本からいただく言葉…魂の止まり木として

読書普及協会メルマガ第229号 やっちゃんの巻【愛するヨレヨレのへろへろよ、永遠なれ】


カテゴリー: 2018年01月31日
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

      【本からいただく言葉・・・魂の止まり木として】
       愛するヨレヨレのへろへろよ、永遠なれ
       第229号 2018年1月31日発行

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

今回の目次===========================================================
1■【今週の読書道】愛するヨレヨレのへろへろよ、永遠なれ
2■【梅は咲いたかぁ~~桜ぁはまだかいな♪さいたまビブリオバトル】のお知らせ
====================================================================
    
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
みなさま、おげんきですか~?
さて、読書普及協会公認メルマガも229号ですよ~
お楽しみくださいませ~!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1■【今週の読書道☆愛するヨレヨレのへろへろよ、永遠なれ】

ふと、目が合ってしまいました。
赤ボーダーのTシャツで振り返っている少年と。
ええ、この本の表紙に描かれている彼です。

〈探しているものは
 そう遠くはないのかもしれない〉
新井三枝香 著 (秀和システム 発行)

「型破り書店員」を見つめる複雑な表情の彼。

「型破り書店員」さん、表紙での描かれ方も肩破りですが、
まさに奇跡の書店員さんだと思います。
岸田修さんが〈ものぐさ精神分析〉のなかで
易者さんが、あなたには埋もれた才能が有りますと言えば、
たいてい誰の場合でも当てはまるとおっしゃっておられますが、
この新井さんという方は埋もれさせておかない才能をごっちゃりとお持ちです。
こんなに面白い文章を全裸でパソコンに向かって書いている?
まじか。でございます。

たとえば、ある年齢になると、化粧しないことによって幼く見え、
若々しくてかわいいと感じるようになるとおっしゃるのですね。

「お肌の曲がり角とは別に、かわいいの曲がり角というのがあるのをご存知か」

とくるわけです。

「しかしうっかりしていた。私にもかわいいの曲がり角がやってきた」

うっかりしていたと。そしてスペック更新だとおっしゃいます。
どんなふうに更新されたのか気になる方は、各自お確かめください。
このメルマガを最終チェックしていた昨夜、偶然にもテレビに出ておられ、
確かに、かわいかったです。

そういえば、山田詠美さんも佐野洋子さんとの対談で
「化粧がだんだん薄くなる」
とおっしゃっていました。
かわいいの曲がり角をすぎたのでしょうね。

それだけではございません。
書くことが「もう好きとか嫌いとかではなくなっていて『性質』」だとおっしゃる。

「化粧がだんだん薄くなるよねと言われて、そう、ほとんどしてないのよ
と答えたら、文章もそうだよねと言われて」

この対談が載っているのは佐野洋子さんの追悼ムックでございます。

〈KAWADE夢ムック 佐野洋子 
追悼総特集 100万回だってよみがえる〉

こちら、文藝の別冊なのですが、ロングセラーぶりはなかなかです。
2011年4月30日初版で、私の持っているのは2017年の11月25日12刷。

半年に一回は増刷しているわけですな。
すごくね?
あ、失礼いたしました。地がポロリと。いえ、痔ではございません。

先ほどご紹介した新井美枝香さんの文章も、涙流しながらの爆笑の合間に
(ありきたりと言っていい日常が、何ゆえここまで面白くなる?)
と首をかしげましが、山田詠美さんの言葉でハッとしました。

「勿論、生活するということがないと書けないし、生活だけでも駄目だし、
共依存なのかな。私はどっちもないと駄目だと思う」

そうだと思いますね。
私の場合は、生活するということがネタとなり、
「これを使って本の紹介がしたい!」という衝動に結びつく。
日常のなかで読書するからこそどちらも面白くてたまらなくなるというのが、
至極当然な成り行きとなってしまいました。

新井さんだって、生活すること、そのものを書いていらっしゃる。
ただ、その思考のホップステップジャンプぶりが、人間技ではない。
言葉の羅列、文章のスタイルが常軌を逸しているにもかかわらず読みやすい。
これはもう、天才的。真似しようとしてできるものではございません。

佐野洋子さんに至っては、人生そのもの、佐野洋子さん自体がまともじゃない。
いい意味で、ですよ、もちろん。
これ、便利ですね「いい意味で」。
あ、ちがいます、ちがいます、本当にいい意味で。

このムックの一番の読みどころは佐野洋子さんの元夫である谷川俊太郎さんと
一人息子で絵本作家の広瀬弦さんの対談だと、私は思っております。
ネタバレは許されないだろうと、詳細を書けないほどの面白さでございます。

あんまりこの対談の谷川俊太郎さんの考え方が興味深かったので、
もっと知りたいと、こんな本も読んじゃいました。

〈ひとり暮らし〉
谷川俊太郎 著 (新潮文庫)

なかなかの変人ぶりです。
それなのに、です。
どこかで共感します。
なるほど、わかるような気がするなあ、と。

「私は自分が受けたがりであるのを恥じていない。
受け手の交流が私を支え、励ましてくれるのだから」

はいはーい!あたいも~~!!!
おっと、これはまた地が。いえ、痔はございません。

おかげで、少しだけわかりました。
新井美枝香さんも佐野洋子さんも、書かれているものの中に
実感として共感できる“何か”があるから楽しめるのでございますね。
「なるほど、わかるような気がするなあ」
というこれ、キモなのかもしれません。

谷川俊太郎さん、へろへろにも出てきます。

〈へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々〉
鹿子裕文 著 (ナナロク社 発行)

わたくしごとで恐縮ですが、やっこは生まれも育ちも女ばかりの家系でございます。
母は5人姉妹。私は3人姉妹。私自身も3人姉妹を産みました。
私が生まれた時にはすでに、父親が蒸発(おひ、父ちゃん)しておりましたので、
父系の付き合いは皆無、親戚づきあいというと、ほぼすべて「おばちゃんち」の人々です。
勿論そのどこの家でも最高位に君臨するのは我が愛すべきおばちゃんたちです。

皆、名字が違います。嫁に行きました。
生まれも育ちも違う人々が暮らす別世界に嫁いだはずです。
郷に入っては郷に従えなどという言葉など知らないおばちゃんたちは
変えられるものはどんどんどんどん変え、
変えられないものでも変えようとして、それがかなわなければ、
泣いてわめいて家出して、長女である私の亡き母に訴えにまいります。
悔しさは出し惜しみしない。
時間が経てば、そんなこともなかったかのように
変えられないものに順応して、上手いこと生きる。

「女は強い」
物心ついた時からの実感でございます。
その後も、折につけ、友人しかり、会社の先輩同僚しかり、
実感を後押しする素晴らしき女性たちに恵まれて現在に至っております。

そしてまたもや、素晴らしき、最強とも言える女性に、
この本でめぐり逢ってしまったのでございました。

最強のメンターおばちゃんには、それを支えるおばちゃん魂を持つ援軍がつく。
おばちゃん魂とは、損得と正反対に位置する心意気に惹かれるようです。
大切なのは感情なのです。
私自身も含めて、女は感情的だから強い、と言えます。え?私だけ?
いや~違うでしょう。(認めないのも強さ)

だってこの本に出てくるおばちゃんたちときたら、
私の知っている強い女たちと、よく似ていらっしゃいます。
義理と人情、秤にかけりゃ、義理なんて吹けば飛ぶよな将棋の駒よ。
なんだそりゃ。
とにかく、情でございますよ、おばちゃんを動かすものは。

最近では
〈おらおらでひとりいぐも〉(若竹智佐子著 河出書房新社)
の桃子さんも女性であるからこそ、感情的に生きているからこそ、
「一人行くも~ん」なんて言えるんですわ。

昔の本で恐縮ですが、
〈鬼怒川〉(有吉佐和子著 新潮社)
に出てくる女たちの強いこと。
「人柄がいい姑」とは情に篤いということの別の言い方ではあるまいか。

そんなこんなを思い出す、「へろへろ」の下村恵美子さんの行動でございます。
著者の鹿子さんをして、そんな下村さんの説明に時々名言をひそませます。

「臆病風に吹かれなければ、事は少しずつ動き出す。
大切なことは、申し訳ないと思う気持ちを、
ありがとうという気持ちに変えることだった」

「ぼけた人を邪魔にする社会は、遅かれ早かれ、
ぼけない人も邪魔にし始める社会だ」

「いつも自分に都合のいい景色ばかり見て盛り上がっている。
自分探しと一緒だ。それでは何も知ったことにはならない。
海には深海魚のいる世界だってあるのだ。
それを知るためには、ひとつの海を深く潜っていくしかない」

いやはや、わかるような気がするなあ。
確かにね「意義」や「方向性」を口にして熱くなっていた方は、
私の知っている団体でも、見事にどこかにいなくなりました。

「生活の一部に組み込まれ、さらに遊びの色合いを濃くしていくと、
そこから先はもうなんでもありだ」

ですね。ですよね。生活の一部にしてしまうのです。
書くことも、読書普及も、介護の応援も。なんでもありです。

わかるような気がするなあ♪
これがキモですね、本当に。

下村恵美子さんに拾われて(いえいえ、中傷ではございません、ご本人の弁です)
笑っていられるようになった著者の鹿子さんに
ボーナスカンパを実現させてあげたいな、と心から思うわけでございます。

だから、買って。「へろへろ」。
ええ、それが言いたかったの。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
みなさま、最後までお読みいただきありがとうございました。
これでも削ったのですけれどね、長くなってしまいました。
ここまでたどり着いた皆様の忍耐力に感謝申し上げます。

 お気に入りの本は読書のすすめでどうぞ♪
 http://dokusume.com/modules/store/


 こんぶ店長のブックランドフレンズでもどうぞ♪どうぞ♪
 http://www.honyakamo.com/

さてさて、みなさまにお会いした~い!
イベントのお知らせです。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2■【梅は咲いたかぁ~~桜ぁはまだかいな♪さいたまビブリオバトル】のお知らせ

さてさて、今年もやりますさいたまビブリオバトル。
のんびりまったり、ゆったりしたチームさいたまの空気をお楽しみくださいね。
バトラー参加、見学参加、どちらでも大歓迎です。

春の訪れを告げる2018年一発目は、2月24日の土曜日です。


北浦和駅改札前でも、北浦和公民館に直接でも、遅刻早退もオッケイです。
ご都合のよろしい集合場所を参加表明のとき、お知らせください。

遅ればせながら新年会てきな懇親会も、ご都合の良い方はご参加下さいね~~

日時:2/24(土)13:55~16:35
会場:北浦和公民館 第一会議室
http://www.city.saitama.jp/urawa/001/001/005/011/p034038-1.html

時間 開場 13:40
   開始 13:55~
テーマなどは特に設定いたしません。バトラーとして参加希望の方は、
ご自身で、これはぜひ紹介したいと思われた本をお持ちください。

適宜休憩をはさんで、16時35分くらいまで次回の予定の話し合いなど
17:00 完全撤収です。利用時間には、準備と後片付けの時間も含まれますので、
ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

申し込みは高橋までメールでお願いいたします。下記の☆を@に変えて送信ください。
yacchan_saitaman☆yahoo.co.jp

会費 無料

懇親会の参加希望は当日受け付けます。
みなさま奮ってご参加下さい。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
みなさま、メルマガに載せたいイベントがあればぜひ、メッセージください♪


新しいドクシー2で盛り上がりましょう~!
http://www.c-sqr.net/

こちらでは「やっこ@なんでやねん」という名前で出ていますよ~♪
http://www.c-sqr.net/cs78042/

新しいドクシー2の招待メールがまだ行っていないという方も、
このメルマガに返信すると、メルマガ発行者にメールが届くようになっています。

ご感想もどしどし、返信でお送りくださ~い♪
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

      発行: NPO法人 読書普及協会
      編集人: 高橋康子

  TEL.03-5666-0969  FAX.03-5666-0968 

   〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町1-403-4 
         サクシード・シゲゼン一階「読書のすすめ」
   URL:  http://www.yomou.com/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

本からいただく言葉…魂の止まり木として

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/04/18
部数 249部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

本からいただく言葉…魂の止まり木として

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/04/18
部数 249部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

がんばれ建設~建設業専門の業績アップの秘策
ダム、トンネル等大型建設工事の参画経験を有し、テレビ、ラジオ、新聞に出演中の著者が、「儲かる」「身につく」建設(土木、建築、設備、電気、プラント)関連情報を厳選。建設業の業績アップ、技術者育成、技術提案、原価低減ネタを紹介します。ベストセラー「今すぐできる建設業の原価低減」等著書多数。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング