側の分離を癒し
 ていくことが必要です。自分の一部なのに自分ではないものとして
 切り捨てられてきたものをもう一度取り戻していくのです。
 
 どうすればいいのですか、とよく聞かれます。大切なことは周囲の
 世界をよく見てみることです。あなたの世界の中であなたの注意を
 引く人やもの、よくも悪くも感情を揺り動かされる人やものは、あ
 なたが何を自分から切り離してしまっているかを教えてくれる大切
 な存在なのです。
 
 揺り動かされる感情、それがどんな感情であっても、その感情をあ
 りのまま感じることを許してみて下さい。感じることを許すという
 のは、感情を無意識に表現するのではなく、自分の内側で身体的な
 エネルギーとしてありのまま感じ取るということです。外に向かっ
 て表現するだけでは深い変容は起こりません。
 
 そういう意味で、いやな人、嫌いな人は、自分の内側のまだ光を当
 てる必要がある部分を見せてくれるとても大切な人だと言えます。
 
 
 とはいえ、その気づいていない部分、無意識の領域は、自分でもそ
 んなものがあるなんてまったく気づいていないので「無」意識と呼
 ばれているわけです。意識がまったく届いていないのです。なので、
 自分の中に、その嫌いな人が持っているような部分があるなんて思
 いもしないし、そういうことなのか、と頭で理解しても、それをな
 かなか認められないことがあります。
 
 そんなときに大切なのは、自分の内側の空間、沈黙を意識していく
 ことです。
 
 自分=この心と身体、この感情、この思考だと思い込んだままでは、
 すべてをありのまま認めるということはなかなか難しいです。本当
 の自分はそれらすべて(思考や感情や身体)を包み込んでいる空間
 そのものなのだとわかり始めると、すべてをありのまま認めるとい
 う感覚がわかりやすくなります。
 
 空間はその中にあるものを選り好みせず、そもそもの最初からあり
 のまま認め、愛しているからです。
 
 自分がもともとすべてを包み込んでいる空間そのもの、スペースそ
 のものだとわかってくると、どんな自分もありのまま愛せるように、
 自然となってきます。ありのままの自分でいいのだ、という言葉の
 意味が本当にわかってきます。
 
 自分の一部を自分でないものとして切り離してしまうのは、自己否
 定です。自分で自分を苦しめています。ほとんどの人は無意識のう
 ちに(自分で知らないうちに)自己否定しています。そして、なぜ
 か生きることが苦しい、と感じています。
 
 その状態から抜け出すことができるのです。自分の本当の姿を認め、
 自分のありのままを愛するという感覚が確かにあるのです。
 
 
 先日東京から戻ってから、2日連続でこれまで見たことのなかった
 ような夢を見ました。細かいところは忘れてしまったのですが、誰
 かが私を助けてくれる夢でした。一つの夢では看護婦さんが私を懸
 命に看護してくれていました。やっと本当の意味で自分を助けるこ
 とができるようになったのかな、と思って安心できる夢でした。
 
 誰もが自分を助けることができます。自分の力になることができま
 す。何しろあなた自身が生きる力、存在の力、愛そのものなのです
 から。


--------------------------------------------------------------

■空間としての私 (2018/10/19)
 http://spacemahoroba.blog134.fc2.com/blog-entry-598.html

 この数日ものすごく眠くて、セッションのご予約がないときは寝て
 ばかりいます。昼寝してても夜も7時間ぐっすり眠れたりして、な
 んだか不思議な感じです。最近、心身ともに大きく変化しているよ
 うで、その大きなエネルギーの流れを通せるように身体が調整され
 ているような感じがしています。光が細胞の一つ一つに浸透してい
 くような感覚。身体が透明になっていくような感覚。
 
 
 最近、4年前の腰痛から始まった奥深い感情の解放のプロセスが少
 しずつ静かになっているのを感じています。物理的な身体が調整さ
 れて、癒されていくプロセスはまだまだ始まったばかりのようです
 が、何かが一段落して次に進んだようです。
 
 解放、あるいは浄化が進めば進むほど、個人としての私という感覚
 が緩み、私というものがなんら個人的なものではない、ということ
 が思い出されてきます。
 
 
 この頃「空間としての私」をよく意識します。スピリットとしての
 私、大いなるものとしての私、光としての私と言ってもいいのです
 が、今は空間あるいはスペースと言う言葉が一番ぴったりきます。
 
 自分のことをこの心と身体だけだと思い込んでいると、心と身体に
 は緊張やストレスがどんどん溜まっていきます。でも、本当は私と
 言うのはこの心と身体を包み込んでいる無限の空間なのだというこ
 とがわかってくると、その緊張やストレスが自然と解放されていき
 ます。この空間が緊張やストレスを優しく受け止めてくれる癒しの
 スペースになるのです。
 
 自分が自分自身を癒していけるという事は素晴らしいことです。本
 当は誰かに癒してもらう必要は無いのです。すべての人が自分を癒
 す力を持っています。自分がもともとはスペースそのものであるこ
 とを思い出せばいいのです。
 
 そのために必要なことは、何か神秘的なことや、超常現象のような
 オカルト的なことではありません。ただ、自分の感覚、感情に正直
 にいること。私の本の中でも何度も強調していますが、根本的な正
 直さだけなのです。
 
 ほとんどの人が自分の本当の気持ちを無視しています。そのことに
 自分でも気づいていないので、何かがうまくいかないとき、何が問
 題なのかがわからず、見当違いのことばかりやってしまうのです。
 
 必要なことは、各自が自分自身に正直になって自分を癒すことだけ
 だとわかれば、世界は大きく変わっていくのかもしれません。
 
 自分に正直になればなるほど、自分はいないとわかり、そのとき初
 めて本当の自分の人生が始まる。言葉で表現すると矛盾しているよ
 うですが、そんな感覚を感じています。


==============================================================

■今回のメールマガジンはいかがでしたか?
 よろしければ、下記の該当するURLをクリックして下さい。

・役に立った
 http://clap.mag2.com/runoudelud?1903130001

・興味深い
 http://clap.mag2.com/runoudelud?1903130002

・少しものたりない
 http://clap.mag2.com/runoudelud?1903130003

・なんだかよくわからない
 http://clap.mag2.com/runoudelud?1903130004

 ※クリックした後に投稿フォームが表示されます。記入して下され
  ば中野宛に送信されます。記入されない場合は、そのままウイン
  ドウを閉じて下さって結構です。

==============================================================
「まほろば通信」のバックナンバーはこちらでご覧になれます。
http://archive.mag2.com/0000004831/index.html
==============================================================
■このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
 利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
==============================================================
「まほろば通信」2019/03/13 vol.213
◆発行 スペースまほろば  http://www.amy.hi-ho.ne.jp/shinsaku/
  684-0043 鳥取県境港市竹内町254番地 TEL&FAX 0859-45-2829 
◆発行責任者 中野真作  090-1229-1248 shinsaku@mahoroba.ne.jp
◆「まほろば通信」の登録・解除はこちら
   http://www.amy.hi-ho.ne.jp/shinsaku/mag/index.html
==============================================================

ついでに読みたい

まほろば通信

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/13 部数:  551部

他のメルマガを読む