Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

JOG-Mag 号外 自虐史観を支える三つの史観(ロシア政治経済ジャーナル)

■■ Japan On the Globe(号外)■■ 国際派日本人養成講座 ■■

         RPE】★自虐史観を支える三つの史観

■転送歓迎■ H30.11.30 ■ 50,396 Copies ■ 4,542,574Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/

__________
【伊勢雅臣】「ロシア政治経済ジャーナル」の北野幸伯さんが、再度、拙著『比較中学歴史教科書―国際派日本人を育てる』を紹介されました。「自虐史観を支える三つの史観」とは、あとがきで述べた結論部です。お読みいただければ、幸いです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


RPE Journal==============================================



       ロシア政治経済ジャーナル No.1883


                                 2018/11/15


===========================================================

自虐史観には、それを支えるさらに三つの史観があります。


★自虐史観を支える三つの史観


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


読者の皆さまにお願いがあります。

2018年の「まぐまぐ大賞」、投票がはじまったそう
です。

もし、メルマガ・ロシア政治経済ジャーナルについて、


・世界情勢の真実を知るのに役立っている

・日本の国益に役立つメルマガだ


とお考えであれば、ご投票いただけると、とてもうれし
いです。

よろしくお願いいたします。

(投票はこのページからできます。)
↓
https://bit.ly/2FgIVjj



では、本題。


「日本は、今も昔も悪い国でございます・・・」

「日本民族は、今も昔も悪い民族でございます・・・」


という、ご存知「自虐史観」。

自国、自民族のことを、ことごとく悪く解釈するというの
は、ある面「ものすごいこと」です。


最近、伊勢雅臣先生の最新刊



●比較中学歴史教科書―国際派日本人を育てる 

(詳細は https://amzn.to/2Pg4F3r )



で知ったのですが、

「自虐史観」には、それを支える、さらに「三つの史観」
があるのですね。

なんでしょうか?



▼あの国は世界の中心、〇〇史観



一番目は、こちら。


中華史観


<中国を「中華」、

朝鮮を「小中華」とし、

日本は「蛮夷」の国として

進んだ中華文明を学んだ。>

(比較中学歴史教科書―国際派日本人を育てる 217p)


これ、大学時代、韓国の人にいわれました。


「中国は長男、韓国は次男、日本は末っ子だぞ!」と。

(「蛮夷」とはいわれませんでしたが。)


確かに日本は、中国から、いろいろなものを学びました。

(例、漢字、仏教、儒教など)

そうですが、日本は、いいところは受け入れて、ダメなと
ころは排除して、独自の文明を築きあげた。

それで、「文明の衝突」で知られるハンティントン博士は

「日本文明」と「中華文明」をはっきりわけたのです。


ところが、なんと日本の教科書は、「中華史観」に基づい
て書かれている!


日本の政治家さんは、習近平に怒られたらシュンとして、

習近平が微笑んだら「おお!主席が微笑まれた!」と歓喜
する。

北京にいって、「私は人民解放軍の野戦軍司令官でござい
ます!」と宣言する。


こういうのって、幼少時代から植えつけられた「中華史観」
の影響なのでしょうか??



▼金持ちは悪魔のごとし!○○史観



二つ目は、階級史観。



<農民、労働者階級を支配者階級が搾取する

国家体制が成立した。>

(同上 217p)



これは、マルクス主義の考えですね。

マルクスは、「人類歴史は、階級闘争の歴史である!」と
断言しています。

世界は、


支配者(奴隷所有者、地主、資本家)


と


被支配者(奴隷、農奴、労働者)


にわかれている。

それで、支配者と被支配者は、いつも戦っている。

支配者は、被支配者をいつも搾取している。

こういう「史観」というか「視点」をもつ人は、今も多い
ですね。


とはいえ、「日本の支配者が、常に人民を搾取していた」
とはいえないでしょう。

たとえば、江戸時代の日本は、識字率が世界一だった。

当時日本にきた外国人たちは、町の清潔さに驚き、労働
者は幸せそうだと絶賛していました。

そして、200年以上も平和がつづいた。


ところが日本の教科書は、「支配者はいつも民を搾取し
ていた」

という視点で書かれている。



▼日本は悪い国、〇〇史観



三つ目は、侵略史観です。


<日本はいち早く近代化を進め、

欧米諸国の真似をして

近隣諸国への侵略を進めた>

(同上 218p)



これは、明治以降の話ですね。

私は、明治時代のご先祖さまたちが賢明だったことに、心
から感謝しています。

西欧の体制を見習い、天皇を中心とする立憲君主国家をつ
くった。

毛利幕府とか島津幕府はつくらなかったのです。


おかげで日本は、アジアでほとんど唯一、欧米列強の植民
地になりませんでした。

そう、日本は、「独立を守った」のです。


ところが「侵略史観」の人は、この部分を全部スルーします。


以上、

「中華史観」+「階級史観」+「侵略史観」

=「自虐史観」


のできあがり。

この三史観をベースに、日本の教科書が作られるとどうなる
のでしょうか?


<中華史観、階級史観、侵略史観が揃うと、

各時代のわが国の国家的課題がすべて

覆い隠されてしまうことが分かる。


その結果、

日本は中国、朝鮮から文明を教わったのに、

国内では貧しい人を搾取し、

外に向かっては近隣諸国に侵略を仕掛けた

野蛮な国である、

となってしまう。>(同上219p)


う~む。

私たちは、こういう教科書に育てられたのですね。

今の子供達は、こういう教科書で育てられているのですね。

それで、


「僕たちは、死ぬまで中国と韓国にあやまりつづけるべき
なのだ」

「BTSの原爆Tシャツは、日本が悪いからだ」

「お金持ちは全員、民を搾取する悪人なのだ」

「日本は、侵略国。憲法を改正したら暴走して何をしでか
すかわかりゃしない」


などと主張する人が多いのでしょうか?

何はともあれ、皆さん、私たちがどんな風に自虐史観に洗
脳されたのか、

子供達は、どんな風に洗脳されているのか、

ぜひ具体的に知ってください。

そのためには、こちらの本必読です。
↓



●比較中学歴史教科書―国際派日本人を育てる 

(詳細は https://amzn.to/2Pg4F3r )


●PS1

米中覇権戦争がはじまった。

なぜそういう話になったのでしょうか?

リーマン・ショックから10年間に何が起こったの
でしょうか?

卒倒物の裏真実が、ここで明かされます。

まだの方は、迷わずご一読ください。

↓



●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )


●PS

「中国に勝つ日本の大戦略」は、主に「外交」の話でした。

しかし「内政の話もする必要があるな」ということで、現
在本を書いています。

いままでの本とは、全然違う感じになりそうなので、楽し
みにしていてください。




▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。



●比較中学歴史教科書─国際派日本人を育てる→ https://amzn.to/2Pg4F3r


●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に
、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋
を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Mさまからのメール


北野様

お引っ越しされたんですね。

どこにお住まいでしょう。

ロシアのネット規制についてですが、
少し前に、プーチンが大きな会場に人を集めて話をし、
アメリカに届くロケット爆弾のシュミレーションの映像を見せた動画を
送ってくださいましたね。

私はあれがすごく好きで何回も見たのです。

ロシア語はわからないのですが、最初険しい顔をしてプーチンの話を聞いていた人たちが、
だんだん、ほう?という顔になり、映像を見た後は笑い顔になってスタンディングオペレーション
になるという劇的な展開になりました。

ところが、何回か見た後に、突然動画がブログとも消えました

私みたいな普通のおばさんのメールまで点検するのかとおもいましたが
そうじゃなくて、あの動画を見ると、どこかにつながっていて、消されるのだということ
がわかりました。

それはどうしてわかったかというと、
あの動画の後、マグマグに載ったブログの中に同じ動画を短くしたものがありました。

それを見たら、まぐまぐもろとも全部消えてしまいました

北野さんのお引っ越しがロシアのネット規制ということなので、
私の動画を消したのもロシアかな?っとおもいます。

私は日本に住んでいず、北野さんがロシアに住んでおられたのと同じぐらいの年月を
ベルギーで過ごし、後何か月かでフランスに引っ越しする予定です

これからもわかりにくいことをわかりやすく解説してください
猫たちも一緒に引っ越ししたのでしょうか?




↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・
・
。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は
→ http://amzn.to/2vIpBVC )



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


伊勢先生の本を読むと、

自分たちが「自虐史観」に染められたプロセス

がホントによくわかるようになります。


RPEジャーナル 
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4
、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

====================
Mail: ise.masaomi@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/#!/ise_masaomi
Facebook: Masaomi Ise
Facebook page: https://www.facebook.com/jog.page/
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing 
http://blog.jog-net.jp/
購読解除:
・タイトルが「JOG-Mag No.xxx」または「JOG-mel No.xxx」の場合:
 => http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
・タイトルが「JOG(xxx)の場合:
 => http://1lejend.com/stepmail/dela.php?no=xxhsvm&a_mail=###mail###
====================

Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  31,250部

ついでに読みたい

Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  31,250部

他のメルマガを読む