Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

Japan on the Globe(82)

★★★ 再配布は自由です。 知人友人にご紹介ください ★★★
平成9-10年版総集編(\400) 電子出版中 http://come.to/jog
Homepage(購読申込・交流掲示板・既刊閲覧)http://come.to/jog
Mail(お便り、購読申込):nihon@mvh.biglobe.ne.jp

         _/    _/_/      _/_/_/  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
        _/  _/    _/  _/           Japan On the Globe (82)
       _/  _/    _/  _/  _/_/      国際派日本人養成講座
 _/   _/   _/   _/  _/    _/    平成11年4月10日 7,639部発行
  _/_/      _/_/    _/_/_/   _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/
_/_/       国柄探訪:日本の民主主義は輸入品か?
_/_/          〜衆議公論の伝統〜
_/_/
_/_/           ■ 目 次 ■
_/_/    
_/_/      1.日本の民主主義は戦後から?
_/_/      2.神代の衆議
_/_/      3.「和」に基づいた衆議
_/_/      4.衆議は無私の態度で
_/_/      5.万機公論ニ決スベシ
_/_/      6.民主主義的傾向ノ復活強化
_/_/      7.君主制民主国家と共和制独裁国家
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■1.日本の民主主義は戦後から?■

 日本に民主主義がもたらされたのは、戦後、アメリカから、とい
うように考えている人が多い。しかしこれは事実だろうか?
 
 たとえば、選挙制度の発展を見てみよう。非納税者にも選挙権が
与えられたのは、日本では1925(大正14)年だが、イギリスでは1918
年とわずか7年の遅れである。

 アメリカでは、黒人の政治参加を合法的に排除するために南部諸
州は選挙人資格として人頭税を導入しており、これが完全に撤廃さ
れたのは、なんと1960年である。 欧米諸国に比べて、日本の選挙
制度がそれほど遅れていたとは言えない。[1]

 近隣のアジア諸国と比べてはどうか。韓国では、79年にクーデタ
ーで実権を握った全斗煥将軍が、翌80年には非常戒厳令を発して、
金大中(現大統領)、金鍾泌ら有力政治家を拘束している。実質的
に民主選挙が機能し始めたのは、87年の盧泰愚政権以降であろう。

 台湾で史上初の大統領選挙が行われたのは、96年である。漢民族
5千年の歴史で初めての民主選挙と話題になった。このとき、これ
見よがしにミサイルを発射して、自由選挙を脅かした中国は、野党
を結成しようとした民主活動家を逮捕して、懲役10年以上の弾圧
を加えており、今の共産党政権が続く限り、民主選挙が行われる気
配はまったくない。[2]
 
 これらの国に比べれば、我が国は110年前、1889(明治22)年に
アジアで最初の近代的憲法を制定し、翌年、帝国議会を開催した。
アジアの中では群を抜いて早い。なぜ日本だけが、自由選挙、議会
政治という民主主義制度をいち早く取り入れる事ができたのか? 
欧米の民主主義と類似の土壌が、江戸時代以前からすでにあったの
ではないか?

■2.神代の衆議■

 西洋における民主主義の源流は、古代ギリシア、ローマ、ゲルマ
ン社会で行われていた民会である。財産や身分などで参加制限はあ
ったが、そこで市民の話し合いによって、共同体としての意思決定
が行われていた。
 
 面白いことに、民会と同様の集まりが、日本神話にも見られる。
速須佐の男の命(はやすさのおのみこと)が、高天の原を訪ね、乱
暴狼藉を働いたので、姉の天照らす大御神は天の岩屋戸に籠もって
しまわれ、それがために高天の原は真っ暗となってしまった。
 
 ここで、八百万の神々は天の安の河原(あめのやすのかわら)に
「神集い集ひて(かむつどいつどい)」て、相談をする。その結果
が、お祭り騒ぎをして、天照らす大御神が少し岩戸を開けて、外を
のぞいた時に、その手をとって引き出すという妙案となり、見事成
功する。そして、再び「八百万の神共に謀りて」、速須佐の男の命
を罰し、追放する。[3]
 
 ここで興味深いのは、天照らす大御神の態度である。高天の原の
統治者なのだから、号令一下、八百万の神々を動員して、いきなり
速須佐の男の命を追放してもよいのに、そうしていない。しかし、
もしそうしたのでは、天照らすと速須佐の男の武力による権力闘争
となってしまう。これでは毛沢東と劉少奇の争いと同じだ。
 
 天照らすはそれを避け、岩屋戸に閉じこもって、八百万の神々に
自ら考えさせる機会を与えたのである。八百万の神々は、皆で相談
して、天照らすを統治者として迎え、速須佐の男を追放した。衆議
によって、天照らすを正統な統治者とする事を公論として決定した
と言える。

