Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

JOG-Mag No.681 国柄探訪: 和の家、和の心

■■ Japan On the Globe(681) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■

                国柄探訪: 和の家、和の心

 日本の伝統家屋には、社会や自然との和を創り出す智慧が込められている。

■転送歓迎■ H23.01.09 ■ 38,611 Copies ■ 3,373,384Views■
無料購読申込・取消: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/
携帯向けブログ → http://japan-on-the-globe.at.webry.info/

------------------------------------------------------
    国際派日本人養成講座・総集編(電子ブック版)
              最新版発売開始 定価 \800
                    
 創刊号から昨年末までの680号分を、インターネット接続不
要で読めます。姉妹紙 JOG Wing の関連記事も一部収録。
 http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jog/jog_buy.htm
------------------------------------------------------


■1.「子供の頃から見慣れた座敷」が「神々しい空間」に

 福岡県の小倉から唐津に至る唐津街道沿いに築140年の町屋造りの家がある。2階建ての瓦葺き、白壁に格子窓の簡素な佇(たたず)まいが、両側の近代的ビルとはまったく別世界の気品を醸し出している。福岡市の都市景観賞を受賞している建物である。[1]

 この家は、東京世田谷で「日本の風土と文化に根ざした家造り」を目指す伊佐ホームズの福岡事務所として使われているが、その創業者・伊佐裕(いさ・ひろし)社長の生家でもある。伊佐さんは、毎年元日、その生家の神棚に向かう。

__________
 元旦、その家を護る神棚に餅を供えて蝋燭に灯をともすと、子供の頃から見慣れた座敷はゆらめく明かりに照らされて神々しい空間へと変貌する。[2,p12]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 日本人は代々、こうして新年を迎えてきたのだろう。「見慣れた座敷」が、そのまま「神々しい空間」に変貌する。家は、住む人との間で、このような魂の交流を行う、ということを伊佐さんの著書から学んだ。その一端をここで紹介したい。


■2.土間の不思議な機能

 日本の伝統家屋の特徴として「土間」がある。

__________
 土間とは住宅の中にあっても床を貼っていない地面のままの間取りをいう。読んで字の如く、生活空間である廊下や居間や寝室といった部屋よりも一段低く、地面と同じ水準にある家の「外」と「内」の「中間的な役割を果たす空間」で、昔の日本の民家にはなくてはならない機能の一つであった。

 土間は履き物を脱がずに土足で使えるため、さまざまな生業(なりわい)の作業場として、竈(かまど)を中心とした煮炊きをする調理場として、あるいは、不意に訪れる隣近所の住民との気楽な語らいの場として重宝され、露出した土は屋内の温度や湿度を調整する役目も果たしていた。[2,p24]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 筆者が子供の頃、よく一夏を過ごした田舎の祖父母の家、叔父伯母の家にも、みな土間があった。そこでは養蚕のためにとってきた桑の葉を仕分けする作業などを行っていた。

 また隣近所の人たちが野良着で土足のまま、土間に入ってきては、板の間の部分に腰かけて、出されたお茶を飲みながら、家の人とおしゃべりをする、という光景がよくあった。

 土間は内の生活と外の仕事との「つなぎ」の場であり、また家の者と外の人との、気のおけない和やかな交流の場でもあった。


■3.内と外との「和」を創り出す土間

 職業柄、多くの来客がある人の家を、伊佐ホームズで造ることになった。新居には応接および打合せのためのスペースがぜひ欲しい、という要望があったので、7畳大の玄関土間を提案した。

__________
 プライベート重視の自宅の中に仕事の空間を設けても、そこが屋外と屋内の中間である土間であれば案外すんなりと生活との調和がとれる。靴を脱いだり履いたりするというような、ちょっとした行為をひとつ挟むだけでもオンオフの感覚は十分に変えられるのだ。

 来客の側も、靴を脱ぐ必要のない土間は気兼ねがいらなくていい。とくにこの家の土間の場合、長さ3メートルの無垢のタモ材の式台(玄関の土間と床との段差がある場合に設置される板)が縁側のような雰囲気を醸し、その奥には土足のまま直接入り口まで行ける囲炉裏の客間まで設けられている。

 つまり、土間の融通性をフルに活かし、この玄関だけで応接や打ち合わせの他、実に多様な来客のもてなしに対応できるつくりになっており、決して美観や遊び心を満足させるだけの空間ではないのである。[2,p133]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 土間とは、内なる生活と外なる仕事、内なる住み手と外からの来客の「和」を創り出す空間だと言えるのかもしれない。「門戸を開放した玄関の大きな家は栄える」とは伊佐さんの持論だそうだが、生活と仕事の調和、家庭と近隣との調和のとれる家が栄えるのは、当然だろう。


■4.縁側 ~ 自然と人間生活の接点

 土間と同様に、伝統的な日本家屋の特徴をなすのが縁側である。

__________
 日本家屋の張り出した軒とその下の縁側は、風雨や日射しから建物の劣化と快適な暮らしを守るための生活の智慧から生まれた。しかし、日本人はいつしか、内と外、自然と人間生活の接点である軒下の濡れ縁を心地よい場所として愛するようになった。[2,p32]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 欧米の家では、室内と屋外は分厚い壁で分断されている。外の明かりは窓から入ってくるが、カーテンやブラインドで外部からの視線は遮られる。外の風も音もガラスで遮断される。

 これに比べれば、屋根と床はあるが、壁がなくて庭に解放された縁側とは、内なる生活と外なる自然を結ぶ不思議な空間である。厳しい日射しを和らげ、雨を防ぎつつ、外の景色、風や音はそのまま入ってくる。夏の盛りに縁側に出て庭を吹き渡る風に涼をとったり、秋の夜長に虫の音を聞きつつ月を愛でたりする光景は読者にもおなじみだろう。

__________
 縁側は日本家屋の素晴らしさのひとつである。

 雨音、葉音、風音、虫の音。

 私は自宅にいてもよく軒先で自然の気配に耳を傾けるのであるが、とくに好きなのは朝方の雨音だ。自然のささやきを楽しむ感性は日本人に特有だといわれているが、それを育んできたのは縁側でのくつろぎのひとときだったのではないだろうか。[2,p32]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 土間が内なる生活と外なる社会との「和」を創り出す空間だとすれば、縁側は内なる生活と外なる自然との「和」を醸し出す空間だと言えよう。


■5.格子の不思議な働き

 屋外の強い光を和らげながら、屋内に明かりをもたらす格子戸、格子窓も、内と外とを結ぶ日本建築の智慧のひとつである。

__________
 中でも一般の住宅にもよく使われる格子は、窓や引き戸や扉等に用いられ、建物の採光と風通しを確保しながら外部からの侵入や視線を防ぐという相反する役割を果たし、家の内部においても、欄間、障子、襖等の建具に取り付けられ、実用と装飾の両面で日本間を日本間たらしめている。[2,p37]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 格子の不思議な働きに関して、伊佐さんは生家での経験をこう語っている。

__________
 そういえば、私の生家の格子窓のある部屋はガラスが入っていなくてもなぜか暖かかったのを憶えている。子供の頃、私はそれが不思議で、面白くて仕方がなかった。千年の昔から今に格子が受け継がれてきた背景には、ただ古い伝統様式だからではなく、そんなふうに人に役立ち、感動や幸せをもたらしてくれる何かがあったことも関係しているのかもしれない----とは、いささか考えすぎであろうか。[2,p41]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 伊佐ホームズで手がけた家のひとつでは、リビングルームに大きな格子戸を設けている。外から差し込む日の光が、漆喰の白壁や無垢の板床に格子模様を作る。
__________
 ふと足下や壁に目をやる度、さっきとは違う影の表情に気付き、光の強弱から空模様の変化や時間の移ろいを感じ取る。

 あるいは夜の月明かり。

 月光の淡い影を追いかけて楽しむことだって可能なのだ。[2,p40]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 我が先人たちも、千年の昔から、このように格子を通じて自然の移ろいを愛でていたであろう。


■6.「和なるもの」

 伊佐さんの著書は『和なるもの、家なるもの』と題されている。「和なるもの」とは、伊佐さんがその生家を原点として、追求してきた家造りのテーマである。我が国の伝統的家屋が自然や社会との「和」を生み出すための様々な工夫を供えていることを理解すれば、「和なるもの」という言葉に込められた伊佐さんの理想が、身近に感じられるだろう。

 この著書には、伊佐さんの生い立ちから伊佐ホームズの創業までの軌跡も書かれているが、「和なるもの」とは伊佐さんの生き方そのものでもあることが分かる。

 伊佐さんの父親は、終戦後すぐに「新建材」を扱う「伊佐建材店」を設立した。

__________
 父は路頭に迷う人々が一日も早く人間らしい生活に戻れるよう手助けをしたいと考えた。それには、まず、家族揃って安心して暮らせる家が不可欠であった。しかし、食糧さえままならなかった終戦直後は建築資材や職人の数も絶対的に不足していて、もはや戦前のような天然木や壁土などを使った工法で必要とされるだけの家を建てることは不可能になっていた。[2,p64]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そこで注目したのが、ベニヤ板や石膏ボードなどの新建材であった。これらは大量生産によって低コストで安定供給でき、また品質が一定なので未熟な職人でも扱える。多くの人に早く安く家を供給したいとの志に導かれて、「伊佐建材店」は戦後復興と歩調を合わせて、大きく成長していった。


