異業種人交流会eXe News Letter

[eXe/名古屋【月刊】(11/5)]

========================================================================
■■◆◆■■【eXe NewsLetter】                     Vol.305☆2005/10/31版
■★ ◆ ■★ http://www.exe-j.net/        発行:eXe事務局広報プロジェクト
■■◆◆■■    〒461-0003 名古屋市東区筒井3-26-10 リムファーストビル8-A
========================================================================

  皆様、こんにちは! eXe広報担当のYASUBEEです。
  このメルマガ読んで頂きありがとうございます。m(_ _)m

  さて、毎月恒例の【月刊】のお知らせです。
  どうぞお気軽にご参加下さい。

 = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

   ■ 【月刊】11月号《ニュースを通じて世間様に迫る勉強会》 ■

 ---------------------------------------------------------------------
 ■題名  :【月刊】11月号《ニュースを通じて世間様に迫る勉強会》
 ■日時  :11月5日(土)・19:00〜21:30
 ■場所  :eXe
       http://www.exe-j.net 地下鉄桜通線 車道駅下車1分

 ■概要  :主に先月の経済ニュースをあれこれ振り返って世間様を学ぶ。
       座談会みたいな感じの、とても『あっとほーむな勉強会』です。

 ■幹事  :YY( pba02263@nifty.ne.jp )
       YASUBEE ( yasubee@infonia.ne.jp )

 ■費用  :exe非会員の方は会場使用料として500円。
       さらに、当日の飲食物の費用は実費頭割りです。
       ただし、持ち込みは大歓迎です!!

 ■参加資格:社会人として常識的な礼儀や仁義を心得ていること。
       オフ会・勉強会初めての方、大歓迎します。
       「とりあえず見学」でも大丈夫。

 ■参加方法:飛び入り参加も歓迎ですが、事前に幹事宛または
       eXe問い合わせ先( exe-talk@egroups.co.jp) にメールにて
       ご連絡下さい。

-----------------------------------------------------------------------

 ★当日は以下の部分をプリントアウトして、興味のある記事にマーキングして
  持ってきてください。

  また、皆さんの上半期3大ニュースをご用意下さい。

   -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -

万博エコ食器でCO2削減、720トン 杉10万本分
----------------------------------------------------------------------
 微生物によって分解される生分解性プラスチックでできた食器やごみ袋を導
入した愛知万博で、財団法人バイオインダストリー協会(東京都中央区)は、
使用後にごみとして燃やさず堆肥(たいひ)化したことなどによって約720ト
ンの二酸化炭素(CO2)排出を削減できた、との試算をまとめた。樹齢50年の
スギ約10万本(約100ヘクタール)が、開催期間にほぼ相当する半年間で吸収
する量に匹敵するという。

 万博期間中、会場内の飲食店では、トウモロコシなどを原料とする生分解性
のコップや皿などの食器約2,000万個を使用。ごみの回収にも生分解性のごみ
袋約55万袋を使った。

 試算では、通常のプラスチックで食器とごみ袋を製造し、生ゴミとともに焼
却した場合のCO2排出量は約1,450トン。一方、生分解性の食器などは使用後に
焼却せず、製造過程で使うエネルギーも少なかったことなどから、使い捨て食
器で300トン、繰り返し使うリターナブル食器で81トン、ごみ袋で165トン、生
ごみで173トンの計719トンのCO2排出を削減できたという。


株主、どっちを支持? TBSと楽天の攻防本格化
----------------------------------------------------------------------
 経営統合を提案した楽天とTBSの攻防は、どちらがより多くのTBS株を押さえ
て株主の支持を集められるか、が焦点になってきた。楽天が19%超まで買い増
したのに対し、取引先や系列局などに協力を求めてきたTBS側からは「安定株
主は過半数を超えた」との見方も出ている。

 楽天が株式公開買い付け(TOB)に打って出れば、大幅に買い増す余地はあ
るのか。外国人投資家が保有する「失念株」の存在も注目される。

 楽天や村上世彰氏が率いる「村上ファンド」に株を買い集められたTBSだが、
これまでただ手をこまぬいていたわけではない。

 TBSは、取引先や全国の系列放送局などにTBS株の保有継続や買い増しを何度
も要請。電通や三井物産などの大株主とも業務提携の交渉を進め、長期保有し
てくれる安定株主づくりを積極化させてきた。

 全体の4割程度だった安定株主の割合は「ここにきて過半数に届いた」(幹
部)と手応えを感じている。

 だが、不透明な要因は残っている。TBS株が買収されやすい要因の一つとみ
られていた、外国人投資家が保有する不安定な「失念株」の存在だ。今年3月
末には全体の15%程度もあり、名義書き換えができないのを嫌った外国人投資
家が株を手放せば、買収の引き金になると指摘されてきた。

 社長を含めて取締役の選任には、株主総会に出席した株主の過半数(議決権
ベース)の賛成が必要だが、総会への実際の出席率は多くても8割程度が普通
とされる。その過半数を確保できれば、楽天側が経営権を握って、統合実現に
向けて大きく前進するからだ。TBSが安定株主とみる取引先でも、楽天の提案
にすべて反対かは不明だ。

 村上ファンドが現在TBS株をどれだけ保有しているかは不明だが、9月末現在
での保有分7.45%と楽天の19%超を合わせると、全体の4分の1を超える。楽
天がどこまで積み増すことができるかが、今後の攻防のカギを握りそうだ。


NTTグループ、IP網一体化へ 独占回帰と他社反発も
----------------------------------------------------------------------
 NTTは、次世代通信の主役になると予想される「IP(インターネット・プロ
トコル)通信」のネットワークを、グループ一体で整備する方針を固めた。

 11月上旬にも発表する中期経営戦略の工程表に盛り込み、現在は地域通信、
長距離通信、携帯電話など複数会社に分かれた通信基盤の一体化に向けて動き
出す見通しだ。民営化で分割されたグループ各社が再統合に向かう「再々編」
論議の契機になるのは確実で、競合他社が反発を強める可能性もある。

 NTTによる現在のIP通信網は、基本的に県単位でつくられて相互に接続され
ている。NTT東日本と西日本がもともと、各県内の固定通信を担うことになっ
ていたためだ。新通信網は設備は光ファイバー回線が使われ、最終的には従来
の地域分けにこだわらず網の目のようにつながれる見通し。全面移行の時期は
未定だが、技術の確立に10年程度はかかるとの見方がある。

 NTTはすでに無線LANなどで一体化を進めており、「独占回帰だ」(KDDI)と
の批判も出ている。通信基盤の一体化で競争が阻害されれば、消費者の利便を
損なうことにもなりかねず、総務省内には、技術進歩に沿った新たな規制のあ
り方を模索する動きもある。


郵政公社、日中両国に合弁会社 オランダTNTと提携策
----------------------------------------------------------------------
 2006年春から国際物流事業に参入する日本郵政公社は、オランダ物流大手の
TNTポスト・グループ(TPG)との提携の具体策として、アジアで国際エクスプ
レス便(国際急送便)事業を手がける合弁会社を、日本とアジアにそれぞれ設
立する方針を固めた。

 アジアの合弁会社は中国に本社を置く見通し。新サービスは主に企業向けで
双方の社名などを入れた共通ブランドをつける。郵政公社としては、合弁会社
をアジア市場進出の足がかりとしたい考えだ。

 合弁会社は、日本やアジアで書類や機械部品などの荷物を集めるほか、空港
への輸送、航空便の手配、現地での配送などを担う。日本国内の荷物の集荷や
空港への輸送は郵政公社に委託する。郵政公社と全日本空輸が共同出資で設立
する航空貨物会社にも、荷物の輸送を委託する。

 合弁2社の出資比率は、日本につくる会社は郵政公社が7割程度、TNTが3割程
度で検討しており、「日本郵政公社(ジャパンポスト)ブランド」を前面に出
す。一方、アジアの合弁会社はTNT側が過半を出資する方向で協議しており、
すでにアジアに物流網を持つTNTのブランドをアピールしたい考えだ。出資比
率は合弁2社を合わせると1対1になるよう最終調整している。


電力10社、ガス4社が値上げ 8社の上げ幅最高
----------------------------------------------------------------------
 電力10社と都市ガス大手4社は28日、06年1〜3月分の電気・ガス料金を発表
した。原油や天然ガス価格高騰で、全社が前期(05年10〜12月)より値上げと
なった。東京と中部、関西、九州の電力4社とガス4社の上げ幅は、燃料などの
変動を3カ月ごとに料金に反映する調整制度が96年にできて以来、最大だ。

 7〜9月の燃料の調達価格などを基準に算定。円建て原油価格は1キロリット
ルあたり3万9100円と前期より約17%上昇。
 液化天然ガスも1トンあたり3万5787円と同約13%上がった。


「消費税増税は06年末決定を目指す」 谷垣財務相会見
----------------------------------------------------------------------
 谷垣財務相は25日の閣議後の記者会見で、消費税率の引き上げについて、06
年末の与党税制改正大綱での決定と、07年の通常国会への法案提出を目指すべ
きだとの考えを示した。自民党の財政改革研究会(座長・柳沢伯夫政調会長代
理)が提言した消費税の「社会保障目的税化」については、「一般論として特
定財源化は歓迎しない」としながらも、「納税者の理解を得るのに意味あるこ
とだ」と一定の理解を示した。

 政府は来年6月にも、消費税増税を含む「歳出・歳入一体改革」の選択肢を
示す予定だが、同年9月までが任期の小泉首相は「在任中は消費税を上げない」
と明言している。谷垣氏の発言は、「ポスト小泉」政権はすみやかに消費税率
引き上げを決めるべきだ、との考えを示したものだ。

 ただ、引き上げ後の消費税率の見通しを、自民党幹部が10%台としている点
に関しては、谷垣氏は「まず(歳出削減の)政策努力の方向を示さないといけ
ない」と述べるにとどめた。


石原産業を来週にも告発 フェロシルトで三重県
----------------------------------------------------------------------
 東海3県で六価クロム汚染などを引き起こした土壌埋め戻し材「フェロシル
ト」をめぐる問題で、三重県などは29日、廃棄物処理法違反の疑いで、製造元
の化学メーカー「石原産業」(本社大阪市)の関係者らを刑事告発する方針を
固めた。来月4日に行われる同社の田村藤夫社長らに対する同県議会の参考人
招致を見極めたうえ、来週にも最終調整に入るとみられる。

 同県などは、石原産業が販売価格を上回る運搬費を「用途開発費」などとし
て中間業者に支払っていたことから「フェロシルトを産廃として認識していた
疑いがある」と判断。実質上の産廃にあたるフェロシルトを産廃の収集運搬や
処分の許可を持たない業者に処理を委託する廃棄物処理法の委託基準違反にあ
たる可能性が高いとみている。

 週明けに環境省と協議を行い、フェロシルトを産廃と認定したうえで、翌週
にも刑事告発に踏み切る方針。

 これまでの調べで、同社はフェロシルト製造の際、2002年1月から廃液を不
正混入。さらに、サンプル分析の結果、不正混入前の本来の製造方法で六価ク
ロムが生じていた可能性が高いことも判明した。

 三重県をはじめ、愛知、岐阜県は刑事告発の前に撤去命令を出すことを検討
していた。しかし、同社の報告では、搬出されたフェロシルトの全量や搬出先
が確定せず、早急に撤去命令を出すのは困難な状況にあるため、強制捜査で詳
しい資料などの押収を期待し、刑事告発を急ぐことにした。


マクドナルド商品に栄養価表示 業界初、06年から
----------------------------------------------------------------------
 ファストフードのマクドナルドは25日、南北米大陸、欧州、アジアの店舗で
06年前半から商品の栄養価を包装に印刷すると発表した。2月に冬季五輪が開
かれるイタリア・トリノの店舗を皮切りに、同年末までに世界3万軒のうち2万
軒に広める。商品に栄養価を表示するのはファストフード界で初めてだという。

 表示はカロリー、たんぱく質、脂肪、炭水化物、ナトリウムの5項目。1日あ
たりの必要摂取量に対する比率がわかるようにする。消費者から寄せられた声
をもとに各地の店舗で試験的に導入し、世界展開を決めた。

 ただ、一部の商品は違う種類でも同じ包みを使うため栄養価を表示できない。
そうした商品には、同社のウェブサイトを閲覧するよう促すメッセージを印刷
する。

 同社のサイトによると、米国のビッグマックのエネルギー量は560キロカロ
リー、日本では508キロカロリーとなっている。


日本の即席ラーメン「マルちゃん」 メキシコで国家的人気
----------------------------------------------------------------------
 日本の即席ラーメン「マルちゃん」がメキシコで国家的規模の人気食品にな
り、メキシコの伝統料理が危機にひんしている−。こんな記事を21日付の米ロ
サンゼルス・タイムズ紙が一面で紹介した。メキシコでは「マルちゃん」とい
う単語が「簡単にできる」「すぐできる」という意味で使われるという。

 記事は「メキシコで昨年約10億食の即席ラーメンが売れた。1999年の約3倍
で、うち『マルちゃん』は85%の市場占有率を誇る」と説明。人気の秘密を
「メキシコの全労働者の約6割は平均日給が13ドル(約1,400円)以下。しかし
『マルちゃん』は約40セント(約50円)と手ごろで、簡単に作れ、冷凍の必要
もない」と分析している。

 一方、「『マルちゃん』は豆や米を使うメキシコの伝統料理に取って代わる
勢いだ。われわれはメキシコの食文化を守らねばならない」(メキシコ文化芸
術審議会のメンバー)という危機感に満ちた発言や肥満、糖尿病などを懸念す
る栄養士らの声も紹介している。


たばこ自販機、ICカードで成人識別 全面切り替えへ
----------------------------------------------------------------------
 未成年者による喫煙の温床と批判されているたばこの自動販売機について、
日本たばこ協会など業界3団体は27日、全国62万台(04年12月現在)すべてを
08年末までに大人だけに発行されるカードがないと購入できない機種に置き換
えると発表した。自販機によるたばこ販売は国内市場の5割を占めるが、未成
年者の喫煙対策に業界として乗り出す。

 新しい自販機は、20歳以上の人だけに発行されるICチップ入りの非接触型カ
ードを自販機にかざさないと、たばこが買えない仕組みになっている。来年度
から地域ごとに自販機の交換とカードの発行を進め、段階的に全国に広める。

 カードは1人1枚の発行で、日本たばこ協会に郵送で申し込み、無料で発行す
る方法になる見通し。コンビニエンスストアやたばこ屋などの店頭での申し込
み受け付けも検討する。

 申し込みには、パスポートや免許証など生年月日と本人確認ができる書類の
コピーと、本人の顔写真が必要になる予定だ。他人に貸与しにくくするため、
顔写真が印刷される。カードにはプリペイド方式の電子マネー機能もつく。

 厚生労働省によると、喫煙経験のある高校3年男子の75.7%(00年度)が自
販機でたばこを買っていた。未成年のたばこ購入の多くが自販機によるのが実
態で、早急な対応が求められていた。

 新機種への切り替えやデータ管理システムなどの初期投資に800億〜900億円
かかる見込み。同協会と全国たばこ販売協同組合連合会、日本自動販売機工業
会の3団体で分担する。 


ひったくり危険都市名古屋 10月256件
----------------------------------------------------------------------
 愛知県内で今年7月以降、ひったくりが急増している。県警によると、27日
現在の件数は、昨年同期を211件上回る2,809件だった。とくに名古屋市内での
犯行が目立ち、今月の被害は県内全体の約8割を占めるという“非常事態”の
状態が続いている。

 被害者の94%が女性で、特に50歳以上が4割以上。地下鉄駅付近や、人通り
の少ない路地などで多発し、犯行の時間帯は午後8〜10時が22%、同6〜8時が
20%になるなど、夕方から午前0時までに56%が集中している。犯人は、遊ぶ
金欲しさの少年らとみられる。小回りの利くバイクやオートバイを使い、犯行
後、運転者が入れ替わったり着替えたりするなど、手口も巧妙化しているとい
う。

 一方、ひったくりの検挙率は約18%にとどまっている。各警察署では取り締
まりの強化とともに、バッグを肩にたすき掛けすることや、自転車の前かごに
フタやネットを付ける対策を呼びかけている。今月28日には、市内の全警察署
で、自転車の前かごにつける防犯ネット計約1万個を駅前で配った。


サンビシが民事再生法を申請 子会社が資産運用失敗
----------------------------------------------------------------------
 しょうゆ製造販売の老舗、サンビシ(愛知県小坂井町)は28日、子会社が設
立した会社がデリバティブ(金融派生商品)取引で多額の損失を出した影響で
債務超過に陥ったため、名古屋地裁に民事再生法の適用を申請したと発表した。
負債総額は約95億円。及部久嗣社長は記者会見し、辞任を表明した。

 サンビシは名古屋証券取引所第二部上場。名証は29日付で同社を整理ポスト
に割り当て、11月29日付で上場廃止とする。

 及部社長によると、デリバティブに失敗したのは、子会社のサンビシ商事が
設立したサンビシエイ・エム・エス。及部社長が両社の社長を兼務している。

 両社は28日、名古屋地裁に破産申請。これにより、サンビシのサンビシ商事
への貸付金など46億2,700万円が回収不能となり、20億円程度の債務超過となる
見通しとなった。デリバティブの損失額は57億円程度という。

 サンビシは本業のしょうゆ製造などでは利益が出ており、2005年3月期決算の
経常損益は2億3,000万円の黒字だった。事業は継続し、一方で資産を処分して
債権者への弁済に充てる。

 デリバティブは「利益を得る目的」(及部社長)で1997年から始めた。サン
ビシは、サンビシ商事への貸付限度額を累計で15億円とすることを取締役会で
決めていたが、及部社長は損失の穴埋めのため、これを無視して独断で貸し付
けを増やした。


========================================================================

 ■ eXe所在地の地図 ■
   (※ http://www.exe-j.net/where.html の地図もご参照下さい。)

     北      ●リムファーストビル8-A
          ※黒いマンションで、1Fが美容室、地階がライブハウス
          ↑      ▽は、地下鉄車道駅の出入口。

  愛知大学
           ミ     リ       高
 サ         ニ    フム       山
 |     || ス     ァ        ガ ロ
 ク    ++| ト     |        ク |
 ル||  | | ッ     ス ||     ブ ソ || /  /
 K||  | |▽プ    ●ト ||   ▽ チ ン ||/  /
−−++−−+ +−−−−−−−−−++−−−−−−−−−++  +−
至                                 至
名古屋駅  桜通車道                   赤萩   内山
(桜通)                             (今池)
−−++−−+ +−−−−++−−−−++−−−++−−−+  +−−
  ||  | |▽   ||    ||   ||P▽ |  |
  ||  | |大塚屋 ||    ||   ||キムラ|  |
  ||  | |本店  ||    ||   || タン|  | ↓
                      (24時間営業) 至JR千種駅

    交通機関:地下鉄車道(くるまみち)駅・1番出口から徒歩2分
         (地下鉄名古屋駅〜車道駅・桜通線で約8分)

========================================================================
●その他のeXe利用予定及び関係分(10/31現在判明分)

   11月 5日(土) 16:00〜17:00「eXe総会」
       20日(日) 17:00〜19:00「ういろMug」(アップルストア栄で開催)
                                テーマ「色の基礎知識とデザインへの応用」
       26日(土) 13:00〜     「XOOPS セミナー」

- = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - =
※編集者のひと言

 昨日、名古屋市都市景観賞のまちづくり部門の公開プレゼンテーション審査
 というのがあり、発表者として出かけてきました。
 http://www.city.nagoya.jp/jigyou/kenchiku/toshikeikan/keikanshou/h17/

 でも、緊張して時間切れで全部の説明が出来なかったのが残念でした。
 結果発表は12月下旬ですが、どんな結果になりますやら...。^_^;)

========================================================================
★eXeでは随時、会員を募集しています。

 eXeの場所は、会員の会費で維持・運営されています。

 イベントへの参加は、会員になる必要はありませんが、会員は独自のイベント
を主催出来ますし、残業などで遅くなった時には宿泊利用も可能です。

 また、東京・日本橋にある同様な会「東京FORT」とも相互交流があります。

 詳しくは、メールにてお問い合わせ頂くか、ホームページの「eXeについて」の
中の入会方法お知らせコーナーをご覧下さい。

 なお、特典は余りありませんが賛助会員も募集しております。
 イベントの際の会員外負担が不要という程度ですが、遠隔地の方や、多忙でな
かなか参加できない方にご参加頂いています。よろしくお願いいたします。

========================================================================
☆このメルマガは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行して
 います。登録や解除、受け取りアドレス変更などは、以下で行ってください。

 『まぐまぐ』http://www.mag2.com/m/0000001625.htm
========================================================================
□eXeへのご質問やお問い合わせは、電子メールまたは FAXでお願いします。
  ・E-Mail問い合わせ先: exe-talk@egroups.co.jp
    ・FAX:052-762-8016(高木康光宛)
========================================================================

ついでに読みたい

異業種人交流会eXe News Letter

発行周期:  月4回 最新号:  2019/03/12 部数:  251部

他のメルマガを読む