 神話だけでなく、中国の史書、魏志倭人伝にも女王ヒミコが共立
されたと記されている。天照らすと同様、話し合いによって、推戴
されていたのである。
 
■3.「和」に基づいた衆議■

 聖徳太子が推古天皇12(602)年に作られたとされる憲法十七
条は、この衆議公論の伝統を最初に明文化したものである。
 
 第一条の有名な「和をもって貴しとなす」というのは、単に仲良
くせよ、というのではない。人間はみな党派心があるので、エゴの
ぶつかりあいが、争いを起こしがちである。太子は「和」の必要な
理由を次のように述べている。
 
     然(しか)れども、上和らぎ、下睦びて事を論(あげつら)
    ふに諧(かな)ひぬるときは、則(すなは)ち事理自ずから通
    ふ。何事か成らざらむ。[4]
    
 地位や年齢の上下はあっても、和気藹々(あいあい)と議論を尽
くせば、物事の道理が自ずから明らかになる。そうなれば、出来な
い事などあろうか、と言われるのである。

 クラブとか、職場などで、和やかなムードの中で自由な話し合い
が行われれば、衆知を集め、皆の意思統一もできて、何事もきわめ
てスムーズに行く、という事を体験された読者も多いだろう。「和
をもって貴しとなす」という第一条は、「和」に基づいた衆議を国
家統治の基本として定めたものである。

■4.衆議は無私の態度で■

 武家の時代となって、長く法治の拠り所とされたのは、貞永元
(1232)年に制定された御成敗式目(貞永式目)である。これは幕
府の評定衆13人の多数決によって制定された。その起請文には、
彼らが、いかに厳粛な衆議を行ったかについて述べている。

     およそ評定の間、理非においては親疎あるべからず、好悪あ
    るべからず。ただ道理の推すところ、心中の存知、傍輩を憚ら
    ず、権門を恐れず、詞(ことば)を出すべきなり

 法を決めれば、当然、不利な者、有利な者が出てくる。法を考え
る場合、自分の親しい者、好む者の利益を考えてはならない。ただ
ただ、道理を追求して、他のメンバーの思惑を憚ったり、権力者を
恐れたりせず、発言するべきだ、と言うのである。

 現代の国会で、特定集団の利益代表となっている議員に聞かせた
い言葉だ。このような公平無私な態度で衆議をつくしてこそ、真の
公論、すなわち、国民全体の意思を発見できるのであろう。こうし
て制定された貞永式目は長く武士や庶民の法として定着し、民主政
治に不可欠な法治社会の土壌となった。[5,p233]

■5.万機公論ニ決スベシ■

 明治元(1868)年、明治新政府は基本方針として、五箇条のご誓文
を発表した。その第一条が「広ク会議ヲ興(オコ)シ万機公論ニ決ス
ベシ」である。このような民主政治の根本原理が、いきなり成立直
後の新政府の第一方針として打ち出された、という点が注目される。

 第一に、民主政治が西洋諸国の国民全体のエネルギーを引き出し、
経済的・軍事的発展の基盤となっていると、明治新政府は見ていた
点である。西洋諸国の攻勢から独立を守るためには、我が国も同じ
基盤を持たねばならない。そのような新政府の決意を、この冒頭第
一条に見る事ができる。

 第二は、この方針を当時の国民全体が何の違和感もなく、自然に
受けとめたという点である。新興国で民主選挙をいきなり実施して
も、少数派がクーデターを起こしたりして、なかなか安定しない場
合が多い。それに比べれば、明治維新後、わずか20数年でアジア
で最初の近代憲法を制定し、選挙に基づく議会開催にこぎつけたの
は、やはりそれだけの下地があったからだと考えざるをえない。

■6.民主主義的傾向ノ復活強化■

 昭和20年7月、敗色濃厚の日本に対して、連合国はポツダム宣
言を発し、降伏条件を提示した。その第10条には、

     日本国政府ハ日本国国民ノ間ニ於ケル民主主義的傾向ノ復活
    強化ニ対スル一切ノ障礙(しょうがい)ヲ除去スヘシ

 という一節がある。「民主主義的傾向ノ復活強化」という言葉に
注目されたい。連合国側も、民主主義的傾向が戦前から日本にあっ
たと認識していたのである。

 昭和21年年頭に「新日本建設の詔書」が発表された。その冒頭
には、昭和天皇の意思により、五箇条のご誓文がそのまま引用され
た。戦後の再出発にあたり、近代日本の出発点が「万機公論に決す
べし」にあったことを思いおこさせるためである。

 占領軍は「デモクラシー」という聞き慣れない用語を持ち込んだ
が、国民はそれを何の抵抗もなく、スムーズに受け入れた。昔から
の衆議公論の伝統から見れば、特に違和感はなかったのである。

■7.君主制民主国家と共和制独裁国家■

 君主制と民主主義が対立すると考える人が多いが、これが大きな
誤解である事は、イギリス、オランダ、ベルギー、スウェーデン、
デンマークなど、安定した民主主義国は君主制国家に多い事を見れ
ばすぐに分かる。

 民主主義の本質は、「権力」が国民にある事であり、その反対は
独裁制である。君主制は、元首という国家統合の「権威」が世襲で
ある事を意味し、その反対概念は共和制である。したがってこれら
の組み合わせで、以下の4通りのパターンがある。

    君主制民主国家:イギリス、日本など
    共和制民主国家:アメリカなど
    君主制独裁国家:帝政ロシア、清帝国など
    共和制独裁国家:旧ソ連、中国など
 
 衆議公論の伝統のある所では、イギリスのような君主制にしろ、
アメリカのような共和制にしろ、安定した民主主義を発展させてい
る。逆に帝政ロシアや清帝国などの君主制独裁国家を革命で倒して
も、衆議公論の伝統のない所では、共和制独裁国家となるだけだ。

 民主主義が安定的に機能するためには、衆議をつくした結果、定
められた公論には、反対派も従う、という国民的コンセンサスが必
要だ。この衆議公論の伝統が、古代から、我が国の政治文化に脈々
と受け継がれていたからこそ、アジアでは群を抜いて早く、また西
洋にも比肩しうる民主政治の発展が可能であったのである。

[参考]
1. Microsoft Encarta Encyclopedia 99
2. 産経新聞、1998.12.22 東京朝刊 7頁 国際面
3. 「古事記」、武田祐吉訳注、角川文庫、S31.5
4. 「聖徳太子の信仰思想と日本文化創業」、黒上正一郎、S5.5 
  国民文化研究会
5. 「日本人とは何か・上」、山本七平、PHP文庫、H4.4

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★★読者の声★★_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
                     「よこみぞ」様より

 現在アメリカに留学しており、7ヶ月が過ぎようというところで
す。最初、日本人として戦争問題に関しての、潜在的な罪悪感が他
アジア人にあり、日本人は先の第2次世界大戦のことを忘れず、そ
してその事を日本の欠点・汚点として生きていかなければならない
ような、そんな錯覚をアメリカに来る前、そしてしばらくの間、し
ていました。

 しかし、今日本のマスコミに毒されるわけでもなく、自分なりの
考え、そして他のアジア人との交流を通して、一つの疑問が持ち上
がりました。

「何故、日本人は他のアジア人に比べて、こんなに自国に、自国民
に誇りを持っていないんだろう?」

 そして、自分なりに自己分析をしたことろ、韓国人・台湾人・マ
レーシア人と話をするとき、ついつい日本人として誇ることを、遠
慮していることに気づいたのです。アメリカ人や他のヨーロッパ人
に関しては、そしてユダヤ人に対して特に、そんな遠慮を覚えない
のにです。

 潜在的に、私たち若い日本人世代は戦争の責任を罪悪感という形
で、とらえているのではないでしょうか。決して、戦争といものそ
のものを、肯定するわけでもないのですが、戦争の中にも、日本人
の美徳がきっと生きていたように思います。その証拠に、数々の日
本人の美談がかげながらも、海外で語られています。神風などはそ
の良い例といえるでしょう。

 日本人は戦争に負けたせいで、過去のすべてをアメリカからそし
て世界各国から、日本という国を日本人として否定し、恥として捉
えるように教育されてきたように感じて止まないのです。

 そして、日本人は国際的に、弱い立場に潜在的にさせられてきた
のではないでしょうか?また、マスコミも、中国や外圧や、日本国
民の潜在意識の中に植え付けられてしまった、日本人が戦争をした
ことは悪であるという、全国民の意識を損ねることを意識して、戦
争の中の隠れた日本の美意識を報道しようとはしません。

 しかし、そろそろここで、戦争のことを認めるわけでは決してな
く、戦時中の本当の日本人像を伝えたもいいのではないでしょう
か?日本人は罪人ではありません。慰安婦問題などで、罪悪感を全
国民が感じる必要はないのです。

 日本人は、他の留学生に比べて国際感覚が薄いということは決し
てありません。教育レベルも高く、また社交的です。海外に居ると、
現在の日本人のそんな罪悪感から来る、誇りを表現できない状況を
じれったく感じています。

 また、これからますます、戦争体験者が減り、本当の戦争の状況
をつかむことが難しくなります。ぜひ、この機会にもっと、戦時中
の日本人の美徳をつかみたく思います。

★編集部より ご感想をお送り下さい。特に体験的なご意見を歓迎
  します。採用分には、本講座平成9-10年度版総集編を贈呈します。

---------------------------------------------------------
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
---------------------------------------------------------

Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

発行周期: 週刊 最新号:  2019/03/17 部数:  31,057部

ついでに読みたい

Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/17 部数:  31,057部

他のメルマガを読む