■7.家づくりを通して人を喜ばせたい

 伊佐さんは、そんな父親の背中を見て育った。

__________
 普段、仕事中の父にはとても怖くて近寄れなかった。それでも、私が小学校から帰ると、父はどんなに忙しくても必ず仕事の手を止めて相手をしてくれるような、そんな愛情深い人であった。

 その日学校であった出来事を話すと、いつも目を輝かせて楽しそうに聞き入ってくれた。父のそんな顔を見るのが嬉しくて、もっと喜ばせたい一心で、毎日、ひたすら一生懸命話して聞かせるのがいつしか私の日課になっていた。

 振り返れば、あの父子のふれあいのひとときが、幼かった私に、人を喜ばせようとする気持ちの大切さと、それが相手を通して自分に返ってきたときのさらなる喜びを自然に学ばせてくれたように思う。[2,p64]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 戦後復興、高度成長を通じて、新建材によって安価・大量に住宅を供給するという父親の志は、十二分に果たされた。豊かになった現代日本では、本物の家づくりが求められている。それが今の伊佐さんの志である。

__________
 たしかに時代は移り、世の中も人の価値観も大きく様変わりした。だが結局、私たち父子の目的はひとつ。

 家づくりを通して人を喜ばせたい----ただそれだけなのである。[2,p65]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 人を喜ばせ、それが相手を通して自分に返ってきた時の喜びを味わうとは、「和」の世界そのものである。


■8.「人も家も内を固めていくうちに風貌が出来ていく」

「本物の家づくり」と言っても、伝統的な様式をそのまま画一的に押しつけるわけではない。伊佐ホームズの作品のひとつに、奥まった土地ながら、外から見えるわずかな壁面にコンクリートの櫛引という特徴的な仕上げを施した、いかにも控えめながらシャープな外観の家がある。

__________
 この家の施主は眼科の名医として社会に多大な貢献をされてきた方である。医師に限らず、つねに多くの人々に夢や希望を与える役割を担っている方はいずれも内面から滲み出る独特の何にかを持っている。仕事を進める過程で、我々は率直でいて奥深い施主の人柄にすっかり魅了され、結果としてその印象がそのまま建物に宿った----いい顔をした家は、必ずしも意匠ありきでそうなったわけではないという好例といえる。[2,p121]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「家には顔がある。そして、その顔は実に住まう人の面差しに似ている」と伊佐さんは言うが、家の顔はこうした丹念なプロセスから作られていく。

__________
 人も家も内を固めていくうちに風貌が出来ていく。

 魅力的な顔をした家には、必ず魅力的な人が住んでいる。

 ちなみに伊佐ホームズの定義する「いい顔をした家」とは----
「住まう人の人柄、社会性を反映した、品格のある家」である。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 そんな「いい顔をした家」があちこちに建って、そこに住む人々が自然や世の中との「和なるもの」を楽しんでいる。「大いなる和の国」には、そんな風景こそふさわしい。
(文責:伊勢雅臣)

■リンク■

a. JOG(377) 伊勢神宮を支えた千数百年
 千数百年にわたって伊勢神宮が20年ごとに建て替えされてきた理由は?
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h17/jog377.html


■参考■(お勧め度、★★★★:必読~★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 伊佐ホームズ・ホームページ
   http://www.isahomes.co.jp/
   同・福岡事務所
   http://www.isahomes.co.jp/parentshome/index.html

2. 伊佐裕『和なるもの、家なるもの』★★★、講談社、H22
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4062162040/japanontheg01-22/


■前号「江戸時代の庶民は幸福だった」に寄せられたおたより

■泉州浪人さんより

 江戸時代の、真の庶民の姿を取り上げて頂き、「これぞ日本人!」と嬉しい思いで一気に読了いたしました。

 TVの時代劇はもとより映画、演劇でも、「話」を面白くするためとは言いながら、虐げられる庶民の姿を誇張するものが大半ですが、生きた歴史を教えられていない者には、これらがすべて真実であったと信じられている様です。

「江戸思草(しぐさ)」という言葉を聞く様になりました。教育界でも注目され始めたと聞きます。此のことは、民族の持つ「自浄能力」が作用し始めたのかな…、などとも思うのですが、逆に、現代社会や人心がそうならざるを得ないほど腐敗しているとも謂えましょう。

 伊勢先生が取り上げて下さった「江戸時代の庶民は幸福だった」の様な題材は、小・中・高生徒はもとより、心なき大人に対しても大いなる啓蒙効果があるものと思います。更に武士道、商人道、剣道、柔道、相撲道といった「~道」の様なもの、或いは平明で分かりやすい「哲学」だとも思います。

 このような題材をどんどん発掘して頂き、ご紹介下さることを希求して已みません。此の度も良いお話を、本当にありがとうございました。


■Gen Leeさんより

 今回の江戸時代の記事にまた涙しました。150年たったけれど日本はまだ再生できるのではないかと希望を持ちました。

 2月より半年滞在した上海では街を歩くと老若男女問わず大声で口論する姿を目にしました。11月より台湾におりますが、日本以上に礼儀作法がきちんとしていて過ごしやすいです。国民性でしょうか。それとも半世紀に渡る日本統治時代の良き遺産でしょうか?
勉強していきたいと思います。


■俊一さんより

 江戸時代は神々と自然と社会が調和した素晴らしい社会だったようです。京都の竜安寺のつくばいに刻まれた文字「吾唯知足」(われ、ただ、足るを知る)がありますが、まさにそのように生きていたのでしょう。たとえ貧しくとも、生きられることに感謝し、お互いに助け合い、それに満足し、幸せを感じて生きていたように思います。

 二十四節気(一年を二十四の季節にわけた)の自然の移り変わりの中に、変化と楽しみを見出す。微妙な季節の変化にも、そのつどの幸せを感じる力が備わっていたのですね。

「袖触れ合うも他生の縁」と、出会う人々に優しく接する思いやりの心があったのでしょう。「情けは人のためならず」、善因は巡って自分に返ってくると信じて、徳を積んだのでしょう。

 しかし戦後、GHQの占領政策は、二度とアメリカに楯突かない従順な国にするために、日本を精神的に骨抜きにしようと、学校教育で次の3つを教えてはならないとしました。

1.日本人として誇りを持たせるような歴史を教えてはならない。2.修身と言われる道徳教育を行ってはならない。3.宗教、信仰、「人間の力を超える偉大なものへの畏敬の念」を教えてはならない

 歴史教科書は階級闘争史観や唯物史観に貫かれ、江戸時代は武士の封建制度による農民への搾取の時代と強調されますよね。江戸時代の世界最先端の完璧なエコ・リサイクル社会や、寺子屋教育による庶民の高い教養など、誇るべき内容は掘り下げればわんさか出てきますが、ほとんど取り上げられません。

 日本人が戦後、道徳的に退廃し、自己中心主義「自分さえよければいい。今さえよければいい」という考え方が蔓延した根本の原因は、GHQの占領政策にあります。残念ながら、教育の世界や日本人の思考は未だに、GHQの占領政策のくびきから解放されていません。

 戦後65年も経過しました。そろそろ歴史を検証し、GHQの占領政策のくびきから解放され、日本伝統精神の世界に誇るべき素晴らしさを取り戻す時が近づいているように思います。


■Yuriさんより

 ヨーロッパでは、倫理的規制が絶対的なる神の監視下にあるため、その不在のもとでは恣意的放縦に走る可能性がある。ところが日本ではかかる神が存在しないにもかかわらず、日本人は恣意的放縦に走らず、礼儀正しく、人倫の道をわきまえているのはなぜか。

 それは、神の啓示、つまりある特定の場所、特定の時点、特定の人物に開示される<局在する啓示Revelazione Puntuale> ではなく、<常在する啓示Revelazione Perrenne> があるからだ。<常在する啓示>は、自然のなかでも、日常の人間世界のなかでも聴こうとするものならいつでも聞け、他の啓示の信者を排斥する(宗教戦争)ようなことはない。人類の共存を保証するものである。

 上記は岩波書店『図書』11月号「フォスコ・マライーニ最後の弁明」谷泰氏の記事からです。

 マライーニはイタリアにおける日本学研究の草分けであり、民俗学者、登山家、著述家、写真家で、2004年92歳で亡くなった。江戸時代ではないが、1939年に来日して戦前戦後の日本を知悉している。そして、上記のような結論を得られたことに感慨一入です。同時に伊勢さんが書かれている責務も強く感じます。


■編集長・伊勢雅臣より

 優れた先人の知恵を、継承・発展させて、子孫に伝えていくことが、我々の責務です。

 読者からのご意見をお待ちします。
 以下の投稿欄または本誌への返信として、お送り下さい。

 掲載分には、薄謝として本誌総集編を差し上げます。
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P36920582

====================
Mail: nihon@mvh.biglobe.ne.jp 
または本メールへの返信で
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing 
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm
購読解除: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
====================

ついでに読みたい

Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/17 部数:  31,053部

他のメルマガを読む