Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

サンプル誌

★★★ 再配布は自由です。 知人友人にご紹介ください ★★★
Homepage(購読申込・交流掲示板・既刊閲覧)http://come.to/jog
Mail(お便り、購読申込):nihon@mvh.biglobe.ne.jp

         _/    _/_/      _/_/_/  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
        _/  _/    _/  _/           Japan On the Globe (61)
       _/  _/    _/  _/  _/_/      国際派日本人養成講座
 _/   _/   _/   _/  _/    _/    平成10年11月7日 3,565部発行
  _/_/       _/_/    _/_/_/   _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/_/
_/_/       人物探訪:李登輝総統の志
_/_/
_/_/           ■ 目 次 ■
_/_/
_/_/     1.世界でも第一級の文明
_/_/     2.私は二十二歳まで日本人だった
_/_/     3.初めての台湾出身の総統
_/_/     4.夜、安心して眠れる国にしたい
_/_/     5.中国史上かつてなかった豊かさと自由
_/_/     6.中国文化の新しい中心地をめざす
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■1.世界でも第一級の文明■

 人口わずか2180万人の小国が、900億ドル(一人当たり約
50万円)と世界第2位の外貨準備高を保ち、その1/5、400
万人もの国民が株式投資をする。台湾経済はまさに現代の奇蹟であ
る。司馬遼太郎は言う。

     たしかに、台湾人のもつ学問・芸術についての才能は、きわ
    だっている。
     一方、よき家庭をつくる能力や一族を大切にするという文化
    をもっている。そういう漢民族固有の能力においては、いまは
    中国大陸のひとたちを越えているかもしれない。
     また、日本時代には50年間法治社会を経たという点で、大
    陸からきた人達や大陸にいるひとびとよりも近代的経験に富み、
    さらには個人や家族のレベルを越えてよき社会をつくろうとす
    る良識があるなど、世界でも第一級の文明が台湾でうまれつつ
    あるのではないか。[1,p314]

 大げさな物言いをしない司馬遼太郎にしては、「世界でも第一級
の文明」という表現は尋常ではない。そして言う。

     運よく台湾は、世界でももっとも教養の高く、かつ名利の欲
    の薄い元首を持つことができた。
    
 この元首が、李登輝総統である。

■2.私は二十二歳まで日本人だった■

     李登輝さんとは、むろん初対面であった。
     会う前から懐かしさをおぼえていたのは、ひとつには、この
    人も私も、旧日本陸軍の予備役士官学校教育の第11期生だっ
    たことである。
    
 「会う前からの懐かしさ」を抱きつつ、司馬遼太郎は李登輝総統
との対面に臨んだ。そんな司馬に、総統は見事な日本語で語る。

     シバさん、私は二十二歳まで日本人だったのですよ。
      自分は、とこの人は言う。初等教育以来、先生たちから日本
    人はいかにすばらしい心を持っているか---おそらく公に奉ず
    る精神についてに相違ない---という教育をうけつづけたんで
    す。むろん大人になってから日本へゆくと、日本にもいろいろ
    な人がいるということを知りましたが。
      しかし、二十二歳まで受けた教育は、まだのどもとまで--と
    右手を上にあげて---詰まっているんです、といった。
     たしかに、そう言われてみると、李登輝さんは日本人の理想
    像にちかい人かとも思えてくる。[1,p82]

 司馬遼太郎と話しているうちに、親しみを覚えたのか、旧制台北
高校の学生ことばになった。また数ヶ月後に台湾に来て、今度は東
海岸の山地を歩く、というと、

    「じゃ、ぼくが案内する」
    冗談じゃない、と思った。
    「李登輝さん、あなたは大統領なのだから」[1,p88]

 しかし、3ヶ月後に、約束通り李総統は東海岸を旅行中の司馬を
訪れた。妻、嫁、孫を連れ、家族旅行の途上という形をとり、気を
使わせないような配慮までして。[1,p370]

■3.初めての台湾出身の総統■

 旧制台北高校で、李登輝は塩見という日本人の先生から、中国史
を学ぶ。この授業で、近代中国の受難を知り、その解決の最大の鍵
は農業問題にあると考える。その後、京都帝国大学で農業経済学を
学び、終戦とともに台湾大学に戻って同じ学問を続けた。さらにコ
ーネル大学に留学して、農業経済学博士を授与され、台湾大学教授
となる。

 '71年に国民党に入党し、台湾農政のためにつくす。その後、'78
年、台北市長、'84年、中華民国副総統。そして蒋経国総統(蒋介
石の息子)の死後、はじめての台湾出身の総統になる。'96年3月
には、中国5千年の歴史で初めての民主選挙で、総統に再選された。

■4.夜、安心して眠れる国にしたい■

 李総統が政治家を志したのは、「かつてわれわれ70代の人間は
夜にろくろく寝たことがなかった。子孫をそういう目に遭わせたく
ない」という気持ちだった。

 日本の敗戦後、蒋介石の国民党は、陳儀という大将を台湾省行政
官として派遣してきた。中国の軍閥の常として、陳儀の部下は占拠
地で略奪・暴行・強姦・殺人をほしいままにし、陳儀自身は紙幣を
どんどん刷って私腹を肥やした。

 日本時代にはかつてなかった無法社会に怒った台湾人は、1947年
2月28日に全島をおおう大暴動を起こし、国民政府軍は、日本時
代に高等教育を受けた人間を片っ端から、連行・銃殺した。最新の
調査では、約1万9千人が殺害されたと判明している。[2,p197]

 蒋介石が中国共産党に敗れ、台湾に移ってからも、'87年まで戒
厳令が敷かれ、恐怖政治が続いた。たとえば、米カーネギー・メロ
ン大学助教授陳文成は、国民党政権の批判者で、在米台湾人のオピ
ニオン・リーダーであった。陳は'81年の一時帰国中、警備総司令
部に呼び出されたまま帰宅せず、翌朝、台湾大学構内で死体となっ
て発見された。米下院外交委員会はこれを蒋政権の人権侵害として
非難した。[3,p199]

■5.中国史上かつてなかった豊かさと自由■

 李登輝は総統になってから、民主化を急ピッチで進める。帰国を
禁じられた台湾人ブラックリストの解除、思想犯罪・陰謀罪の撤廃、
強権と弾圧の代名詞だった警備総司令部の廃止、さらに戦後ずっと
タブーであった2・28事件の慰霊碑落成式に出席し、総統として
公式に遺族と犠牲者に謝罪した。その仕上げとして、蒋介石が大陸
から連れてきた国会の終身議員を退職させ、96年3月に初の民主的
な選挙を実施して、総統に再選された。

 この選挙の最中に中国は台湾海峡で軍事訓練を行い、ミサイル発
射までして、威嚇した。しかしこれは逆効果で、かえって台湾人の
結束を固め、李登輝の得票率を押し上げることとなった。[2,p40]

 台湾の豊かで、民主的な社会について、李登輝は語る。

     民生の建設について言えば、現在、台湾の一人あたり国民所
    得は一万ドルを超え、外貨保有高は1000億ドルになんなんとし
    ており、世界の先進国の仲間入りをはたそうとしています。今
    日の台湾のような繁栄した社会、活気にあふれた人民があまね
    く高度な生活水準にある状態の社会は中国史上かつてなかった
    現象です。

     民権の実現という点から言えば、ここ十数年来、世界30数
    カ国は権威主義体制から民主主義体制への変革を行ってきまし
    たが、台湾のように平和的な形でそれを成し遂げた国は一つも
    ありませんでした。今日の台湾は、名実ともに主権在民が実施
    され、国民はさまざまな自由権と参政権を持って、自由な意思
    を存分に発揮しています。また人権は十分に尊重されており、
    これは中国の歴史にはなかったことであります。[4,p15]

■6.中国文化の新しい中心地をめざす■

 李登輝総統の国家ビジョンは明快、かつ壮大である。「経営大台
湾、建設新中原」と言う。経営大台湾とは、上記のような「かつて
中国史上なかった」豊かな、そして自由と人権の保証された国家建
設をさらに進めることである。

 しかし、これは台湾のためだけではない。このような国家建設に
成功しつつある自分たちの「台湾経験」は、大陸中国全体にとって
意味があると総統は考える。

     「台湾経験」が全中国に広まってゆけば、...大陸の人々が自
    由社会の素晴らしさを知って、中央の統制から離れて経済的自
    立を果たしていく。そのことが将来、共産党による独裁政権政
    治を解消していく方向に繋がっていく、とおもうんですよ。[
    4,p42]

 自由と民主主義で繁栄する台湾は、中華文明再生の新しい中心地、
すなわち「中原」となると総統は信ずる。これが「建設中原」であ
る。

     台湾の刺激と競争がなければ、中国の歴史ないし中華文明の
    発展は、必ずや「定於一尊」(中央一極の意)に帰し、加速的
    な変遷転化の契機に欠けるでしょう。中国の将来および中華文
    化の発展のために、私たちは当然この台湾という土地を保護す
    る責任があり、台湾がとこしえに中華文化を保ち、中国歴史に
    発展の方向に主導的役割を発揮させる責任があります。

 これほど明確に自国の使命とアイデンティティを語れる政治家が
現代の日本にいるであろうか。「日本人の理想像にちかい人かとも
思えてくる」と司馬遼太郎に言われたら、現代の我々の理想はそれ
ほど高いのか、と改めて自問しなければなるまい。

[参考]
1. 台湾紀行、司馬遼太郎、朝日文芸文庫、H9.6
2. 台湾の命運、岡田英弘、弓立社、H8.11
3. 台湾の歴史、喜安幸夫、原書房、H9.6
4. 台湾がめざす未来、李登輝、柏書房、H7.12

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★★読者の声★★_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
★JOG(60)南京事件の影に潜む中国の外交戦術 「はたえ」様より

 私は現在中国の北京に駐在しております。また、以前南京にて留
学をしていたこともあり、先週号は非常に考え深いものでした。
 
 この号の中に記述されている"Zhuizi"は"錐子"という漢字の中国
語読みではないかと思います。中国での意味は、先のとがった工具
ということです。(中略)
 
 中国は、社会人になっても時々、過去の歴史に関する試験をしま
す。たまたま私は、見てしまったのですが、中国の南京を侵略した
のは、どこの国か?などのような質問が多かったと思います。

 核実験もまだする国です。ビジネスをしていても非常に自己中心
的な考え方で常に自分を正当化する、いわゆる中華思想が非常に多
い国です。
 
 すぐに謝る日本、まったく謝らない中国、この対照的な国の間で
そのギャップを少しでも埋めてがんばっている日本人は非常に多い
のです。これも中国への貢献のひとつではないでしょうか? みん
なで本当の意味での日中友好にしたいものです。

★編集部より:今後とも両国の認識のギャップを埋めて、真の日中
  友好の基盤作りをお願いいたします。

★感想・ご意見をどしどしお寄せ下さい。本メールに返信すれば、
編集部に届きます。

----☆PR☆------------------------------------------------
      政治・経済時事に関して知識を広めませんか
[時事用語]メールマガジンは、政治経済時事用語を丁寧に解説
します。決して辞書的な説明はしません。週刊ですが、ニュース
解説版などの増刊号があります。「高校生にも分かるように」が
モットーです。ぜひ一度ご覧ください。 無料簡単登録:
 http://www.alpha-net.or.jp/users2/nari/top.htm
------------------------------------------------☆PR☆----
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
を利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
---------------------------------------------------------

ついでに読みたい

Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/17 部数:  31,053部

他のメルマガを読む