内海新聞

●内海新聞(No1362_20180914)


カテゴリー: 2018年09月22日
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━■世界で初めての電子新聞
■ 内 海 新 聞…★(2018/9/14 No.1362) ■発行部数2490部
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━■複写転載自由
http://www1.odn.ne.jp/~cad79480/
◆購読希望・停止の方は上記ホームページで登録・解除をして下さい。
◆内海君は一切の責任負いません。本誌の情報の利用は自己責任でお願いします。
◆読者の感想が私の書く原動力になります。こちらにレスポンスください。
http://green.ribbon.to/~undesk/enquete.php
(広告)
■内海君の人物鑑定を受けてみませんか?あなたの人生・未来を教えます。
※希望者はshintakusoudan@yahoo.co.jpにメールかこちらのフォームからお願いしま
す。1件5000円から。
http://form1.fc2.com/form/?id=767702
(見出し)
医療●抗がん剤の真実
イベント●第17回名古屋内海学校の案内
イベント●内海君相談会スケジュール
編集部●内海君関連本の販売について
(本文)
====================
医療●抗がん剤の真実
====================
 たまたま看護師さんと話していたら、ぞっとする話を聞いたので共有します。

「総合病院いたんですけど、やめて、不妊治療のクリニックに転職したんです。」

「それはまた、なぜですか。パラハラとかわがままな患者相手に嫌気がさしたと
か?」

「そういうのより、前の病院は抗がん剤を毎日投与する病棟だったんですよね。それ
で自分で効かないモノを患者さんに注射していて結局、死んじゃうじゃないですか。
『これでいいのかな?』と、自責の念がすごくつのってしまって。耐えられなくなっ
て。」

「抗がん剤ってそんなにダメなんですか。」

「だって、完全防護をして私たちが患者さんに注入しないといけないようなモノを、
いくら与えても、患者さん死んじゃうんですよ。」

「え?完全防護……って、抗がん剤って、ただ点滴とか注射するだけでしょ?」

「いえいえ、劇薬なので投与の際は防護服、防護メガネ、防護マスク、防護手袋など
フル装備です。」

「は?そんなに劇薬?肌についたりしたらダメなのですか?」

「はい。液体が霧になって目に入ったり、鼻から吸い込んだり、皮膚につくだけでダ
メなんです。」

これホントでした。医療現場では問題になっていたのです

★抗がん剤に対するばく露防止対策(日本看護協会)
https://www.nurse.or.jp/nursing/shuroanzen/safety/koganzai/index.html

ですので、近年、街角のクリニックや内科医がロクに抗がん剤の投与ノウハウもない
のにやるので事故が多いと聞きますが、お近くの病院でも看護師にこういう手順を踏
ませもせず普通の点滴注射感覚で抗がん剤投与しているようだったら「その病院アウ
ト」ということです。チェックしてみるといいです。

もともと、抗がん剤は医師による24時間365日の全身管理が必要な劇薬です。理想は
入院していることなんですが、今の街角クリニックでやるようにしたのは、病院や厚
労省が「お金ケチって」るので、入院患者をベッドから追い出したいがゆえの結果で
もあるのです。

「その……いわゆる、シスプラチンとかああいう……抗がん剤ですよね?」

「あー、プラチナ製剤なんて、ダメですよ。人体に危険です。」

「で、それだけ重装備で毎日患者さんに注射しても結局ダメ?」

「はい。抗がん剤って、正常な細胞を破壊して一緒にがん細胞も殺すわけでしょ?だ
から、私たちだって、それが身体についたり、吸い込んだら、自分たちも体壊れちゃ
うわけですよ。そんな、劇薬を使うわけですから、患者さんの中には投与しただけで
死んでしまう人もいるんです。」

「でも、表面的には『抗がん剤は進歩して副作用の吐き気とか頭痛とかも緩和できる
からいいって』……結局ダメなんですね。」

「どのみち、抗がん剤を使っても患者さん、死んじゃうんです。それを見続けていて
『これでいいのかな』って思うようになって。それぐらいなら、不妊治療の病院で働
くほうが……」

「まだ、明るいですよね。人が生まれるほうだから。」

「そうなんです。」

「うーん、それは、私も認識を改めないといけませんね。しかし、白血病とかでは抗
がん剤で完治とか……いい話もあるじゃないですか。」

「いえ、それも実態は違いますよ。白血病なんかも抗がん剤が効いて、生還できるの
はせいぜい36歳未満とか、若い人です。しかもそれすらレアなケースだと思ったほう
がいいですね。」

「えー、全員治らないの?じゃあ、40代以降とか老人とかダメって事?」

「はい。それに、そうやって治ったとみえても、また、数年後再発する人もいて、私
がみていた患者さんも結局……再発して死んじゃいました。だから、マスコミとか世
間では『生還した』と言いますけど、あのあと、その患者さんが生き続けられたか?
言わないじゃないですか。けっこうのちに死んでますよ。」

「じゃあ、俳優の渡辺謙だって白血病から生還したじゃないですか?あれは?」

「あー、それはレアなケースです。」

「ということは、抗がん剤ってやっぱダメなんですね。じゃあ、がん治療の選択肢は
やっぱ手術や放射線じゃないですか。あとは頼りないけど免疫……」

「でも、手術だって……全部取れればいいですが、手術の際にがん細胞が体内に飛び
散って結局再発で……すると『抗がん剤で』となるでしょ。」

「うわっ、また、戻ってくるわけですね。抗がん剤に。」

「放射線は?」

「うーん、どうなんでしょね。」

「そうすると、医師や看護師からすれば抗がん剤はダメだということですか。」

「だから、自分たちはしたくないと思っていますよ。」

「まいったな。となると、がんの場合、結局手術ができなかったら無理して抗がん剤
しないで……」

「……何もしないで、むしろ残りの余生、したいことやって、そのまま普通に暮らし
て死んだほうがいいと思います。」

……うーん、なんか数十年時計の針が逆戻りしちゃった感じですね。

「あと……気になることがあるんですが。」

「なんですか。」

「日本って、がんで死ぬ人多い気がするんです。」

「どういうことですか。」

「ヨーロッパの町行って『日本はがんで死ぬ人が多い』って言ったら『え?がんで死
ぬの?』と逆に言われたんです。向こうだと、がんで死ぬ人は少ないって。町にも病
院少ないし。」

「なんで日本は多いとなるんでしょうね。」

「食生活とか……そうなるようになっているんじゃないかと。」

「欧米型の乳製品とか高脂肪とか、添加物とか……そういうことですか?」

「ですかね……。」

(内海君:小市民)

====================================
イベント●第17回名古屋内海学校の案内
====================================
★第17回名古屋内海学校
日時:11月11日(日)12:00~16:00
場所:MADO(名古屋市緑区)
会費:5000円(11月9日まで前納の方)以後当日扱いで6000円

※終了後、希望者でお茶会と夕食会(5000円ぐらい)

参加希望者は
u23news@yahoo.co.jp
まで

(内海君:小市民)

==================================
イベント●内海君相談会スケジュール
==================================
名古屋 11月12日(月)※時間はお問い合わせください

相談料:1万円(1時間)

希望者は
u23news@yahoo.co.jp
まで

(内海君:小市民)

==================================
編集部●内海君関連本の販売について
==================================
「THE独裁者」(望月衣塑子、古賀茂明)
KKベストセラーズ刊 1500円
https://goo.gl/UJz95R

黒川敦彦 編著の「巨悪対市民 今治発!加計学園補助金詐欺の真相」販売について
http://demomon.com/2017/10/25/186/

【東京】可琳堂
https://twitter.com/karindo_hi
千代田区神田神保町1-20 小川ビル1F
電話:090-6933-0488

【広島】本と自由
https://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340103/34021614/
広島県広島市西区横川町3-4-14
電話:082-233-9239 
交通手段:JR「横川」駅から136m

(内海君:小市民)

============================
★内海君へのカンパについて★
============================
読者からアクティブに活動するためのカンパのお申し出をいただき、恐縮し
ております。

あらかじめ、お伝えしたいのは、ご返金できない性質のお金になるのと、カ
ンパいただいたからといって、大金であってもその人のために何か言うこと
聞いてくれーとかはできないので、あくまで、「カンパして損した」と期待
しないぐらいの気持ちでやってください。

ただ、今回、カンパしていただいた方には、バックナンバー読み放題と内海
新聞友の会の出すご案内、個別の各種相談(メール)はのることにします。
そのぐらいしかできませんが、ご了承のうえよろしくお願いいたします。

また、気が変わってご入金がなくてもなんとも思いませんので、気負わない
でください。

繰り返しますが、私は人に金を貸すということはしませんし、そういう人が
出たら逆にあげています。また、カンパしてその後、カンパ先が自分の思い
通りにならないから嫌いだ、いやだというのもいやなので「あとは知りませ
んどうぞご自由に」という感覚で寄付するときはしています。

くどくてすみませんが、そういうことなので、よろしくお願いします。

■カンパ希望の方は
u23news@yahoo.co.jp
までご連絡ください。
================================================
★編集部★記事投稿、意見・感想お待ちしております
================================================
以下のURLにアクセスいただければご記入いただけます。
なるべく、新聞で紹介しますが長いと載せきれないので簡潔にお願いします。
http://green.ribbon.to/~undesk/enquete.php

■内海新聞グループ
ハムハム放送局 https://ameblo.jp/hamurindayo/
内海学校 http://ameblo.jp/utsumigakko/
カピバラ之里 http://ameblo.jp/kapibaranosato/

YouTube内海学校
https://www.youtube.com/channel/UCT0QYmxjCfsOELHoFc49TXQ/videos

YouTube内海新聞
https://www.youtube.com/channel/UCKFXxGVbHBZPFTHFaPrcmVA/videos

■毎月地震予測を出しています「月刊地震分析」
入会金1万円、年会費1万2000円で読めます。
u23rsi@yahoo.co.jpまで。

==================================
意見広告●加計疑獄を追及しましょう
==================================
皇室を破壊し日本の伝統文化を破壊する、安倍首相、加計孝太郎、加計悟、マッドサ
イエンティスト吉川泰弘、今治市に電話でも手紙でもメールでも、抗議しましょう。

■以下の下手人に天罰がおりるまで言い続けることが大事です。

安倍首相:03-5253-2111(首相官邸代表)
加計孝太郎:086-256-8403(加計学園本部)
加計悟:086-440-1111(倉敷芸術大学)

吉川泰弘〒794-8555 愛媛県今治市いこいの丘1-3(岡山理科大学獣医学部長)
E-mail: yyoshikawa@cis.ac.jpあるいはy_yoshikawa@vet.ous.ac.jp
tel:0898-52-8052  Fax:0898-52-9022
http://www.ayyoshi.com/

今治市 企画課 秋山副部長:0898-36-1503:kikaku@imabari-city.jp
------------------------------------------------
■内海宣言(19980415)
第一条 すべての科学者や技術者はいかなる強制があろうとも一切の軍事
    技術へ協力しない。現在携わっている科学者、技術者はただちに拒
    否せよ。これに背くのであれば人間の生存を否定するのであり、た
    だちに科学者および技術者としての呼称および名誉を社会に対して
    返上しなければならない。すでに関わった者は軍事のための技術と
    知識と結果を即刻廃棄せよ。
第二条 すべての政治家は平和を解決する手段に先制攻撃として軍事力を行
    使しない。もし戦争をする場合は自分から先に前線に出ること。
第三条 資産を軍事技術開発、販売によって得た者は保有するすべての資産
    を国際連合または戦争によって被害を受けた人たちに分け与えるこ
    と。そして一生涯を戦死者に謝罪するためにひとつひとつ墓参する
    こと。
第四条 兵器を製造しているもの、兵役につくものは即刻作業をやめ命令を
    拒否し逃亡せよ。
第五条 全世界の国民は手を取り合って武装を解除するために行動すること。
    徴兵を拒否し逃亡せよ。
第六条 全世界の国民はこの宣言を人類の存在する限り語り継ぎ心の中で守
    ること。戦争肯定者や推進者による弾圧、謀略、脅迫にも抵抗と逃
    亡によって応じないこと。
第七条 宇宙と地球は誰のものでもなく宇宙と地球であることを認識するこ
    と。
------------
■編集部より
------------
◆内海新聞ではあなたの自由な記事(ジャンル問わず)や情報の提供、文学
 作品などの投稿を募集しております。催し情報の記事も歓迎しております。
◆過激な発言もOKです。ただし、むやみなプライバシー批判など掲載しま
 せん。
◆登場人物は実名をあげないで仮名か記号(例:A君)で記述した方がいい
 です。
◆掲載するとき記事は当初は記者名(苗字のみ)を記載しますので記者名も
 合わせて電子メールでお送りください。ペンネーム、匿名も可能です。
◆感想・記事提供・転載許可・バックナンバー希望は
u23news@yahoo.co.jp
◆広告も掲載できます。1回500円より
<<内海新聞 No.1362 最後>>

内海新聞

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/09/22
部数 2,490部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

内海新聞

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/09/22
部数 2,490部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング