異業種人交流会eXe News Letter

[eXe/名古屋【月刊】10月号(10/3)]

========================================================================
■■◆◆■■【eXe NewsLetter】                     Vol.405☆2009/09/28版
■★ ◆ ■★ http://www.exe-nagoya.net/  発行:eXe事務局広報プロジェクト
■■◆◆■■    〒461-0003 名古屋市東区筒井3-26-10 リムファーストビル8-A
========================================================================

 皆様、こんにちは。

 毎月定例の【月刊】勉強会ですが、10月は第一土曜日の3日(土)夜に開催
 します。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。


 ■ 【月刊】10月号《ニュースを通じて世間様に迫る勉強会》 ■

---------------------------------------------------------------------
■日時  :10月3日(土)・19:00~21:30頃

■場所  :eXe
      http://www.exe-nagoya.net/ 地下鉄桜通線 車道駅下車1分

■概要  :主に先月の経済ニュースをあれこれ振り返って世間様を学ぶ。
      座談会みたいな感じの、とても『あっとほーむな勉強会』です。

■幹事  :YY( pba02263@nifty.ne.jp )
      YASUBEE ( yasubee@infonia.ne.jp )

■費用  :exe非会員の方は会場使用料として500円。
      飲食物は用意しませんが持ち込みは大歓迎です!!

■参加資格:社会人として常識的な礼儀や仁義を心得ていること。
      オフ会・勉強会初めての方、大歓迎します。
      「とりあえず見学」でも大丈夫。

 ★当日は以下の部分をプリントアウトして、興味のある記事にマーキング
  して持ってきてください。

  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -

F1日本GP、2010年は鈴鹿で開催
----------------------------------------------------------------------
 鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)は23日、F1の興行を統括するフォーミュラ・
ワン・アドミニストレーション(FOA)との間で10年の日本グランプリ(GP)開
催契約を締結したと発表した。10年の同GPは富士スピードウェイ(静岡県小山
町)が経済的な理由で返上し、宙に浮いていた。今回の契約で87年から継続し
てきた日本GPは、鈴鹿がすでに契約している11年まで続くことになった。

 F1日本GPは70年代に2度、富士で開催された後、中断。87年に鈴鹿で再開され
た。以来06年まで鈴鹿で行われ、07、08年は富士、その後は1年ごとに鈴鹿、富
士で交互に開催される予定だった。しかし昨年の経済不況で親会社のトヨタ自
動車の業績が悪化したため、富士が10年の開催をあきらめていた。

 鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの大島裕志社長は「過去20年に
わたり、日本GPを開催し、F1の普及に努めてきた。日本GPの歴史が途切れるこ
とを回避するのが当面の役割と認識し、開催を決定しました」とのコメントを
発表した。

 F1GPは世界各地を転戦して行われ、「1カ国1開催」を原則とし、今年は17戦
が予定されている。


電子マネー、決済額1兆円突破へ
----------------------------------------------------------------------
 電子マネーとして使用するカードの発行枚数が、8月末で日本の人口を超える
約1億4000万枚に達したことが21日、発行各社の集計で分かった。1年前と比べ
2割増え、消費者の6割が保有。2009年度の決済額は1兆円を超える見通しで「第
2の通貨」として普及が加速してきた。

 電車、バスの乗車などで小銭がいらない便利さや、ポイントが付くなどのメ
リットが消費者に浸透。顧客の囲い込み策として流通大手が参入し、利用店舗
が急増したことも後押しした。

 6月には利用者保護策などを盛り込んだ「資金決済法」が国会で成立し、来
年からインターネットによる電子マネー口座間の送金も可能になる。決済手段
としての存在感が増す中、偽造や悪用を防ぐ対策づくりも重要になりそうだ。

 各社によると、トップのEdy(エディ)は8月末で2割増の5140万枚。流通系の
WAON(ワオン)は1090万枚、nanaco(ナナコ)は890万枚。交通系もSuica(ス
イカ)の2961万枚を筆頭に増加した。他にも日銀の推計では、クレジットカー
ドと一体の電子マネーが計約1500万枚あるとされる。

 野村総合研究所が6月に都市部で実施したアンケートでは、18歳以上の人の
6割強が保有、首都圏では8割に達した。1回の平均利用額は約900円、月間で約
6000円と、それぞれ前年の調査より1~2割増加。中でも主婦など女性やシニア
層の利用が増えているという。

 業界の課題は、端末の設置費用がかさみ事業の収益性がまだ低いこと。各社
は経済産業省との官民研究会を今月立ち上げ、端末を共通化してコストを下げ
る方策などの検討を始めた。


アイフルの私的整理受理 正社員半減、280店舗削減へ
----------------------------------------------------------------------
 消費者金融大手のアイフルは24日、私的整理の一種である「事業再生ADR」
(裁判外紛争解決)を事業再生実務家協会に申請し、受理されたと発表した。
これに合わせ、同社は事業再生計画案として希望退職者をグループ内で約2000
人募集するほか、店舗削減などのリストラ策を公表した。

 希望退職者の募集は、アイフルで約1300人、傘下の消費者金融ライフで約
700人。両社の正社員数は8月末時点で約4100人で、リストラにより人員を半減
させることになる。

 店舗は、アイフルの無人店舗を187店閉鎖するなど、グループで計約280店を
閉め、業容を大幅圧縮する。これらリストラ策で、約150億円の事業費削減を
見込む。

 また、事業再生ADRの受理により、住友信託銀行やあおぞら銀行などの金融
機関に対し借入金約3000億円の残高維持を求めるほか、返済期限の延長を要請
する。

 同社は、顧客への影響はないとしている。

 さらに、同社は同日、2010年3月期の連結業績予想を下方修正した。純損益
は当初予想の81億円の黒字から、3110億円の赤字に転落する見込み。


旧カネボウ、「ビゲン」のホーユーが完全子会社に
----------------------------------------------------------------------
 旧カネボウの事業の一部を引き継いだ日用品大手クラシエホールディングス
が、ヘアカラー最大手ホーユーの子会社になる。投資ファンド3社からクラシエ
の株式の6割を30日に取得することで合意した。04年に産業再生機構の支援で
着手した旧カネボウの再建に一区切りがつく。

 ホーユーとクラシエが24日に発表した。ホーユーはアドバンテッジパートナ
ーズ、MKSパートナーズ、ユニゾン・キャピタルの3社から株を買う。取得額は
公表していない。株式の残り4割も3年以内に3社から買い、完全子会社化する方
針。ボディーソープ「ナイーブ」などのブランドはそのまま残す考えだ。

 ホーユーは名古屋に本社があり、白髪染めの「ビゲン」ブランドなどを持つ。
売上高の8割以上をヘアカラーが占め、国内シェアは約4割ある。だが、若者向
けの毛染め剤の市場は少子化の影響で縮小傾向。国外の拠点を約70カ国・地域
に持つものの海外売上高比率は1割にとどまり、新しい収益源を求めていた。

 クラシエは、旧カネボウから日用品、食品、医薬品の3事業を継承。「ナイー
ブ」のほかミント菓子「フリスク」や漢方薬などを扱う。ホーユーとは重複が
少なく、海外でのクラシエ商品の販売拡大が見込めるため「(買収は)両社の
発展に大きく寄与できる」(ホーユーの水野新平社長)と判断したという。

 旧カネボウは05年に繊維事業を繊維メーカーのセーレンに、06年には化粧品
事業を花王、日用品など3事業を3ファンド連合に売却。ファンド連合はクラシ
エの経営を軌道に乗せながら、売却先を探していた。 


ウィルコム、私的整理発表 1千億円の返済延期要請
----------------------------------------------------------------------
 PHS大手のウィルコムは24日、私的整理の手法の一つ「事業再生ADR」を活用
した経営再建を目指すと発表した。取引銀行に対し、約1千億円の債務の元本の
残高維持と返済延期を求める。今のところ債務の免除や株式化の要請は想定し
ていないという。

 第三者機関の「事業再生実務家協会」に同日手続きを申請し、受理された。
約450万人の加入者がいるPHS事業はこれまで通り続ける。今後は第三者機関や
取引銀行と、店舗や人員削減などのリストラ策を盛り込んだ再建計画をまとめ
ることになる。

 事業再生ADRの申請は、10月から本格展開する高速の次世代PHSサービスに必
要な資金の確保が目的。事業を続けながら財務体質を抜本改善を目指す。


日航再建へ専門家チーム発足 計画抜本的見直しへ
----------------------------------------------------------------------
 前原誠司国土交通相は25日午前、日本航空の経営再建を指導する専門家チー
ムを発足させた。日航がこれまでまとめた再建計画を、再建チーム主導で根本
的に見直させる。10月末ごろまでに計画案の骨子をまとめ、11月末ごろに確定
する見通しだ。

 この日発足したのは「JAL再生タスクフォース」。前原国交相は同日の閣議
後の記者会見で「日航の計画には過去のしがらみがある。しがらみのない専門
家に根本的に白地からまとめてもらう」と狙いを語った。

 訪米中の鳩山首相も同日、同行記者団との懇談で「(日航の)再建計画が現
実的なものかどうかも含め、徹底的に新政権なりの目で見る必要がある」と述
べた。

 チームのメンバーは元産業再生機構産業再生委員長の高木新二郎氏、元産業
再生機構専務の冨山和彦氏ら、事業再生の専門家5人で、4人がカネボウ再建な
どを手がけた旧産業再生機構にかかわっていた。

 同日午前には初会合を開催し、「日航の自主的な再建を確実に実現すること
を目的に、抜本的な再生計画の策定と実行を主導する」という方針を確認した。

 高木氏は会合後の会見で、日航の計画を根本的に見直すことに加え、経営陣
刷新の可能性にも言及した。ただ、民事再生法の適用申請など法的整理は「な
しでやれると考えている」と述べた。

 チームは同日中に日航本社に移り、再建計画の策定作業に着手した。若手・
中堅社員を中心に約1カ月で再建計画をまとめる。ただ、債務の調整や経営体
制の一新などが滞った場合は、政府内で検討されている企業再生支援機構の活
用に踏み切り、公的資金注入の代わりに抜本改革に乗り出すことになりそうだ。


日航再建、空港特別会計見直し 前原国交相
----------------------------------------------------------------------
 前原誠司国土交通相は27日の民放テレビ番組で、日本航空の経営再建問題に
関連して「特別会計で採算が合わない空港をつくり続け、日航などに『飛ばせ』
と政治家や役所が押しつけてきたことが経営悪化の要因となっている」と述べ、
空港整備にかかわる国の特別会計の制度を見直す考えを明らかにした。

 国内空港の大半は、航空会社が支払う空港使用料や着陸料などが財源の社会
資本整備事業特別会計空港整備勘定(旧空港整備特別会計)で整備、維持され
ている。北海道弟子屈(てしかが)町の弟子屈飛行場が24日に廃止されたもの
の、国内には現在、97の空港があり、来年3月には茨城空港が開港する予定とな
っている。

 前原国交相は番組終了後、記者団に対し、「(日航は)空港を使えば、高い
使用料や着陸料を支払わされ、それが空港整備特会に入り、それでまた、採算
の合わない空港整備に使われるという悪循環となっている。この仕組みを見直
したい」と述べた。

 日航にとっては採算の合わない路線を維持せざるを得ない現状が経営の重荷
になっているとの認識で、前原国交相は、日航の経営再建と特別会計の見直し
を並行して進める方針を示した。また、前原国交相は「高速道路は最後は国が
完成した路線を買い、整備新幹線も国が補助しているが空の交通にはない」と
も述べ、航空業界への支援策を検討することも明らかにした。


セブン「長持ち弁当」販売へ 廃棄1割減めざす
----------------------------------------------------------------------
 コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンは、売れ残りの
食品廃棄を減らすため、店頭での販売期間がこれまでより1.5~6倍長い弁当や
総菜を10月中旬から順次、首都圏の店で販売する。来春には全国に広げ、食品
廃棄量の1割減をめざす。

 主力商品は、5度以下で冷蔵保管し、レンジで温めて販売する「チルド弁当」。
20度前後で売る従来の弁当の販売期間は製造から15時間だが、チルド弁当は61
~85時間。冷蔵状態を維持することで期限を延ばした。

 冷やしてもごはんが硬くならないように炊き方を工夫し、味も従来の弁当と
変わらないという。「五目中華丼」や「つゆだく牛丼」などで、税込み価格は
400円程度になる見込み。

 このほか、容器の中の空気を抜くことで従来の2倍に保存性を高めた煮込みハ
ンバーグなどの「スチームパック総菜」(400円程度)や、枝豆などの「エコパ
ック総菜」(150円前後)も売り出す。

 セブン―イレブン本部はこれまで、店頭で品切れを起こさないように、加盟
店に多めの注文を促していた。だが、商品の販売期限が延びれば加盟店側も需
要予測を立てやすくなる。注文回数が減れば配送コストを下げられる利点もあ
るという。本部によると、1店あたりの1日の食品廃棄量は約11キロ。従来タイ
プの弁当や総菜に加えて、販売期間の長い商品の取り扱いを増やすことで、10
キロ以下に抑えたい考えだ。

 セブン―イレブンは6月、販売期限が迫った弁当などの値引きをしないよう
加盟店に強制していたとして、独占禁止法違反で公正取引委員会から排除措置
命令を受けた。これを受け、本部は廃棄商品の原価の一部負担のほか、商品開
発の見直しも進めていた。


クロマグロ商取引禁止提案を否決 EU、漁業国が反対
----------------------------------------------------------------------
 欧州連合(EU)の欧州委員会は21日、大西洋産のクロマグロ(本マグロ)の
商取引を禁止するよう求めた提案がEU加盟27カ国の会合で否決されたと発表し
た。AFP通信によると、イタリアやスペインなどの漁業国が反対した。

 欧州委の提案は、減少が指摘される大西洋産クロマグロをワシントン条約の
絶滅危惧(きぐ)種として扱う内容。最終的な結論は10年3月の同条約締約国
会議で決まる。今回の否決に対し、欧州委は声明で加盟国に再考を求めた。


デジタル写真立て、多機能化 電話・テレビと一体化も
----------------------------------------------------------------------
 デジタルカメラで撮った写真を手軽に見られるデジタルフォトフレームの高
機能化が進んでいる。敬老の日やクリスマスに向けて、動画を見られるように
したり、通信機能を高めたりした新商品が相次いで投入されている。

 三洋電機が10月8日に売り出す「ALBO」の新商品は写真だけでなく、動画が
再生できる。携帯電話のカメラで撮った写真も、赤外線通信で簡単に転送でき
る。丸みを帯びたデザインで、色はピンクや茶色も用意。7型画面に500メガバ
イトのメモリーを内蔵し、市場想定価格は1万5千円前後だ。

 デジタルフォトフレームは、印刷する手間が省け、複数の写真をスライドシ
ョーのように楽しめる。欧米で人気が先行し、昨年5月、ソニーが本格的に販
売を始めて国内市場にも火がついた。三洋の予想では、09年の国内市場は昨年
の倍の60万台に伸びる。

 ソニーが4月に売り出した高級機種「DPF―X1000」(市場想定価格4万円前後)
は、液晶パネルとガラスの間に樹脂を挟み、従来の15倍のコントラストで画質
を高めた。年末には、デザイン性を高めた新機種も投入予定だ。NTTドコモやソ
フトバンクは、携帯で撮った写真をメールで直接受信して映し出す商品を出し
ている。

 他の家電と融合する商品もある。パナソニックは8月、最大4万枚の写真を記
録できる携帯型ワンセグテレビ機種を発売。テレビを見ない時に写真を映す。
シャープも今月25日、写真を映し出す画面が、発着信時にタッチパネルになる
電話機を発売する。


ユニクロシューズ発売 柳井氏「日本の靴産業変えたい」
----------------------------------------------------------------------
 ファーストリテイリングは16日から、新しい靴ブランド「ユニクロシューズ」
の販売を始めた。全国のユニクロやジーユーの約240店で扱う。ブーツ、スニー
カーなど男性、女性用計8種類で、値段は1990~4990円。

 初年度の販売目標は40億円。会見した柳井正会長兼社長は「服と同じように
安くてよいものをつくり、日本の靴産業を変えたい」と語った。

 ファーストリテイリングは買収した子会社で靴事業を手がけていたが、販売
不振で約200店を閉店する方針を明らかにしている。柳井氏は、「商品から店
舗運営のやり方すべてを変える必要があった」と総括。今後は、企画、製造、
販売までを一貫して自社で手がける「製造小売り」で事業拡大を目指すという。 

========================================================================
●その他のeXe利用予定及び関係分(9/28現在判明分)

  10月 3日(土) 19:00~21:30【月刊】10月号
      18日(日) 15:00~17:00「ういろMUG」

- = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - =
※編集者のひと言

 前号でもお知らせしましたが、「ぶたまる」(豚の丸焼きオフ)が10月11日(日)
 に天白公園デイキャンプ場で開催されます
 平成19年から、いさむ・ポークさん主催になりましたが、今年で13年目です。
 豚1頭を丸焼きするバーベキューイベント。
 老若男女おいしいものを食べて飲んで見知らぬ人との交流もあり友達の輪が
 広がる楽しいイベントです。
 ご家族・友達お誘いの上奮ってご参加ください。 。
 ( http://www.butamaru.com/ )

========================================================================
★eXeでは随時、会員を募集しています。

 eXeの場所は、会員の会費で維持・運営されています。

 イベントへの参加は、会員になる必要はありませんが、会員は独自のイベント
を主催出来ますし、残業などで遅くなった時には宿泊利用も可能です。

 詳しくは、メールにてお問い合わせ頂くか、ホームページの「eXeについて」の
中の入会方法お知らせコーナーをご覧下さい。

 なお、特典は余りありませんが賛助会員も募集しております。
 イベントの際の会員外負担が不要という程度ですが、遠隔地の方や、多忙でな
かなか参加できない方にご参加頂いています。よろしくお願いいたします。

========================================================================
☆このメルマガは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行して
 います。登録や解除、受け取りアドレス変更などは、以下で行ってください。

 『まぐまぐ』http://www.mag2.com/m/0000001625.htm
========================================================================
□eXeへのご質問やお問い合わせは、電子メールまたは FAXでお願いします。
  ・E-Mail問い合わせ先: exe-talk@egroups.co.jp
    ・FAX:052-751-8016(高木康光宛)
========================================================================

異業種人交流会eXe News Letter

発行周期: 月4回 最新号:  2019/03/12 部数:  251部

ついでに読みたい

異業種人交流会eXe News Letter

発行周期:  月4回 最新号:  2019/03/12 部数:  251部

他のメルマガを読む