ワールド・サッカー ニュース

World Soccer News 1999/10/11

=== World Soccer News ============================================
             ワールド・サッカー ニュース      No.638
                     1999/10/11
==================================================================
【本日の目次】
●欧州選手権2000  予選

●その他の情報
<欧州選手権2000予想オッズ>
●コラム シドニー五輪予選 第1戦     by 賀川浩
 ・ピッチの悪さが日本の秘密兵器
 ・中田英寿のシュート
==================================================================
★日本最年長のサッカージャーナリスト、賀川浩氏によるサッカーデータ
ベース"Kagawa Soccer Library"では、毎月サッカーお宝プレゼントを実施
しています。今月はCALCIO2002特別編集の「セリエA観戦ガイド」を10名様
にプレゼント。選手名鑑や、中田英寿ポスターなど、セリエAファン必携の
1冊です。定価500円で好評発売中。 
応募はこちらから>>> http://www.soccerboy.com/present/index.html

9月のプレゼント当選者(敬称略)
>マンチェスターユナイテッドのマッチデープログラム
 小林あやこ・小笠原将嗣・馬場恵子・村上祐一・本田武
>五輪予選壮行試合 U-22日本代表 vs 韓国代表のプログラム
 茂森湖里人・佐藤和仁・藤井香介・淵本華奈子・仲田輝男
 武田直美・西村孝夫・吉田茂樹・清水博美・大瀬隆史
>ワールドサッカーコレクション'99
 溝部一綺・中井敏晃・鎌倉幸恵・阿部利夫・小澤友美
 金林さとこ・榎本琢磨・大島順平・高階敦子・藤代裕子

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
            欧州選手権2000  予選
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▼△▼△

来年のEURO2000の参加国16のうちの、12チームが決定した。残り4枠をかけ
て、予選各組2位チームによるプレイオフが行われる。
 開催国 :オランダ、ベルギー
 予選1位:イタリア、ノルウェー、ドイツ、フランス、スウェーデン、
      スペイン、ルーマニア、ユーゴスラビア、チェコ
 2位の最上位:ポルトガル

フランスW杯3位のクロアチアは、ユーゴスラビアと引き分け、予選通過な
らず。以下の8チームによるプレイオフは、来月行われる。
 デンマーク、スロベニア、トルコ、ウクライナ、
 イングランド、イスラエル、アイルランド、スコットランド
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
>グループ1
イタリアがアウェーの最終戦を引き分け、予選通過を決める。

ミンスク
0 ベラルーシ
0 イタリア
    (観客数:32,000)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
レクサム
0 ウェールズ
2 スイス
    (前半0-1 観客数:5,064)
順位表□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  順 チーム             試  勝  分  負  得  失  勝点 
   Q イタリア            8   4   3   1  13   5   15
   P デンマーク          8   4   2   2  11   8   14
   3 スイス            8   4   2   2   9   5   14
   4 ウェールズ          8   3   0   5   7  16    9
   5 ベラルーシ          8   0   3   5   4  10    3
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
>グループ2
ギリシャがアウェーでスロベニアを破るが、順位に変動なく、スロベニア
がプレイオフに進む。ノルウェーは、ソルスキア、トーレ・アンドレ・フ
ロのゴールで最終戦を飾る。

マリボル
0 スロベニア
3 ギリシャ
    (前半0-2 観客数:2,500)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
チラナ
2 アルバニア
1 グルジア
    (前半2-0 観客数:3,000)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
リガ
1 ラトビア
2 ノルウェー
    (前半0-0 観客数:2,500)
順位表□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  順 チーム           試  勝   分   負   得   失  勝点 
   Q ノルウェー       10   8    1    1   21    9    25
   P スロベニア       10   5    2    3   12   14    17
   3 ギリシャ         10   4    3    3   13    8    15
   4 ラトビア         10   3    4    3   13   12    13
   5 アルバニア       10   1    4    5    8   14     7
   6 グルジア         10   1    2    7    8   18     5
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
>グループ3
1位、2位の直接対決が引き分けに終わり、ドイツが予選通過を決めた。

ヘルシンキ
4 フィンランド
1 北アイルランド
    (前半1-0 観客数:8,217)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ミュンヘン
0 ドイツ
0 トルコ
    (前半1-0 観客数:63,572)
順位表□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  順 チーム             試  勝  分  負  得  失  勝点 
   Q ドイツ              8   6   1   1  20   4   19
   P トルコ              8   5   2   1  15   6   17
   3 フィンランド        8   3   1   4  13  13   10
   4 北アイルランド      8   1   2   5   4  19    5
   5 モルドバ            8   0   4   4   7  17    4
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
>グループ4
フランスは、ジョルカエフ、トレゼゲのゴールなどで、アイスランドを破り、
最激戦区を勝ち抜いた。前節まで首位のウクライナは、アウェーの
ロシア戦でリードされながら87分にシェフチェンコのゴールで引き分けに
持ち込み、プレイオフに進出。

アンドラ・ラ・ヴェラ
0 アンドラ
3 アルメニア
    (前半0-1 観客数:700)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
モスクワ
1 ロシア
1 ウクライナ
    (前半0-0 観客数:80,000)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
パリ
3 フランス
2 アイスランド 
    (前半2-0 観客数:80,000)
順位表□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  順 チーム              試  勝  分  負  得  失  勝点 
   Q フランス            10   6   3   1  17  10   21
   P ウクライナ          10   5   5   0  14   4   20
   3 ロシア              10   6   1   3  22  12   19
   4 アイスランド        10   4   3   3  12   7   15
   5 アルメニア          10   2   2   6   8  15    8
   6 アンドラ            10   0   0  10   3  28    0
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
>グループ5
ポーランドが既に予選通過を決めているスウェーデンに破れたため、得失
点差でイングランドがプレイオフに進出。

ストックホルム
2 スウェーデン
0 ポーランド
    (前半0-0 観客数:35,037)
順位表□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  順 チーム             試  勝  分  負  得  失  勝点 
   Q スウェーデン        8   7   1   0  10   1   22
   P イングランド        8   3   4   1  14   4   13
   3 ポーランド          8   4   1   3  12   8   13
   4 ブルガリア          8   2   2   4   6   8    8
   5 ルクセンブルグ      8   0   0   8   2  23    0
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
>グループ6
イスラエルがスペインに敗れたが、3名の退場者が出る乱戦を制したオース
トリアを得失点差で上回り、2位をキープ。

3 スペイン
0 イスラエル
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ウィーン
3 オーストリア
1 キプロス
順位表□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  順 チーム             試  勝  分  負  得  失  勝点 
   Q スペイン            8   7   0   1  42   5   21
   P イスラエル          8   4   1   3  25   9   13
   4 オーストリア        8   4   1   3  19  20   13
   3 キプロス            8   4   0   4  12  21   12
   5 サンマリノ          8   0   0   8   1  44    0
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
>グループ7
ルーマニアが首位で予選通過。ポルトガルは最終戦を3-0で終え、
各組の2位チームのなかで最も成績の良かったチームとして、
決勝大会へ進出。

バク
0 アゼルバイジャン
1 スロバキア
    (前半0-0 観客数:8,000)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ファドゥーツ
0 リヒテンシュタイン
3 ルーマニア
    (前半0-1 観客数:2,900)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
リスボン
3 ポルトガル
0 ハンガリー
    (前半2-0 観客数:65,000)
順位表□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  順 チーム              試  勝  分  負  得  失  勝点 
   Q ルーマニア          10   7   3   0  25   3   24
   Q ポルトガル          10   7   2   1  32   4   23
   3 スロバキア          10   5   2   3  12   9   17
   4 ハンガリー          10   3   3   4  14  10   12
   5 アゼルバイジャン    10   1   1   8   6  26    4
   6 リヒテンシュタイン  10   1   1   8   2  39    4
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
>グループ8
クロアチアはボクシッチのゴールで先制。前半に逆転を許すが、後半2分に
同点とし、退場者が出たユーゴを攻めるが、あと1点が奪えず、予選敗退。

ザグレブ
2 クロアチア 
2 ユーゴスラビア
    (前半1-2 観客数:40,000)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
スコピエ
1 マケドニア
1 アイルランド
    (前半0-1)
順位表□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  順 チーム             試  勝  分  負  得  失  勝点 
   Q ユーゴスラビア      8   5   2   1  18   8   17
   P アイルランド        8   5   1   2  14   6   16
   3 クロアチア          8   4   3   1  13   9   15
   4 マケドニア          8   2   2   4  13  14    8
   5 マルタ              8   0   0   8   6  27    0
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
>グループ9
チェコが全勝で予選を終える。既に2位が確定していたスコットランドも、
ホームでの最終戦に勝利。

タリン
1 エストニア
4 ボスニア
    (前半1-1 観客数:1,200)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
グラスゴー
3 スコットランド
0 リトアニア
    (前半0-0 観客数:22,059)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
プラハ
2 チェコ
0 フェロー諸島
    (前半1-0 観客数:21,362)
順位表□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  順 チーム             試  勝  分  負  得  失  勝点 
   Q チェコ             10  10   0   0  26   5   30
   P スコットランド     10   5   3   2  15  10   18
   3 ボスニア           10   3   2   5  14  17   11
   4 リトアニア         10   3   2   5   8  16   11
   5 エストニア         10   3   2   5  15  17   11
   6 フェロー諸島       10   0   3   7   4  17    3


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
             その他の情報
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<欧州選手権2000予想オッズ>
7-2 オランダ
5-1 イタリア
7-1 フランス、ドイツ、スペイン
12-1 イングランド
14-1 スウェーデン、ユーゴスラビア
20-1 チェコ、ポルトガル、ルーマニア
25-1 ベルギー、ノルウェー、ウクライナ
80-1 トルコ
==================================================================
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
               スペシャルコラム
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
シドニー五輪予選 第1戦     by 賀川浩

●ピッチの悪さが日本の秘密兵器
 試合前の話題のひとつに「アルマトイのピッチの芝生が不揃いで、草の
下の地面が固いから、日本の技術が殺される」というのがあった。そんな
現地からの報道を聞きながら、昔、クラマーと「日本の秘密兵器は国立競
技場のグラウンド」と冗談をかわしたことを思い出した。
 外国から訪れるトップチームとの対戦で、固い国立競技場のピッチでの
ボールの不規則なバウンドが、外国選手たちの高速でのボール処理を難し
くしたものだ。
 30数年前の“秘密兵器”でなくても、わずか4年前の第16回トヨタカップ
でやってきたアヤックス(オランダ)が、退場者を出した10人のグレミオ
を相手に0-0、PK4-3で勝ったとき、ルイ・ファンハール監督が国立競技
場のピッチの悪さを自分たちが力を発揮できなかった理由にあげ、こうい
うグラウンドでワールドカップのような大会を開催するのはおかしい、と
までこき下ろした。
 世の中も変わったものだが、アルトマイではU-22の日本代表は2-0で勝
ち、得点できないのをグラウンドのせいにしなくて済んだのは、まことに
うれしいことだ。
●中田英寿のシュート
 先制ゴールは、中田英寿のシュートから生まれた。カザフスタンの厚い
守りが成功して、20分間は日本に決定的なチャンスはなかった。厳しい
マークにあいながら、自信に満ちた態度でボールを持ち、パスをし、
シュートした中田(英)だったが、からんでくる複数の相手と、難しく弾
むボールに、必ずしも思い通りのプレーが出来たわけではない。10分の
20mのFKも、大きくバーを越え、16分のダイレクトシュートは左に大き
く外れたが、この25分のシュートは高原のヘディングのボールを胸で止め
てから、シュートに持っていくまでに、彼の技術が集約されて見事なゴー
ルとなった。
 中田英寿のゴールまでのボールの動きは次の通り。
1. 攻め込んだ日本が、右の明神からボールを後方に戻し、DF間のパスの
後、左の中田(浩)に。
2. 中田(浩)はこの試合で初めて、右への大きなクロスを送る。
3. ペナルティエリア近くで、遠藤と相手DFが競り合い、相手がヘディ
ング。
4. カザフのMFがこのボールを胸でトラップして、前へ出たのを、
5. 狙っていた明神が足を出し、中央へ蹴り上げる。
6. 高く上がったボールは、すぐ近くの中田(英)とマークしていたアル
チョモフを越えて落下。
7. 高くバウンドしたボールを高原がヘディングして中田へ。この時、ア
ルチョモフが高原と競っており中田(英)はノーマークになっていた。左
からのボールをジャンプして胸に当てた中田(英)は、着地したときには
身体をゴールに向け、落下してくるボールを右足先でタッチして、勢いを
殺しつつ前へ。次の右足アウトサイドのタッチでボールを自分の得意の角
度へ運び、左足を大きく踏み込んで、右足で叩いた。

●相手の守りの乱れを誘発したのは
 自分の前がポカリと空いた、決定的なチャンスに自分の一番得意の形に
持っていく、胸のトラッピングからシュートに移る中田(英)の一連のプ
レーは、テレビのリピートで何度見ても素晴らしいシーンだが、この中田
(英)のマークを外したアルチョモフにとって、あるいはカザフの監督に
とっては、痛いミス。ただし、このミスを誘発したのは、中田(浩)には
じまる、長いクロスの展開で、まず相手の守りを散らせたこと、さらにヘ
ディングのクリアからの相手ボールを明神が奪って、ルーズボールにした
ことが大きい。明神というプレーヤーは先の対韓国アウェーの唯一のゴー
ルを生みだように、相手ボールを奪ってチャンスにつなげる、試合の流れ
のなかでの、非常に重要な転換点をつかむ選手のように見える。
 この先制ゴールは日本の選手を落ち着かせ、アウェーゲームの勝利と
なった。もちろんサッカーは全員のもの。得点にからんだ選手だけでな
く、宮本を軸とするDF陣、あるいは落ち着いた守りのGK曽ヶ端らイレブン
全員、交代メンバーを含めての勝利であることはいうまでもない。
 欲を言えばきりがなく、交代で入った小島をはじめ、注文もないではな
いが、まずは第1戦の2-0の勝利を祝い、次に中田(英)のいない試合での
選手の働きに期待しよう。


==================================================================
○電子メールマガジン「ワールドサッカー ニュース」
発行元:Football International Trading Ltd.、SoccerBoy
発行人:橋本典彦、本多克己
mailto:honda@soccerboy.com
------------------------------------------------------------------
☆ このメールマガジンは、以下のシステムを利用して発行しています。
   ニュース購読申込みと中止・メールアドレスの変更は下記まで。
 『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ ID:0000000894
 『Pubzine!』 http://www.pubzine.com/ ID:837
------------------------------------------------------------------
Copyright(C), 1998,1999 Football International Trading Ltd.、SoccerBoy

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む