Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

JOG-Mag 特別号外  「大東亜戦争の秘密」森嶋雄仁(1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』)

■■ Japan On the Globe ■■ 国際派日本人養成講座 ■■

               「大東亜戦争の秘密」森嶋雄仁

                        1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』
■転送歓迎■ H25.03.21 ■ 40,328 Copies ■ 3,664,867Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/


__________
伊勢雅臣:
 一日一冊、本を紹介されているメルマガをご紹介します。
毎日という頻度だけでなく、中身の濃さも立派です。
私の貴重な情報源です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


━ since 2002/07/17 ━━━━━━━40,000部発行━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』
           1ヶ月30冊の情報をe-Mailで

★★☆☆☆「大東亜戦争の秘密」森嶋雄仁♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■無料レポート■

『一日一冊読みながら、メルマガを毎日発行する私の方法 』

 一日一冊読むなんて信じられない!?
 そんな声にお答えして、本のソムリエの日常を報告します。
(ダウンロード)→ http://xam.jp/get.php?R=8427&PR=68



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今日の名言クイズ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


・近衛文麿●●歳の時の論文「英米本位の平和主義を排す」・・
 我々日本人は正義のために平和を捨てることをも覚悟する
 必要がある。・・・英米が植民地を閉鎖しようとする場合には、
 『自己生存の必要』、ドイツのように『現状打破の挙』に
 出ざるを得ない。(p57)


<ヒント>「37」ではありません。


▼「今日の名言クイズ」の答えを読む▼
http://ameblo.jp/japantn/entry-11490742722.html




【名言】バックナンバー
⇒ http://ameblo.jp/japantn/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「本ナビ」3450冊目 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「大東亜戦争の秘密」森嶋雄仁、元就出版社
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4861061792/mag06-22/ref=nosim/
【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■大東亜戦争とはなんだったのか。


 1937年の盧溝橋事件から、
 日本は中国を南進。


 英米仏蘭勢力を中国から追い出すような
 行動に出ます。


 これに対し、英米が反発することは当然で、
 ABCD包囲網が形成されました。


 ちょうど近衛文麿は、1937年から1941年、
 3度内閣総理大臣となり、
 こうした南進を指導しています。


 さらに、近衛文麿は国家総動員法、
 大政翼賛会、日独伊三国同盟と、
 戦時体制に向けて重要な閣議決定をしていきます。


・昭和15年7月22日、第二次近衛内閣が誕生した。
 近衛文麿が内閣発足後、一番に手掛けたことは、
 日独伊三国同盟と大政翼賛会であった。(p118)



■近衛文麿は、
 中国での不拡大方針を閣議決定しながらも、
 軍に予算を追加するなど、
 南進を推進しています。


 南進は日本にとって
 メリットは少なく、
 デメリットの多いものでした。


 なぜなら、
 満州でソ連と対峙している陸軍が、
 南進により戦力分散する。


 英米仏蘭の植民地を進撃することで、
 英米仏蘭の反発を受ける。


 中国共産党の敵である
 蒋介石軍との戦うことで、
 相対的に中国共産党軍が力を持つ。


 こうしてみると、
 南進とは、共産党にとって
 もっともメリットのある政策であった
 ということになります。


・1994年の「江沢民談話」によると、『わが共産党は、
 日本軍を挑発し、日中戦争に持ち込むことに腐心した。
 そして、大陸の奥地へ奥地へと引きずり込み、日本軍を
 釘づけにすることに成功した。その数は日本陸軍の七割
 にものぼった。よってわが中国共産党は、第二次世界大戦で、
 連合国側で一番戦争に貢献した国といえる(p49)



■近衛文麿から話を聞くことはできません。


 当時の人々はすべて亡くなっており、
 私たちは記録をたどるしかないのです。


 当時の歴史をしっかりと学び、
 同じことがおこらないように
 したいと思いました。


 森嶋さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本共産党という政党は、この年大正11年に
 地下組織として密かに結成され、当初はソ連共産党
 日本支部と言っていた。コミンテルン世界大会の決議には、
 「君主制の廃止」が盛り込まれた。この「君主制の廃止」
 とは、日本では皇室の廃止と皇族の虐殺を意味する(p21)


・近衛内閣約三年間に決定した事項を挙げておく。
 盧溝橋事件を北支事変に、陸軍三個師団派兵決定、
 軍部より先に軍事予算をたっぷりと付ける。大増税、
 不拡大方針の破棄、陸軍二個師団派兵、・・・
 大本営を設置、企画院の設置、・・・国家総動員法、
 電力国家管理法、●●法、配給制、・・
 一国一党の大政翼賛会、・・・日独伊三国同盟、日ソ中立条約、
 南進論、対米英戦争辞せず。これらはすべて近衛内閣によって
 国民が知らないうちに、閣議決定された・・(p132)


・日本敗戦後、東アジア諸国は、ことごとく共産化した
 (中国、満州、内モンゴル、新疆ウイグル、チベット、北朝鮮、
 ベトナム、ラオス、カンボジア、ビルマ)。(p107)


・1927年(昭和2年)の3月20日に起こった第一次南京事件・・・
 日本人は襲われても抵抗しないということが、
 一度中国人の頭の中に注入されると・・・
 満州における日本人への迫害事件、済南事件、第一次上海事件・・
 日本人を挑発して略奪、強姦、放火を行い、中国の動乱に
 日本を巻き込もうとする中国。やがて、このことは、
 盧溝橋事件へと繋がって、日中全面戦争へと拡大していった(p42)


・昭和12年7月29日、北京の東方にあった通州で、
 中国人の保安部隊による大規模な日本人虐殺事件が起こった。
 殺されたのは、日本人居留民の約260人であった(p72)


「大東亜戦争の秘密」森嶋雄仁、元就出版社
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4861061792/mag06-22/ref=nosim/
【私の評価】★★☆☆☆(68点)




・●●を読む
http://1book.biz/2013/03/15/post-2375.html





【書評のバックナンバー検索】
⇒ http://1book.biz/



【楽天ポイント】を集めている方はこちらから
http://tinyurl.com/rakutenbook



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■過去の格付けを検索⇒  http://1book.biz/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<本の格付け基準>
 ★★★★★(絶対お薦めです!家宝となるでしょう)
 ★★★★☆(買いましょう。素晴らしい本です)
 ★★★☆☆(社会人として読むべき一冊です)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかも)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない本は掲載しません)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※本メルマガが紹介するのは「本の内容」であって、
 書籍の著者及びその活動を推薦するものではありません。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■読者の声
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■読者からメッセージをいただきました・゜゜☆


 書籍紹介として楽しむこと以上に、
 "自己啓発のための気付き"が得られる
 メルマガだと思います。


 毎日楽しませてもらっています。




■本のソムリエより


 メールありがとうございます。


 私も自己啓発になっています。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 近衛文麿についていろいろ読んでみて
 私が到達した仮説は、


 近衛文麿は、宇宙人であった。


 ということです。


 最近も宇宙人と呼ばれる総理大臣がいましたね。


 彼と同じように、
 近衛文麿は社会主義が正義であり、
 英米の覇権を破壊したかった。


 本人は正義と信じていたのかもしれませんが、
 結果して日本の破滅に向かって進んでいた、
 というように私には思えるのです。



『まぐまぐメルマガ大賞2007』 ニュース・情報部門   第2位
『まぐまぐメルマガ大賞2006』 ビジネス・キャリア部門 第1位
『まぐまぐメルマガ大賞2005』 ビジネス・キャリア部門 第3位
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで
 【購読・解除】 http://archive.mag2.com/0000094236/index.html
 【発 行 者】 読書普及研究所 代表 本のソムリエ
 【過去の書評】 http://1book.biz/
 【ご 感 想】 このメルマガに返信メールしてください。※
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※頂いたメールは、予告なくメルマガ上で、
 掲載させて頂く場合があります。
 掲載不可の必要があれば件名に明記して下さい。








後悔しない「今日」の過ごし方・・・
一つだけ大切なことを見つけてやり遂げる(p143)

「一生を変えるほんの小さなコツ」野澤 卓央
【私の評価】★★★★★
http://1book.biz/2012/11/06/post-2255.html




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


☆☆最後までお読みいただき、ありがとうございました♪☆☆

Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

発行周期: 週刊 最新号:  2019/03/17 部数:  31,053部

ついでに読みたい

Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/17 部数:  31,053部

他のメルマガを読む