言葉の森 オンラインマガジン

言葉の森新聞2018年8月4週号■2018読書作文キャンプの記録■夏休み朝の作文体験学習始まる


カテゴリー: 2018年08月22日
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇創造性を育てる作文・読解・国語◇◆◇◆◇
                              
    毎週担当の先生から電話の指導がある続けやすい通信講座
    自宅で無料体験学習を受けられます
    お申し込みはこちらからどうぞ
    https://www.mori7.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


■■2018読書作文キャンプの記録 
 7月21日から29日までの読書作文キャンプの記録です。 
 今年は、保護者の方もできるだけ参加していただけるようお願いしました。 
 今後、こういう家族キャンプのような形の親子で一緒に取り組める企画を増やしていきたいと思っています。 
 子供たちも、高学年になるほど、友達と一緒に遊べる時間があるというのが楽しくなるのだと思います。 

 当日の写真をアップロードしたページを見るには、参加者のコードとパスワードが必要です。
 子供たちの撮った写真が多いので、全体で3,000枚ぐらいになっています。

 以下、今回のキャンプの特徴と、今後の改善点などを述べたいと思います。  

■家族キャンプ 
 今回は、子供中心のキャンプではあっても、できるだけ保護者の方も一緒に参加していただけるようにしました。 
 そのため、保護者どうしや保護者と講師との交流ができたと思います。 
 今後は、子供とは別行動の保護者だけの企画も行えるようにしたいと思います。 

■雨天向けのダンボール秘密基地づくり 
 那須地方は、比較的雨量の多いところですが、昨年も今年も好天に恵まれました。 
 しかし、雨が降ると外出行動が制限されてしまうことを考え、合宿所内でダンボールの秘密基地を作る企画をテスト的に行いました。 
 作り方の見本がないと難しい面がありましたが、子供たちはそれぞれいろいろ工夫していました。 
 次回は、更に計画的に企画したいと思います。 

■カレーライスとけんちん汁の炊飯 
 昨年は、調理の手間がかからないようにと弁当類の注文を中心にしましたが、せっかく自然の中に来たのに弁当では味気ないという声がありました。
 そこで、今年はカレーライス、けんちん汁、サラダなどを手作りにし、バイキング風に食事をとることにしました。
 調理にかかる時間はいずれも30分程度だったので、弁当の計画的注文よりもかえって楽にでき、しかもおいしかったと思います。調理や片付けを手伝っていただいた方、ありがとうございました。 

■寺子屋オンラインのクラスの友達 
 今回は、寺オン作文コースや発表学習コースで同じクラスになっている子が誘い合って参加するケースがありました。
 毎週、一緒に勉強をしている仲なので、初めての合宿キャンプでもすぐに打ちとけた雰囲気になりました。しかし、その半面、同じクラスに入っていない子が、そのグループに入りにくいという面がありました。これは今後、子供たちの自覚をもっと促すようにしていきたいと思います。 

■漢字集の暗唱
 漢字集の暗唱は、今回の新しい企画でした。
 家庭で暗唱をしている経験のある子や、実際に漢字集を暗唱している子はすぐにできましたが、初めての人は、短い時間で難しい漢字の読みの暗唱までするのは少し難しかったようです。 
 しかし、時間をかければ誰でもできることなので、今後は「漢字読み検定」というシステムを作り、日常的に漢字の読みに取り組めるようにしたいと思います。 

■読書2~3時間 
 読書は、ほとんどの生徒が静かに2時間以上集中して読んでいました。
 比較的易しい面白い本が多かったせいもありますが、十数人が水を打ったように静かに本を読み続けている姿は壮観でした。10冊程度の本を付箋を貼りながら読むという方法なので、このやり方を家庭でも応用すると、読みにくいために積んである本なども自然に読めるようになります。 
 今年は、家庭から持ってきた本を紹介してもらう機会を作りましたが、低学年の子も含めてどの子もしっかり本の紹介をしていました。 

■作文発表会 
 作文発表会は、その日に体験したキャンプ場での川遊びなどを中心に書いた作文を順に発表してもらいました。
 高学年の生徒と中学生は、事実中心の作文ではなく、意見中心の作文を書いてもらうようにしました。上手にたとえを入れて書いたり、みんなの前で堂々と発表したりする子が多く感心しました。 
 この発表会は、合宿オンエアで自宅で待つご家族も見られるようにしましたが、照明が暗い面と、音声が聞き取りにくい面があったと思います。 

■合宿オンエア  
 合宿の様子は、オンラインで見られるようにしていましたから、家庭で待つご家族の方は、子供たちの様子がわかって安心されたと思います。 
 オンラインで常時接続ができるという利点を生かして、将来は、オンラインの勉強をしながら合宿所の自然の中で遊ぶという形のキャンプにしていきたいと思います。 

■虫捕りのできる場所 
 夏休みは、やはり自然の中で虫を捕まえたり、生き物を捕まえたりすることが、子供にとってはわくわくする体験になります。
 しかし、場所によっては生き物捕獲禁止という建前があり、網を持って遊ぶということがしにくい面がありました。今後は、自由に生き物を捕まえられる場所を探しておきたいと思います。 

■カブトムシの飼育
 港南台教室からカブトムシを十数匹持っていき、バナナをやっていました。蓋を開けっ放しにしていると、近所のカブトムシもやってきたようで、日に日にカブトムシが増えていきました。もう卵を産んでいるはずなので、来年はもっと増えると思います。 

■ちょっと残念なこと 
 以上、全体にとても楽しい自由な読書作文キャンプでしたが、毎年、常に一部に子供たちどうしのトラブルに近いことがあり、それが残念なところです。 
 もちろん、それは一部の子でほんのわずかのことですから、子供たち全体はそういうこととは関係なく楽しく過ごしていましたが、当事者である子供たちにとってはやはりいい思い出にならなかったことだと思います。 
 しかし、どの子も一人ひとりはいい子なので、やがて成長するとともに、自分の至らなかったことに気づくようになると思います。そういう将来の成長のための準備として、今のトラブルがあるのだと考えていくといいと思います。 

 そういうことも含めて、オンラインのやりとりだけでは経験できない、自然や他の人間との触れ合いが、こういうリアルな合宿キャンプの意義になっているのだと思います。  

■■夏休み朝の作文体験学習始まる――子供との対話を生かす作文の勉強 
 夏休み朝の作文体験学習は、5、6人の少人数授業なので、先生の話は多少長くなりますが、どの生徒にも発表の機会があります。
 8月8日は、読書感想文の2回目と受験作文の2回目の人の授業がありました。 
 感想文は、家庭での事前の実験がいろいろ大変だったと思います。 
 受験作文は、昨年の実際の入試問題をもとにした練習だったので、かなり難しかったと思います。 
 しかし、どの子も、自分らしい作文を発表してくれました。 

 今回の作文体験学習のポイントは、他の生徒との交流の中で、家庭でのお父さんやお母さんと協力して作文の準備をするというところにあります。 

 これまでの子供の勉強は、既に答えのわかっている知識を詰め込むことに力点が置かれていました。
 しかし、AI時代には、勉強も仕事も、答えのわかっている分野は人間ではなく機械がカバーしてくれるようになります。 
 昔の自動車運転免許では、ガソリンエンジンの仕組みの知識なども必要でした。点火プラグがどうしたというようなことも一応理解しておく必要がありました。しかし、今はそういう知識は、自動車を利用する人には全く必要ではありません。自動運転の時代になれば、運転する技術も必要でなくなります。

 さて、車の免許の知識や技術と同じことが、これから仕事のさまざまな分野で起きてきます。すると、その社会の変化から少しタイムラグがある形で教育の世界にも変化が起きてきます。 
 その変化は、ひとことで言えば、答えのわかっているものは基本だけしっかり身につけていればよく、子供たちが最も力を入れていくのは、思考力と創造性を伸ばすことになるということです。  
 その思考力の要が日本語を駆使する力であり、その日本語力の基礎が読書力であり、集大成が作文力です。 
 また、創造力は、実際の体験と、ほかの人との対話と交流の中で生まれます。 

 今回の夏休み朝の作文体験学習は、そういう未来の教育の見通しのもとに行っている企画です。 
 お父さん、お母さんは、子供の作文の準備に時間がとられることがあると思いますが、その苦労を子供との対話を活かす楽しい苦労と思って取り組んでいっていただけるといいと思います。

 なお、今回は平日の朝の体験学習でしたが、仕事で参加できないお父さんお母さんが多かったと思いますので、9月からは日曜日の朝の体験学習も行っていく予定です。  

----------------------------------------------------

■MagMagからのメールマガジンの登録と削除は下記のページで
(▼ダイジェスト版 マガジンID:0000000226)
https://tinyurl.com/ybkrlw5b
(▼完全版 マガジンID:0000132951)
https://tinyurl.com/yakxr3w3
 ■これまでの言葉の森新聞は下記のページで
https://www.mori7.net/mori/
 ■ホームページ
https://www.mori7.com/
 ■メール
mori@mori7.com

言葉の森 オンラインマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/11/08
部数 1,943部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

言葉の森 オンラインマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/11/08
部数 1,943部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング