言葉の森 オンラインマガジン

サンプル誌


カテゴリー:
■■■言葉の森オンラインマガジン■■■
1998年11月2週号 通算第67号 1998/11/5 読者数1067名
 
 今週の言葉の森新聞の記事の一部を紹介しています。
 
■■成績を上げるために
 
■成績は大事だが
 
 子供が幼稚園のころまでは、親も「のびのびと素直な子に育ってくれればい
い」とのんびり構えていますが、小学校に上がり、高学年になり、テストの点
数などで近所の子よりも低い点数を取ってきたりするとだんだん目つきが険し
くなってきます。小学校のころの評価は絶対評価が多いのでそれほどでもあり
ませんが、中学生になり相対評価で他の生徒との点数を比較されるようになる
と、親にとっても子にとっても成績がいちばんの関心事になってきます。
 
 学校の役割は生徒に学力を身につけさせることですから、その学力の表われ
である成績に関心を持つのは大事なことです。しかし、成績を上げるためには、
成績だけではなく、成績以外の要素も考えていかなければなりません。
 
■幸福に生きる力を育てる
 
 まず第一に大切なことは、人生においては、幸福に生きる力を育てることが
最優先するということです。お母さんがいつもどなって子供がいつも惨めな思
いで勉強をするような状態が多いとすれば、それは勉強と人生の軽重を取り違
えていることになります。たかが成績のために幸福を犠牲にしないという確固
とした方針を親が持っていることが大切です。幸福に生きる力を育てるために
いちばん大切なことは、家庭の雰囲気を温かいものにすることだと思います。
 
■基礎となる実力をつける
 
 成績を上げるために考えなければならない第二のことは、目先の成績を上げ
ることよりも、基礎となる実力をしっかりと育てることが大事だということで
す。小学校の低学年で学年以上の漢字が書けるとか学校で習うよりも先の算数
の計算ができるとかいうことは実は大したことではありません。学年よりも先
に進んでいるように見えるほとんどの差異は、みんながその学年になれば自然
に解消してしまうものです。勉強の先取りをするよりも大事なことは、表面上
成績には関係ないように見える本当の実力を育てておくことです。そのために
は、(1)ある程度の難しさをもった読書をする力をつけること(2)いろいろ
な体験を積むこと(3)家族の中での対話を大事にすること(4)たとえ短い
時間であっても毎日の学習の習慣をつけること(5)正しいことを貫く倫理観
を育てること、などが大切です。
 
 学年よりも上の本を読むという力は、勉強の先取りとは違い、年齢が上がる
につれて更にその差が広がっていくという傾向があります。小学校で習う理科
や社会の勉強は、読書力があれば、わざわざ問題集や参考書などを使って勉強
しなくてもいいものです。しかし逆に、「正しいことをする」「思いやりを持つ」
「うそをつかない」などの倫理観は、子供が小さいときでなければなかなか身
につきません。
 
■気長に反復する学習を
 
 第三は実際的な話ですが、成績を上げるためには、実力に合った問題集を反
復して学習することが大切です。家庭での勉強というと、よく問題集を買って、
それを毎日やっていくというようなやり方をすることが多いものですが、一冊
やり終えたら別の一冊を、と次々に問題集を解いていくやり方は実はきわめて
無駄の多い勉強の仕方です。問題集を一冊やり終えたら、必ずその中でできな
かった問題だけを反復してやっていくことが大切です。しかもその反復の回数
は、だいたい四、五回は必要です。子供ができなかった問題を親が一度か二度
の説明でできるようにさせるつもりで教えると必ず無理が生じます。「昨日教え
たのに、もうやり方忘れたの!」という叱り方をするお母さんは多いと思いま
すが、昨日できなかったことは今日もできないのが普通です。そして明日もで
きない、明後日もできない、と思っていたらいつのまにかその次の日にはでき
るようになっていた、というように子供の学力は一定の潜伏期間をおきながら
段階的に進んでいきます。ところが家庭学習では多くの場合、このように一冊
の問題集を四、五回、間隔をおいて反復させるような勉強のシステムになって
いません。勉強時間が長いわりに成績が上がらないときは、問題集でも参考書
でも一回しかやらないというやり方をしているからであることが多いものです。
 
■勉強の目標をはっきりさせる
 
 第四に、成績を上げるためのもうひとつの実際的な話は、大目標や小目標を
はっきりさせるということです。勉強における小目標は摸擬テストや定期テス
トなどの成績を上げることになります。次のテストでは、こういう点数までが
んばろう、という目標が立つと勉強にも意欲がわいてきます。そういう点で、
小中学校では、その生徒の得点やクラスの平均点だけでなく、点数の分布状態
がわかる偏差値をもっと科学的に活用してほしいと思います。日本では、偏差
値は生徒を輪切りにして受験競争を激化させる元凶のような感情的なとらえ方
がされていますが、GM(ゼネラル・エレクトリックス)のシックスσ(シグ
マ)という生産改革などは標準偏差を科学的に活用したものです。
 
 勉強における大目標は、受験になります。さらには、将来どういう仕事をし
たいのかというところまでを考えた目標になると思います。将来の職業につい
ては、親自身が自分の勤めている会社や業界以外の事情をくわしく知らないの
で、「公務員がいい」とか「先生がいい」とか「お医者さんがいい」とか「スポ
ーツ選手がいい」というような漠然としたことしかアドバイスできないことが
多いようです。歴史の大きな流れを見ると、これからは労働そのものの中で人
間が生きがいを感じられるような仕組みを作ることが社会的に求められてくる
ようになると思います。そういう社会では、子供の職業の方向は自分の特性に
合った企業に勤めることではなく、自分の特性を生かしたベンチャー企業を作
るということになるでしょう。今の日本の社会ではまだ自分で企業を作るとな
ると、いろいろな困難や犠牲を覚悟しなければなりません。しかし、今後は社
会の仕組み自体が、ベンチャーを起こすためのリスクやハードルをずっと小さ
いものにしていくようになるでしょう。子供たちの将来の職業を考えるとき、
親はもっと大胆に夢を描けるようなアドバイスをする必要があると思います。
 
■そのほかの記事は、言葉の森新聞をごらんください。
 
言葉の森新聞
http://www.mmjp.or.jp/shine/mori/indexmori.html
 
■■週刊「言葉の森オンラインマガジン」発行の仕組み■■
 「言葉の森オンラインマガジン」は、生徒・保護者向けに毎週発行されて
いる「言葉の森新聞」の記事の中から一般の方にも参考になると思われる記
事を選び、それに、ホームページ上にある「未来教育フォーラム」の記事の
中から主なものを付け加えて編集しています。
 「当マガジン」は、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を通して発行
されています。
 メールマガジンの登録・解除・アドレス変更などは、下記のサイトででき
ます。「当マガジン」のマガジンIDは、0000000226です。
http://www.mag2.com/
 
■■■Online作文教室「言葉の森」/代表中根克明■■■
ホームページ<http://www.mmjp.or.jp/shine/>
電子メール<shine@japan.email.ne.jp>
234-0054横浜市港南区港南台4-7-29-A201
電話0120-22-3987ファクス0120-72-3987留守電0120-64-3987
  
■■■言葉の森オンラインマガジン■■■
1998年11月1週号 通算第67号 1998/11/5 読者数1067名



言葉の森 オンラインマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/09/16
部数 1,954部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

言葉の森 オンラインマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/09/16
部数 1,954部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング